波よ聞いてくれ

コミック【波よ聞いてくれ】3巻感想③(アニメ8話) ラジオ業界の真実が生々しい・・・

波よ聞いてくれ

こんばんは。時文(@toki23_a)です。
TVアニメ『波よ聞いてくれ』鑑賞後、原作を読みました。
本レビューは、原作コミック3巻のアニメ8話相当分を取り上げ、アニメと原作の違いを紹介

アニメの感想レビューはこちらからどうぞ。

波よ聞いてくれ
アニメ【波よ聞いてくれ】1~12話(最終回)作品自体が何でもありの深夜ラジオそのもの!2020年春TVアニメ『波よ聞いてくれ』ネタバレ感想レビュー。行き当たりばったりの主人公ミナレと常識外れの深夜番組。予測不能の展開。 前半の「はじめに」は【ネタバレなし】後半の「感想レビュー」は【ネタバレあり】で魅力を紹介します。...

アニメと原作コミックの対応は以下の通り。
リンク先は他巻の感想レビューです。

波よ聞いてくれ (全12話) 各話リスト

話数 サブタイトル 原作巻数
(リンク先はレビューへ)
第1話 お前を許さない 1巻R①
第2話 奴らが憎い 1巻R②
第3話 お前らは緩い 1感R③
第4話 君は笑わない 1巻R④
第5話 生かして帰さない 2巻R①
第6話 そんなものはいない 2巻R②
3巻R①
第7話 私は哭きたい 3巻R②
第8話 電話じゃ話せない 3巻R③
4巻R①
第9話 お前を信じない 2巻R③
第10話 私がせねばなるまい 2巻R④
第11話 嫌気生物は畏れない 3巻R④
4巻R②
第12話 あなたに届けたい 4巻R③

はじめに

本レビューは「アニメ」⇒「原作コミック」の順で見た「原作の感想レビュー」です。

アニメと原作コミックの違いをメインに、原作を読んで改めて感じたことをレビューします。

アニメ『波よ聞いてくれ』は原作コミックにかなり忠実で、再現度も高いです。

ただ、原作の全てがアニメ化されているわけではありません。
原作情報の全て伝えることはしませんが、魅力を少しでも伝えられれば。

では、アニメの内容順に紹介をしていきます。

本レビューの内容
  • アニメでカットされた原作部分
  • アニメオリジナルシーン
  • 原作を読んで分かったこと

見出しの頭にアニメオリジナル、原作のみの記号を記載したのでご参考に。

  • ア):アニメオリジナルシーンに関する記述
  • 原):アニメではカットされたシーンに言及

TVアニメ 第8話「電話じゃ話せない」

原) ミナレはまたまた瑞穂の部屋へ居候?

アニメでは説明もなく、ミナレが元のアパートへ戻り(6話)、今話で瑞穂の部屋へ戻ってます。

原作では、きちんと説明が──

先日までの騒動で、ミナレさんの階下の住人、沖進次さんの部屋が居住不能になってしまい、クリーニング終了までの間、ミナレさんの部屋を貸す事になったそうです

by 南波瑞穂『波よ聞いてくれ』コミック3巻より

前話(7話)、沖の部屋で起こっていた怪奇現象は、ミナレが床下に入れっぱなしだったマトンが原因でした(苦笑)。

怪奇現象は解決し、血だらけでニオイも染みついた沖の部屋はクリーニングが必要。
部屋のクリーニング終了まで、沖にミナレの部屋を貸すことにしたのです

確かに、金のないミナレは、部屋を無償で貸すくらいでしか償えないですね(笑)。

原作を読んでスッキリしました!

その後、アニメ(8話)冒頭の「私、尼になろうと思う」に続きます。

なんにせよ、瑞穂との同居生活が再開してうれしい!
この二人の女子トーク(漫才?)は聞いているだけで楽しいですから♪

原) 瑞穂がミナレをなぐさめる

原作では、ミナレは、沖との騒動で自信をなくし、自分みたいな経験も思い入れもない人間がラジオ番組を持っていいのか疑問を持ちます
#アニメでは完全カット

瑞穂は、ミナレのようなケースもあると言う──

でもなくはないですよ。
ミナレさんみたいなケースも。

広域放送局だとさすがに聞いた事ないですけど・・・
県域局ならたまにいますし、コミュニティならごく普通ですね。
個人事業主が話し手やってるケースは。

作家とか評論家とか写真家とか・・・
食堂の店長さんとか色々ですね。

by 南波瑞穂『波よ聞いてくれ』コミック3巻より

私も疑問でした。
ミナレのような素人で、自分から申し出たのでもないのに、番組を持たせるなんて。
まあ、フィクションだからと気にしてなかったですが。

実際にもありえるのですね。

そして、その理由が、瑞穂の過去エピソードと共に語られます──

原) 瑞穂がMRSに入るキッカケ

先の悩み相談の流れで、ミナレは瑞穂に尋ねます──

どういう経緯でラジオ業界に入ったの?

by 鼓田ミナレ『波よ聞いてくれ』コミック3巻より

瑞穂は、きっかけとなった高3のワークショップについて話し始めます。
ワークショップは、今も瑞穂が憧れている構成作家の久連木が臨時講師でした

アニメ4話で描かれた瑞穂の高校生時代。(コミック1巻④レビュー)

この瑞穂の過去話の一部が元ネタです。

就職希望の生徒を前に、久連木は「ラジオ業界」ぶっちゃけトークをします

ラジオは大変な斜陽産業です。
広告費はここ20年で半分になり、欧米でも大手放送企業のラジオ部門売却が相次いでいる。

-中略-

現在、地方ごとのラジオの聴取率はその地方すべての局を合わせても平均して7%に満たない。近年始まったラジコというネット放送を含めてもだ。

たった7%の数字をその地方の十数の局がむしり合っている。

-中略-

そうだ!
人気のタレントにパーソナリティをやってもらおう。

・・・で、一流どころの芸能人に週5時間喋ってもらうラジオ局が払えるギャラはどれくらいか。

2万だ

時給にすれば4000円・・・
高校生のキミ達にはピンとこないかもしれんが、テレビとはケタが2つ違う。

by 久連木克三『波よ聞いてくれ』コミック3巻より

なんと、週5時間話して2万円。

一流どころに対してそのギャラだから、素人のミナレにはもっと少ないのでしょう。
ミナレでなくても有名人でなければたかが知れている。

売れっ子パーソナリティにでもならない限り、ラジオパーソナリティだけでは食べていけないのでしょう。

だから、瑞穂は、ミナレのような仕事の掛け持ちは、珍しくないと言ったのです。

久連木は、ラジオ業界のネガティブな部分だけでなく、魅力も話しています

放送事業としてラジオがテレビに勝っている部分があるとすれば、4つ

地域密着性」そこからくる「災害への対応力」「早さ」そして「自由」だ。

大概の企画があっという間に形になり、失敗か成功かリスナーの反応であっという間にわかる。

まどろっこしくないのはいいが怖え話だよ。

しっかし、クセになるんだなあ

by 久連木克三『波よ聞いてくれ』コミック3巻より

ラジオは斜陽だと言いながら、身震いするような魅力を語っています!

瑞穂は自分の番組を持つとか企画を出すとかではなく、こういうラジオの魅力に惹かれ、そこへ身を置きたいのでしょう。

少し長いシーンだからか、アニメでは完全カット
ラジオ業界を描いているのだから、このシーンもアニメで見たかったですね。

瑞穂の初々しい新入社員姿も描かれますよ。
興味ある方はぜひ原作をどうぞ!

おわりに (コミック『波よ聞いてくれ』3巻とは)

さて、アニメでは完全カットされていますが・・・
原作はこの後、茅代まどかがミナレとサシで話したいと円山公園へ呼び出します!

茅代まどかは存在感があるのに出番が少ないと思っていたら、それはアニメのみ。

原作では、しっかりラジオパーソナリティの先輩としてミナレを教育!?
なんだか、とても威圧感のある、恐らくミナレが苦手なタイプである茅代まどか。

でも、お高くとまっているだけではなく、ざっくばらんな意外な一面も見せてくれます。

アニメで描かれるストーリーには影響ないシーンだったので、本レビューでは取り上げてませんが、アニメでも見たかったシーンです。

興味ある方は原作をご覧ください。

以上、『波よ聞いてくれ』原作コミック3巻のレビューでした。
最後まで読んで頂きありがとうございます。

続きのレビューも書いてます。
良かったらご覧下さい。

ではでは。

きょうのひとこと

人気タレントで2万なら、普通は・・・

関連レビュー

コミック『波よ聞いてくれ』(アニメ8話相当(後半))のレビューはこちら。
波よ聞いてくれ
コミック【波よ聞いてくれ】4巻感想①(アニメ8話) ミナレの父親以上に宝田店長許すまじ!2020年春TVアニメ『波よ聞いてくれ』の原作コミック4巻(1/3)(アニメ8話相当分)の感想レビュー。原作とアニメとの違い、アニメオリジナルシーン、原作を読んで分かった新情報について取り上げます。...

アニメ『波よ聞いてくれ』の感想レビューには、全体通じて感じたことを書いてます。
良かったらご覧下さい。

アニメ『波よ聞いてくれ』のレビューはこちらをどうぞ
波よ聞いてくれ
アニメ【波よ聞いてくれ】1~12話(最終回)作品自体が何でもありの深夜ラジオそのもの!2020年春TVアニメ『波よ聞いてくれ』ネタバレ感想レビュー。行き当たりばったりの主人公ミナレと常識外れの深夜番組。予測不能の展開。 前半の「はじめに」は【ネタバレなし】後半の「感想レビュー」は【ネタバレあり】で魅力を紹介します。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。