コメディ

TVアニメ【うちのメイドがウザすぎる!】1~12話(最終話) 感想レビュー 変態コメディは表面だけ、本筋は成長+ホームドラマ?!

うちのメイドがウザすぎる!
オススメ度 B+
原作 コミック
ジャンル コメディ
放送情報 TVアニメ(2018年秋)/全12話
ストーリー
設定
世界観
感情移入

原作コミック未読。
TV放送にて鑑賞。一気見。

こんばんは。時文です。
TVアニメ『うちのメイドがウザすぎる!』最終話まで鑑賞しました。

原作は「月刊アクション」連載中のコミック。
コミックは現在4巻まで刊行。(2019年1月時点)

タイトルと1話を少し見ただけで方向性が分かるアニメ(笑)

この手の作品は積極的には見ないのですが、試しに見たら、あまりにテンポとノリが良く、視聴継続。
それどころか、中盤になると、見る手が止まらず一気に見てしまいました♪

下品な点ありますが、楽しく面白く、少しほっこりとさせてくれる。
終盤になるころには、このままずっと見続けてたいと思う程♪

では、TVアニメ『うちのメイドがウザすぎる!』感想レビューをどうぞ。

TVアニメーション「うちのメイドがウザすぎる!」PV第2弾
KADOKAWAanime

はじめに

あらすじ

舞台は現代。

自衛隊をやめ、新たな職を探していた鴨居つばめ(W主人公)。

幼女好きで、チェックしていたロシア人・高梨ミーシャ(W主人公)の家が家政婦を募集していたことから、メイドとなることに。

筋金入りの幼女好き、元自衛官・鴨居つばめが、母を亡くし、不登校になっていたミーシャの家の家政婦として働くコメディアニメ

ミーシャはかたくなに、家に家族以外の人がいることを拒んでいた。
父が家政婦を雇っても、嫌がらせをして追い出していた・・・

その家へ、身体能力でも、精神的にも、とても敵わない元自衛官のつばめが入り込んでくる。

つばめは、筋金入りの幼女好き
憧れの白人美幼女ミーシャに近づくことができる職を得、真っ直ぐに・・・
いや、強引に、無理矢理?無茶苦茶??距離を詰めてくる。

この、つばめの行動が、(内容はキモいが)ストレートで気持ちいい!!

悩んだら、思ったら、思いついたら、即検討、即判断、そして即行動!

皆さん、もう想像がついているでしょう。
ここまで、かたくなな子どもには、極端なくらい真っ直ぐでお節介な、つばめが丁度いい

さてさて、つばめの美幼女に対する執心は・・・
いや、ミーシャに対する想いは、彼女の心を溶かすことができるのかーー

少しずつ素顔を見せ、小学二年生らしく?なっていくミーシャが愛らしい。
少しずつ二人の距離が縮まっていくのが微笑ましい。

ギャグと勢いと幼女だけではない、ちょっとしたホームドラマをお楽しみ下さい♪

感想レビュー (以降、ネタバレありです)

幼女好き&ハイスペック設定の使い方が秀逸

ミーシャは亡くなった母親が大好きだった。
母親の代わりになる家政婦など存在しないとばかりに、雇われた家政婦に嫌がらせをして、追い出していく。

その追い出し方が、意外と半端なく、普通の家政婦は逃げ出してしまう

そこへ、苛酷な環境には慣れ、ミーシャの嫌がらせなど何とも思わない元自衛官つばめが。

更に、つばめは、幼女好きで、1年以上前から美幼女ミーシャに憧れていた。
ミーシャの家の家政婦になれるなんて、つばめにとっては趣味と実益を兼ねた天職?ならぬ天国!?

ミーシャがやる嫌がらせなどなんとも思わない、まるで炊事洗濯をするかのように、普通に対処していく

つばめのスペックと対処能力の高さ、ミーシャの狼狽する姿が面白い!
#普通ならミーシャを嫌いになるのですが、あまりにつばめが平然と対応するので、逆にミーシャが可哀想になるくらい(笑)

ミーシャが悪いのに、それ以上に、変態つばめが相手なので、ミーシャに嫌悪感を持たないのです。
上手い設定です♪

最初は元自衛官がメイド?

意外性を突いてきたのかと思うと同時に、
ミーシャが危ない目や、事件に巻き込まれ、体を張って助けるエピソードがあるのだろうと思ったら、ほぼなし!
#10話、ミーシャが森で迷子になった時のみ。

見事な位、そっちの路線には行かず、普通の小学生が遭遇するレベルに抑えてます。

それどころか、元自衛官の身体能力と技能を、美幼女ミーシャの生態を観察しデータを集めるために遺憾なく発揮する!!

この能力の無駄使いが笑いを生んでます

ウザいキャラが次々と登場

3話、ミーシャは学校へ行くのを再開。
(家にいて、つばめにまとわりつかれるよりマシだからと学校へ行くのも、子どもらしくていいですね)

学校へ行き、自分が思っていることを正直に言うと、クラスメイトは理解し、ミーシャの内面を理解してくれるように。

不登校になったのは、決してイジメやトラブルがあったわけではない。
ミーシャが遠慮してたから。(人見知りなのでしょう)

クラスメイトに認知されてからは、一皮むけ、学校ではハッキリ物が言えるように

この辺りからサブキャラが登場。
この辺の流れも上手いですね。

サブキャラを変態・・・いやウザいキャラで埋めるという、独特の展開へ。

  • ミーシャの友達の森川ゆい、ギャル系で、ミーシャに対抗心を燃やしてウザい。
    ⇒ 正確に言うと、「面倒くさい子
  • つばめの自衛隊時代の元上官・鵜飼みどりは、つばめが好きでドM。
    ⇒ 正確に言うと、つばめとは「違う種の変態

濃いキャラの登場のさせ方、それぞれの立ち位置。

コメディ作品にしておくのは勿体ないほどの進め方。
ストーリー物としても楽しめます。

ミーシャの前に課題を突き付け成長させる

サブキャラの役目はミーシャに立ちはだかる壁。

つばめだけでは、マンネリ化してしまうので、うまくサブキャラを使ってます。

壁としての存在が大きくなればなる程、ミーシャ一人で解決できず、つばめと協同戦線を張る。

その共同作業により、仲良くなっていくのが鉄板展開ですが、本作では、つばめを一貫して毛嫌いしているのが特徴

同年代の男女(女子同士もかな?)や、年の差があったとしても、ラブストーリーなら、ここまで毛嫌いされれば落ち込む物。

つばめが精神的に強い性格設定だからできる展開であり、幼女好きの念願を成就させては社会的に問題あり(笑)だからこその展開

それでも、皆さんお気付きと思いますが、
ミーシャはとっくに、つばめを信頼し、ウザいと言いながらも心を許してます。

9話Bパート「雪合戦」のラストシーン。
つばめを怒りで追いかけながらも、ミーシャの笑顔。
印象的でした♪

実はかなりよく練られている設定とプロットなのではないかと、感心しながら見てました(笑)
#読み過ぎ??

父との確執は描かない

10話でミーシャの父親は再婚だと判明。
ミーシャは母親の連れ子だったのですね。

父親がミーシャに助けを乞われるだけで喜んでたのは、引きこもりだったからと思ってました。
連れ子だから、今だ「パパ」とも呼ばれず、そこまで親密ではなかったのですね。

普通の作品なら、この設定で母親が亡くなった場合は、義理父との確執が題材になります。
が、それではドロドロと重いものになってしまう。

そして、普通のメイドとの確執でも、重い話に。

それを、普通のメイドではなく、嫌われても仕方ない、幼女好きの変態メイドに!!
強烈なキャラクターとの確執を描くことにより、コメディとして見れるのです。

であれば、父親は義理ではなく、実父設定で良いと思うのですが(笑)

ま、ミーシャは父親のことを「やすひろ」と呼び、「パパ」とは呼ばない。
つばめのことも、名前では呼ばず、心の中でも「あいつ」「おまえ」呼ばわり。

反面、クラスメイトの鷲崎みみかには「わしわし」とあだ名を付ける。
森川ゆいは「森川さん」。

ミーシャは呼び方で、相手との親密度を表現しているのかな?

「みどりん」は不明(笑)

最終話、ラストシーン。
「やすひろ」が「パパ」と呼んで欲しそうなのを、彼女は気付いて照れてる愛らしい表情。
その前には、つばめのことを「メイド」と認める発言も♪

ミーシャがパパと呼ぶ日は近い証でしょうか?
そして、つばめを何と呼ぶのか?!

今後の進展に期待ですね♪

最終話は秀逸シナリオ

コメディで、しっかりキャラクターに感情移入させてからの、最終話のシリアス展開。

今までの伏線をしっかり絡ませて、キレイに着地させました。

何より、秀逸なのは、ミーシャが怒っていた理由

部屋に入ったことを怒ったのではなく、自分の母への想いに対して怒ったこと。
その想いを自分で受け入れることができず、八つ当たりしてしまった。
小学生らしい展開。
#そのことに自分で気付くのは、かなり大人びてましたが(笑)

1クールを通して、ミーシャが母親の死を受け入れる成長を見せる

ミーシャは聡明

ミーシャが母親の死から、立ち上がるには・・・
変態で強じんでハイスペックで、超お節介なメイド・つばめは、ある種のショック療法に
ということですね。

ま、つばめが来る前、ずっと何もせず、ゲームをしている時点で母のことで頭が一杯ではない気もしますが(笑)

それでも、あれだけ家での生活を引っかき回され、みどりを含め反面教師のような大人と付き合い自立していく

しっかり成長物語になってます。
巧み!

おわりに (『うちのメイドがウザすぎる!』とは)

終わってみると、ただのコメディ作品では味わえない、しっかりしたプロットがある成長物語でした。

ミーシャだけでなく、つばめも未来を見据える着地
父親もミーシャの成長に目を細め、クラスメイトは本気でミーシャを心配する

みどりは・・・幸せそうなのでOK(笑)

なかなかに抜け目ない作品。

今の世の中、人間関係が希薄になっているので、ウザいくらいが羨ましく見えるかも。

ま、ずっと一緒にいたらミーシャのように拒絶してしまいそうですが(笑)

うん、鑑賞後、とても気持ちよい気分にさせてくれる作品でした

オススメです!

ではでは。

きょうのひとこと

アニメ見ていると、段々許容範囲が広くなっている気が・・・
気のせい・・・ですよね?

よければ、他の作品もどうぞ「2018年 秋アニメ 感想レビュー 一覧」
18-autumn2018年 秋アニメ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。