えんどろ~!

TVアニメ【えんどろ~!】11話 感想レビュー 完全に忘れた頃にやってきた展開(汗) やられました~

えんどろ~! 11話
オススメ度 B+ (11話・12話のみ)
原作 なし (アニメオリジナル)
ジャンル 日常系、ファンタジー
放送情報 TVアニメ(2019年冬)/全12話

こんばんは。時文です。
TVアニメ『えんどろ~!』第11話 鑑賞しました。

キャッチコピー「ありそでなかった日常系ファンタジー、はじまるよ?!

キャッチコピーそのままの、ありそでなかった冒険ファンタジーの日常系アニメ。

基本、ゆる~い、ほんわか日常系。
時々ホロリとさせてくれるエピソードもあり、力を抜いて見られる作品。

ところがラスト2話は、身を乗り出すような展開!?
こ、これは・・・各話レビューせねば!!

でも、10話まではレビューする時間も気力もなし(すいません)。

“ありそでなかった”、11話と12話だけの各話レビュー、はじまります!

では、TVアニメ『えんどろ~!』11話の感想レビューをどうぞ。

1~12話全体の感想レビューはこちらをどうぞ
えんどろ~!
TVアニメ【えんどろ~!】1~12話(最終話) 感想レビュー ラスト2話が秀逸な、冒険者のゆるい日常系ファンタジー【ネタバレあり】【高評価】ラスト2話が特に秀逸!ホノボノとした10話までから信じられないww が、ラスト2話を見ると、10話までも見方が変わる!?ゆるい展開からキレイな着地へ。上手い!...

今回のあらすじ

あらすじ

勇者パーティはいつのまにか上級クエストをクリアする程の力を付けていた。

ご褒美として、マオ先生の家に遊びに行く勇者パーティ
マオ先生の最終魔法?で、ちびドラゴンから吐き出されたのは、かつて魔王に仕えていた汎用ゴーレムだった。

メイゴと名付けられた汎用ゴーレムは過去の記憶をなくし、魔王のことも覚えてなかった。
正体を知られたくないマオ先生メイゴを近くに置くのだが。

マオ先生は、無事に隠し通せるのか・・・

感想レビュー

アバンタイトル:グリフォン討伐クエスト

上級クエストのグリフォン討伐中の勇者パーティ。
いつも通りゆるーく戦いながらも、見事な連携で、余裕で上級モンスターを倒すのだった。

10話までとは違う、いや、1話で見たちゃんとしたアクションシーンで始まり、うれしい♪
それでも、『えんどろ~!』らしく、余裕というか、遊び感覚で戦っているのは作風か。

説明されなくても、見ているだけで分かる、明らかに強くなっているユーシャ達。
彼女たちも自分たちの強さを自覚している様子。

Aパート:冒険者学校

上級クエストをクリアしたユーシャ達は、マオ先生に勇者向けクエストを希望する。
しかし、クリアしたことを信じないマオ先生。
いきなり、解除魔法を唱えるのだった・・・

アンチケイオス!

ユーシャ達が混乱状態で学校へ来たかと思い、問答無用で”混乱解除魔法”を唱えるマオ先生!!

常識人だが早とちりなマオ先生の、素早い魔法対応を褒めて良いのか、突っ込むべきか(笑)

アバンの(少しだけ)マジメな戦闘シーンから打って変わって、いつもの『えんどろ~!』らしい展開へ♪

えんどろ~! 11話

次はがんばるのじゃぞ♪

成功したんだから!

伝説のカルタード「真実の記録者」(ビデオカメラ?)なる便利な魔法の映像を見てようやく信用するマオ先生。

ユーシャ達、ローナ姫の成長を見て取り、「これが『教え導く』ということか」と理解する

奥が深いセリフを”さりげなく”入れてくるのが上手いですよね。

万遍なくギャグを散りばめながら、一言ウンチクを入れてくるからこの作品は油断できない(笑)

Aパート:マオ先生の家

上級クエストクリアのご褒美に、マオ先生の家へ遊びに行くユーシャ達。
ところが、ご褒美どころか、ユーシャ達の手をわずらわせるばかり・・・

教師の威厳を保つために、台所へ立つマオ先生。
唱えるのは最終魔法!?

ファイナルデッドエンド〜!

えんどろ~! 11話

さ、入るが良い。少々散らかっておるがの。

少々どころか~~!!

マオ先生の家へ来たのは、マオ先生が魔王熱にかかった時以来。(6話)
その時に、部屋を掃除し、料理を振る舞ったユーシャ達。

部屋が散らかっているのは魔王熱のせいではなかった(笑)。

二人(マオ先生とセイラ)の女子力ゼロネタも面白いし、エルフジョークも上手い!
#確かに寿命が長いと、「いつか」のスパンが長くなるのかーー(納得♪)

上級クエストをクリアしたご褒美として、マオ先生に家へ来たユーシャ達。
ユーシャ達だけに手を動かせられていては、教師として威厳も保てず、生徒への褒美にもならないのだ。

だからこその究極魔法!?
理に適ってます!!(笑)

マオ先生に罪はない。
マオ先生に自覚がないと言うことは・・・
マオ先生の味覚がかわってるだけなのです!
#多分、味覚音痴?それとも魔王味付け?
#でも、普段は、他の人が美味しいと言っている物を美味しいと言っている気が・・・
#単純に魔法で作っただけに味見してないから変な味になっただけか(笑)

サブタイトルにもなっている究極?魔法『ファイナルデッドエンド』
これが物語の転換となるキッカケの始まりだった・・・

この流れるような展開がお見事!!
ちびドラゴンに、今まで飲み込んだ物を全て出させるほどの刺激を与えるまでの流れが巧み!!

Aパート:マオ先生の家 メイゴ登場

自然界に存在しない味の料理を無理矢理食べさせられた、ちびドラゴン。
堪えきれず、吐き出すのだった。

それも、今まで食べた物も全て・・・
(消化されてなかったんだ・・・)

その中には、かつての魔王に仕えていた汎用ゴーレムまで・・・

えんどろ~! 11話

見た目は美味しそうな、マオ先生の料理。
なぜ、いつも使ってないのか、魔王熱にかかった時に使えば良かったのでは!?などと突っ込むのはヤボか・・・

一口食べただけで倒れ込むユーシャ達がその威力を物語る・・・
って、魔王さん、ユーシャ倒しちゃってますよ!!今がチャンスですよ!口以外動かないのですよ!!
などと言うツッコミもしてはいけない(笑)

#いや、ある意味、勇者を一瞬で倒す正に”究極魔法”ですね♪

無理矢理食べさせられた、ちびドラゴンは、今まで飲み込んだ物を、一気に履き出すーー!!

ちびドラゴンが飲み込んだと言えば、思い出すのは、第4話「海と水着と邪神討伐〜!」の邪神!
完全には消滅しなかった邪神は、世界征服を目論み地上へ出た瞬間、ちびドラゴンに飲み込まれていただの。

その邪神が再び暴れるのでは!?4話はその伏線だったのかーー
と思ったらダミーで、本命は汎用ゴーレム!
そっちに持っていくとは、してやられました(笑)。

ただ、邪神をキチンと登場させてくれたのは、うれしい!
ちゃんと押さえるところは押さえてます。
でも、出番は一瞬で、再び口の中へ・・・
しかも、ユーシャも誰も触れさえしないという・・・
#少しかわいそう(笑)
でも、長居をすると、12話のネタバレしてしまいますからね。
ここは早々に退場して頂かないと仕方がないのです(笑)。

ストーリー上、大切なのは、魔王時代に仕えていたメイド姿の汎用ゴーレム。
ここにきてマオ先生の正体を知っているゴーレムが登場したのです。

まさか、これでマオ先生の正体がバレるのか!?

Bパート:冒険者学校

突如現れた魔王に仕えていた汎用ゴーレムは、メイゴと名付けられた。
マオ先生は、自分の正体がバレてしまうと心配したが、メイゴは記憶を失っていた。

監視のためにマオ先生は、メイゴを側へ置くことに。

マオ先生は、正体がバレては平穏な生活ができなくなるので、メイゴを側へ置いて監視することに。
記憶喪失とは言え、いつ記憶が戻るか分からなかったからだ。

メイゴは記憶はないが、以前同様、マオ先生の身の回りの世話をする。
メイゴと一緒に生活する内に、マオ先生は昔とは違う感覚を味わう。

「悪くはない」と・・・

実はマオ先生は、魔王時代から求めていた生活は、こっちなのですよね。
この辺が、暖かい話で良いですね。

そして、メイゴも理解している様子。
魔王は今の生活に満足していると・・・
#この時点では「マオ先生=魔王」という認識はありませんが

Bパート:マオ先生の家

勇者パーティの記録の整理が一段落したローナ姫は、マオ先生の家へやってきた。
ローナ姫は「失われた記憶を取り戻す」レアカードを使うのだった。

マオ先生の願いに配慮し、記憶を取り戻してないフリをするメイゴ・・・

そのことに気付いたマオ先生は、メイゴを放っておくことはできなかった・・・

本当にマオ先生は常識人。
どうしてこんな人が魔王になったのか・・・
#理由が語られないのが残念

マオ先生は、今の平穏な生活に満足し、教師としてのやりがいも持ち始めていた。
今となっては、再び魔王になるなど、全く考えてなかった。

そのことを察した、メイゴ。
ローナ姫の魔法により、記憶を取り戻しても、魔王の素性を言葉にはせず、魔王の考えを尊重したのだ。

ゴーレムとは:泥人形。
一般的には、主人の命令だけを忠実に実行する、感情を持たないロボットのような存在。

以前の、メイゴは、忠実で、魔王としての責務を果たす為に尽力する存在だった。
が、今のメイゴは、柔軟性があり、マオ先生の(以前なら聞き入れなかった)命令にも従うのだ。

この変化が、面白く、後々効いてきます。

マオ先生も気付きます。

もしや、怯えておるのか!?
感情を持たないゴーレムが・・・

えんどろ~! 11話

ローナ姫の魔法で、ユーシャ達も記憶を取り戻す。
って、ユーシャも過去に飛ばされていたのですね(笑)

メイゴが魔王の側近だと言う記憶も取り戻し、メイゴが魔王関係者だと判明。

ユーシャは言う。

でも、魔王の側近がいるということは、今どこかに魔王がいるんだよね。
なら、倒さなきゃ!
だって、私は・・・勇者だから!

この世界では、魔王は悪。
悪いことをしてようが、してなくても、魔王は退治しなくてはいけない存在

その魔王が存在するというのなら、勇者が魔王を退治しなくてはならない

それが勇者に与えられた使命。
勇者が勇者たりえる理由。

目の前で、部下が連れ去られようとし、教え子が勇者の自負を語る

ここまでされて、元魔王が大人しくしていられるわけがない!

かくして、マオ先生は、とうとう正体を明らかにする・・・

(魔王に戻るのは)本心ではないだろうに、何も知らない無邪気なユーシャに感化される。

少し無鉄砲な気もするが、マオ先生は、魔王をあきらめても、魔王の誇りと気概は失っていなかったのです!!

日常系(ギャグ)ファンタジー路線を忘れてしまう程の展開!!

えんどろ~! 11話

Cパート(エピローグ):魔王城

一時のテンションにかられて、うっかりやってしもうた・・・

これが、マオ先生の本音。

いえいえ。
一時のテンションとは言え、震える部下を無視していたら、それこそ、心まで魔王でなくなってしまう。
ここで奮起したのは、当然です。
恥じることはない!

と言える程の追い込み方で納得の展開。
が、やっちまった後に、後悔するのも『えんどろ~!』らしいですね(笑)

おわりに (『えんどろ~!』とは)

第1話を見た時は、マオ先生がユーシャ達が勇者になるのを邪魔する物語だと思い。
第2話を見た時は、マオ先生が魔王になることを諦めた・・・
だけど、本気で諦めたとは、しばらくは信じられず。
そのうち魔王になると言い出すだろうと思いながら、ずっと見ていくも変化なし・・・

そうか!
この作品は日常系ファンタジー!
マオ先生は魔王になることを本気であきらめた設定で、

魔王が存在しない世界で、(正体は魔王である)マオ先生と、勇者を目指す冒険者たちの、ホンワカ日常を描く作品

と、勝手に思い込んでしまいました(笑)

そこへ、今回の第11話です!

全編、シリアスなら、シリアスへ路線変更で先を予想できたかも。
ところが、いつもの『えんどろ~!』の空気感。
今回はイヤに内容があるなーー位の感覚で見ていました。
でも、ギャグオチでしょ?みたいな(笑)

そこへガツンと本気展開をしてきたのが巧みですね。
それもいつもの空気感のまま!!

見事にやられました~~

さあ、次は最終話。
どう着地させるのか、楽しみです!

関連記事

TVアニメ『えんどろ~!』第12話の感想レビューはこちら。
えんどろ~! 12話
TVアニメ【えんどろ~!】12話 感想レビュー マオ先生が魔王に!?魔王なら退治せねばならない!勇者達の選択は?TVアニメ『えんどろ~!』第12話 感想レビュー。とうとう正体を明かすことになった魔王。勇者達は魔王と戦いたくなかったが、戦わないと魔王の力は強大になるという。勇者の選択は如何に!?ファンタジー作品の魔王と勇者の関係を逆手に取った展開と着地がお見事!...
TVアニメ『えんどろ~!』全体の感想レビューはこちら。
えんどろ~!
TVアニメ【えんどろ~!】1~12話(最終話) 感想レビュー ラスト2話が秀逸な、冒険者のゆるい日常系ファンタジー【ネタバレあり】【高評価】ラスト2話が特に秀逸!ホノボノとした10話までから信じられないww が、ラスト2話を見ると、10話までも見方が変わる!?ゆるい展開からキレイな着地へ。上手い!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。