波よ聞いてくれ

コミック【波よ聞いてくれ】1巻感想①(アニメ1話) 原作ではミナレの失恋話もしっかり読める

波よ聞いてくれ

こんばんは。時文(@toki23_a)です。
TVアニメ『波よ聞いてくれ』鑑賞後、原作を読みました。
本レビューは、原作コミック1巻のアニメ1話相当分を取り上げ、アニメと原作の違いを紹介

アニメの感想レビューはこちらからどうぞ。

波よ聞いてくれ
アニメ【波よ聞いてくれ】1~12話(最終回)作品自体が何でもありの深夜ラジオそのもの!2020年春TVアニメ『波よ聞いてくれ』ネタバレ感想レビュー。行き当たりばったりの主人公ミナレと常識外れの深夜番組。予測不能の展開。 前半の「はじめに」は【ネタバレなし】後半の「感想レビュー」は【ネタバレあり】で魅力を紹介します。...

アニメと原作コミックの対応は以下の通り。
リンク先は他巻の感想レビューです。

波よ聞いてくれ (全12話) 各話リスト

話数 サブタイトル 原作巻数
(リンク先はレビューへ)
第1話 お前を許さない 1巻R
(本レビュー)
第2話 奴らが憎い  
第3話 お前らは緩い  
第4話 君は笑わない  
第5話 生かして帰さない
第6話 そんなものはいない
第7話 私は哭きたい
第8話 電話じゃ話せない
第9話 お前を信じない
第10話 私がせねばなるまい
第11話 嫌気生物は畏れない
第12話 あなたに届けたい

はじめに

本レビューは「アニメ」⇒「原作コミック」の順で見た「原作の感想レビュー」です。

アニメと原作コミックの違いをメインに、原作を読んで改めて感じたことをレビューします。

アニメ『波よ聞いてくれ』は原作コミックにかなり忠実で、再現度も高いです。

ただ、原作の全てがアニメ化されているわけではありません。
原作情報の全て伝えることはしませんが、魅力を少しでも伝えられれば。

では、アニメの内容順に紹介をしていきます。

本レビューの内容
  • アニメでカットされた原作部分
  • アニメオリジナルシーン
  • 原作を読んで分かったこと

見出しの頭にアニメオリジナル、原作のみの記号を記載したのでご参考に。

  • ア):アニメオリジナルシーンに関する記述
  • 原):アニメではカットされたシーンに言及

TVアニメ 第1話「お前を許さない」

ア) 始まり方はアニメオリジナル構成

コミック4巻より

原作コミックの始まりは、パブでミナレが麻藤に出会う(からむ)シーンから。

アニメ1話冒頭のクマを前にしての放送は、コミック4巻の内容です

トークが上手いのは分かりましたが・・・正直よく分からないスタートでした(苦笑)。

クマを目の前にしてお便りを読む?コンセプトがよく分かりません。
ノリが無茶苦茶だと言う事は一目で分かりましたが。

おそらく、1話ラストに”あのシーン”を持ってくるための、尺合わせと見ると意地悪か?

まあ、軽口はさておき──

このシーンを構成を変えてでも入れたのは、ミナレが普通にラジオ放送を続けている時になっても、なぜミナレがパーソナリティをやっているのか自分でも不可解だということを提示

その経緯を、これから描いていく、予告的シーンというわけでしょう。

原) 麻藤は独り身?

いい感じの胡散臭さで口ひげが素敵なおじさま、麻藤。

一見、独身貴族っぽいですが、娘の話をしていた(アニメ2話)ので既婚設定だと認識してました。

その実態は・・・
アニメではセリフがカットされてましたが、麻藤は独身、それもこの時、離婚をしたばかりのようです

ミナレが泥酔して麻藤に絡む、パブの場面。
原作では、隣にいる男性が麻藤に言ってます。

独り身になった途端に・・・手ェ早いねェ カネちゃん

by 麻藤の隣のオヤジ『波よ聞いてくれ』コミック1巻より

原) 遅刻は4日時点で2回でした(笑)

麻藤にくだを巻いた翌日、スープカレー屋「VOYAGER」へ向かうミナレ。

どうやら、遅刻らしい・・・
って、ミナレは慌てる様子もなかったし、出勤の時間なのに呑気に映画観ていたの??

いや違う!

涙が止まらないから、このままでは仕事にならない!
だから、涙を出し切るために映画を見たのだ!

仕方ない・・・のか?(苦笑)

・・・・・

そして、到着して早々、宝田店長に言われたのは──

今月中に3回遅刻したらクビね、の3回を、この時点で2回費やしちゃったわけだけど、気分はどう?

by 宝田店長『波よ聞いてくれ』TVアニメ1話より

「この時点」ってのが、アニメ鑑賞時、どの程度の逼迫度かよくわかりませんでした。

原作にはしっかりと書かれてました──

今月中に3回遅刻したらクビね・・・の3回を

6月4日の時点で2回費やしちゃったわけだけど、気分はどう?

by 宝田店長『波よ聞いてくれ』コミック1巻より

なんと、”4日”の時点で、2/3使っちゃってたのです
そりゃあ、宝田店長としてもイヤミの一つも言いたくなるもの。

それでも動じないミナレ。
大物?それとも大馬鹿?

原) 失恋話放送の前振りあり

ミナレが仕事をしていると、ラジオから昨夜の自分の失恋話が流れ出した・・・

ミナレの「失恋話」がFMラジオから突如流れ出しました。
アニメでは前振りの音声がカットされていたので、流れ的にも唐突でした。

まあ、なんとなく推測できますし、流れとして違和感はなかったですけどね。

同時に音声が流れるという状況を表現するのは、漫画向き。
アニメや実写では、音が被るからどうしても難しい。

アニメで多少カットされたのは致し方なし。

原作は、ミナレと中原の会話と並行して、ずっとFMラジオの音声が吹き出しで表現されています。

さて、今日の特集はいよいよ!先週予告したアレです。

街角ロスト・ラブ」・・・
このダサいコーナー名、仮ですからねディレクター

えー札幌市内のですね、酷い失恋をした人達にその恨みつらみを赤裸々に語ってもらおうという企画です。

ん~・・・あまり趣味のよろしくないコーナーになりそうですが・・・
どんなものかちょっと聴いてもらいましょう。

by 茅代まどか『波よ聞いてくれ』コミック1巻より

いわゆる、投稿コーナーで、リスナーの生声をそのまま伝える企画だったわけですね。

昼間っから流すような内容ではないと思いますが・・・
まあ、ミナレの失恋話が特別濃かっただけかもしれませんが(笑)

原) 福岡ディスり

ミナレは、自分の会話が流されていると知るや、店を出て車を飛ばす。
結果、アニメでは放送内容が、途切れ途切れに。

原作コミックでは、脇にずっと記載されています。

ラジオ放送がずっと続いている中、ミナレが放送局へ向かう様子が、漫画はとても上手く描写されています
#興味ある方は、ぜひ原作をお読み下さい。

特に、後で店のコメント欄で批判される「福岡ディスり」ってのがよく分からなかったのですが、原作コミックを読んでしっくりきました。

なんか福岡って、男女比率でかなり女が多いって聞きましたけど。

-中略-

つまりアレは「自分は選ぶ側」っつー自信からくる態度なんですよねー

自然、女性は「選ばれる側」で・・・そのせいか知らないけど従順な人が多いって話じゃないですか

で、それに比べて私がディスられるわけですよ!
「北海道の女は我が強くて気性が荒い」って!

蝦夷は開墾地だから、その名残なんだって・・・お前、それ何百年前の話してんだと・・・

by 鼓田ミナレ『波よ聞いてくれ』コミック1巻より

福岡は、男女比率で女性が多い。
だから、女性は選ばれる側で、従順な人が多いと言ったのです。

それに比べて、北海道は女性は我が強い、と・・・

福岡ディスりというか、福岡の女性に対する偏見ですね。
それも、ミナレではなく、ミナレの元彼が言ったこと。

そして、北海道の女性もディスられてますね(苦笑)。

これらのことに対して、ミナレは反省
付き合う人を二度とカテゴライズしないと宣言したのです

ア) マキエが写ったのはアニオリ

ミナレの失恋話放送中、一瞬写った映像の中には、アニメ4話で登場する城華マキエが

これは原作にはないカット。
アニメオリジナルカットです。

マキエが”鍵のかかった”部屋に閉じ込められている様子が描かれています
先を知っている人が見ると、「オォッ!」というシーン。

この時のミナレの失恋話を、マキエも聞いていたということか!?
興味深いネタです!

でも、この頃のマキエは、たしか放送大学しか聞いてなかったような・・・(苦笑)

原) 鼓田ミナレは述懐する

FMラジオから流れている自分の失恋話を止めさせるつもりが、なぜか自分が生で話すことに・・・

人は、テンパっていると正常に判断できないもの。

自分の恥ずかしい失恋話が、自分の泥酔した声が、公共の電波に流されている
しかも、酔って記憶がないので、この後どんな話をしているのか分からない・・・

そりゃあ、不安で一杯になるのも当然。
なんとしてでも止めたいと必死になったのでしょう。

ところが、麻藤に乗せられ、録音の放送を止める代わりに、ミナレが生で話す事に・・・

アニメではカットされてますが、原作では、その時のミナレの心情描写が描かれてます。

鼓田ミナレは後に述懐する──

これ、私はめられたんじゃないでしょうか!?

by 『波よ聞いてくれ』コミック1巻より

はい、その通りです!

おわりに (コミック『波よ聞いてくれ』1巻とは)

アニメと原作コミックを比べてみるとよく分かりました。

アニメは、原作をかなり忠実にアニメ化。
セリフの一字一句、「てにをは」までほぼ一緒です。

なかなかここまで忠実なアニメ化はないですね。

それだけ原作が完成されていて、アニメにも向いていたのでしょう。

吹き出し内のセリフだけでなく、吹き出し外のセリフまで取り上げ、セリフにしているのがうれしいですね。

あまりに忠実なので、コミックを読んでいても、声優さんの声が聞こえてくるほど(笑)。
これはこれで楽しいですね。

以上、『波よ聞いてくれ』原作コミック1巻のレビューでした。
最後まで読んで頂きありがとうございます。

1巻の続きのレビューも書く予定です。
良かったらまたお越し下さい。
最新情報はTwitter(@toki23_a)にて!

ではでは。

きょうのひとこと

ミナレの録音、最後まで聞きたかった
あの後、何を話したのだ?

関連レビュー

コミック『波よ聞いてくれ』1巻②のレビューはこちら。

ComingSoon

アニメ『波よ聞いてくれ』の感想レビューには、全体通じて感じたことを書いてます。
良かったらご覧下さい。

アニメ『波よ聞いてくれ』のレビューはこちらをどうぞ
波よ聞いてくれ
アニメ【波よ聞いてくれ】1~12話(最終回)作品自体が何でもありの深夜ラジオそのもの!2020年春TVアニメ『波よ聞いてくれ』ネタバレ感想レビュー。行き当たりばったりの主人公ミナレと常識外れの深夜番組。予測不能の展開。 前半の「はじめに」は【ネタバレなし】後半の「感想レビュー」は【ネタバレあり】で魅力を紹介します。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。