サクガン

アニメ【サクガン】6話感想&考察 許せないからぶち壊す!? いいや大人の対応は…ダメ親父ガガ指南!?

サクガン 6話

こんばんは。時文(@toki23_a)です。
TVアニメ『サクガン』第6話、鑑賞しました。

サクガン』はオリジナルアニメ制作プロジェクト「Project ANIMA」の第一弾。
戌井猫太郎氏のSF小説『削岩ラビリンスマーカー』を原案とするTVアニメ。

原案を読んでないので、考察はあくまで個人的な見解です。
皆さんの理解の助けとなり、作品をより楽しんで頂ければ幸いです。

今回の疑問点 (リンクは該当箇所へ)
※私なりの解釈を含め考察

  • 労働奉仕なのになぜ対価? 
  • トレビ学長の思惑は? 
  • 「反応」とは何のこと? 
  • 「子供」って何のこと? 

サクガン(全12話)各話リスト

話数 サブタイトル
第1話 FATHERS&DAUGHTERS
第2話 GOOD DAY, GOOD BYE
第3話 BRAINS&HEARTS
第4話 LADEIS&GENTLEMEN
第5話 NO WORK, NO LIFE
本レビュー JUSTICE FOR VILLAINS
第7話 ON THE ROAD
第8話 MEMORIES&REGRETS
第9話 END OF VACATION
第10話
第11話
第12話

※リンクは各話レビューへ

今回のあらすじ

サクガン 6話
あらすじ

労働奉仕を終え、次のコロニーへ向かうメメンプー親子。
道中、不良集団ユーリ団に捕らえられアジトへ連行される。

コロニー「アレー・ヤール」は、平等を掲げるが・・・

現代の何かが行き過ぎた未来を描く、風刺もSFの醍醐味

アンダーワールドでは、コロニー間の往来が難しく。
各コロニーは、独特の社会を育んでいた。

ガガンバー親子が次に訪れたのは、アンダーワールド内で最も平等なコロニー。

学業の機会が平等に与えられた社会は、かえって格差を広げていた・・・
という話ではなく(苦笑)。

学業の平等はただの表向きの主張。
実態は、汚職と賄賂にまみれていた。

正義を名乗る不良グループ・ユーリ団は、汚い大人に反抗するが・・・

大人や社会を恨んでも、切りがない

恨み辛みで、自分の人生をかけるなんて、時間の無駄
大人になんと言われようと、自分は自分の生き方を

では、今話を振り返っていきましょう。

TVアニメ『サクガン』第6話 次回予告
Project ANIMA チャンネル/Music

感想&考察レビュー 第6話 「JUSTICE FOR VILLAINS」

ダメ親父

ガガンバーは労働奉仕の報酬を全てギャンブルにつぎ込んだ・・・

修理に対する対価

ひょんなことから罰則で、管制局のニヤけイケメン野郎の趣味を手伝うことになった。
それが、なんだか上手いこといっちゃって、報酬をガッポリ。

大金を手にしたオレは将来を見越した資産運用を試みた。

by ガガンバー『サクガン』TVアニメ第6話

OP前、ギャグ調エピソード。
最初は、ガガンバーが夢物語でも話しているのかと思ってました(苦笑)。

後のユーリ達の反応を見ると、どうやら本当の出来事のようです・・・

労働奉仕は、刑務所への収監や罰金を免除するためのもの。
よって、基本的に報酬はありません。
報酬があったとしても少額です。

なのに、高額報酬を得たということは・・・

労働奉仕の対象は「故障箇所を見つける」ことであり、「修理までした」のは、労働奉仕外となり、正当な対価を頂いたのでしょう

ニヤけイケメン野郎、意外ときちんとしてますね(笑)。
まさか、これで1,000円ってわけではないですよね?

補足

ちなみに、ガガンバーがギャンブルにつぎ込むのは、いつものことだと思われます(笑)。

1話でも言われてますね──

ガガンバー:オレだって、こうやって金稼いで・・・
メメンプー:その金は、ほとんど外ですってくるー

by 『サクガン』TVアニメ第1話

ガガンバーは金が入ると、博打に使う。
そういう男なのです・・・

終盤に続く

チキショー

by ガガンバー『サクガン』TVアニメ第6話

大金を全てギャンブルにつぎ込み、スッカラカンになるのはお約束(笑)。

報酬が幾らあったのか分かりませんが、借金を返してから遊ぶのが常識ある大人ですね・・・(笑)。

ダメ親父の典型ですが、このシーンは、終盤のトレビ学長を痛い目に遭わせるための伏線ですね。

つまり、誰もが嫌悪するダメ男を、ガガンバーは身をもって知っていたのです。
だから、それをトレビ学長に仕掛けたわけですね。

ユーリのハッキングか

サクガン 6話

そこまでだ!
オレの名はユーリ、悪人は許しちゃおけねえッス!

by ユーリ『サクガン』TVアニメ第6話

ビッグトニーで移動中、突如警報音が鳴り響く──
操縦を無視して、勝手にバック、ジャンプし川へ突入・・・

続きを見ていくと分かりますが、ユーリがビッグトニーをハッキングしたのでしょう
それによって、メメンプーらはビッグトニーのコントロール権を失ったのです。

コロニー「アレー・ヤール

アレー・ヤールは、アンダーワールド内で最も平等なコロニーだと言うが・・・

トレビ学長の錬金術

私、アレー・ヤール大学学長トレビは、その理念の元、幼児教育の義務化、奨学金制度の施行、孤児院の設立まで、恵まれない子供達の教育に力を注いできました。

学べよ子供達、勤労に励め大人達、努力は必ず報われる。

by トレビ学長『サクガン』TVアニメ第6話

一見、教育に熱心な思想に聞こえるが、実際は後に分かるように徹底的な学力主義で落ちこぼれには容赦なし。

推測

このような社会で、学力主義を徹底していくと。
学内では成績が全て、就職も成績が全ての社会になると想像できます。

その結果──

  • 努力して、学力を身につける
  • 学力がなければ、裏金を渡す

成績がよくないと、良い会社に就職もできず、負け組に。

学力主義を突き詰めると、必死に努力するか、努力できない人あるいは努力しても学力が身につかない人は、金で解決しようとする

学長トレビは、コロニー内を学力主義に追い込むことにより、成績を左右する学校、つまり学長である自分にお金が集まる仕組みにしたのです

描くのは裏側

オレ達はユーリ団。
このアレー・ヤールの平和を守る正義の団ッス。

by ユーリ『サクガン』TVアニメ第6話

平和を守る正義の団を名乗り、ガガンバー親子を捕らえるユーリ。
ザクレットゥを姐さんと呼ぶ段階で既に正義ではない気がするが・・・(苦笑)

いや、ザクレットゥは確かに賞金首だが、指名手配犯ではない。

推測

犯罪を犯して、官から追われるのは指名手配、お尋ね者。
賞金首とは、犯罪とは関係なく、組織や個人が出したものだと思われます。

よって、ザクレットゥは警察に追われているわけではないのかもしれません。

確かに、4話でザクレットゥが盗んだのはマフィアの宝。
悪人からしか盗みをしてないのかもしれないですね。

ユーリの盗みの対象も、ユーリから見た悪人。
不正な金で私腹を肥やすトレビ学長の財産を盗んでいるのです。

ザクレットゥとユーリは、悪を懲らしめ弱きを救う義賊のつもりなのかもしれないですね

過去と追っ手

ユーリの暴走に、ガガンバーは自分の過去を重ねる。
一方、メメンプーの後を追う怪しげな二人組が・・・

ガガンバーも昔はイケイケ?

デカいことやろうぜ!
アンダーワールド中に俺達の名をとどろかせるんだよ、ルーファス!

by ガガンバー『サクガン』TVアニメ第6話

ガガンバーは、ユーリの言葉に、自分の過去を重ねる。

ルーファスとは、1話で、ウォルシュが言ってましたね──

おまえさぁ、ルーファスのこと、まだ気にしてるんだろ。

by ウォルシュ『サクガン』TVアニメ第1話

2話では、こんなことも──

メメンプー:ガガンバーも、もしかして大事な人を・・・
ガガンバー:俺はまだ迷子なんだよ・・・

by 『サクガン』TVアニメ第2話

ガガンバーの大事な人とはルーファスのことでしょう。

回想シーンには、何気にビッグトニーが描かれています

ルーファスは、ガガンバーのマーカー時代のパートナーなのでしょう

あばよ、ルーファス。
達者で暮らせな。

by ガガンバー『サクガン』TVアニメ第6話

ルーファスの後ろには、ビッグトニーの姿が。
なんと、ビッグトニーを置いて、ガガンバーは去って行ったのです

その直後、ルーファスの血痕らしきシーン。
ビッグトニーはルーファスの形見なのでしょうか・・・

「反応」とは何のこと?

ここが、反応のあった場所か。
どうだ、ムゥロ。

子供に間違いないのか?

by ボス『サクガン』TVアニメ第6話

メメンプーが修理した風の丘に怪しげな二人組。

ボスとムゥロ。
#ボスの名前はEDより

「反応」とは何のことか?
「子供」とはどういう意味か?

推測

「反応」と聞いて最初思い付いたのは、uroropの石を見たこと

でも、2つの点で引っかかります。

  1. uroropの石は常に地図を表示している
  2. ムゥロらがいた場所は、uroropの石を見た場所ではない

まず
uroropの石には常に地図が表示されてます。
このとき、空中に表示させましたが、その機能はメメンプーが工作で後付けしたに過ぎません。

よって、「反応」という言葉には当てはまりません。

もっと単純に考えて、uroropの石に電気を通すことを「反応」と言っている可能性はあります。

次に
ムゥロがいた場所は、アニムスが漏れ、ハシゴが朽ちた場所。
4話終盤、メメンプーがアニムスをかぶってしまった場所ですね。

ようはどちらも微妙に違います。

が、uroropの石は常に何かと通信しており、その反応はGPSのように軌跡を残している可能性もあります。

でも、その場合は「反応」ではなく「通った場所」という表現をするのではないでしょうか。

「反応」とは何かが変化したことを意味しています・・・

例えば、uroropの石に変化が。
あるいは、メメンプーに変化が・・・

大胆な推測

メメンプーがアニムスをかぶってしまったとき、不思議なことが起きました。
少量でもアニムスに触れると人体に影響を与えるのに、メメンプーは平気でした。

メメンプーは──

死ぬかと思った・・・
このつなぎは優秀だな、メローロ。

by ボス『サクガン』TVアニメ第5話

と、ケロッとしていました。

つなぎが優秀?
いいえ、つなぎはボロボロで穴が空いているのですよ・・・

アニムスをかぶった後のシーンでは、メメンプーの右足、左腕の部分に大きな穴が空いています。

つなぎに穴が空くほどの損傷があるのに、無傷!?

ここからアニムスが入ってこなかったのでしょうか?

その疑問と、今回の二人組のセリフから、私の大胆な推測です──

1.uroropの石がアニムスと反応して、メメンプーを守った
2.メメンプーの体がアニムスと反応した(メメンプーはアニムスに耐性あり)

こうして上げると1の方が無理があり、2の方が可能性ありそうですね(苦笑)。
#2の方が無理筋だと思ったのですが(笑)

メメンプーの体がアニムスと関係があると、uroropの石がメメンプーに送られてきた理由もそこにありそうですね。

uroropの地図はアニムスラインを表す地図なのですから。

「子供」ってどういう意味?

ここが、反応のあった場所か。
どうだ、ムゥロ。

子供に間違いないのか?

by ボス『サクガン』TVアニメ第6話

長くなってしまったので、再度引用。
怪しげな二人組が言ったセリフには気になる言葉が──

「反応」とは何のことか?(既に推測済み)
「子供」とはどういう意味か?

「子供に間違いないのか?」という質問に対して、なぜムゥロはアニムスに触れて・・・・・・・・「ええ(分かった)」と答えたのでしょうか?

アニムスを触って、子供かどうか分かったのでしょうか??

余談

推測の前に・・・
ムゥロはアニムスに触れても大丈夫なのでしょうか?

これは、OPに解があります。

ムゥロは手は義手。
義手なので、アニムスに触れても問題ないのでしょう。

 

推測

まず、子供とは何のことを言っているのか?

  1. uroropの石
  2. メメンプー

石が生み出されたのであれば、「子供」という表現をすることもありますね。

普通は「子供」とはメメンプーを指しているのだと思います。
でも、通常、石の行方を捜すのに、持っているのが子供かどうかは重要ではありません。

あえて子供と聞いているからには、”子供”であることに意味があります
例えば、メメンプーは特別な子供、もしくは作られた子供という意味が。

次に、子供かどうか、なぜ──
ムゥロは、床に落ちたアニムスを触って、確認をしたのでしょうか?

これが、前項の「大胆な推測」で書いた推測── メメンプーか、uroropの石が、アニムスを被って反応したのでは? ──に繋がります。

その反応は、アニムス側にも影響しているのではないでしょうか。
だから、アニムスを調べると、何かが反応した後かどうかが判別できる。

アニムスに影響を与えられるのは、何か特別なモノしかない。
それが「子供」というわけです。

情報が少なく当てずっぽうなので、戯れ言だと聞き流して下さい(笑)。

推測2

最後に、ムゥロは、なぜアニムスに触れても大丈夫なのでしょうか?

OPでムゥロの左手は義手です。

義手と言えば、ユーリもですね。同じ回に同時に登場した二人の義手。これは偶然でしょうか?それともコロニー「アレー・ヤール」が関係しているのでしょうか?

てっきり右手も義手で、だからアニムスを触っても大丈夫なのかと思ってました。
が、よく見ると生身っぽいですね。

“仮に”ムゥロが生身でアニムスに触っても平気だとすると・・・
人の中にはアニムスを触っても平気な種族、人がいるということ。

ならば、メメンプーにもその特徴があり、だから「子供」、つまりムゥロと同じ何かではないかと想像できるのです。

『サクガン』には種族は人間しか出てきません。

あ!
人間以外に怪獣がいましたね。

怪獣は、アニムスを取り入れ動いています。
怪獣にとっては、アニムスは生命線。

ムゥロやメメンプーは、もしかすると・・・まさか、ね(笑)。

決起

孤児院を閉鎖すると決めたトレビ学長に反対し、ユーリはタワーを乗っ取る決起する。

なぜ孤児が多い?

限られた子供だけが政府の援助を受けるのは、不平等だと意見が多数ありましてね。
市民の血税を使って運営しているわけですから、不平等はいけない。

by トレビ学長『サクガン』TVアニメ第6話

よく分からない世界ですね・・・

コロニーは閉鎖空間。
コロニー間の移動は簡単ではありません。
ましてや、子供がコロニー間を移動できるとは思えません。

では、なぜ、この閉鎖空間で、孤児が多いのでしょうか?

孤児が多くなるのは、戦争や大災害や飢饉があったとき。
が、このコロニーでそんな様子はありません。

学力主義により、落ちこぼれが出るのは分かります。
一度落ちこぼれると、這い上がるのが大変なのも理解できます。

でも、だからと言って孤児になるわけではないですよね?
親は何をしているのでしょうか?

孤児が増えている、あるいは孤児が減らない理由が何かあるはず。
孤児院閉鎖云々ではなく、孤児を減らすのに力を尽くした方が良いのではないでしょうか?

トレビ学長ばかり、矢面に立っていますが、援助している政府は何をやっているのでしょうか?

推測

政府から孤児院運営に金を出させるために、トレビ学長が孤児減少施策に手を付けないのは分かります。

が、そもそも孤児はどこから発生しているのか?が疑問です

まさか、孤児院で養う子供を増やすために、親から子供を奪ったり、別のコロニーから子供をさらってきているのでしょうか?

トレビ学長がそこまでやっているとは思えないのですが・・・

その辺の構造も描いて欲しかったですね。

襲撃

ユーリは、タワーを乗っ取るために、町を襲撃する。

電磁波攻撃

これまでユーリは、(自分たちの基準で見た)悪人の財産しか奪わなかった

が、今回はマークボットでタワーへ向かうため、邪魔する者を排除。
そこで電磁波攻撃らしきものを使用。

電磁波攻撃は電子機器の部品を焼き切ります。
部品を交換しないと修理できません。

ユーリは、町中の電子機器を壊したので、被害は甚大。
だから、お尋ね者になったのだと思われます。

おわりに (『サクガン』6話)

うーん。
とうとう地下じゃなくてもできる話になってきましたね(苦笑)。

SFロボット物とは言え、人が出てくる以上は、人間ドラマが主体なのは分かります。

が、ショートカットしてまで(3話)、メメンプーは早くあの場所へ行きたいのではなかったのか?

サクガン 1話

それを借金があるとは言え、大人しく丁稚奉公した挙げ句、ユーリ団に染まっていくのは、なんだかなぁ・・・

せめて、アンダーワールドという地下世界でなくてはできない話を見たいですね。

まあ、それでも、危ない二人組が追ってきているのも分かったし。
#あんなに追っかけてきた怪獣はどうしたのでしょうね・・・

これでOPに出ているキャラクターは全員登場したので、次話からは主軸が進むでしょう!

多分・・・(苦笑)。

以上、TVアニメ『サクガン』第6話の感想レビューでした。
最後まで読んで頂きありがとうございます。

7話のレビューも書く予定です。
良かったらまたお越し下さい。
最新情報はTwitter(@toki23_a)にて!

ではでは。

きょうのひとこと

今回のメメンプーの活躍は道案内のみ
ハッキングはできないのか?

関連記事

アニメ『サクガン』第7話のレビューはこちら。
サクガン 7話
アニメ【サクガン】7話感想&考察 荒野は続くよどこまでも 謎も深まるどこまでも!?2021年秋TVアニメ『サクガン』第7話「ON THE ROAD」ネタバレ感想&考察レビュー。ザクレットゥとガガンバーの関係は?ザクレットゥの兄は?メメンプーの夢は記憶か予知夢か幻か・・・...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。