SF/ファンタジー

TVアニメ【Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-】1~12話(最終話) 感想レビュー 都市伝説?超常現象?よくぞここまで描いてくれた

occultic-nine
原作 ライトノベル
ジャンル SF、オカルト
放送情報 TVアニメ(2016年秋)/全12話
オススメ度 B+
ストーリー
設定
世界観
感情移入

原作ライトノベル未読。
TV放送にて鑑賞。一気見。

あらすじ

舞台は吉祥寺。
オカルトがブームになっている世界。

主人公・我聞悠太(がもん ゆうた)は、ブログサイト「キリキリバサラ」のアクセス数を増やすために、オカルト超常現象を追いかけていた。

こんばんは。時文です。
オカルト寄りですが、ミステリー好きとしては放っておけない作品『Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-』感想レビューです。

いや、ここまで都市伝説、オカルト超常現象を描いた作品は見たことないですー
何というか、「ここまで描いていいの?」「え、こういうの触れない方がよいのでは??」というエピソードが(オカルト苦手でなければ)堪らない。
よくぞ、描いてくれました!

私自身恐いのは好きではないので、知らないことだらけで・・・なんか勉強になりました、ハイ。(笑)

ただ、ミステリー好きとしては、全体構成がーーー

でも、続編を見たい、いや、続編で、もっとディープな世界を見せて欲しいと願う作品ですね。
それだけポテンシャルを感じる作品でした。

それにしても、見るのに体力を使う作品でした。(汗)
ハイテンションな会話と、情報量過多、扱う題材がディープ。
PVを見てもよく分かるのではないでしょうか。
#2分弱のPVとは思えない程、情報量が多い・・・

TVアニメ「Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-」PV第1弾
アニプレックス

では、感想レビューをどうぞ。

はじめに

うーーん。
なかなかレビューが難しい作品です。

スタイリッシュでクールな映像と音楽、
テンポよく進むストーリーと会話劇、
都市伝説、オカルト超常現象にチョイネタではなく、真正面からがっつり取り組む姿勢、
都市伝説でよくある「陰謀論」もうまく取り入れ、
複数の事件を絡ませる脚本はお見事

ですが、同じ数だけ、引っかかる所もありました・・・

作画は時折、同じカットでの長回しがあり
⇒眠くなる

ノリが軽く、セリフは早口で息継ぎがなく
⇒聞き取りにくい

無駄な会話や動作も多く
⇒本筋と関係のない雑音が多い

都市伝説やオカルト話が中心となり、事件を追いかけていない
⇒核心に迫らずイライラする

とても多い情報量と複雑な人間関係を、うまく絡ませ、ストーリーを進める中で、隙間なく関連情報を小出しにする構成は驚嘆です!

が、逆にとても早いペースで、大量の情報が流れ込んでくるので、見ていて”とても疲れます”

“もう一度見たい”とは”思わない”ほど ・・・

それでも、オカルト超常現象にこれだけ科学的見解(仮説)をつけて、実際にありえるのではないか?と思うほど説得力をつけるのは上手いし、そこに本物の(人の手による)事件を織り交ぜる脚本は秀逸でした。

私は超能力関連は好きなのですが、オカルトと都市伝説は知識がなかったので、勉強になりました(笑)

ミステリー&オカルトに興味ある方は一見の価値があるのでは。
#ただし、本当に、見づらいですから、ご覚悟を!
#グロいシーンも半端ないです!!

キャラクターが好きになれない・・・

私は実は作品に感情移入できなくて・・・
一番の原因はキャラクターのノリですね。

無駄にハイテンションで、オーバーアクション・・・
その上、先に書いた通り、早口で息継ぎなしのセリフが多用。

登場人物も多く、視点は三人称視点。
おまけに時系列も前後し、その上カットの切り替えが早く、
キャラ、視点、時間が変わるシーンが次々と繰り広げられます・・・

#おまけに、専門用語も出てくるので、まあ見ていて疲れます ^^

せっかく内容はシリアスなのに、話が軽く見えてしまうのですよね・・・

で、極めつけは主人公・我聞悠太がヘッポコなので、好きになれないのです ><
ま、ラストは嫌いではないですが・・・

これから見る方へ

この作品、結構当たり前のように専門用語が出てきます。

全てを理解する必要はないが、重要なキーワードだったら意味を知りたい。
そんな方にオススメなのが、公式HPの解説。

公式HPの「ストーリー」に、その話数で出たキーワードの説明があります。

『Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-』公式HP

STORY-Site01リンク

更に予備知識として知っておくとより楽しめるかも

作品内には、実在した科学者ニコラ・テスラの名前が出てきます。
次の事を知っているとより楽しめると思います。

ニコラ・テスラ(1856-1943) 発明家

発明家エジソンと同じ時代を生きた。テスラはエジソンの会社で勤務経験もあり。
エジソンは直流電流、テスラは交流電流でよく対立していた。

・テスラは「世界システム」を考案
世界システムとは、電磁波を用いた無線送電計画。
つまり、電磁波を使って、離れたところへ”電気”を供給するシステム。

実際にアメリカニューヨーク州に「ウォーデンクリフ・タワー」を建設し送電実験を行った。

が、歴史的には(恐らく)コストと安定性の観点から
有線(銅線)を使った電力供給システムが我々の生活に浸透した。

・生涯独身だったが、長身でハンサムだったため、いくつも恋の噂はあった。

レビュー(以降、ネタバレ全開です)

面白いのですけど、感情移入できませんでした・・・
私には合わなかったのかもしれません。

先に記載したキャラクターのノリ以外にあと2つの理由で引っかかりました。
ネタバレあり

おわりに (『オカルティック・ナイン』とは)

スッキリしないこと、勿体ないと思うことは多いが、楽しめる♪
なかなか不思議な作品でした。

レビューもきれいにまとめることができず、申し訳ございません。
取り繕うことなく、ウソ偽りない思いを書いた結果です。

とにかく、良い所”と”悪い所”が「両方とも突出」!!
独特の味を出している作品
でした。

キレイな終わり方をしましたが、まだまだ謎は残ってます。
連載も続いているようなので、ぜひ、続編見たいですね。

また、原作を読んでみたい作品が増えました。(時間が・・・)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。