ハイスコアガール

原作コミック【ハイスコアガール】5巻 感想レビュー アニメでカットされたエピソードを紹介。大野の過去が!!

ハイスコアガール 13話
オススメ度 B+
ジャンル コメディ、ラブコメディ
作者 押切蓮介
出版社 スクウェア・エニックス
ストーリー
設定
世界観
感情移入
5巻あらすじ

1995年夏。

日高に負けたら付き合うことを賭け対戦を挑まれた春雄
悩んでるある日、大野の家庭教師・業田先生春雄の家へやってきた・・・

こんばんは。漫画も大好き時文です。
TVアニメ『ハイスコアガール』鑑賞後、原作コミックを読みました。
今回は5巻の感想レビューです!

コミック5巻は、TVアニメ13~14話中盤に相当。

ハイスコアガール(EXTRASTAGE) TVアニメ-原作 対応表

TVアニメ話数 レビュー 原作巻数 レビュー
ROUND13 13話R 全体R 5巻 5巻R
(本レビュー)
ROUND14 14話R
6巻 6巻R
ROUND15 15話R

※リンク先は各レビューへ

前巻(4巻)の感想レビューはこちらをどうぞ
ハイスコアガール 10話
原作コミック【ハイスコアガール】4巻 感想レビュー 大野一人勝ちかと思ったら日高も負けてない!TVアニメ『ハイスコアガール』を見て、すっかりハマり、原作まで読んでしまいました♪ 4巻。高校生編の始まりです。前巻で急接近した春雄と大野が、また離ればなれに・・・...

はじめに

本レビューは「アニメ」⇒「原作コミック」の順で見た感想レビューです。

コミック5巻はアニメでいうと13~14話中盤に相当
前巻までとは違い、アニメ化のペースが早くなりました。

これまでは、アニメ3話で原作1冊分をアニメ化。
ところが、アニメ13~15話は、3話で2冊分(5巻6巻)をアニメ化

そのため、5巻収録の大野の過去エピソードが、アニメでは丸々カット(涙)。

2期16話でアニメ化されました。

アニメ化されているエピソード内の、アニメと原作との違いは、アニメレビュー内へ記載しました。
違いを知りたい方は、アニメレビューの方をご覧下さい。

TVアニメ『ハイスコアガール』第13話の感想レビューはこちら。
ハイスコアガール 13話
TVアニメ【ハイスコアガール】(EXTRASTAGE)13話 感想レビュー 大野家の躾けはますます厳しく、二人の関係は・・・負けるな!TVアニメ『ハイスコアガール』(エクストラステージ)13話 感想レビュー。日高との勝負、大野のその後が気になるのに、大野姉の真、業田先生がのし上がる!そして忘れてはいけないのが春雄ママ!!あなどれません!...

よって、本レビューでは、アニメ13話ではカットされたエピソードと原作収録のスペシャルエピソード・おまけについて触れます

本レビューの内容
  • アニメ13話でカットされたエピソード
  • 巻末収録のスペシャルエピソード・おまけ

13話でアニメ化されなかったエピソード (以降、ネタバレあり)

大野お嬢様の過去と回想

ハイスコアガール 13話

じいや、専属運転手、最終日。

じいやの計らいで、春雄と縁日を楽しんだ大野。
大野は春雄と別れた帰りの車中、ゲームとの出会い、そして春雄との出会いを思い出す。

#原作(31-32credit)

春雄と大野が二人きりで縁日に行った日。
印象的な別れのシーンの後、原作コミックでは一転、時代が変わります。

何も説明はありませんが、特徴ある小学校の先生や、ランドセルを背負う小学生が描かれ、過去だとすぐに分かります。

1991年(小学6年生)

まだ、大野が、春雄と知り合ってない頃。
まだ、大野が、アーケードゲームを知らない頃・・・

家に帰ると、姉の真(まこと)が業田先生に追いかけられていた。

私は大野家長女としての使命を投げ出すことにした!
ってことで、あとは頼んだぞ大野家希望の星(晶)よ!!

勉強はやるが、好きでもない習い事は、やりたくない姉・真。

はっきりモノを言い、”あの”業田先生に真っ向から反抗する真。
業田先生も、真に期待するのは間違いとまで・・・

噂通り、姉に頼れない分、妹の晶に教育熱心なのかもしれない・・・
と思わせるシーン。

大野は、楽しそうに遊びの話をするクラスメイトを横目に、家では息抜きすら許されず、勉強にピアノ、茶道、生け花、琴・・・等の習い事。

堪りかねた大野は、家を飛び出し、以前から(車内から見て)気になっていたゲームセンターへ入っていく。

大野が初めてゲーセンに足を踏み入れる。
じいやから注意されていたように、ゲーセン内では不良が小競り合いをしている。

が、大野はそんなことには目をくれず、初めて見るゲーム画面に吸い寄せられる・・・

大野の心情は語られないので、何を思ったのかは想像するしかありません。
表情から読み取るに、ゲーム内で自由自在に動き回るキャラクターに魅力を感じたのか、はたまた、ゲームの世界では自分の思い通りに行動できると感じたのか・・・

『ストリートファイターⅡ』の前で足が止まる大野。
キャラクター紹介とコントローラーを見ると、大野の頭の中には、攻撃のイメージが溢れ出てくるようだ。
恐らく格闘技の経験があることと、天賦の才能なのでしょう。

大野のゲームの相当の腕前は一体どれ位の幼少期から鍛えられたのか?

これまで語られることはなく、謎でした。
相当の腕前ですから、それなりの昔からやっていたのだと、私は勝手に思い込んでました。

なんと、春雄と出会う数週間前がゲーム初プレイだったようです(驚愕!)
これはぶったまげた(笑)

しかも初プレイでザンギエフのエンディングまで!!
#もちろん初プレイらしく、一杯一杯でした。
大野のセンスは、鍛えられたモノではなく、日高同様、いや日高以上に持って生まれた天性。

いや、天性の才能なのは分かってましたが、数週間でそこまでの腕前になるとは・・・

あの性格ですから、誰から教わるでもなく、春雄のようにゲーム雑誌から情報を得るでもなく、自分の感性だけでプレイし、数週間で誰もが驚く腕前になったのです・・・

恐ろしや・・・

そうそう。
お嬢様がザンギエフやハガーをキャラ選択する理由まで描かれてます。
そういう理由だったのかーー

ぜひ、原作をご覧下さい。

不良のたまり場みたいな所で、ゲームを楽しみ、満足した大野。
帰りの車中では、頭の中は、ゲームキャラで一杯な様子♪

この辺は春雄と同類。
一瞬で、ゲームに魅了された大野がよく分かります

ハイスコアガール誕生!

数週間後、大野はゲーセン「マルミヤ」へ。

ザンギで29連勝中の大野の対戦台に、連敗中の男子が・・・

家での厳しい習い事の中、息抜きの場を見つけた大野。
ゲーセン初体験から数週間、すっかり格闘ゲームを自分のモノとしていた・・・

(原作コミック1巻の)大野が連勝している時、周りの観客が「こんな子いたっけ?!」と言ってたのに少し違和感がありました。
小学生のお嬢様が頻繁にゲーセンに出入りするだけで、目立つだろうに、ましてや、連勝記録を作っていたら、それなりに知られるだろう、と。

このエピソードで謎が解けました。

  • 大野がゲーセンに行くようになったのはここ数週間
  • 連勝記録を伸ばすようになったのはここ最近(私の推測です)

だから、まだ知られてなかったのですね。

そして、連勝記録を伸ばすようになってきた、一番楽しい時期に、春雄が「禁じ手」で負かしたのです。

だからあれほど怒ったのか~~納得!
#でも暴力はいけませんよ(笑)

ハイスコアガール 1話

春雄との出会い

その後、大野が行くところ行くところで、春雄と出会う。
悪たれ口を叩く春雄に大野はムカムカしていた・・・

春雄が出てきてからも、過去のコマ流用ではなく、大野目線なのがうれしい♪

春雄と同じように、大野の頭の中にもゲームキャラ(もちろんザンギ(笑))が出てきて、大野自身を諭したりしています。

大野がザンギをゲームキャラに選んだのは、皆が見た目や扱いやすさで、ザンギを嫌い、可哀想に思ったから。

同様に春雄を見た目や失礼な言葉だけでは判断してはいけない、と。

ただ、頭では理解していながらも、春雄の図々しい態度に手荒い対応をしてしまう

共通の趣味を持つ者同士

プール掃除の時、春雄に水を掛け、風邪を引かせてしまった大野。
さすがにやり過ぎたと反省し、自分を強豪プレイヤーと認めてくれる春雄に心を開いていく。

大野の心情を、心の声としてザンギが語ってくれるのがうれしい!
大野お嬢様の心情描写が描かれることは少ないですからね!

転換点となったのは、ザンギの次のセリフ。

やりすぎだぜ、お嬢ちゃん。
確かに不器用な男ではあるが・・・
彼はお嬢ちゃんを強豪プレイヤーとして大いに認めているんだぞ。

ここから、大野は春雄に心を開いていく様子が描かれます。

大野がやっているゲームに興味を持つ春雄。
そして、無口な大野の心を読んでるかのような、悪たれ口。

極めつけは、10円ゲーセン「がしゃどくろ」へ行ったあの日・・・

ハイスコアガール 2話

ここで、業田先生の言葉がコマを割って入ります。

小学生らしい夏休みを送れると思ったら大間違いです!!

そう、家の躾けが厳しい大野にとって、唯一小学生らしい楽しみがゲーセンであり、その楽しみをもっと広げてくれたのが春雄

大野にとっては小学生らしい思い出は春雄とのゲームなのです

大野の過去編は最後、春雄の”あの”セリフで締められます。

じゃあさ・・・またしんどくなったら逃げてこいよ・・・

1995年(現在):車の中

大野はこれまで、辛かったとき何度か春雄に助けられた。

今後、家の躾けはますます厳しくなり、自由な時間がなくなっていく。

そして、じいやは専属運転手の任を解かれ、新しい運転手は融通の利かない男。

一体、今度はいつ、春雄と会うことができるのか・・・

大野の目には涙が・・・

アニメ13話でカットされたエピソードはここまでです。

物語の進展はありませんが、大野のゲーセン初体験の瞬間と、春雄と出会って春雄を信頼していく過程が描かれる、大切なエピソード。

追記!

TVアニメ16話でアニメ化されました。

回想するタイミングが違うので、回想後大野が涙を流すシーンがなくなってしまったのは残念。
でも、アニメ化されたのはうれしいですね♪

スペシャルクレジット:土井は友達?

5巻巻末には、スペシャルクレジットとして、おまけエピソードが収録されてます。
#未アニメ化エピソード。

2期17話でアニメ化されました。

春雄達が高校1年生の頃。
いつものように学校帰りにゲーセンへ行く3人(春雄、宮尾、土井)。

大量のメダルを獲得した土井は、対戦台へ行く春雄たちとは別々に、一人でメダルゲームを。
そこへ、ガングロ女子高生3人組が、絡んできた・・・

大野お嬢様の感動エピソードを紹介した後に、気が抜けるのですが・・・(笑)

土井がメインのエピソードです。
え?魅力ないって!?

いえいえ、『ハイスコアガール』らしい作品ですよ!
それに、中学時代の懐かしい先生も出てきます!!

『ハイスコアガール』の特徴は、ゲームだけでなく、その当時流行った言葉やグッズが出てくること。

本エピソードでは、ガングロJKが「ギャル語」全開です!
セリフ全てに日本語訳?がいる位、バリバリです!(←バリバリも古い・・・)

果たして、土井の運命は?
春雄達は助けられるのか?!
いや、そもそも春雄達は助けに行くのか?!

中学生時代の先生も登場し、意外な姿が見れます♪
#”ここは”必見!

原作5巻がアニメ化されたTVアニメ13~14話中盤。
土井の登場シーンは全くありませんでした。

が、原作では、少しですが土井が出てきます。
業田先生が春雄の家へ訪ねてくる前、春雄と宮尾と土井の3人でゲーセンへ行ってます。

僅かですから、スペシャルエピソードで登場したのでしょうか?

ちなみに、「おまけ」エピソードにも土井が出てきます。
土井好きは5巻は必読!?

おまけ:業田萌美 VS 大野真

1ページですが、業田先生が大野姉・真に、大野家の方針を説く場面の裏側が。

業田先生はやはり、生涯・・なのですね。

業田先生を手玉に取る真が、見ていて清々しいです。
本編でもこういう清々しいシーンを見せて欲しい!!

おわりに

アニメ化されてないエピソードを紹介する形にしたので、流れが途切れたレビューになってしまいました。

大野お嬢様の感動エピソードから、オマケの土井・・・失礼、土井がメインのオマケのエピソードと落差が大きいですね(笑)

次巻はいよいよ日高との決着!
それでは、6巻のレビューでお会いしましょう!

次巻(6巻)の感想レビューはこちら
ハイスコアガール 15話
原作コミック【ハイスコアガール】6巻 感想レビュー アニメでカットされたエピソードを紹介TVアニメ『ハイスコアガール』を見て、すっかりハマり、原作まで読んでしまいました♪ 6巻。アニメ化のペースが上がり、セリフや一部シーンがカット。ここでは、丸々カットされたシーンと、巻末収録の「おまけ」についてレビューします。...

関連レビュー

アニメ化された部分の、原作との違いについては、アニメレビューの方へ記載してます。
そちらも良かったらご覧下さい。

TVアニメ13話の感想レビューはこちらをどうぞ
ハイスコアガール 13話
TVアニメ【ハイスコアガール】(EXTRASTAGE)13話 感想レビュー 大野家の躾けはますます厳しく、二人の関係は・・・負けるな!TVアニメ『ハイスコアガール』(エクストラステージ)13話 感想レビュー。日高との勝負、大野のその後が気になるのに、大野姉の真、業田先生がのし上がる!そして忘れてはいけないのが春雄ママ!!あなどれません!...
TVアニメ14話の感想レビューはこちらをどうぞ
ハイスコアガール 14話
TVアニメ【ハイスコアガール】(EXTRASTAGE)14話 感想レビュー 日高が違う方向へ進んでる気もするが久しぶりのガチ勝負は見応え充分!!TVアニメ『ハイスコアガール』(エクストラステージ)14話 感想レビュー。いよいよ日高とのリベンジマッチ!!春雄との対戦を待つ間、日高は腕を磨く。日高が少し違う方向へ行ってる気もするがww春雄との勝負はガチ!春雄は勝てるのか!?...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。