波よ聞いてくれ

コミック【波よ聞いてくれ】1巻感想②(アニメ2話) ミナレの動画は麻藤の仕込み!?

波よ聞いてくれ

こんばんは。時文(@toki23_a)です。
TVアニメ『波よ聞いてくれ』鑑賞後、原作を読みました。
本レビューは、原作コミック1巻のアニメ2話相当分を取り上げ、アニメと原作の違いを紹介

アニメの感想レビューはこちらからどうぞ。

波よ聞いてくれ
アニメ【波よ聞いてくれ】1~12話(最終回)作品自体が何でもありの深夜ラジオそのもの!2020年春TVアニメ『波よ聞いてくれ』ネタバレ感想レビュー。行き当たりばったりの主人公ミナレと常識外れの深夜番組。予測不能の展開。 前半の「はじめに」は【ネタバレなし】後半の「感想レビュー」は【ネタバレあり】で魅力を紹介します。...

アニメと原作コミックの対応は以下の通り。
リンク先は他巻の感想レビューです。

波よ聞いてくれ (全12話) 各話リスト

話数 サブタイトル 原作巻数
(リンク先はレビューへ)
第1話 お前を許さない 1巻R①
第2話 奴らが憎い 1巻R②
(本レビュー)
第3話 お前らは緩い 1感R③
第4話 君は笑わない 1巻R④
第5話 生かして帰さない 2巻R①
第6話 そんなものはいない
第7話 私は哭きたい
第8話 電話じゃ話せない
第9話 お前を信じない
第10話 私がせねばなるまい
第11話 嫌気生物は畏れない
第12話 あなたに届けたい

はじめに

本レビューは「アニメ」⇒「原作コミック」の順で見た「原作の感想レビュー」です。

アニメと原作コミックの違いをメインに、原作を読んで改めて感じたことをレビューします。

アニメ『波よ聞いてくれ』は原作コミックにかなり忠実で、再現度も高いです。

ただ、原作の全てがアニメ化されているわけではありません。
原作情報の全て伝えることはしませんが、魅力を少しでも伝えられれば。

では、アニメの内容順に紹介をしていきます。

本レビューの内容
  • アニメでカットされた原作部分
  • アニメオリジナルシーン
  • 原作を読んで分かったこと

見出しの頭にアニメオリジナル、原作のみの記号を記載したのでご参考に。

  • ア):アニメオリジナルシーンに関する記述
  • 原):アニメではカットされたシーンに言及

TVアニメ 第2話「奴らが憎い」

原) ミナレと会ったのは偶然?

前話(1話)、ミナレはまんまと麻藤の思惑通りに動いてしまい、生放送までしてしまった。

では、麻藤はどこまで仕組んでいたのでしょう。

その辺について、原作では久連木が麻藤にもう少し突っ込んで聞いているので参考になりました

麻藤:あの娘にはああ言ったが、実はあの店入ったことがあるのよ。あの娘はいなかったが、そん時、店内で流していたのはMRSだった。

── アニメで使われたセリフはここまで ──
「あの娘はいなかったが」もアニメではカット

久連木:何だよ、てっきり店ハネてから、あの娘の跡つけてバルで隣の席に座ったのかと・・・

麻藤:するかよ、そんな事。飲み屋でたまたま隣に座った女の子が、恋バナ始めたから録音してみた・・・そういう企画だし本当にただそれだけだよ。

あのカレー屋の従業員だとわかったのは名刺もらってから。そん時、あのレコを素材で使おうと思ったわけ

by 『波よ聞いてくれ』コミック1巻より

仕込みに関しては、アニメで語られた通り。
特段何もしていないのです。

アニメ鑑賞時、私も、放送作家の久連木が疑ったようなことを考えていたのですが、どうやら違うようです。

麻藤が嘘をついていなければ、ですが・・・

今回の経緯

麻藤は、カレー屋でMRSが流れていることを知っていた
※MRS=藻岩山ラジオ局

麻藤は、ミナレにはスープカレー屋「VOYAGER」には行ったことがないフリをしてました。
が、実は行ったことがあったのです。

ミナレは、そのときいなかったようです。
だから、ミナレは麻藤のことを知らなかったのでしょう。
まあ、来客全員を覚えているわけでもないでしょうが。

そのカレー屋で麻藤が働くラジオ局MRSの放送が流れていた。

自分の局の放送が流れていると、印象に残りやすいもの
だから、そのカレー屋を覚えていたのかもしれません。

ミナレが失恋話を始めたので録音した

たまたま飲み屋で隣に座ったミナレが、失恋話を始めたので、麻藤は録音を始めた。

後で出てきますが、札幌市内で聞ける酷い失恋話を”盗聴”する企画です。
ひどい企画ですね・・・(苦笑)

だから、この時ICレコーダーを持ち歩いていたのです。

ミナレの名刺を見て、放送すると面白いことが起きると予感

ミナレから名刺を受け取る。
おそらく、名刺の裏面に「音源を使う許可」を書かせるためでしょう(苦笑)。

名刺を受け取った際、MRSが流れるカレー屋で働いていると知った。
店で働いていれば、番組が聞こえるのも予想できた。

カレー屋の場所も知っており、放送局との距離も把握・・・

だから、ミナレの失恋話を放送すれば、放送局へ乗り込んでくるだろう事は想定できたというのです。

それが──

計算なんてほどじゃないが、予感はあったよ

by 麻藤兼嗣『波よ聞いてくれ』コミック1巻(アニメ2話)より

麻藤の”予感”だったわけです。

仕組まれたとまでは言えないが、うまく乗せられましたね。
特にラジオ局へ着いてから!

まあ、ミナレは麻藤に見事にはめられたと言っていいでしょう。

ミナレ本人も、はめられたのでは?と述懐しています。
#詳しくは前話の原作レビューをどうぞ。

原) 動画は麻藤の仕込み?

ミナレはラジオに一回出ただけなのに、なぜかカレー屋のお客にバレていた・・・

麻藤から送られてきたネットのURLには、ミナレがカレー屋を出て行く動画がアップされていた。

偶然にしては、凄い瞬間を撮られていたミナレ。
ミナレが麻藤を疑う気持ちもよく分かります(苦笑)。

アニメはカットしていますが、原作では、麻藤の気になる心情描写が・・・

ミナレ:なに!?何なんですかあの動画!?てかアンタが撮ったんでしょ、ADとか使って。腐れ外道!

麻藤:(鋭いな・・・)いやいや!さすがに知らねえよ。

※()内は心情描写、かつアニメではカット

by 『波よ聞いてくれ』コミック1巻より

「鋭いな・・・」

普通に考えると、この心情描写が意味することは・・・
ミナレの動画は、麻藤が仕組んだということ?

それなら、ミナレがラジオ局へ乗り込んでくる可能性はグッと上がります。

麻藤は、昨夜ミナレから名刺をもらい、ミナレが店内でMRSが流れているカレー屋で働いていることを知った。
問題は、失恋話を放送するタイミングに、ミナレが店にいるかどうか。

そこで、麻藤はADをカレー屋に待機させた

目的は、ミナレ盗撮だけではない。

  1. ミナレが店に出勤しているか?
  2. 店内にラジオが流れているか?

これらもADに確認させていたのではないか?

これなら、ミナレをはめる作戦の成功率が爆上がりです。

あくまで、私の推測です。
でも、もしそうだとすると、麻藤は策士ですね~~

ア) アニオリキャラが仕込みのAD?

ミナレが自分の動画を見て、慌てて麻藤に電話する。

ミナレが電話をしたとき、麻藤がいたのは喫煙室。
喫煙室にいたのは麻藤と茅代と、もう1人・・・誰?

セリフはありませんが、アニメオリジナルキャラです。
原作のこのシーンでのキャラは麻藤と茅代の2人しかいません

アニメ『波よ聞いてくれ』は原作に完璧と言っていいほど忠実です。

なのに、このシーンに限っては、二つ違うことが・・・

  1. 麻藤の「鋭いな」という心情描写がカット(詳細は前項目にて)
  2. 喫煙室にもう1人

アニメでは「鋭いな」をカットして、登場人物を一人追加。
背景のようなモブなら気にしませんが、わざわざ喫煙室から出ていくシーンを明確に描いてます。

通常、ここまでしっかりと描くなら、名前のあるキャラクターを登場させます。
この男は、(少なくもアニメ12話まで)登場しません。

よく見ると、この男性、喫煙室を出るとき、冷や汗をかいてます

盗撮は、麻藤が、この男にさせたのではないでしょうか?

では、なぜ、アニメでは変更したか?

ミナレの動画が仕込みだと、あまりに麻藤が外道なので、アニメでは表現を抑えた。
それでも、何かヒントをということで、一見分からないアニオリキャラを登場させた。

考えすぎですかね(笑)。
でも、そういうことを思いつくような作り方も面白いし、考えるのも楽しいですね!

ア) ベンツ?はアニオリ

麻藤からラジオ局へ呼び出されたミナレ。
車での迎え付きだった。

甲本が乗っていたディレクターの車はベンツ!

原作は(恐らく)国産車、マークから推測すると日産車?
アニメのベンツはアニメオリジナル

随分ランクを上げたなーと思いましたが、よく見ると、ベンツのエンブレムを逆にしたような・・・

ひっくり返せばベンツ・・・
三本線の下の一本を消せば、マツダに見えなくも・・・

つまり掲載の許可を取れなかったということですね(笑)

ア) ラストの沖のシーンはアニオリ

ミナレの階下に住む沖。
沖が写真を眺めていると、天井から血が・・・

このシーンはアニメオリジナル

原作の沖のシーンは、アニメ3話冒頭の、お経を唱えるシーンのみです。

天井から血が落ちてきたので、お経を唱え”何か”を成仏させようとしているというのに繋がります

次話に繋げる引きとしては良い改変ですね。

おわりに (コミック『波よ聞いてくれ』1巻とは)

前話(1話)同様、今話もアニメは原作に忠実でした。
サラッと流すと違いに気付かないほど。

今回取り上げた箇所以外にも微妙な違いはあります。

  • ミナレが1階の住人に挨拶するシーン
  • ラジオ局に「裏参道夏祭り」のポスターが貼ってある
  • ミナレの「ミノタウロス」ネタ

などなど。

本文で取り上げているのは、ストーリーに絡む変更点です。

まあ、なんちゃってベンツのような、ツッコミ要素があれば取り上げますが(笑)。

以上、『波よ聞いてくれ』原作コミック1巻のレビューでした。
最後まで読んで頂きありがとうございます。

1巻の続きのレビューも書いてます。
良かったらご覧ください。

ではでは。

きょうのひとこと

寿司屋に高級車・・・地方ラジオ局ってそんなに給料いいの?

関連レビュー

コミック『波よ聞いてくれ』1巻③のレビューはこちら。
波よ聞いてくれ
コミック【波よ聞いてくれ】1巻感想③(アニメ3話) JFLは実在、藻岩山ラジオ(MRS)は?2020年春TVアニメ『波よ聞いてくれ』の原作コミック1巻(3/4)(アニメ3話相当分)の感想レビュー。原作とアニメとの違い、アニメオリジナルシーン、原作を読んで分かった新情報について取り上げます。...

アニメ『波よ聞いてくれ』の感想レビューには、全体通じて感じたことを書いてます。
良かったらご覧下さい。

アニメ『波よ聞いてくれ』のレビューはこちらをどうぞ
波よ聞いてくれ
アニメ【波よ聞いてくれ】1~12話(最終回)作品自体が何でもありの深夜ラジオそのもの!2020年春TVアニメ『波よ聞いてくれ』ネタバレ感想レビュー。行き当たりばったりの主人公ミナレと常識外れの深夜番組。予測不能の展開。 前半の「はじめに」は【ネタバレなし】後半の「感想レビュー」は【ネタバレあり】で魅力を紹介します。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。