ミステリー

TVアニメ【京都寺町三条のホームズ】1~12話(最終話) 感想レビュー ミステリーを楽しむと言うより、推理するホームズを観賞する作品

京都寺町三条のホームズ
原作 小説
ジャンル 日常の謎、恋愛
放送情報 TVアニメ(2018年夏)/全12話
オススメ度 C
ストーリー
設定
世界観
感情移入

原作小説未読。
TV放送にて鑑賞。一気見。

あらすじ

舞台は現代の京都。

骨董品店『蔵』の見習い鑑定士・家頭清貴は”ホームズ“と呼ばれるほど、鋭い洞察力を持つ。
ホームズこと清貴の所には様々な謎や、相談が舞い込んでくる。

こんばんは。ミステリー大好き 時文です。
タイトルだけで内容が分かるようで分からない『京都寺町三条のホームズ』。
最終話まで見ました。

本アニメはミステリ小説が原作。
元々はWeb小説で、その後小説として刊行。

既に10巻まで発売(アニメ放送時点)され、アニメは1~4巻までを元にしています。

それでは、鑑賞レビューをどうぞ。

TVアニメ「京都寺町三条のホームズ」第二弾PV
TVアニメ「京都寺町三条のホームズ」

はじめに

作品タイトルに「ホームズ」とあるので本格推理モノを期待すると肩すかしをくらいます。

「ホームズ」というのは、鑑定士見習いの家頭清貴が「ホームズ」並の観察眼と知識、そして推理力を持つことからホームズの愛称を付けられていることから来ています

その清貴が、骨董品にまつわる謎や、日常の謎を解明していく系のミステリーです。

推理や謎解きを重視して描くと言うより、
キャラクターを魅力的に見せる描写や、京都や骨董品をじっくり見せることに力を入れている様子。

日常系アニメに近い感覚で見ると良いでしょう。
京都の今も残る歴史ある町並み。
美術品、骨董品に関する知識や歴史。

それにプラスして、ちょっとした「謎解き」と、ホームズとヒロインの「恋模様」を鑑賞
これが『京都寺町三条のホームズ』の楽しみ方。

レビュー (以降、ネタバレあり)

ちょっとした日常の謎解きと、鑑定士見習いという設定上、鑑定に巡るエピソードが中心。

ただ、その過程は、鋭い観察眼と推理力であっと言う間に解決(この辺がホームズと言われる所以)。
見ている側には推理する楽しみを与えません。
#私の推理力が鈍いのかな・・・

なので、どちらかと言うと、ミステリーを楽しむというより、
「完璧な推理をする”ホームズ”を楽しむ作品」という感じに。

後半は、さらにその傾向が拍車をかけ・・・もうミステリーよりも、
ホームズとヒロインの恋模様を楽しむ作品」に。

少し乙女系も意識している気が。

そんな中、ストーリー重視派の私のオススメポイントは、天才贋作師と言われる円生(えんしょう)との対決

円生が出てくるエピソードはオススメですよ!
と言いたかったのですが、後半はちょっと(笑)

もっとガッツリした二人の対決を見たかったですね~

円生との対決

円生登場エピソード

1話 ホームズと白隠禅師(少しだけですが)
5話 祭りのあとに
7話 迷いと悟りと
9話 祇園に響く鐘の音は
12話 後継者の条件

1話は後ろで糸を引いている悪役風な僅かな登場。

良かったのは5話、7話ですね。

円生との直接対決

5話は清貴と円生の初対面の直接対決。
#直接対決前にもう少し引っ張っても良かったと思うのですが・・・

推理の根拠や、過程は置いといて、清貴の目の前に出て、堂々と骨董品の説明をするふてぶてしさにはシビれました
なぜ贋作を再び作り始めたのか、なぜ清貴の前に現れたのか、それらを語る円生は圧巻

「鑑定士 清貴 VS 贋作師 円生」

これからの対決が楽しみなライバル登場という出番のシーン。

円生からの挑戦状

7話は鑑定家のパーティ。
真贋判定ゲームで、円生からの挑戦状。

円生の贋作が来るとは予想してましたが、清貴を指名するやりかたや、呼び出す方法がニクいですね。

そして、円生との二度目の対峙。

清貴と円生のむき出しの感情がぶつかり合う
対決シーンも見応えありますが、対決後の葵が清貴にハッパを掛ける言葉。

この辺りから葵もしっかりしたキャラクターになってきました。

残りは子どものケンカ・・・

9話、12話も円生が登場しましたが、見るべきシーンはあまりなかったです。

9話の直接対決は、もう意地の張り合いというか、醜い争いに・・・

そもそも9話も12話も、どうして円生があの場に堂々といるのが不可解でした。
残念。

4話は恋物語と推理力を合わせてお見事♪

葵が1話からずっと引っ張っていた元彼と親友のこと。
4話で決着がつきます。

決着のつけかたがイキ!

清貴にも元カノが来ている状況で、葵を気遣う男前
葵が旧友の余計なお節介で居たたまれなくなっている、ここぞと言う時に登場。

葵が仕掛けたわけではないですが、結果、爽快なリベンジシーンに♪
元彼と戻るつもりはなかった葵にとっては、彼ら彼女らの本心が分かって、吹っ切れた瞬間。
そして新しい恋の瞬間??

はい、これ以上は私の専門分野ではないので、他の人へゆずります(笑)

おわりに (『京都寺町三条のホームズ』とは)

ホームズ清貴の観察眼や推理力は魅力があったので、時々でも良いので、もっと本格的な事件、大きな事件での活躍を見たかったですねーー

でも、そうなると他のミステリーと差別化ができなくなるのでしょうか。
悩ましいですね。

11話がいい例ですね。

11話「バレンタインの夜会」は命に関わる事件でした。
が、途端に、この作品の魅力がなくなりました(涙)。

平凡なミステリーになりました・・・
しかも醜い事件に後味悪い終わり方。

重い事件は、この作品には似合わないのかも。

京都と歴史とホームズ。
現代のいけずな京男設定のホームズ。

うん、やっぱり、この作品は
前半は、葵とともに、ホームズこと清貴を愛でる
後半は、二人のラブストーリー?
って感じでしょうか。

ではでは。

今日のまとめ

ミステリーとして見てはあきません

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。