魔法少女

TVアニメ【魔法少女育成計画】1~12話(最終話) 感想レビュー 「魔法少女」というワードに釣られてはいけない

魔法少女育成計画
原作 ライトノベル
ジャンル ファンタジー、アクション、魔法少女
放送情報 TVアニメ(2016年秋)/全12話
オススメ度 B+
ストーリー
設定
世界観
感情移入

原作未読。
Netflixにて鑑賞。一気見。

あらすじ

「魔法少女」が存在する世界。
人気ソーシャルゲーム「魔法少女育成計画」をプレイすると、数万人に一人、本物の「魔法少女」になれるという都市伝説があった・・・

舞台は日本のある地方都市。
主人公、姫河小雪は幼い頃から「魔法少女になって人々を幸せにしたい」という願いがあった。

こんばんは。時文です。
『魔法少女育成計画』をレビューします。

タイトルと絵を見るとフワフワ系の魔法少女物語を想像しがちですが、ハードな展開で度肝を抜かれます。

「あらすじ」に書いたこと以上を言うとネタバレになるので、ここでは記載しませんが、フワフワ系と対極にある作品とだけ言っておきます。

さあ、「魔法少女」系に、また新たな1ページができた・・・かな?

はじめに

いつも通り事前情報なしで見ました。
ある意味正解でしたが、ぶっ飛びました ^^
呆気にとられたというか、開いた口が塞がらないというか・・・

ジャンルとしては・・・

いや、ジャンルを言うだけでネタバレになります(笑)
あらすじに書いたこと以上のことはネタバレになるほど・・・

これでは、何も分からないと思うので、以下、全体像について少しだけネタバレします。
参考にしてください。
#一応隠しておきます。

ネタバレあり

私が最後まで見続けたのは、
どうしてこんなことになったのか、ラストをどう着地させるのか、
この2点のみが気になって最後まで見続けた感じですね。

諸手を挙げてオススメはできません。
その手の話、タブーを犯す挑戦的な作品に興味のある方は如何でしょうか。

※グロいシーン、不愉快なシーンが多いので、苦手な人は気を付けてください。

TVアニメ『魔法少女育成計画』プロモーション映像
Flying Dog

感想レビュー (ここからネタバレ全開です)

ネタバレあり

おわりに (『魔法少女育成計画』とは)

レビューを書いて、”改めて”思うのは4話までは、とても面白かったです。
#見ている最中は感じなかったのですが ^^

個性豊かなキャラクターに、シリアスとギャグのバランスと言い、
各話の引きも良かったし、4話まではとても楽しめました。

この路線で描いてくれると、それなりに良作になりそうな気がするのですが、
そういう王道路線は描かないというスタンスなのでしょうね。^^

でも、逆張りスタンスだと言うことに早い段階で気付いたので、
逆に展開が読みやすくなってしまいました。

期待する良い方向を”取らない”ということが予想できたので、
展開の選択肢が限定され、期待する方向と”当然と言わんばかりに”違う方向へ行くので、
ますます自分の中で盛り上がらなくなる、という悪循環になってしまいました。
#”まさか死ぬの?そんなことないよね??”というハラハラドキドキ感がなく
#”ああ死ぬんだ・・”と思ってしまうのです ><

予想外の展開は、たまにやるからサプライズ感があり面白いと思うのですけどね ^^

うーーん。
好きなキャラもいて、もっと戦闘シーンとか見たいと思うのですが、
これだけ退場者を増やしてしまうと、続編があっても、見たいと言うモチベーションが上がらないですね・・・

でも、続編があったら、絶対見ますが(笑)

原作ライトノベルは現在11巻まで出ていてアニメ化されたのは1巻が元に。
その先の話がまだまだあるようです。
時間があったら原作も読みたい!

あれ?はまってるのかな??(笑)
確かに先が気になる作品ではありました♪

長文お読み下さりありがとうございました。ではでは。

POSTED COMMENT

  1. まほいく原作ファン より:

    初めてコメントさせていただきます。

    続きが気になったならぜひ原作読んでください。

    スノーホワイト好きなのでフォローしておくと、
    原作は群像劇なので、そもそもスノーホワイトは主人公じゃないんですよ。
    リップルとスノーホワイトの二人をメイン視点として描かれているストーリーを
    スノーホワイト一人を主人公としているせいで、活躍していない印象が強くなっています。

    それに、スノーホワイトがバトロワ的にまったく活躍しないのは、唯一殺し合いに参加しなかった
    本物の魔法少女(シスターナナについては原作を見てください)として描かれているからなのですが、
    そういった面も、アニオリでスノーホワイトが嫌な奴として描かれてしまったため、印象が薄くなっています。
    時文さんがスノーホワイトをずるい子だと感じたシーンはほぼすべてアニオリだと思われます。
    例えばスノーホワイトがアリスに心を開いたシーンはアニオリで、原作ではアリス死亡シーンまで、
    スノーホワイトにとってアリスは何を考えてるか分からない不気味で恐ろしい存在です。

    また、お察しの通りアニメの範囲は魔法少女狩りスノーホワイト誕生を描いた前日譚で、
    続編、特に4章のJOKERSからスノーホワイトの本格的な活躍が見られます。
    それと同時に、無敗の魔法少女狩りに唯一土をつけた魔法少女としてルーラの名が広まっていきます。

    魔法少女試験終了後から、エピローグでスノーホワイトとリップルが組み手をするまでの空白期間を補間する短編がWEBで無料で見れるので是非読んでください。スノーホワイトとリップルが優しい師匠の下で修行するほのぼの短編です。スマートフォンでは読めないことがあるらしいのでPCで読むのがおススメです
    「スノーホワイト育成計画」
    http://tkj.jp/campaign/konorano/bunko/read/2013/mahou/_SWF_Window.html

    あと時文さんが疑問に思ったことについて解説しますと、
    ウサギの足の発動描写は原作だとアリス死亡時しかありません。
    なのでリップル復活場面は、原作だと死に掛けのリップルがトップスピードを侮辱された怒りで
    起き上がったのだと思います。(リップルの描写は怒りが何度も強調されている)

    魔法少女の選定基準については、アプリプレイヤーの中で魔法少女になれる才能を持つ者
    且つファブが殺し合いが面白い見世物になりそうと思った者でしょうか。
    ファブとクラムベリーはお互いに組んでいたほうが目的を達成しやすいから組んでるだけで、
    目的が完全に一致しているわけではありません。クラムベリーが望むから強い魔法少女に
    なりそうな者も選びますが、ファブにとっては面白ければ強さは関係ありません。
    非戦闘員については、強者に虐殺される被害者や逆にジャイアントキリングを果たしたり、仲間内で裏切り合うことを望んでいたのだと思います。

    長文失礼しました。

    • 時文 より:

      はじめまして。時文です。

      丁寧なコメントありがとうございます!
      原作のことや、原作とアニメの違いがとてもよく分かりました!!

      原作は群像劇ですか。
      つまり、本当に誰が生き残るか分からないようになっているのですね。

      他の方のレビューで、
      スノーホワイトは原作でももう少し先にならないと活躍しないと書かれていて、
      主人公がそんな先まで活躍しない(=いつまでもウジウジしていると思ってました)原作は
      あまり読みたいと思わない、なんて考えていました。

      が、そもそも主人公(もしくはスノーホワイト1人称)ではないのですね。
      合点がいきました。

      疑問点への解説もありがとうございます。

      なんと、リップル復活は怒りでしたか!
      そう見えなくもないのですが、何か理由をつけたくなるので、ウサギの足に絡めてしまいますね。

      魔法少女の選定基準は、まさかとは思いましたが、やはり面白い戦いになるからなのですね。
      やはりファブは畜生ですね。

      どうしてもファブ=作者の考えになるので、面白い戦いになるのが理由だとすると、
      肩すかしを食らわされた気になるのですよね。

      最初から、その辺が分かっていると、もっと面白く見れたかもしれないです。

      #より面白く見る為にはどう見れば良いか、というのがこのサイトのコンセプトです
      #まだまだ修行の身ですが・・・

      頂いたコメントを読んで、
      「本物の魔法少女」やシスターナナの件をますます知りたくなりました。

      アニメ化された初巻?だけでも読むのもありかもしれないと思うようになりました。
      時間との戦いです(涙)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。