荒ぶる季節の乙女どもよ。

コミック【荒ぶる季節の乙女どもよ。】2巻感想 原作では廃部対策に署名活動まで そこで描かれたことは?

荒ぶる季節の乙女どもよ。

こんばんは。時文です。
TVアニメ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』鑑賞後、原作を読みました。
本レビューは、原作コミック2巻を取り上げます。

荒ぶる季節の乙女どもよ。』は『別冊少年マガジン』で2017年1月号から2019年10月号まで連載されていた漫画。
コミックは全8巻で完結。

荒ぶる季節の乙女どもよ。各話リスト

TVアニメ
話数
サブタイトル レビュー
(リンク先はレビューへ)
原作巻数
(リンク先はレビューへ)
1話 豚汁の味 全体R

1巻
2話 えすいばつ
3話 バスガス爆発 2巻
(本レビュー)
 
4話
本という存在
3巻
5話 私を知らぬ間に変えたもの
6話 乙女は森のなか 順次レビュー
投稿予定
7話 揺れ、の、その先
8話 Legend of Love
9話 キツネノカミソリ
10話
11話 男女交際禁止令
12話 乙女心のいろいろは

はじめに

本レビューは「アニメ」⇒「原作コミック」の順で見た感想レビューです。

1巻に比べ2巻は結構アニメ化されてない箇所がありました。

ここでは、アニメと原作コミックの違いをメインに、原作を読んで改めて感じたことをレビューします。

荒ぶる季節の乙女どもよ。』全体を通した感想はTVアニメ版レビューへ記載しています。
良かったらご覧下さい。
#アニメレビューはこちら

本レビューの内容
  • アニメでカットされた原作部分
  • アニメオリジナルシーン
  • 原作を読んで分かったこと

見出しの頭にアニメオリジナル、原作のみの記号を記載したのでご参考に。

  • ア):アニメオリジナルシーンに関する記述
  • 原):アニメではカットされたシーンに言及

TVアニメ 第2話「えすいばつ」

アニメ2話の終盤部分、少しだけですが、2巻の内容です。

原) 以前は顧問がいた?

アニメ2話終盤、顧問がいないので廃部を宣告された文芸部。
顧問がいないのに、今までよく「部」として活動できたな、と思ってました(笑)。

原作では、以前は顧問がいたことが語られてます。
良かったーー(笑)。

“まさる先生”が定年退職してから新しい顧問が決まらなかったから・・・

by 本郷ひと葉『荒ぶる季節の乙女どもよ。』コミック2巻

曾根崎部長曰く、まさる先生は「即身成仏OKなオーラが漂った言葉少なで穏やか」な素晴らしい方だったそう。

とても曾根崎部長らしい表現ですが、「即身成仏」って「仏」になることですよね(汗)。

きっと何事にも寛容で人畜無害だったからこそ、文芸部の顧問が務まったのでしょうね。
納得。

原) 和紗は別のことを考えていた?

文芸部が廃部と聞いて、文芸部がなくなったら・・・と涙を流す和紗。
中学時代、暗い学園生活を送っていた彼女は、文芸部での居場所が心地よかった
その文芸部がなくなると、一人になってしまい、居場所がなくなると考えたのだ。

原作ではもう少し和紗のセリフは続きます。

今は、もーちんと同じクラスだけど、別のクラスになって文芸部までなくなっちゃったら・・・
私・・・独りぼっちで学校に居場所が・・・

by 小野寺和紗『荒ぶる季節の乙女どもよ。』コミック2巻

文芸部がなくなっても親友もーちんがいればと思ったが、クラスが変わり、部活がなくなれば、やはり独りになると考えたわけですね。

和紗にとっては、中学時代の黒歴史がかなりトラウマになっているように感じました・・・

が、アニメではカットされてますが、原作では、その後のことがもう少し描かれます。

皆と別れた後、和紗の心情描写が・・・

もし・・・文芸部がなくなっちゃったら・・・

私の頭の中、泉のことだけになっちゃいそうで、怖い

by 小野寺和紗『荒ぶる季節の乙女どもよ。』コミック2巻

なんと、中学時代に逆戻りするのを心配しているのではなく、熱中できる事がなくなると泉のことばかりを考えてしまうと恐れたのです。

和紗は、性に振り回されたくないと思っているが、それが自分の力だけではどうしようもないことも自覚しているのです。

意外と冷静ですね。

TVアニメ 第3話「バスガス爆発」

ア) 後輩の熱意を感じ取る

アニメ3話アバンタイトル。
1年の熱意を感じ取る本郷先輩と曾根崎部長。

セリフの序盤はアニメオリジナル

やたら感傷的かつ熱意ありましたね、1年

by 本郷ひと葉『荒ぶる季節の乙女どもよ。』アニメ3話

後輩の熱意を感じ取ったこのセリフ。
上級生として文芸部をなんとかしなくては、と言う決意が読み取れる良いセリフでした。

その後、二人とも部とは関係ない出来事に感情が囚われ台無しでしたが(笑)。

でも、だからこそ「豪遊」ですね!

原) 本郷先輩、ビラに悔しさをぶつける

アニメでは文芸部の顧問を探すシーンが描かれます。
文芸部が先生達に嫌われていることが分かり、原作では、その後、せめて生徒から署名を集めようと動きます

アニメでは和紗のモノローグで「反対署名を集める」ことを思いつきますが、嫌われてるからと却下します。

その署名運動用のビラ作成に本郷先輩が本気を出す!

自分には内緒で女子高生作家の本を出版され、作品にはリアリティがないと否定された。
大人の横暴に振り回されたくない!

作家としての彼女と、文芸部としての彼女の大人に対する反感の気持ちが重なり、糾弾する文章に全てをぶつけるのです!

この文章が、”私的過ぎて”笑えます
他の人は、作家活動の出来事を知らないですから、余計に面白い。

ここでも菅原氏の的確なツッコミと、他の子達の脳天気さでスルーしていきます。
このやり取りが彼女ららしくて、必死なのに見ていてとても和みます。

そして、日曜も頑張ろうと皆気合いを入れるのですが・・・
本郷先輩だけ、免除して欲しいと願う。

日曜は・・・

私にとってターニングポイントとなる重大な・・・人生経験を積んでこなくちゃならないんです

by 本郷ひと葉『荒ぶる季節の乙女どもよ。』コミック2巻

真剣な表情の本郷先輩。
その気迫に押され、了承する曾根崎部長。

その曾根崎部長がかけた言葉は・・・

とても良いシーンなので、ぜひ、原作でご覧下さい。

原) 文芸部は署名すらしてもらえない!?

原作ではさらに著名運動するシーンも。
それも結構ページを割いて描かれます。

文芸部だけでは、署名は全く集まらない・・・

が、そこに天城が現れ、天城らしい手伝いをする。
天城の優しさ、爽やかさ、人懐っこさ、を一瞬で表現しています。

そうこうしていると菅原氏には男子の人だかりが・・・

さらに、泉や、泉に告白した浅田まで現れ・・・

ここでは、和紗が泉とちゃんと話す事もできず、すれ違いに。
が、泉がチラリと和紗を見るシーンが、しっかり描写。

そして、この時、菅原氏は面白いことを言います。

女子をしっかり拒絶しないのは、和紗のためもあると思う。

by 菅原新菜『荒ぶる季節の乙女どもよ。』コミック2巻

つまり、泉のことを好いている女子を拒絶、振ってしまうと、泉と幼馴染みの和紗に怒りの矛先が向くからと気を遣っていると言うのです。

これは気付かなかった!

なるほど、泉のような性格だとそう考えてしまうでしょうね。

原作を読んで改めて分かりましたが、泉は最初からずっと和紗一筋ですね。

他の女子に曖昧な対応をしているのは、優しさから。
でも、菅原氏に声を掛けたときも、今回も、Blu-rayをこっそり返しに来た和紗に話すときも、ずっと和紗のことを考えてます。

この二人、どちらも相手の気持ちに自信を持てないタイプのようですね。

原) 署名は集まった が・・・

部外者の協力もありかなりの署名が集まったことが原作では描かれます
文芸部員の”ドヤ顔”が見所です♪

が、肝心の顧問が見つからないので、校長は渋るのです。
だから、校長はあんなことを言っていたのですね。

顧問さえ決まればねぇ・・・

君達の頑張りは認めるけど、申し訳ないが・・・

by 校長先生『荒ぶる季節の乙女どもよ。』アニメ3話

アニメ鑑賞時、「君達の頑張り」とは何のことを言ってるのか意味不明でした(笑)。
「署名活動」のことだったのです。

原) もーちんの出会いはカット!?

原作では、もーちんが通う塾での出会いが、ここで描かれます。
アニメではカット。

3巻のシーンが初めての出会いとして、アニメ4話で描かれます。
先の内容に触れてしまうので、次回3巻のレビューで取り上げます。

ア) 曾根崎部長は既に恋に落ちていた?

曾根崎部長がメガネを外しイメチェンしたシーン。
アニメでは、文芸部のあまりの嫌われ具合に落ち込み、部長自ら変わってみせた。

原作では、完全に天城の言葉を意識して変わってます

アニメではカットされた、署名活動の際、曾根崎部長の天城に関する言動が完全に動揺しており、既に心奪われている描写がされてます。

ミロ先生の前で朗読する部活シーンでも、原作では天城のことを思ってボーッとしているシーンとして描かれてます。

そして、イメチェン前のカット。
アニメでは「如何に我が文芸部が浮いているか分かった。そしてそれは部長である私の責任が大きいわけで」「えり香に似てね?」。

原作では「えり香に似てね?」のみ。

アニメでは、額面通り、文芸部のためにイメチェンしたのだと思ってました。

原作からは、天城に声を掛けられた時にもう意識し始めていたことが分かります。
曾根崎を良い風に見てくれた初めての異性だったのでしょう。

TVアニメ 第4話「本という存在」

4話Aパートまでが2巻収録。

部室で本郷先輩とミロ先生のシーンと、もーちんの塾でのこと、もーちんが和紗に相談するシーンまで。

この辺になると、アニメと原作はかなり構成(順番)が変更されてます。

ただ、内容については概ね同じです。

おわりに (原作コミック『荒ぶる季節の乙女どもよ。』2巻とは)

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』が上手いのは、それぞれが”性”、”異性”に関する悩みを持っていながら、それを時にストレートに、時に別のことのパワーとしている。

2巻で言うと、和紗は泉のことを考えると頭が一杯で、他に何もできなくなるから、文芸部の存続に全力をかける!

原作ではアニメ以上に、何をしていても泉のことが頭に浮かぶ和紗が描かれます。
#だからこそ、泉に「これっぽっちも考えてない」と言われ落ち込むのです。

本郷先輩は、自分の性表現を否定され、大人に対して不信感を持っていた怒りを、文芸部存続のビラ作成にぶつける!

誰にでもあるような悩みを、違う方向で発散させることにより、紛らわせる。

読者にとっては、事情が分かるので論理的思考に見え、一部しか見えてない登場人物たちからすると訳が分からない──
それが、結果「荒ぶっている」ように見えるのか。

とても繊細で揺れる心が下す選択を、ストーリーに上手く絡ませていますね。
面白いなーー

以上、『荒ぶる季節の乙女どもよ。』原作コミック2巻のレビューでした。
最後まで読んで頂きありがとうございます。

原作3巻のレビューも書いているので良かったらご覧下さい。
ではでは。

きょうのひとこと

あんな隠し方はNG!
だって
イトコや親戚の子供が来たら・・・

関連レビュー

コミック『荒ぶる季節の乙女どもよ。』3巻のレビューはこちら。
荒ぶる季節の乙女どもよ。
コミック【荒ぶる季節の乙女どもよ。】3巻感想 原作の和紗はもっと暴走?いや荒ぶる前の助走か!?漫画『荒ぶる季節の乙女どもよ。』3巻感想レビュー(アニメ4~5話相当) 【次話以降ネタバレなし】文芸部全員の恋愛が動き出した3巻。「荒ぶる」前には葛藤が必要。それは時には「イタい」ことも・・・...

アニメ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』の感想レビューには、全体通じて感じたことを書いてます。
良かったらご覧下さい。

アニメ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』のレビューはこちらをどうぞ
荒ぶる季節の乙女どもよ。
TVアニメ【荒ぶる季節の乙女どもよ。】1~12話(最終回) 感想レビュー エロと言うなかれ、これは性をテーマにした青春恋愛物!TVアニメ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』感想レビュー。入りはトリッキーだが、中身は純粋。女子5人の青春恋愛群像劇。なぜカップル成立した後も描いたのか、なぜ和紗が主人公なのか私なりの解釈で解説。 前半の「はじめに」は【ネタバレなし】後半の「感想レビュー」は【ネタバレあり】で魅力を紹介します。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。