不滅のあなたへ

アニメ【不滅のあなたへ】17話 感想&考察 フシとトナリ、二人を成長させたのは敗北か辛い経験か

不滅のあなたへ 17話

こんばんは。時文(@toki23_a)です。
TVアニメ『不滅のあなたへ』第17話、鑑賞しました。

今回、アニメ化されたのは原作5巻終盤から6巻

フシはハヤセに破れ、島長を決める大会の優勝者はハヤセに。
島長となったハヤセから島民へ意外な提案が。

ハヤセは一体何を企んでいるのか・・・

今話の疑問点 (リンクは該当箇所へ)
※原作情報と、私なりの解釈を含め考察

  • なぜハヤセはフシを大会に出場させたのか? 
  • ハヤセは全裸で何をしようとした? 
  • ヒゲ面の男に、吹き矢は有効なのか? 
  • 船を造れるなら、島長になる必要はなかったのでは? 
  • フクロウのリガードはなぜ無事だったのか? 
  • フシは、変化すれば薬の効果もなくなる? 
  • トナリはなぜ7歳以下に限定したのか? 
  • なぜトナリを眠らせた? 

ここでは、以下の観点でレビューします。

アニメ各話「感想」

原作コミックを読んで分かった新情報を加味して「解説

私は原作未読です。
アニメ鑑賞後、原作コミックの”アニメ化済み時点まで“を読み、レビューを作成しています。

次話以降のネタバレは「なし」なのでご安心ください。

不滅のあなたへ(全20話)各話リスト

話数 サブタイトル  原作巻数
第1話 最後のひとり 1巻
第2話 おとなしくない少女
第3話 小さな進化
第4話 大きな器 2巻
第5話 共にゆく人
第6話 私たちの目的
第7話 変わりたい少年 3巻
第8話 怪物兄弟
第9話 深い記憶
第10話 新しい家族
第11話 過去からの贈り物 4巻
第12話 目覚め
第13話 高みへの意志
第14話 自由の島・ジャナンダ
5巻
第15話 トナリという名の少女
第16話 子どもたちの夢
本レビュー 先覚者

6巻
第18話 進み行くために
第19話 さまよう殺意
第20話 残響

※リンクは各話レビューへ

今回のあらすじ

不滅のあなたへ 17話
あらすじ

ジャナンダ島の島長を決める大会の決勝戦。
フシハヤセに負けてしまった。

ハヤセは島民たちにフシの守護団となることを提案し、島長の権利をトナリへ譲る・・・。

トナリ達はハヤセからフシを取り戻そうとするが・・・。

ハヤセから島民への提案──

この怪奇なる存在を、みんなで守りませんか?

by ハヤセ『不滅のあなたへ』TVアニメ17話

本気か嘘か、崇拝か狂気か、はたまた島民を欺くための方便か・・・

ハヤセの真の目的はまだ不明。
だが、ハヤセの提案はこの島の運命を変えていく──

一方、
フシの考え、行動が、急に少年漫画っぽくなってきました
トナリの考え、行動も、急に大人びてきました

若さゆえか、成長期か。
それとも、敗北や屈辱から学んだのか。

急展開の17話。
原作はもっとゆっくりなのかと思ったのですが、原作通り。

いくつもの疑問点、謎が出てきましたが、それは次回以降で明らかになるのでしょう。
まずは、今話を振り返っていきましょう。

感想&考察レビュー 第17話「先覚者」

先覚者

フシを倒し優勝したハヤセは、ジャナンダの島民たちに一緒にフシを守らないかと提案する。

ああ、最低だ・・・

不滅のあなたへ 17話

ああ・・・サイテーだ。

by フシ『不滅のあなたへ』TVアニメ17話

これまでピオランと島を出るために戦ってきたフシ。
ノッカーとの戦いでフシは心に変化をもたらし、子供たちとも親しくなる。

その子供たちのために戦うと決意したフシ──

大丈夫、勝ってみんなを外へ連れていく。

by フシ『不滅のあなたへ』TVアニメ16話

決勝戦前に、あれだけ大見得を切ったにもかかわらず、不甲斐ない戦いをしてしまう。

自分は不死身、殺されることはないから負けるわけがない──

フシの体質を知っているハヤセが、なぜ大会に出場したのか?
不死身のフシを相手に、無策で戦いに挑むと思うか?

対フシ対策している可能性を一切考えなかった──

だから──

何をしに来た・・・
死にに来たのか?

by フシ『不滅のあなたへ』TVアニメ16話

などと余裕ぶっていたのです。

ハヤセは狡猾。
負けるわけがないと思っているフシに、パロマの話をしてさらに激昂させる。

フシは冷静さを失い、まんまとハヤセの術中にはまり思い知らされるのです・・・

誰も殺したくないと言いながら、ハヤセには殺すと言い。
殺す気で戦ったのに呆気なく完敗・・・

自分は死なないだけで、強いわけではない。

自分のどうしようもなさ、無力さを感じたのです。

フシを大会に出場させたのは神聖化するため!?

不滅のあなたへ 17話

誠に勝手ながら、この大会に参加いたしました。
ジャナンダの民に聞き入れてもらいたいことがあるからです。

不死身の少年、この怪奇なる存在を、みんなで守りませんか?

by ハヤセ『不滅のあなたへ』TVアニメ17話

フシをこの島へ連れてきて大会へ出した目的は、島民へフシの存在を知らしめ守らせるため!?

考察

ハヤセはトナリを通じて、フシを島へ連れていき大会へ出場させました。

ハヤセがフシを手に入れたがっていたのは分かります
が、なぜフシを大会に出場させたのか疑問でした

フシが大会に出れば、能力を使わずにはいられない。
能力が島民にバレてしまう。

フシの能力を知れば、フシを自分のものにしようという輩が現れるかしれない。
フシを独占したいハヤセにとってマイナスでしかない。

なのに、なぜフシを大会に出場させたのか・・・

ハヤセがこの大会にフシを出場させた目的は、フシを神聖化するため?

一見弱そうなフシが、不思議な力を使って勝ち上がっていく。
フシのその姿が全島民の注目を集めるのは明白。

最後にハヤセがフシを倒し、フシの保護者を宣言する。

『不滅のあなたへ』作品にトーナメント大会なんて似合わないと思ってました(苦笑)。

が、フシの能力を存分に披露しフシを特別な存在にするには、大会はうってつけの場だったのです

同時に、無敗のフシに完勝し、ハヤセの強さも見せつける。

ここまで来るとお見事!

一体何と戦うというのか?

どうか私と守護団を結成し、共に戦ってくれませんか?

by ハヤセ『不滅のあなたへ』TVアニメ17話

ハヤセが島民へ提案する「共に戦う」──
一体何と戦おうとしているのでしょうか?

ノッカーでしょうか?
いいえ、ハヤセはノッカーの存在を知りません。

ノッカーが初めて出てきたのは、フシがニナンナ、ヤノメを離れた後。(6話)
マーチ編では、ノッカーは出てきてません。

ハヤセはノッカーを直接見てないのです。

推測

フシを追う過程で、ノッカーの情報を聞いた可能性はあります。
2度目の出現は目撃者1人しかいませんが、3度目リーンの屋敷では多くの目撃者がいましたから。

ハヤセはこうも言ってます──

昨日、この街を襲った岩山。

- 中略 -

あの岩山が何なのかは分かりませんが、いずれにせよ彼には協力者が必要です。

by ハヤセ『不滅のあなたへ』TVアニメ17話

岩山(ノッカー)の存在は分からないと言ってます。
#嘘をついている可能性もありますが
が、同時に岩山(ノッカー)を例に出し、協力者を求めています。

ノッカーと戦うために、島民に協力させたいのでしょうか?

いいえ、違います。
なぜなら、ハヤセがトナリにフシをジャナンダ島行きの船へ乗せるよう言ったのは港にいたとき

この島で”ノッカーを見る前”、フシが”島へ来る前”から、ハヤセはフシを島へ誘い大会に出場させる計画だったのです

その上、ハヤセはこんなことを言ってます──

先覚者とは

私に賛同する者には、富を分配し、飢えずに満たされた生活を保証します。

働かなくていい
私の声に耳を傾け、伝えるだけでいい

by ハヤセ『不滅のあなたへ』TVアニメ17話

戦うどころか働かなくてもいい!?
ただ、ハヤセの声を伝えれば、富を分配し、飢えず満たされた生活を保証する!?

一気に、胡散臭さが漂ってきました(苦笑)。

推測

ハヤセが企みを全て話しているとは思ってません。

が、仮に、ハヤセの言葉が全て本気だとすると・・・

ハヤセはフシを神様のように祭り上げ神聖化する。
フシの奇跡を目の当たりにした島民は、フシの力を人から人へ伝え、広く知れ渡らせる。

神と崇められるフシは、ハヤセ(ヤノメ)が手に入れ、フシの力を利用して民衆を操る。

フシと、フシを使って民衆をコントロールして得られるを富を考えると、島民に金品を与えることなど必要経費。

こんな企みが想像できます。

真の目的はともかく、フシの特殊な能力を使って民衆をどこかへ導こうとする。
これがサブタイトルの「先覚者」の意味でしょうか。

先覚者

人々より先に物事の道理や時代の流れの変化を見抜き、事を行った人。くさわけ。

by デジタル大辞泉より

しかし、フシを部屋へ連れて行ってからのハヤセの行動は、まだ何か別の企みがあるように思えてなりません。

推測

いきなり”聖地”なんて言葉を出すのも仰々しく怪しい・・・

私はこの島に奉仕する。
聖地ジャナンダへ!

by ハヤセ『不滅のあなたへ』TVアニメ17話

囚人の島ジャナンダを”聖地”と呼ぶハヤセ。

フシが世に出た場所だから、聖地・・・

分からなくはないですが、ハヤセはまだ何か企んでいそう(苦笑)。
フシを使って何かしようとしているのではないでしょうか。
聖地になるような大事、もしくは始まりを・・・

そのため、ハヤセ達はこの島へ滞在。
だから、目障りなトナリ達が島から出るのを簡単に許可し、ピオランに再会できるころには「老衰で死んでる」と言った。

ハヤセの腕のケガは浅い? (蛇足)

私はこの島に奉仕する。
聖地ジャナンダへ!

by ハヤセ『不滅のあなたへ』TVアニメ17話

ハヤセが自らの手のひらに刻み付けた印。
これは「囚人の家族」の印。

この印があると、差別を受ける可能性がある

それでも傷を付けたのは島民の共感を得るためか、覚悟の表れか。
もしくはハヤセ程の立場になると印など関係ないのか、それとも今更傷が一つ増えようと気にかけないのか・・・

私は、まったく別のバカなことを考えてました。

ハヤセも傷が治る能力を持っているのではないかと(笑)。

フシとの決勝戦ラスト、フシがニシアサガオで眠らされる寸前。
フシの剣は、ハヤセの左腕を貫きました。

アニメのカットでは、左腕の肘近く、刃は腕に垂直に刺さり、腕の腱や骨を貫いているように見えました。

余談

(原作情報)原作では、剣が刺さった自分の腕を見て、ハヤセが何か言いたげなカットがあります。

流れから推測すると、自分が手傷を負うのは想定外だったか、フシの成長に驚いたのか・・・

ところが今話(17話)では、そんな腕の傷などなかったかのように振る舞うハヤセ。

普通なら動かないであろう左手で、器用に右手に印を付けていく・・・

まさか、フシと同じで、傷が治る能力を持っているのか?!と一瞬考えてしまいました(苦笑)。

が、それならオニグマ(フシ)にやられた顔の傷も治っているはず。
古傷が残っているので、ハヤセに傷を癒やす能力はないのです。

(原作情報)後のハヤセが全裸になるシーン。原作では、胸の大きな傷跡が描写されています。

それでも不思議に思い、再度アニメと原作を見返してみると──

原作で描かれるハヤセの腕の傷は薄い角度、骨を避けて刺さっています
つまり、アニメの作画の問題ですね。
#少し引いて、フシと一緒に写っているシーンでは、腕を切り落としそうな角度で刺さってます

まあ、角度が薄いと言っても、腕を動かすのは無理だろうと思われる傷に見えますが(笑)。

どちらかと言うと、ハヤセは痛みに鈍感になっているのかもしれません。

ハヤセとフシ

眠っているフシを、ハヤセは部屋へ連れていく。

ハヤセはヤノメの命令で動いているのか?

ハヤセの周囲を守るヒゲ面の男たち。
マーチ編でヤノメの町にもいた、ハヤセの部下ですね

この島へ来てから、ハヤセの姿しか描写されなかったので、ハヤセ単独行動かと思ってました。

が、部下を連れ、堂々と島民の前で指示していることから、ハヤセはヤノメ国の命令、あるいは許可を得て動いている証拠

国がバックについているから、ハヤセはこれだけの大仕事ができるのです。

一体、国を上げて何をしようとしているのでしょうか。

ハヤセはフシに何をしようとした?

かわいそうに、されるがままですね。

by ハヤセ『不滅のあなたへ』TVアニメ17話

(原作情報)このシーン、原作のハヤセはちょっとかわいい(苦笑)。フシの心の中では、ハヤセはこんな風に見ているのでしょうか(笑)。

薬が効き眠っているフシに、全裸になり覆いかぶさるハヤセ。

アニメではわかりにくいですが・・・
原作を読んで分かったのは、トナリの声でハヤセはフシから我に返り離れます

トナリの声がなければ、ハヤセの手は止まらなかったように見えます

ハヤセはフシに何をしようとしたのでしょうか?

単純に考えると、性的なこと?
フシを神格化しようとすることと矛盾するような気がしますが・・・

ただ、原作のカットを御覧ください──

アニメの描写は抑え気味でした(苦笑)。

原作のハヤセは、この時、興奮状態
明らかに性的欲求を満たす、フシの体を欲しているように見えます

これまでのハヤセの振る舞いとは大違いで、逆に不気味。

ただ気になるのは、
その後フシを手に入れながら、手を出してないのが解せない・・・

推測

この時のハヤセのセリフ、「もうすぐ」と言っていたのも気にかかります・・・

もし性的なことが目的なら「やっとだ」「いよいよ」という感情では?

「もうすぐ」という表現をしたということは──
“まだ完了してない”という意味合いを含んでいます。

この後、フシに何かをする、フシを使って何かをする──
その事を想像すると興奮が止まらない・・・

どうもそういう感情の起伏のような気がします。

その興奮状態の疼きを、体で収めようとしたのではないでしょうか。

まあ、狂人の精神状態は測りかねますが(笑)。

分離

トナリ達は、連れ去られたフシを助けに、部屋までやってくる。

ヒゲ面の男に、吹き矢は有効なのか?

待てお前ら!
どこから入ってきた!?

by 従者『不滅のあなたへ』TVアニメ17話

曲がりなりにも一国の役員の従者相手に、フクロウとウーパの吹き矢で対抗!
フクロウ・リガードが強いのか、従者が弱いのか(笑)。

それにしても、あれだけのヒゲ面。
吹き矢は皮膚まで届かないのでは!?と思ってましたが・・・

原作ではちゃんとヒゲのない、首に当ててます。
ウーパお見事!

倒した従者を子供たちが飛び越えていくシーンも、わざわざ飛び越えていかなくても横を走り抜ければいいのにと思いますが・・・

原作は、飛び越えるしかないような状況になっています。

今回は、作画が色々残念ですね(苦笑)。

そうか!船も造れるのか!

前話(16話)、トナリが言ってた意味が明らかに──

フシ:何?船、使えないの?
トナリ:あんたが手伝ってくれれば、うまくいくさ

by 『不滅のあなたへ』TVアニメ16話

船がなくても、フシがいれば問題ないと言ってたトナリ。
島から出る手段は島長の力で強制執行すると思っていたので、なぜフシの力がいるのか疑問でした。

よく分からないですが、島長になってもできることは限られているようですね(苦笑)。

船がないのに、どうやって島を出るのか問う船長に対して──

知らないんですか?
不死身ならスカイフィッシュ号より大きな船を5秒で造れちゃうんスよ。

by トナリ『不滅のあなたへ』TVアニメ17話

そんなに大きなものもフシは造れるの!?
考えたことなかったですが、試してみる価値はありそうですね。

フシが船を作り出せるなら、島長にならなくても、いつでも島を抜け出せたのでは?

いいえ、トナリ達はコソコソとではなく、島を”堂々と”出て行きたかったのです

だから、島長になって、権利を獲得した上で出ていくのです。

ハヤセにとってフシはやはり道具か

我々の財産を盗もうとは許しがたいです。

by ハヤセ『不滅のあなたへ』TVアニメ17話

ハヤセが、フシのことを”財産“と言いました

やはり、ハヤセがフシを崇めるのは人心掌握のための方便か

そして、トナリの前でそのことを話すのは、最初からトナリたちを殺すつもりか子供だからと油断したか。

いや、島長を譲った時点で、子供たちの命が短いと見込んでいるのか?

いずれにせよ、この一言で、ハヤセはフシを「神」ではなく、自分たちを利する「価値ある存在」だと考えていることが判明

ハヤセのフシに対する態度は狂気に見えますが、しっかり利害を考え動いているのです。

リガードはなぜ生きていたのか?

リガードは、トナリがジャナンダ島へ来る前から一緒にいたフクロウ。
従者を攻撃し、戦力としても役に立つトナリの頼もしい相棒。

そのリガードが矢に射られてしまう──

リガード!

by トナリ『不滅のあなたへ』TVアニメ17話

ハヤセの矢に射られたリガード。
だけど終盤、船上でトナリを助けました。

なぜリガードは無事だったのでしょうか?

(原作情報)アニメでは、矢はリガードの体に当たったように見えますが、原作では羽を貫いています。

原作を読んですっきり。
ハヤセが放った矢は、リガードの羽に当たったのです

だから命には別状はなかったと思わます。
この時から船が出るまで、時間もあったし、自然回復したのでしょう。

それよりも、リガードがやられたのに弔うことなく放っておいたことの方が気になりますが(苦笑)。

新ワザ習得で、更に無敵に!?

さっき運んだはずですが、どうやってここへ?

by ハヤセ『不滅のあなたへ』TVアニメ17話

モグラに変化し連れ去られるのを逃れたフシ

フシは自らを作り出すと意識はそちらへ行き、残った体は抜け殻に!?
応用力の高いワザを習得!

余談

ただ、そのワザはハヤセには内緒にしておいたほうが良いような・・・。
フシは正直過ぎます(苦笑)。

それと、抜け殻になった体がどういう状態なのか気になります。

別の体を生み出すと、薬の効果はどうなるのでしょうか?

フシは、刺激を受けたときの体の状態を再現します。
少年は足にケガを負った状態、マーチはお腹にケガがある状態、オニグマは槍が刺さった状態で・・・

ならば、前の体の状態は受け継いでないはず。
つまり、変化すると薬の効果は無効化されているのではないでしょうか

モグラになると、すぐに動いたようにも見えました。

このワザを使えば、薬を打たれても眠る前に逃げ出せるのでは?
一瞬の判断が必要ですが。

それにしても、このときのフシのセリフ──

オレがここに残る代わりに、みんなを船で乗せていってやってくれ

by フシ『不滅のあなたへ』TVアニメ17話

男前!
自分が犠牲になって、皆を助ける。

ついに、トナリとの約束を果たしたのです。
一気に挽回!

船出

フシが島に残る代わりに、トナリ達は船で島を出ることに──

7歳以下は、神に運命を握られている

あたしと一緒に行くのは、あたしの知り合い数人とピオラン。
それと子供たち7歳以下の・・・

与えられるべきなんだ、子供は!
自分で自分の運命を選ぶチャンスを!

そのためには、ここから出なきゃならないんだ!

by トナリ『不滅のあなたへ』TVアニメ17話

トナリはなぜ7歳以下に限定したのでしょうか?

それは、トナリが子供の頃に読んだ本──

ある本によれば、人間は7歳までは神に運命を握られているらしい。

by トナリ『不滅のあなたへ』TVアニメ16話

トナリ自身、7歳のときに、父が島流しになり決断を迫られた
「残って孤児として暮らす」か「父と共に島へ行くか」

7歳の時に、自分の運命を選ぶチャンスを与えられなければならない

その時に、この島にいては選択すらできない。
だから、島から出なくてはならない、というわけですね。

トナリの思いは理解できますが、実際子供たちだけで生きていけるのでしょうか?
島民は、島の外では疎まれているのに・・・

なぜ眠らせる必要があるのか?

運べ!

安心してください。
きちんと送り届けますから。

by ハヤセ『不滅のあなたへ』TVアニメ17話

フシと別れを惜しむ、ピオランとトナリ達。
それを、問答無用で眠らせるハヤセ・・・

ピオランも子供も、反抗してはいません。
フシを助ける素振りも見せていません。

なのに、なぜピオラン達を眠らせる必要があったのでしょうか?

理由があるとしたらその後の行動がヒントでしょうか?

なんだか嫌な予感がするのは気のせいでしょうか・・・

推測

眠らされたトナリ達は、両手を縛られ、檻に入れられていました

島長となり権利を得て、堂々と島を出るトナリ達。
大人しく檻に入れられるはずがありません。

だから眠らせた・・・

ならば、なぜ檻に入れ、手まで縛ったのか?

トナリ達、この船に、望まぬことが起きると言うことではないでしょうか?

それを阻止しようとするトナリ達が、邪魔だったのです。
ハヤセ達にとって・・・

でなければ、トナリが小舟で戻ろうとしたのを見て「早くハヤセ様に知らせなければ」とのセリフは出てこない

まあその割には、簡単な拘束で檻の警備も手抜きでしたが(苦笑)。

ああ、警備が手抜きだったのは、2時間は目覚めないから安心していたのでしょう。

トナリだけ薬が効かない!?

ったく、5分も経ってねえぞ。
連中、2時間は眠るってほざいてたのに。

おい、トナリ。
お前だけ、どうなってんだよ?

by 班長『不滅のあなたへ』TVアニメ17話

トナリだけ薬が効かない!?

そういえば・・・
前話(16話)、フシの薬入りの料理を食べて子供たちが眠った時も、トナリだけ早く目が冷めました

てっきり、フシの体から作り出されたのが気にかかり、トナリだけ食べる量が少なかったのだと解釈してました(笑)。

トナリはそういう体質なのでしょうか?
これまでにはそのような伏線は示されてないですね。

むしろ、”トナリだけ島へ戻る“ために早く目覚めさせた。
そして、残された子供たちがトナリを追いかけ島へ戻る理由を都合よく作っている・・・というのは言い過ぎでしょうか(笑)。

トナリは何を思う

不滅のあなたへ 17話

ハヤセが何を企んでいるのか気にもせず。
トナリは自分の感情に従い、自分が進むべき道を決めていく。

せっかく島を出られたのに。
出たくて仕方のなかった島に再び戻る。

いや、フシと共に、島を出るつもりか?

トナリのその選択は吉と出るか凶と出るか。

ただ、今は、トナリの清々しいまでの吹っ切れた表情に見入ってしまう。

フシはハヤセに完敗し、挫折を経て成長を見せた。
トナリもフシと出会い、大きな判断と選択を迫られたことで成長を見せる。

二人が大事にしているのは他者。
自分を犠牲にしてでも大切な人を助けたい。

尊く、尊重されるべき気持ちだが、本作では命取り(涙)。

次話が怖くなってきました(苦笑)。

おわりに (『不滅のあなたへ』17話とは)

ジャナンダ島へ来て、トナリとフシの物語かと思っていたら、実は二人はハヤセの掌の上で踊らされていたのが前話まで。

今話は、フシとトナリがちょっと成長し、ハヤセに一矢報いる。

原作の表紙を並べるとよく分かる。
ハヤセが優勝しフシをお持ち帰りする(笑)までの5巻の表紙はハヤセ。
権力と強さを持つハヤセに臆することなくフシを助けに行くシーンから始まる6巻の表紙はトナリ。

今話から、物語のキーマンが変わったと信じたい。

まだまだ余裕のハヤセと、その自信はどこから来るのか、出し抜く気満々の二人がちと心配ですが(苦笑)。

トナリは14歳、フシは実質5歳?なのだから自信過剰になるのも仕方なしか(笑)。

ハヤセが島民へ投げかけた提案。
14歳の少女が島長となったこと。
トナリが連れて行くのを7歳以下の子供に限定したこと。

これらのことにジャナンダ島民はどう思っていたのか、もっと知りたかった。

だが、本エピソードの主役はトナリ。
14歳の少女目線だから仕方なし。

ハヤセはフシで何をしようとしているのか?
トナリは無事にフシを助けることができるのか?
予告を見ると、またアイツが!?早すぎないか!?

と、ジャナンダ島編もいよいよクライマックス。
次話も楽しみです!

以上、TVアニメ『不滅のあなたへ』第17話の感想&考察レビューでした。
最後まで読んで頂きありがとうございます。

18話のレビューも書いてます。
良かったらご覧ください。

ではでは。

きょうのひとこと

モグラがこんなに出番あるとは(笑)

関連記事

アニメ『不滅のあなたへ』第18話のレビューはこちら。
不滅のあなたへ 18話
アニメ【不滅のあなたへ】18話 感想&考察 新たな夢と初めての恋、フシとトナリ根本的に何が違う?2021年春TVアニメ『不滅のあなたへ』第18話「進み行くために」 感想&原作補足&考察レビュー。(次話以降のネタバレなし!) トナリとフシの根本的な違い。話が進むに連れてトナリがいい子に見えた訳。フシは女たらし!?アニメ各話感想に加え、アニメと原作コミックとの違い、読んで分かった情報を紹介します。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。