波よ聞いてくれ

コミック【波よ聞いてくれ】2巻感想②(アニメ6話) ここへ来て原作とは大幅な構成変更!

波よ聞いてくれ

こんばんは。時文(@toki23_a)です。
TVアニメ『波よ聞いてくれ』鑑賞後、原作を読みました。
本レビューは、原作コミック2巻のアニメ6話相当分を取り上げ、アニメと原作の違いを紹介

アニメの感想レビューはこちらからどうぞ。

波よ聞いてくれ
アニメ【波よ聞いてくれ】1~12話(最終回)作品自体が何でもありの深夜ラジオそのもの!2020年春TVアニメ『波よ聞いてくれ』ネタバレ感想レビュー。行き当たりばったりの主人公ミナレと常識外れの深夜番組。予測不能の展開。 前半の「はじめに」は【ネタバレなし】後半の「感想レビュー」は【ネタバレあり】で魅力を紹介します。...

アニメと原作コミックの対応は以下の通り。
リンク先は他巻の感想レビューです。

波よ聞いてくれ (全12話) 各話リスト

話数 サブタイトル 原作巻数
(リンク先はレビューへ)
第1話 お前を許さない 1巻R①
第2話 奴らが憎い 1巻R②
第3話 お前らは緩い 1感R③
第4話 君は笑わない 1巻R④
第5話 生かして帰さない 2巻R①
第6話 そんなものはいない 2巻R②
(本レビュー)
第7話 私は哭きたい
第8話 電話じゃ話せない
第9話 お前を信じない
第10話 私がせねばなるまい
第11話 嫌気生物は畏れない
第12話 あなたに届けたい

はじめに

本レビューは「アニメ」⇒「原作コミック」の順で見た「原作の感想レビュー」です。

アニメと原作コミックの違いをメインに、原作を読んで改めて感じたことをレビューします。

アニメ『波よ聞いてくれ』は原作コミックにかなり忠実で、再現度も高いです。

ただ、原作の全てがアニメ化されているわけではありません。
原作情報の全て伝えることはしませんが、魅力を少しでも伝えられれば。

では、アニメの内容順に紹介をしていきます。

本レビューの内容
  • アニメでカットされた原作部分
  • アニメオリジナルシーン
  • 原作を読んで分かったこと

見出しの頭にアニメオリジナル、原作のみの記号を記載したのでご参考に。

  • ア):アニメオリジナルシーンに関する記述
  • 原):アニメではカットされたシーンに言及

TVアニメ 第6話「そんなものはいない」

ア) 全体構成の変更

アニメ冒頭、カレー屋から出たミナレ。
その時、ミナレの携帯にメールが。

ミナレが、麻藤からのメールかと思って見ると・・・

次の番組は、企画から考えてくれ。

by 麻藤兼嗣『波よ聞いてくれ』TVアニメ6話より

と、内容は、ミナレの当てが外れましたが、麻藤からのメール。
これは原作とは違います

原作では、ここで光雄からのメールが来ます
昨夜のラジオを聞いて連絡を取ってきたのです。

光雄のエピソードはアニメでは終盤へ。
メールが来るシーンは8話ラストで描かれます。

ここまでアニメは原作に忠実でした。
ここで、アニメは原作と、大きく構成を変えてきました。

ここでは、原作2巻の内、6話の内容を取り上げます

原) 父親に電話するのはもう少し先

アニメでは麻藤からのメールを読み、麻藤に電話するミナレ。
そこで間違って父親にかかってしまう・・・

原作は、アニメと違い、麻藤ではなく光雄からのメールなので、光雄にメール返信。
この後のエピソードはアニメ9話で描かれる通りです。

父親に間違って電話してしまうのは、原作2巻ではありますが、もう少し後です

原作では──

光雄と会っていたことで、中原を落ち込ませ、マキエから「中原の心を弄ばないで」と言われたミナレ。

イラついて女友達とやけ酒を飲んでいたが、中原は悪くないと反省し、電話を掛ける──

電話に出たのは、父親だった

父親がゲップをしたとき、ミナレは「携帯越しでも漂うアルコール臭」と言ってましたが、実際に隣の女友達にアルコール臭でした(笑)。

ア) ミナレの企画を考える中原

麻藤から「企画を考えろ」と言われたミナレは、中原に頼む。

姉が子供を連れて転がり込み、マキエもいる賑やかな部屋では、中原は集中できなかった。

原作は、先に書いている通り、ミナレに来たメールは、麻藤からではなく光雄。
原作で、ミナレが企画を考えるように言われるのは、もう少し先です

原作では、このシーン、中原は「経営学の勉強」をしています。
おそらく、真面目にカレー屋を広げたいと考えているようです。

残念ながら姉に指摘されている通り、飽きてゲームしてましたが(笑)。
#ツッコミは、アニメも原作も同様です

原) ミナレは瑞穂の部屋を出る決意をする

アニメ6話後半。
ミナレが、瑞穂の居候をやめて、元の部屋へ戻ってます。

アニメ鑑賞時、訳が分からなかったのですが、原作には決意するタイミングも描かれてます。

ミナレは光雄にだまし取られた50万の内、25万が戻ったことと、瑞穂に甘えてばかりいてはいけないと考え、部屋を借りることを決意する。

やっぱね、昨日一日で思った

人の好意に甘える事に慣れてしまうと、人間が腐るばかりだと

by 鼓田ミナレ『波よ聞いてくれ』コミック2巻より

昨日一日とは、元彼の光雄と会っていたことを指してます。

ミナレは光雄を見て、人に甘える事に慣れてしまうとダメ人間になると確信。
自分は、そうはならないと、瑞穂の部屋を出る決意をしたのです。

まあ、25万戻ってきたことも大きいようですが(笑)。

・・・・・

ミナレが部屋を出ると言い出し残念がる瑞穂。
ここでのミナレと瑞穂のやりとりが面白いです。

先のセリフと言い、ミナレ節全開ですし、ミナレの男性観も語られます。
このシーンはアニメでも見たかった!

興味ある方はぜひ原作をお読み下さい!

おわりに (コミック『波よ聞いてくれ』2巻とは)

前話(5話)からアニメは、原作は2巻に入り、前話だけで1/3ほど進みました。

アニメは、ここまで完璧と言っていいほど原作に忠実。
ここで、エピソードの構成を変えてきました。

原作は、この後、光雄のエピソードになります。
が、アニメでは9話で光雄エピが描かれます。

『波よ聞いてくれ』は、決して登場人物が少ないわけではなく、人間関係も複雑。
あらゆる人が絡んできて、物語が作られています。

アニメは、原作とは違う構成にして、違う一面を見せてくれるのか。
楽しみです!

本ブログではアニメを中心にしているので、アニメの内容順にレビューしていきます。

2巻の続きの内容は9話相当分になります。
アニメ6話の続きは、原作コミック3巻になります。

以上、『波よ聞いてくれ』原作コミック2巻のレビューでした。
最後まで読んで頂きありがとうございます。

2巻の続きのレビューも書く予定です。
良かったらまたお越し下さい。
最新情報はTwitter(@toki23_a)にて!

ではでは。

関連レビュー

コミック『波よ聞いてくれ』3巻①のレビューはこちら。

ComingSoon

アニメ『波よ聞いてくれ』の感想レビューには、全体通じて感じたことを書いてます。
良かったらご覧下さい。

アニメ『波よ聞いてくれ』のレビューはこちらをどうぞ
波よ聞いてくれ
アニメ【波よ聞いてくれ】1~12話(最終回)作品自体が何でもありの深夜ラジオそのもの!2020年春TVアニメ『波よ聞いてくれ』ネタバレ感想レビュー。行き当たりばったりの主人公ミナレと常識外れの深夜番組。予測不能の展開。 前半の「はじめに」は【ネタバレなし】後半の「感想レビュー」は【ネタバレあり】で魅力を紹介します。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。