SF/ファンタジー

アニメ【ゴジラS.P】1~13話(最終回) 感想&考察レビュー ペロ2は何をした?なぜギリギリまで目覚めなかった?

ゴジラS.P
オススメ度 B+
原作 オリジナルアニメ
ジャンル 特撮、SF
放送情報 TVアニメ(2021年春)/全13話
ストーリー
設定
世界観
感情移入

オリジナルアニメ。
TV放送録画にて鑑賞。一気見。

こんばんは。時文(@toki23_a)です。
TVアニメ『ゴジラS.P』最終話まで鑑賞しました。

ゴジラは言わずと知れた日本の特撮が生んだ、怪獣

『ゴジラS.P <シンギュラポイント>』は、特撮怪獣映画『ゴジラシリーズ』の設定を踏襲しつつ、オリジナルストーリーで描かれる完全新作TVアニメ作品

本レビューは、最後の決着シーンから作品を紐解いていきます。

子供の頃『ゴジラシリーズ』を見た記憶はありますが、内容については全く覚えておらず、そのあとも見ておりません。

ゴジラのオリジナル作品を知らずに、純粋にSF作品単体として考察しているのをご了承願います。

はじめに

あらすじ

町工場「オオタキファクトリー」の有川ユン加藤ハベル、大学院生の神野銘(メイ)は、異なる場所で同じインド民謡を聞く。

その歌が予言したかのように、突如怪獣が現れる・・・

『ゴジラS.P』は、ゴジラシリーズで初めて全13話のTVアニメとして制作された作品

オリジナルとの比較、科学的検証からの楽しみ方。
バディ物、怪獣物、ロボット物としての楽しみ方。

様々な観点で楽しむことができる作品です。

ですが、実は私はオリジナルを知りません。
#見た記憶はあるのですが、内容は覚えてない状況・・・すいません

なので本レビューは、ゴジラシリーズを知らない者が、どう見たのか?
ゴジラS.P』を単体SF作品として見たら、どう捉えられるかという観点で書いてます。

更に、今は最終話を見た直後。

結局、ペロ2は何をしたのか?

そこから紐解いていきます。
結果、感想というより考察になってしまいました(苦笑)。

感想は追々追記していきます。

では、TVアニメ『ゴジラS.P』感想&考察レビューをどうぞ。

TVアニメ『ゴジラ S.P<シンギュラポイント>』PV第3弾
TOHO animation チャンネル

感想レビュー (以降、ネタバレ全開です)

結局、ペロ2は何をしたのか?

オーソゴナル・ダイアゴナライザーのコードを計算するため、シヴァ本体にたどり着いたBB達。

ペロ2は超時間計算機へ侵入し、コード入手を試みるが・・・

計算の結果、オーソゴナル・ダイアゴナライザーで破局を回避するコードは存在しませんでした

by ペロ2『ゴジラ S.P』TVアニメ13話

超時間計算機で計算をしても、破局を回避するコードは得られなかった・・・
ここへ来て万策尽きてしまったのです。

その時、突如流れるインド民謡の子守歌。

メイはミサキオクで、子守歌に反応するアラームと特別な信号と呼ばれていたことを思い出す。

続いて李博士が「伝わらない情報」「何が情報なのか気付かなければ歴史に影響はない」と言っていたのを思い出し、子守歌にメッセージが込められているのではと推測する。

ペロ2、歌を調べて!
メッセージなのかも。

もし未来の私たちに破局を回避することができるとしたなら・・・

by 神野銘『ゴジラ S.P』TVアニメ13話

メイからヒントをもらったペロ2。

ペロ2は、歌を解析して何を見つけたのか。
そして、ユンに頼まれていた最強プロトコルを見て、何を知ったのか。

一体、ペロ2は何に気付き、何をしたのでしょうか?

先に、結論(考察結果)を述べます。

最終話、ペロ2は何をしたのか?

  1. 最強プロトコルを、超時間計算機で計算
  2. 子守歌にデータを埋め込み、過去にさかのぼり発信
  3. JJが子守歌を受け取り解析、再起動を繰り返し最強化(11話)
  4. JJが、予言された時間にゴジラ周辺へ到着
  5. JJPPが全てを思い出し、紅塵を取り込み巨大化

分かる人には、これだけで気付くことがあるのではないでしょうか?

分からなくても、ご安心を。
これから、順に解説していきます。

文章だけだと説明が難しいですが、できるだけ丁寧に説明致します。
では始めましょう。

①最強プロトコルを計算

ジェットジャガーを最強にするプロトコル・・・

有川ユンに頼まれていたのを忘れていました。
そうか・・・そういうことでしたか・・・

by ペロ2『ゴジラ S.P』TVアニメ13話

ここで、JJの最強プロトコルが演算結果が出ます・・・

推測

最強プロトコルの演算結果とは──

ラストにジェットジャガーPPが見せた「巨大化」&「爆発?」ですね

その方法でしか破局を回避する手段はない、と導き出されたのではないでしょうか。

ただ「気付いた直後に結果が出る」ってどういうこと?と思いますよね(苦笑)。

ペロ2がいるのは超時間計算機──
未来の計算結果を先取りでき、計算を実行する前に答えが出る!?

実行したらその瞬間に答えが・・・くらいが無難か。
無限にかかる計算だって一瞬。

by 有川ユン『ゴジラ S.P』TVアニメ7話

時間を超越して演算する超時間計算機。
実行と同時に答えが出るのです。

超時間計算機の中にいるペロ2なら、「最強プロトコル」を計算する、と決めた瞬間に答えが出る、みたいな

#もしくは自動的に計算が始まり、結果が出たので光っていたのかもしれないですね

推測

計算方法は、破局のコードを計算したのと同様、過去に向かって超時間計算したのでしょう。

余談

一瞬で答えが出るのであれば・・・
なぜ破局を回避するコードの算出には時間がかかったのか?

答えが「ない」のを証明するのは時間がかかる的な演出ではないでしょうか。
答えが「ある」演算は一瞬で計算できるのです。

もしくは、過去に向かって計算するのは初めてだったので”最初だけ”時間がかかったとも考えられますね。

超時間計算機により、最強プロトコルの結果を知ったペロ2。
同時に、子守歌の解析も、一瞬で完了したのではないかと推測します。

子守歌にメッセージが隠されていることに気付いたのです。

推測

子守歌に、未来からのメッセージが隠されていないか。
超時間計算機で、子守歌を解析

結果、歌に隠されていたメッセージを発見。
そのメッセージはユンが見つけていたメッセージ。

ペロ2は、そのメッセージを見て、”子守歌”に込められた”答え”を知った
最強プロトコルについて、最強プロトコルの伝え方、などなど(詳細後述)。

それが、ペロ2のセリフ「そうか・・・そういうことでしたか・・・」の意味ではないでしょうか。

②子守歌にデータを埋め込み送信

う、うーむ。
通信が途絶えてしまいました。

困りました。
答えが存在したとしても、これでは伝える手段が・・・

by ペロ2『ゴジラ S.P』TVアニメ13話

ペロ2は、子守歌に込められたメッセージと、最強プロトコルの計算結果を手に入れました。

次に問題なのが、伝える手段。
シャランガの破壊行為で、メイとの通信は既に遮断。
もちろん、メイ以外との通信もできません。

通信手段も、子守歌に解がありました

数列全てが、日時をMDハッシュ化したものと一致しました。
2030年7月6日から41日の間の256ヶ所の時刻を示しています。

-中略-

チャットです。
99.2%がカミムシと有川ユンのチャット送受信時刻に一致します。

by ジェットジャガー『ゴジラ S.P』TVアニメ10話

子守歌に埋め込まれた日時に、ユンとメイのチャットの内容を合わせると、少し違和感はあるが、なんとなく文章に

これがメッセージ。
仮にMD5ハッシュを解いたとしても、他の人にとっては意味不明な日時の羅列。

日時の羅列を、文字に変換できるのは、チャットをしていたユン&ジェットジャガーとメイ&ペロ2のみ

逆に言うと、この4人(内2体はAI)にしか作れない・・・

歌に込められたメッセージは未来予測ではなく──
通信手段を遮断されたペロ2が、最強プロトコルとメッセージを曲へ埋め込んだのです

そして、”特異点”を使って。
あるいは超時間計算機にあった、50年前から繋がっているタスクを利用して、60年前から特異点を通して子守歌を流した。

特異点は繋がっているので、それぞれの特異点から子守歌が流れたのです。

推測

葦原がシヴァの特異点を発見したのは「歌に導かれて」。(11話)

葦原のタスクを使ったとしても、葦原が実行するより前に飛ばし、もっと昔から子守歌を流していたと思われます。

何にしろ、葦原に発見されアーキタイプを研究させないと、オーソゴナル・ダイアゴナライザーは生まれないのですから。

また、特異点の一つであるミサキオクのゴジラから子守歌が流れた理由にも、説明ができますね。。

ジェットジャガー巨大化後のセリフ──

子守歌の送信者は、私
あなたの作ったプロトコルを元に、破局に対抗できるようになるまで、何度も何度も時間の中で誕生を繰り返してきました。

by ジェットジャガーPP『ゴジラ S.P』TVアニメ13話

「子守歌の送信者は私」とはっきり言ってます
ジェットジャガーはここまでで子守歌を送信する機会に恵まれていません。

私とは、ペロ2のことでしょう。

再起動を繰り返してから、ジェットジャガーは自分の事を「ジェットジャガーPP」と名乗っています。

ジェットジャガーPPの”PP”とは「ペロ2(P×2)」のことですね

でも、ペロ2が、最強プロトコルを見つけた後、爆発しました。
あんな一瞬でそんなことができるのか!?

こう考えては如何でしょう──

推測

二つの可能性が考えられます。

一つ目。
子守歌を解析すると答え(データ)があるので、そのまま曲をコピーするだけだったので、時間はかからなかった

ただそうすると、元々のデータは誰が作ったのか?というパラドックスが発生します。

なので、二つ目の可能性。
私は、ペロ2が曲に埋め込んだと考えます

すぐに爆発したのに、そんな時間があったのか?

思い出して下さい。
ペロ2がいた超時間計算機の中と、現実では時間の流れが違いました

なので、見た目より時間があったのではないでしょうか?

もしくは、破局を回避してから歌を送り込んだ可能性もありますね。
その場合は、ペロ2ではなく、ペロ3がメイとユンと一緒に作ったと想像できます。

では、ペロ2が言った「子守歌の送信者は、私」が矛盾する?

いいえ、ペロ2が言ってるのは「送信」をしたと言っているだけ。
メッセージを埋め込んだとは言ってません。

なんだか、解釈の余地を残しているようで楽しいですね(笑)。

ペロ2が送り込んだと考えると、幾つかの謎が解けます

  • なぜユンとメイのやりとりをメッセージに使ったのか?(10話)チャットの記録があったからこそ使った (※補足)
    第三者に解析されても、ユンとメイにしか意味が分からない
  • 1990年発明のMD5ハッシュを、なぜ50年前(1980年)に知っていたのか?(10話)現在(2030年)から送ったのなら問題なし
  • 答えを知らないと解けないMD5ハッシュを、なぜメッセージに使ったのか?ユンとメイはMD5ハッシュのやりとり(解けば分かる)を既にしていて、答えを知っていたから
  • JJ再起動の際、JJのメモリ内のアドレスをなぜ知っていた?(11話)AIのベースが共通化されていればペロ2が知ってても不思議ではない (※補足)

補足

歌に埋め込めるデータはさほど多くはありません。
メッセージが意味の分かる文章でないのは、データ量を少なくするためと思われます。

メッセージの内容にチャットのやり取りを組み込んだのも、ジェットジャガーのバージョンアップにジェットジャガーのメモリー内のデータを使ったのも、子守歌に埋め込むデータ量を少なくするためですね。

その工夫が、他の誰かに解析されても絶対に解読できない強固なセキュリティを生んだのです。

余談

葦原は特異点から流れる子守歌にデータが埋め込まれていることは見つけたが、MD5ハッシュが解析できないでいたわけですね。

疑問

ただ一つ引っかかるのは・・・

ユンとメイの二人がチャットを始めた時、ペロ2はメイのPCにインストールされていたので分かります。

でも、ミサキオクとの通話時、ペロ2はまだインストールされていないのです。
最初の通話はペロ2は知らないはず。

ミサキオクでの通話は、メイは固定電話を使っていたので、ログも残ってません。

考えられるのは、ユンのスマホに業務用通話として残っていた録音データ。
このデータをペロ2が読み取ったと言うことでしょうか?

ペロ2とジェットジャガーは、どこかでデータを共有化しているのかもしれないですね。

③JJが再起動を繰り返し最強へ

JJが再起動を繰り返していたのは、ユンが作った最強プロトコルによるものだったのです

ハベル:通信は遮断されてるんだぞ、アップデートの情報はどこから?
ユン:全てあの曲の中にあったってことになる。卵の中に卵が入ってて、その卵にも卵が入っててみたいな感じだ。

by 『ゴジラ S.P』TVアニメ11話

最強プロトコルをメイに託し、ペロ2が超時間計算機で計算
子守歌の中にデータを埋め込み、JJに起動させたのです

疑問

起動タイミングはよく分かりません。
時間指定なのかもしれないですね。

JJのようなAIをアップデートさせるとなると膨大なデータ量。
それらが全て歌に埋め込まれていたわけではありません。

JJの中のデータを活用して、歌に埋め込むデータを省力化していたのです

チャットの日付だけじゃなく、ジェットジャガーのメモリ領域も指定されてたってことか。

by ハベル『ゴジラ S.P』TVアニメ11話

ハベルも驚いてましたが、過去の誰かがJJのメモリ領域まで把握!?

私も疑問に思ってました。
50年以上前の人が、AIの内容を理解している??と(笑)。

ペロ2が歌へ仕込んだとしたら疑問は解消
同じAI共通基盤を持つペロ2だから、メモリ領域の指定が可能だったのです

④最後の時間は、起動時間か

JJ:4、3、2、1
ユン:コードは?
JJ:届いていません。
ユン:探せ!絶対にあるはずだ。
JJ:見つからない、何もありません。

by 『ゴジラ S.P』TVアニメ13話

指定された場所で、指定された時間になっても、コードは届かない・・・
それもそのはず、「破局を回避するコード」は存在しない

子守歌の送信者は、私。
あなたの作ったプロトコルを元に、破局に対抗できるようになるまで、何度も何度も時間の中で誕生を繰り返してきました。

オーソゴナル・ダイアゴナライザーのコードは最初から届いていました。

コードは私自身です

by ジェットジャガーPP『ゴジラ S.P』TVアニメ13話

オーソゴナル・ダイアゴナライザー単体では、破局を回避することは不可能。
だから、コードは存在しなかった。

だが、別の方法。
ジェットジャガーの最強プロトコル演算結果で、オーソゴナル・ダイアゴナライザーを使った最後の攻撃にたどり着いたのではないでしょうか

推測

この流れから「最強プロトコル」とは、ユン自身も完成形を思い描いていたのではなく、自己シミュレーションするような類のものではないでしょうか。

将棋AIを考えるとイメージしやすいでしょう。

将棋AIに将棋のルールを教え、その後は自分対自分で対極を繰り返し強くなる方法があります。

AIは人間とは違い、眠ることもなく疲れも知らない。
何万、何千万と対局できます。

有名なアルファ碁は3000万局打ったと言われています。
#プロの棋士が”一生”で打つのが多くても3万局

このような感じで、JJは何度も何度もシミュレーションし、破局を回避する方法を探ったのではないでしょうか

その結果を、再起動したときに組み込んだのです。

これがペロ2の言う「ペロ2とジェットジャガーの遙かなる末裔」の意味

オーソゴナル・ダイアゴナライザー単体でも破局を回避するコードはなく。
ジェットジャガー単体でも破局を回避する方法は見つからなかった。

「コードは私」──

つまり、オーソゴナル・ダイアゴナライザーとジェットジャガーの合わせ技

ジェットジャガーは、オーソゴナル・ダイアゴナライザーを取り込み威力を上げたか。
紅塵を使って巨大化して、巨大化したことによりオーソゴナル・ダイアゴナライザーの威力を上げたのではないでしょうか。

メッセージ隠された未来の日時。
これは、コードを受け取る時間ではなく、ジェットジャガーが全てを思い出す”起動時間”だったのではないでしょうか。

◇◇◇◇◇

いずれにせよ、最初からジェットジャガーPPはここで犠牲になる解しか導き出せなかったのです。

だから、最後まで隠していたのでしょうか・・・

ゴジラを倒す呪文が届くが、使用者は死ぬとか。
俺だったら前情報は伝えないな。

by 有川ユン『ゴジラ S.P』TVアニメ11話

ペロ2もジェットジャガーも、有川ユンが生みの親。
ユンの思想が反映されて、最後まで伝えなかったのかもしれないですね・・・

なぜ、この時間なのか?

ジェットジャガーPPが気付いたのは、最後の最後だったにしろ──
送信したペロ2は、なぜもっと早い時間に目覚めさせなかったのか?

私は最初から全てを知っていたのに、思い出すことができませんでした。

今、このときまで。
私はずっと、子守歌のひだの中に折り込まれていました。

by ジェットジャガーPP『ゴジラ S.P』TVアニメ13話

最初から、ゴジラを倒す方法が分かっていた・・・
ならば、もっと早いタイミングで知らせることができたはず

東京はゴジラによって焼け野原で、被害は甚大。
ペロ2の近くでも李博士が・・・(涙)

なぜ、このタイミングになるまで知らせなかったのか?
正確に言うと、既に知らせてはいたが、なぜ目覚めさせなかったのか?

私は、できなかったと解釈します

先に書いた通り、ペロ2が子守歌にメッセージを込めることに気付いたのは──
超時間計算機の中で、最強プロトコルを発見したとき。

過去へ指示を出すのだから、もっと早いタイミングで目覚めさせることもできます。
が、それをするとパラドックスが起きます。

ペロ2が、今回より早い時間にジェットジャガーPPを目覚めさせていたら・・・

破局はもっと早い段階で終息し、BB達はシヴァの特異点へ行かない可能性が出てきます
すると、誰が子守歌にメッセージを込めたのか、というパラドックスが生じてしまうのです

親殺しのパラドックス

タイムトラベル等、時間移動SF作品内で、有名なパラドックス。

過去へ戻り、自分が生まれる前に親を殺すと、自分の存在はどうなるのか?

  1. 自分の存在も消える
    ならば、親を殺したのは誰?存在しない人間!?
  2. 自分の存在は消えない
    ならば、自分は誰から生まれた?

このようなパラドックス(一見正しいが、反することが生じる)が生まれます。

作品としての回避策は「どうやっても親を殺すことができない」や、親を殺した瞬間に、別の世界(パラレルワールド)になったりする設定が用いられます。

つまり、ペロ2が子守歌の真実を知ったタイミングより後に、ジェットジャガーを目覚めさせなくてはならない

でも、破局はもう目の前。
だから、直後となったのです。

破局目前なので、全てを思い出してから、東京へ移動していたは間に合わない。
そこで、事前に東京へ、ゴジラの元へ行くよう指示したのです。

思い出したときに、即行動へ移せるように・・・

これが私がたどり着いた結論です。

こういった考察はSF作品ならではですね。
これだからSFはやめられない!

おわりに (『ゴジラ S.P』とは)

ゴジラS.P

こうして振り返ると、これまでの伏線をしっかり回収した見事な最終話!
ジェットジャガーとペロ2の活躍が堪らない!

ただ少し残念なのが、『ゴジラ』と銘打っているからには、もっとゴジラの出番があるのだと思ってました(苦笑)。

序盤はゴジラが出てこない意図は、すぐに分かりました。
「真打ちは最後にやってくる」的な(笑)。

10話ラスト、いよいよ全容を見せた際には大興奮!!
ここから、破壊が始まるのかと思いきや・・・(苦笑)。

一方、ジェットジャガーやペロ2は愛嬌があっていいのですが・・・
ゴジラの圧倒的な力を見れば見るほど、ジェットジャガーでは敵わないと思ってました。

それが、最後の最後、自己犠牲もあったがゴジラを仕留めたのは熱いですが・・・

ちょっとあまりに唐突過ぎて(苦笑)。
何しろ、ジェットジャガーがこんなに活躍すると思わなかったものですから。

いや、いいんですよ、ジェットジャガーが活躍するのは。
意外だったという感情です。

主人公はユンとメイの二人ですが、むしろ、主役はジェットジャガーとペロ2。
そう理解して見ると、違った印象だったのかもしれません。

◇◇◇◇◇

あとは、ゴジラのオリジナルを知っているかどうか。

私は子供の頃『ゴジラシリーズ』を見た記憶はあるのですが、内容については全く覚えてません(苦笑)。

でも、アニメ『ゴジラ S.P』を見て、オリジナルゴジラにも興味が湧いてきました!

できれば、ゴジラシリーズを見てから、もう一度本作を見て、レビューを書きたかったのですが・・・

時間が・・・(涙)。

とりあえず、最終話の展開が考察欲を刺激したので、取り急ぎ考察レビューを書いた次第です(笑)。

ゴジラ初心者である私の考察。
これが正解、これで全てだと思っておりません。

全く違う方向の考察をしているようでしたら、コメント頂けると幸いです。
本レビューの論法にこだわりはないので、修正します(苦笑)。

皆さんと一緒に作品を楽しんでいければ。

以上、TVアニメ『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』の感想レビューでした。
長文にもかかわらず、最後まで読んで頂きありがとうございます。

ではでは。

きょうのひとこと

ユングかペロ2が欲しい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。