ミステリー

TVアニメ【櫻子さんの足下には死体が埋まっている】1~12話(最終話) 感想レビュー 色んな形の愛情を見せてくれるミステリー

櫻子さんの足下には死体が埋まっている
原作 小説
ジャンル ミステリー
放送情報 TVアニメ(2015年秋)/全12話
オススメ度 B
ストーリー
設定
世界観
感情移入

原作小説未読。
TV放送にて鑑賞。一気見。

あらすじ

舞台は北海道旭川市。時代は現代。

道内でも有数の旧家のお嬢様・九条櫻子は標本士としての仕事を持ちながら、持ち前の頭脳と検死の知識により数々の事件を解決していく。

こんばんは。ミステリー大好き 時文です。
今回は、タイトルだけ見るとホラー作品?と思ってしまう『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』鑑賞レビューです。

内容は決してホラーではなく、検視官タイプのミステリーに属するでしょう。

(フィクションとしては)小さな事件が多く、比較的地味な展開が多いです。
が、単に事件の解決だけでなく、“死”の裏にある事実を櫻子さんが解き明かすのが、本作の魅力。

ちょっと変わったミステリー、かなり変人の櫻子さんをお楽しみ下さい。

「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」PV第二弾
KADOKAWAanime

はじめに

櫻子さんの足下には死体が埋まっている』は
事件を、死体や事件現場から推理していく検視官タイプのミステリー

死者は何も語らない。
検視官は死体を見て、自殺か他殺か?
死因は?死亡推定時刻は?死亡状況は?凶器何かを特定していく。

本作品の見所は、死体の死因を探り、原因(犯人)を突き止めるだけではない。
事件の先にある、“死者がどのような感情で死を迎えたのか”を中心に据えている作品

死者は何も語らない、でも、”亡くなってから分かる”こともある。

ミステリーなのに・・・
気味の悪い絵が沢山出てくるのに・・・
心温まるシーンがあったり、
人間関係を考えさせられる作品でした。

退屈な所はあるが、面白い。
そんな作品でした。

レビュー (ここからネタバレ全開です)

絵は素晴らしい

ミステリーにはそぐわないほどの美麗な絵(ほめてます(笑))。
骨や遺体が対象でも、その姿勢は変わらない(むしろ磨きがかかってる?)。

遺骨、溺死体、腐乱死体、殺人事件の生々しい傷・・・
これらのシーンも微細な絵で描いて見せてくれるのが、本作の独特な個性となっています。

ストーリーはさほど複雑ではありません。
あらゆるパターンの死を見せるかのような構成。

検視官タイプなので、事件解決の緊迫感やサスペンス要素も少ない。

また、計画犯罪も殆どなく、大胆なトリック等もありません。

好敵手となる犯罪者が現れないわけではないが、
直接的な対決もなく、大きな盛り上がりがなく、個人的には物足りないのですが・・・
これが本作の味なのでしょう。

ミステリーなのに読後感が・・・

私はミステリー、特にトリック物が好きなので、
どうしてもこの手の作品を見ていると、凝ったトリック、ミステリーを期待してしまうのですが、何も出てこず、少し退屈に・・・

しかし、中盤からこの作品で見せたいのは・・・
「事件を解く醍醐味」ではなく、事件の裏に、見えない所にある人間の感情を描きたいのではないか?
と思うように。

鑑賞後の感情は、
ミステリーを見た後の(不可解な謎が解明した)爽快感ではなく、
人情系、特に悲しい作品を見た後の感覚に近いのです。

9話などは事件も起きず、小休止的な話しかと思って何気に見ていたら・・・

やられましたw
正太郎の祖母の話はホロリときてしまいました。

ミステリーなのに、色んな愛情の形、表現を見せてくれる
少し感動する作品です。

ミステリというジャンルにはなるのでしょうが、
事件がメインではなく、事件を通じて見えてくる「人の愛情」
死を通じて見えてくる「深い愛」がこの作品で伝えたいこと。

OPの「過去に囚われたモノたちへ贈る物語」というタイトルからしても、物語っているようです。

ミステリーと思って見ると物足りないのですが、なかなか深い作品でした。

とは言いながら・・・・

櫻子の洞察力、観察力、推理力は惚れ惚れしました♪

ただ、起きる事件が現実世界でもありそうな事件。
フィクションなのだから、もっと変わった事件も起きて欲しかった!

ぜひ、大きな事件、強大な犯罪者、狡猾な好敵手、
櫻子の才能を存分に発揮できる話を見たいですね。

アニメ化されていない原作ストックもあるようですし、
期待したいです!!

おわりに (『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』とは)

絵に力が入っているので、見所の一つになっています。
特に、櫻子さんが好きなだけあって、「骨」がリアル!!

それ以外には旭川の景色に、櫻子さんの洋館。
そして、食べ物がとてもリアルです!

スイーツを食べながら見たくなるのですが、とても食事をしながらは見られない作品でもあります(笑)

本作は、ミステリーという形式を取ってますが、「深い愛情」を伝える作品。
人の愛情を伝えるのが、一見冷たい櫻子さんというのが、実に面白い組み合わせでした。

ミステリー好きとしては、もっと大きな事件、謎の人物・花房との決着を見たかったです。

ヒューマンドラマ系が好きな人にオススメできる作品です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。