白い砂のアクアトープ

アニメ【白い砂のアクアトープ】19話感想 赤いハイヒールで呪縛を解く 飼育員に悔いなし

白い砂のアクアトープ 19話

こんばんは。時文(@toki23_a)です。
TVアニメ『白い砂のアクアトープ』第19話、鑑賞しました。

白い砂のアクアトープ』はP.A.WORKS制作のオリジナルアニメ。
沖縄の水族館を舞台に、2人の少女の絆や葛藤、成長を描く青春群像劇。

全24話の2クール放送。
2クール目は、舞台をアクアリウム・ティンガーラ水族館に移し、より本格的な「お仕事アニメ」になりました。

では、各話レビューをどうぞ。

今回の疑問点 (リンクは該当箇所へ)
※私なりの解釈を含め考察

  • TVに取り上げられたのは偶然か?風花がいたからか? 
  • 風花への出演依頼は誰のため? 
  • ルカは風花に何を期待していたのか? 
  • 風花のTV出演は、ルカのためだけだったのか? 

白い砂のアクアトープ(全24話)各話リスト

話数 サブタイトル レビュー(R)
12話以前はこちらからどうぞ
第13話 海の遥かなティンガーラ 各話R
第14話 ペンギンチェイサー 各話R
第15話 ウミウシ大論戦 各話R
第16話 傷だらけの君にエールを 各話R
第17話 くつろぎ処 海月風 各話R
第18話 あかりの灯るとき 各話R
第19話 さよならハイヒール 本レビュー
第20話 迷子のプランクトン 各話R
第21話 ブルー・タートルの夢 各話R
第22話 覚悟の帰還 各話R
第23話 水族館の未来 各話R
第24話 白い砂のアクアトープ 各話R

※リンクは各話レビューへ

感想レビュー 第19話 「さよならハイヒール」

あらすじ

先日生まれたペンギンの雛が、TVの密着ドキュメンタリーで取り上げられることに。
撮影クルーには、風花のアイドル時代の後輩・城居ルカもいた。

番組ディレクターは、風花にも番組に出演して欲しいと頼み込むが・・・

できる女は背中で語る──

風花のアイドル時代の後輩、城居ルカがティンガーラにTVドキュメンタリーの撮影でやってきた。

どこか不安げなルカ。
必死に頑張ろうとしてはいるようですが・・・

頑張るだけではダメ。
身をもって知る風花だが、アイドルの一線から退いた風花がルカに言うことではない。

夢を叶えるのは人のためではない、自分のため。
この壁は自分で乗り越えないといけない。

相手を信じてジッと待つ。
手を出すのは、最後の最後、ソッと背中を押す程度・・・

風花の長所は、人を信じて待てる・・・ことでしょう
自慢の仲間で、かっこいい先輩──やっときました風花回、お見事!

撮影は偶然か、狙ったのか?

こちら「発見 生き物天国」の撮影クルーの皆さん
明日のTV撮影のために下見にいらしたの

スタッフにご挨拶したいって。

by 久高夏凛『白い砂のアクアトープ』TVアニメ第19話

ペンギンの雛の密着ドキュメンタリーの撮影で、東京からTVクルーが「アクアリウム・ティンガーラ」にやってきた。

さて・・・
TV撮影はティンガーラで風花が働いているのを知って選んだのでしょうか?
それとも、ただの偶然でしょうか?

・・・どうやら「偶然」のようですね。

だから冒頭、風花とルカがこんなやりとりをしているのです──

白い砂のアクアトープ 19話

ルカ:連絡くれて、ありがとうございます。
風花:ルカちゃんが撮影で、ティンガーラに来るって聞いて驚いたよ
ルカ:私、すっごく嬉しかったです。

by 『白い砂のアクアトープ』TVアニメ第19話

ペンギンの雛のドキュメンタリーが決まって、ペンギン担当の飼育員に知らされた。
そのとき、ティンガーラに来る出演者のことも知ったのでしょう。

ルカが撮影でティンガーラに来ることを知った風花が、ルカに連絡をしたのです

つまり、ルカはティンガーラ水族館に風花がいることを知らなかった
今回、連絡をもらい初めて風花がティンガーラで働いていることを知った、という感じですね

上記のセリフは、そういうやりとりですね。

今回、ティンガーラのペンギンの雛が取り上げられたのは、ティンガーラが仕掛けたのか、撮影スタッフが見つけたのか、どちらからアプローチしたのかは分かりません。

ですが、風花がいるから取材対象としたのではなさそうです

推測

16話で孵化したペンギンの雛は、ティンガーラの売り。

恐らく、SNS等で経過を公開していたのでしょう。
それを番組スタッフが見つけたのだと思われます。

そこに偶然、風花がいたのでしょう。

偶然見つけたペンギンの雛の飼育員が、偶然元アイドルの風花で、偶然元仲間のルカがレポーターだったのです(苦笑)。

ま、偶然が重なるのは、アニメに限らずフィクション世界ではよくあることです(苦笑)。

大人対応

マネージャー:私にも連絡してよルカにだけなんて冷たいじゃない
風花:すいません。

by 『白い砂のアクアトープ』TVアニメ第19話

ルカには連絡したが、マネージャーには連絡してなかった風花。

そんなの当然ですよね(苦笑)。

私は覚えてますよ~~。
1話で、このマネージャーはこんなことを言ってました──

──きっとそこまで本気じゃなかったのよ。チャンスを人に譲るなんて考えが甘すぎる

──確かに。最近は人気も落ちてきたし、向いてなかったんですよね。美人だけど目立たない子だったし。

──やめてから世の中の厳しさを思い知って、後悔するんじゃない?

by マネージャー『白い砂のアクアトープ』TVアニメ第19話

風花の甘さに批判的でした。

こんな陰口を叩いていた人に、用がなければ連絡しないのは当たり前。

ルカは、風花がアイドルを辞めてから(がまがま水族館時代)も連絡をくれたのです。
だから、風花はルカにだけ連絡をしたのでしょう。

むしろ、アイドル時代を知っている人たちがティンガーラに来るのが分かっていながら、逃げずにキチンと対応した風花に感心。

風花は、完全に大人の対応。
ルカに再会できたことを素直に喜び、アイドル時代をとっくに吹っ切っている心情が見え、成長を感じますね

逆に、撮影スタッフ側の方が、風花に未練があるのでは?(苦笑)

出演依頼は番組のため

ところで、風花ちゃんにも出てもらうとか、ありですかねー
現役の飼育員さんが出てくれたら生き物のことよりアピールできると思うんですよねー

by ディレクター『白い砂のアクアトープ』TVアニメ第19話

いや、未練じゃないですね。
ただの、話題作りです(苦笑)。

味気ない動物ドキュメンタリーに、元アイドルが、それも以前所属していたアイドルチームの現役メンバーと共演

これほど、おいしいネタはありません(笑)。

それを「現役の飼育員が出てくれたら良いアピールになる」とティンガーラ側の利点に転換してるのがイヤらしいですね(苦笑)

騙されてはダメです、館長!
乗せられてはダメです、マリナ!

さすが、風花と付き合いの長い夏凛は、すぐに察し風花をガード。
知夢も──

そうですね、レポーターでしたらチーフの私が・・・

by 南風原知夢『白い砂のアクアトープ』TVアニメ第19話

単にTVに出たかったのか分かりませんが、知夢が風花の代わりになろうとしました。
終盤の風花を評価するセリフといい、気持ちを察し、風花を庇ったのかもしれないですね。

それにしても、風花の元アイドル設定の使い方が上手いです!

ルカは風花に何を期待していたのか・・・

まだまだだなーって、ヘコむことが多くて。

アイドルの仕事は大好きなんですけど・・・
でも、また先輩とテレビに出られるの、すっごく嬉しいです

by 城居ルカ『白い砂のアクアトープ』TVアニメ第19話

アイドルの仕事に悩むルカだが、風花と一緒にTV出演できることを喜ぶ。

ルカはアイドルの仕事が大好き。
風花も当然、アイドルの仕事が”今でも”好きだと、ルカは思っている様子・・・

それなのに、風花は出演を断ると言う──

あんまり「出たい」と思わないから

アイドルの仕事、私も大好きだったよ
でも、今はペンギンたちの方が大事なんだ

by 宮沢風花『白い砂のアクアトープ』TVアニメ第19話

ルカは、風花がアイドル時代どれだけ頑張ってきたか知ってます。
頑張ってたのは、アイドルに憧れていたからなのも知っています。

だから、アイドルの道を、風花が諦めたなんて信じられない・・・

ルカは思わず、語気を強めます──

本当に?
本当にアイドルの仕事、もういいんですか?

by 城居ルカ『白い砂のアクアトープ』TVアニメ第19話

ルカは、今でも風花にアイドルに戻って欲しいと思っているのではないでしょうか?

もっと言うと──
風花自身も「アイドルに戻りたい」と思っているに違いない、とルカは考えていたのではないでしょうか

先輩、ずっと頑張ってきたじゃないですか・・・
なのに・・・なのに私が・・・!

by 城居ルカ『白い砂のアクアトープ』TVアニメ第19話

ルカが、ここで言いかけたのは──
なのに私が「奪ってしまった」「潰してしまった」という感じでしょう。

風花のアイドルの夢を諦めたきっかけは、「ルカがセンターを熱望した」こと

ルカは、風花のアイドルの夢を自分が断ち切ってしまったと考えているのです。

マネージャー:いつまでも、がむしゃらにやっていればいいわけではないのよ。
ルカ:もっと頑張らなきゃ、先輩の分も

by 『白い砂のアクアトープ』TVアニメ第19話

ルカが、風花を意識しているのもそのため──

ルカは、今回のTV出演を切っ掛けに、風花がアイドルに戻ってくれるのではないかと考えていたのではないでしょうか

だから、共演できることがひとしお嬉しかったのです。

出演はルカのためだけではない?

白い砂のアクアトープ 13話

今日はよろしくお願いします。
撮影頑張ろうね。

by 宮沢風花『白い砂のアクアトープ』TVアニメ第19話

風花は風花で、ルカのことを何も知らず。
ウミやん情報で、ネット上でルカが運営に贔屓されてると叩かれている事を知る。

そこで、断ろうと思っていた出演を、一転、承諾する。

メディアに露出することで、元アイドルが何をやっているのか冷やかしがあるかもしれない。

が、そんな事よりも、後輩ルカを放ってはおけないのが、今の風花。

アイドル時代、風花がセンターを譲り、女マネージャーに甘いと叱責されました

風花は、甘いのではありません。
困っている人を放っておけない
困っている人に寄り添わずにいられないのです

そんな性格の風花には、飼育員が合っていたのです。

ルカとの最後の共演、後輩へのはなむけか・・・

良ければお守りとして貰ってほしいの。
ルカちゃんにも、力をくれるかもしれないから。

あなたはもう私の分も頑張る必要なんてない
城居ルカのために頑張って

by 宮沢風花『白い砂のアクアトープ』TVアニメ第19話

ルカが運営に贔屓されていることや、空回っているスタイルに対して、風花は何も言いません

ルカが気にしているだろう「風花の分まで頑張らなくてはならない」という呪縛だけ解いてあげる

まるで、バトンを渡すように、赤いハイヒールを後輩に授ける。

風花のスタイルは「信じて寄り添う」

ルカのアイドルとしての才能を信じているからこそ、余計なことは言わない。
風花しかできない、いや・・・風花がやるべき呪縛を解くことだけ、手を差し伸べる。

これが、飼育員・宮沢風花なのです。

推測

TVの出演を承諾したのは、不安げなルカのことを思ってでしょう。

が、もう一つ考えられると思います。

風花はアイドルと決別するために、出演を承諾したのではないでしょうか

TVに出演して、堂々と飼育員としての宮沢風花を見せる。
アイドルには未練などなく、アクアリウム・ティンガーラで、しっかりと飼育員をやっている。

そんな姿を見せたかったのではないでしょうか。

風花、本当に飼育員になったのね

by マネージャー『白い砂のアクアトープ』TVアニメ第19話

マネージャーの言葉ではありますが、TVを通して飼育員・宮沢風花を証明したのではないでしょうか。

風花はアイドルを辞めて、今何をやっているのか、その回答として。
あるいは、ネットで何を言われようと関係なく、飼育員にやりがいを持っていることを証明するために。

かっこいいな・・・。

by 城居ルカ『白い砂のアクアトープ』TVアニメ第19話

飼育員・風花を見て、思わず涙を流すルカ。

飼育員・風花を見て、素直にかっこいいと思うルカ。
正直な感情は、彼女の自然な表情を生み出す。

正に、風花は後輩に自分の仕事ぶりを背中で見せたのです。

はい、ペンギンチームの自慢の仲間です。

by 南風原知夢『白い砂のアクアトープ』TVアニメ第19話

知夢のセリフが、これまたいいですね!
グッときました。

がまがま組とバカにされてた日はどこへやら(笑)。
このセリフ、ぜひ風花に直接言ってあげて下さい(笑)。

真の意味で、飼育員・風花が、ここに誕生したのです。

おわりに (『白い砂のアクアトープ』19話)

ずっと黒子役に徹していた風花に、ようやく来ました”完全”主役回。

本当は、主役はルカ・・・いいえ、主役はペンギン「しらたま」!
なのに、風花の方がずっと輝いていました。

風花の放つ一言一言が、染みました。

1話で、がまがま水族館へ迷い込んだ風花は、人に触れ、生き物に触れ、自分の好きな物を見つける。

私、この仕事が好きみたい。

by 宮沢風花『白い砂のアクアトープ』TVアニメ第19話

風花が最後に言い切ったこの言葉。
TV出演しても、アイドル時代の夢はもうなく、飼育員としての顔でした。

アイドルの夢に破れた少女は、新たに自分がやりたいことを見つけ。
その仕事である飼育員としてもやるべきことを分かっています。

対称的なのが、くくる。
くくるは、自分がやりたいこととも、営業としてやるべきことも理解してない様子。

大量の仕事に追われていても、気にかけるのは風花のことであり、生き物のこと。

残り5話。
2クールの本作もいよいよ終盤、残るは、くくるか副館長か(笑)。

以上、TVアニメ『白い砂のアクアトープ』第19話の感想レビューでした。
最後まで読んで頂きありがとうございます。

20話のレビューも書いてます。
良かったらご覧ください。

ではでは。

きょうのひとこと

アイドルが目立たないほど、皆かわいい(笑)

関連記事

アニメ『白い砂のアクアトープ』第20話のレビューはこちら。
白い砂のアクアトープ 20話
アニメ【白い砂のアクアトープ】20話感想 没前提のプレゼンにどんな狙いが?ちと厳しすぎやしませんか?2021年夏TVアニメ『白い砂のアクアトープ』第20話「迷子のプランクトン」 ネタバレ感想レビュー。くくるは与えられた仕事を理解してない?副館長は、くくるのプレゼンで何を狙ったのか?...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。