この世界の片隅に

ニュース【クローズアップ現代】「“この世界の片隅に”時代を超える平和への祈り」回を見て改めて思うこと

この世界の片隅に
番組名 クローズアップ現代
放送日 2017/1/12
放送局 NHK

はじめに

クローズアップ現代で『この世界の片隅に』が取り上げられていたので録画。
私は作品鑑賞前は事前情報を遮断するスタイルなので、今まで見ずに。

昨日、作品をDVDにて鑑賞。
この番組もようやく見ることができました。

原作者こうの史代先生へのインタビュー、
漫画家ちばてつや先生のコメント、
片渕須直映画監督の思いやリアリティ追求の姿勢、
ドキュメンタリーフィルムに力を入れている女性、などなど充実した内容。

もっと見たいと思う程、それぞれのパートは短かったですが、鑑賞した人の感想や、ゲストの思い、様々な人の思いが伝わってきた内容でした。

番組を見た感想、および映画について改めて思った事を綴ります。

厳しい戦時下でも人間性を失わない人々

原作者こうの史代先生の言葉として紹介されたコメントが印象的。

「戦時下に確かにあったはずの、人々の”生(せい)のきらめきや悲しみ“を作品に込めたかった。」

-クローズアップ現代(2017.1.12)より

確かに映像から感じました!
戦時下、空襲や原爆投下と言った厳しい状況のなか、
たくましく、そして楽しく生きる姿が描かれる。

こういう所に心が打たれるのですよね。
見ている側には、戦争の結末、広島が迎える悲劇も分かっている。
そんな中で、普通に、楽しみを見つけることがどれだけ本当は難しいことか。
それを戦中、戦後も、この時代の人達はやっていた。
決して、良い事ばかりではない、いや良い事の方が少ないのかもしれないが、その数少ない”きらめき”をこの作品は描いている

また、この作品の良いところが見つかりました♪

映画は原作よりさらにリアリティが

片渕監督は原作をアニメ化するにあたり、徹底した時代考証を重ね、原作の世界に更にリアリティを加えていった

なんと当時の毎日の天気から店の品揃えの変化空襲警報の発令時刻に至るまで全て調べ上げたという。

どおりで説得力があったはずです!
じゃあ「警報飽きた~」という程、空襲があったのもデフォルメではなく本当だったのか・・・

リアルに描かれていた食事。
なんと実際に料理を作って、味を確かめた!?

じゃあ、あの「楠公飯(なんこうめし)」まで?!と思ったら出てきました(笑)
本当に味もあんな感じなのですね。

作品の細部にまで目を奪われるのは、本物の裏打ちがあったからなのですね。

映画『この世界に片隅に』片渕監督のコメント

『この世界の片隅に』監督のコメントも紹介。

「描かれたのは、我々と全く変わらないはずの人々の目線から描かれた話。
ただ、人生の一時期が戦争中だった。」

-クローズアップ現代(2017.1.12)より

重い言葉ですね。
戦争に巻き込まれた、戦争の影響を受けたのは、特別な人ではなく、私たちと変わらない普通の人々・・・

だからこそ、本作はすずの目線で描かれ、すずの目線で描かれたからこそ共感でき、戦争を新たに見つめ直すことができた

片渕監督の監督の狙いは、その辺りにあったようです。

私はまんまとハマってしまいました。

おわりに

全ての内容について触れたい程、充実した番組内容でした。

気になる方は、以下のNHKサイトをご覧下さい。
動画ではなく、画像と文字ですが、結構充実しています。

クローズアップ現代「“この世界の片隅に”時代を超える平和への祈り」

NHK公式サイト「クローズアップ現代」へ

映画『この世界の片隅に』レビューも合わせてどうぞ

この世界の片隅に
アニメ映画【この世界の片隅に】感想レビュー 戦争とは表舞台にいる人だけが戦っているわけではない太平洋戦争真っ只中。戦時下という状況で、庶民が辛抱強く、工夫をして、笑いも絶やさず生活していたことが描かれる。戦争時代を見る目が変わるアニメ映画。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。