無職転生

アニメ【無職転生】4話 感想&解説 英雄色を好むのか?この世界の男って・・・

無職転生 4話

こんばんは。時文(@toki23_a)です。
TVアニメ『無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜』第4話、鑑賞。

かつてアニメで、それも異世界もので、ここまで主人公の”親”の性について焦点を当てた作品があったでしょうか(苦笑)。

今回は、ある意味、父パウロ回。
原作を読むと、リーリャ回でもあったことが分かります。

異世界だって、生きてりゃ色々あるのです。

今話の疑問点 (リンクは該当箇所へ)

  • リーリャが妊娠と聞き、なぜパウロが疑われたのか? 
  • 「うちにいなさい」とはどういう意味?
  • パウロが強引にという誤解は解けたのか? 
  • リーリャはパウロに気があった?
  • 生まれた子供の性別は?妹?弟? 
  • なぜ、ルディの上達は止まった?
  • ロキシーはどうやって水王級魔術師になった? 
  • パウロはなぜ、いきなりルディを襲ったのか? 
  • パウロは本気でルディを襲ったのか?

原作情報と、私なりの解釈を含め、順に解説します。

原作でしか描かれてないこと (リンクは該当箇所へ)

  • リーリャに御神体を見つけられた・・・
  • ルディは洗濯や掃除を手伝っていた
  • この世界の剣術3流派とは
  • あの言葉が、シルフィに聞かれていた!?
  • パウロの魔物退治
  • シルフィがルディに依存 
  • ルディ気絶後のパウロ視点(ルディの評価)

原作、コミカライズからポイントを紹介します。

ここでは、以下の観点でレビューします。

アニメ各話「紹介・感想」

コミカライズ・原作を読んで分かった新情報を加味して「解説

私は原作未読です。
アニメ鑑賞後、原作・コミカライズの”該当部分のみ“を読み、レビューを作成しています。

次話以降のネタバレは「なし」なのでご安心ください。

無職転生(分割2クール)各話リスト
幼年期編

話数 サブタイトル コミカライズ 原作巻数
第1話 無職転生 1巻
1巻

第2話 師匠
第3話 友達
第4話

緊急家族会議

2巻

※リンクは各話レビューへ

今回のあらすじ

無職転生 4話
あらすじ

ゼニスの懐妊に、幸せ一杯のグレイラット家

ところが、メイドのリーリャまで妊娠!
しかも、父親は同じ!?

ルディに一気に二人の妹ができた。

なんと、2話ロキシー師匠のエロ描写が伏線だったとは・・・

毎夜のように営まれるパウロとゼニスの行為。
家の構造上、他の部屋にも、声は届いていた。

住み込み家庭教師だったロキシーが影響を受けた末の、あのシーン。(2話)
6年前から一緒に住んでいるメイドのリーリャが影響されないわけがない!?

『無職転生』のエロ描写。
主人公の人間性表現の一つになっていますが、本筋に関係ないので必要なのか疑問でした。

ところが、今話で描かれたのは主人公の父親パウロとメイドのリーリャ。
パウロだって父親である前に、一人の男。
リーリャだって仕えている身とは言え、一人の女。

キャラクターの心情変化に絡んでくるので、性描写を削除できなかったのです。

『無職転生』は”エロい”のではなく”人間くさい”のです!

では、今話を振り返っていきましょう。

感想&解説レビュー 第4話「緊急家族会議」

無職転生 4話

ゼニス懐妊

ゼニスが二人目の子供を授かった。
家族が増える喜びに満ちたグレイラット家。

この世界に産婦人科は?

母様。
おめでとうございます。

by ルーデウス・グレイラット『無職転生』TVアニメ4話

ゼニスに二人目の子供ができた。

この世界での出産は、助産婦を頼み、家で生むようだ。

リーリャは「助産婦」兼「子育て」ができるメイド
ルディが生まれる直前に雇われました。
#詳細は1話レビューをどうぞ

治癒魔法が存在するので、医者はいないのかな?
と思っていたら、そんなことはありませんでした(笑)。

原作には書かれてました──

ゼニスの妊娠がわかった。弟か妹が生まれるらしい。

-中略-

いわゆるつわりの症状が出始めた。憶えのある感覚だったため、医者に行った結果、ほぼ間違いないだろうと言われたらしい。

by 小説『無職転生』1巻

身体の調子が悪ければ医者に診てもらい。
出産は家で助産婦と共に、という風習のようです。

リーリャも妊娠!?

しばらくすると、メイドのリーリャも妊娠していることが判明。
父親は・・・

リーリャは外での付き合いがない?

無職転生 4話

す・・・すまん。た、たぶん俺の子だ。

by パウロ・グレイラット『無職転生』TVアニメ4話

リーリャも懐妊!?
ほんでもって、父親はパウロ!?

リーリャ自身があまり描かれなかったのもありますが、パウロとそんな関係になっていた素振りもなかったので驚きました。
#あっさり認めたパウロには、もっと驚きましたが(笑)

でも、なぜ、すぐさまパウロを疑ったのでしょうか?

普通、メイドが妊娠しても、父親は家の外の誰かと考えます。
リーリャだって女性、彼氏がいたっておかしくない。

原作に、その解がありました──

(相手は誰・・・?)
なんてことを聞ける空気ではなかった。
全員が薄々感づいていた。リーリャは勤勉なメイドだ。給金もほとんど実家へ送っていた。村の問題を解決するためにちょくちょく出かけるパウロや、定期的に村の診療所に手伝いにいくゼニスと違い、業務以外での外出もほとんどしなかった。リーリャが誰かと特別親しくしているという噂も聞かない。

by 小説『無職転生』1巻

リーリャは業務以外で外出することもなく、家の外の誰かと親しくしている様子がなかったのです。

この状況で妊娠したら、そりゃあまずパウロが疑われますね。
よほど人格者でない限りは(苦笑)。

緊急家族会議

無職転生 4話

リーリャの子の父親は、パウロだった。
リーリャとその子供をどうするか、ゼニスは悩む。

前話に続いて、映像なしのOP。
外は雪が吹きすさび、前話、ルディが初めて外へ出た晴れやかな光景とは真逆!

幸せ一杯だったグレイラット家が一転、地獄へ・・・
重苦しい空気を、このように表現するとは(苦笑)。

御神体は見逃されていた!

それに何より──
彼女は、御神体の存在を知りつつ、黙ってくれている。

by 前世の男『無職転生』TVアニメ4話

2話ラスト、ロキシー御神体をリーリャに見つかってしまったシーン。
前話(3話)レビューで、私は「原作では見つかってない」「見つかったシーンはアニメオリジナル」と書きました。

が、原作ではこのとき判明。

見つかったのは、シルフィと出会い、まだ”少年”だと思ってた頃。
御神体は、掃除をしていたリーリャに見つかり、ルディは尋問までされてました・・・

尋問が始まった。
リーリャは言った「これはなんですか?」と。
俺は答えた「なななんでしょうね、それわはははははは」と。

-中略-

リーリャは言った「洗濯をしたほうがいいのでは?」と。
俺は答えた「それを洗うなんてとんでもない!!」と。
リーリャは無言で御神体パンツを神棚へと戻した。
そして、戦慄する俺を背に、部屋から出て行った。
その晩、俺は家族会議を覚悟した。
しかし、何もなかった。
深夜、布団の中でガタガタ震えて過ごした。翌朝になっても、何もなかった。
彼女は誰にも言わなかったのだ。

by 小説『無職転生』1巻

アニメ鑑賞時、「御神体の恩」はギャグかと思ってました(笑)。

が、原作を読むと。
ルディは、御神体が見つかった時のことを、そうとう気に病んでいたようです。
だからこそ、誰にも言わなかったリーリャに感謝していたのです。

それに悪いのはリーリャではない、パウロだと考えてます。

だが、俺に言わせれば、責任を取るべきはパウロなのだ。リーリャが一人で責任を取るのは、おかしい。
絶対におかしい。
こんなおかしな別れ方をしてはいけない。

by 小説『無職転生』1巻

ゼニスとリーリャは仲がいい

ルディは赤子の頃から自立していて手がかからなかったので、実はリーリャとの接点は少なく、ルディ自身リーリャに強い思いはない

が、ゼニスとリーリャが仲が良いのは感じてました──

ゼニスは難しい顔で爪を噛んだ。どうやら彼女も迷っているらしい。
彼女はリーリャを殺したいほど憎んでいるわけではない。
それどころか、二人は仲がいい6年も一緒に家事をしてきたのだ、親友と言ってもいいだろう

by 小説『無職転生』1巻

リーリャがグレイラット家に仕えたのは、ゼニスが出産を控えていたから。
ルディが生まれる6年前に、この家にやってきた。

普通の子供なら赤子の記憶はないが、ルディは転生者なのでハッキリと憶えている。

ルディは、ゼニスとリーリャの二人が支え合いながら家事をしてきたのを、6年間ずっと見ていたのです

ルディは純粋に、ゼニスとリーリャが仲違いすること、リーリャが家を出て行くことが我慢できなかったのです

「うちにいなさい」は「籍を入れること」?

リーリャ、うちにいなさい。

あなたは、もう家族よ。
勝手に出ていくのは許さないわ。

by ゼニス・グレイラット『無職転生』TVアニメ4話

ゼニス、かっこいい!!

アニメ鑑賞時、「もう家族よ」の意味が分からなかった。
が、後のリーリャの行動を見ると、リーリャはグレイラット家の一員になったようです。

その証拠に、
エンディングのキャスト名が「リーリャ」から「リーリャ・グレイラット」に!!

粋ですね~~

どうやら、この世界は一夫多妻が認められているようです。

ゼニスの「あなたはもう家族よ」はそういう意味だったのです。

(原作情報)この世界は一夫多妻が認められていますが、ゼニスは幼い頃からミリス教の教え「男女は互いに一人だけを愛せよ」を叩き込まれています。爆発寸前だった所をルディが間に入ったことで踏みとどまったのです。

1巻巻末・番外編「グレイラット家の母親」より。

原) ルディのフォロー

父様は、リーリャの弱みを握っています。

by ルーデウス・グレイラット『無職転生』TVアニメ4話

リーリャのためとは言え・・・
この場を抑えるためとは言え・・・
パウロの自業自得とは言え・・・

なかなかに、ひどいウソ(苦笑)。
もう少し、マシな作り話をできなかったものなのか・・・

まあ、この調子なら大丈夫だろう

by 前世の男『無職転生』TVアニメ4話

どこが大丈夫だと言うのか・・・
リーリャが家に残っても、パウロとゼニスの間で何かあったら元も子もない。

アニメ鑑賞時、この後、ゼニスとパウロがどうなったのか気になってました。

原作では、ルディは、部屋に戻ったゼニスに、”すぐに”説明しています──

「母様、先ほど言ったのは僕の考えた嘘です。父様のことを嫌いにならないでください」
間髪入れず、前置きは一切なく、そう言った。
ゼニスは一瞬呆気に取られたようだが、苦笑し、優しい顔で俺の頭を撫でた。
「わかってるわよ。私だって、そんな悪い男に恋をしたつもりはないもの。馬鹿で女に目がないから、いつかはこういうことがあると覚悟もしてたの。いきなりだったからびっくりしただけよ」

by 小説『無職転生』1巻

パウロが悪いとは言え、あまりに酷い作り話。
いくらパウロが違うと言っても、ゼニスに信じてもらえないかもしれない。

だからこそ、嘘をついたルディ本人が正直に話さないといけないと思ってましたが、原作では説明していて安心。

ゼニスの反応を見ると、パウロを心の底では信じていて、そこまで鬼畜な男だとは思ってない。

ただ、パウロは女好きだから、いつかは浮気をするだろうと考えていた(苦笑)。

ゼニスは怒ってはいましたが、愛想を尽かしてはいなかったのです

(原作情報)1巻巻末・番外編「グレイラット家の母親」によると。ゼニスはルディの子供じみた理屈では納得してないしパウロを許す気にはなってません。が、ルディから「家族関係が壊れることへの不安」を感じ取り、我に返り怒りを鎮めたのです。

◇◇◇◇◇

逆に、フォローしてもらっておいて、ルディに八つ当たりするパウロは大人気ないですね・・・

(原作情報)アニメでは雪が降り積もり、剣の稽古は少し雪溶けした後だったので日が経ってるように見えました。が、原作には”翌日”の稽古で八つ当たりされたと書かれてます(苦笑)。

誘ったのはリーリャ

ゼニスはリーリャを許し、リーリャはグレイラット家に入ることに。

パウロとリーリャの関係。
誘ったのはリーリャだった。

リーリャの欲求不満は、原作にもう少し詳しく描かれてます。
興味ある方は原作をどうぞ。

ここでは、ストーリーに関係のある部分。
リーリャがパウロをどう思い、どのように誘ったかだけ取り上げます。

リーリャはパウロに気があった?

アニメでも語られてますが、昔パウロと一緒に通っていた道場で、リーリャはパウロに夜這いされてます。
無理やりの夜這いだから、レイプですよね・・・

ただパウロを嫌っていたわけではないので、リーリャも次第に気にならなくなっていたようです。

あれは、まだずっと若かった頃、剣道の道場で寝泊まりしていた頃。相手はパウロで、無理やりの夜這いだった。嫌いではなかったが、愛し合っていたわけではない。ロマンチックとは言いがたかったので、当初は涙したものだ。
けれど、次に自分に色目を使ってきたのは脂ぎった大臣だった。
アレよりマシかと思えば、気にも留まらなくなった

by 小説『無職転生』1巻

なんと、ルディが咄嗟に話した作り話。
弱みを握っていたのは、パウロではなく、リーリャ側だったのです。

リーリャは、その弱みにつけ込んではいません。

が、ゼニスがリーリャに、弱みを握られているのか確認したとき、原作ではリーリャは一瞬動揺します。
#「弱み」という単語に引っかかってしまったのでしょう

それが、ゼニスに信憑性を与えたのです。

原作を読むと、リーリャもしたたか──

パウロがメイドを募集していると聞いた時も、あの時のことを交渉材料にすればいいか、ぐらいに思っていた
久しぶりに出会ったパウロはあの頃よりもずっと男らしかった。
少年らしさは消え、厳しさと屈強さを兼ね備えた男になっていた。
自分はそんな男を前にして、6年間もよく耐えたと思う。

by 小説『無職転生』1巻

レイプ同然のことをしたパウロに対し、歪んだ愛情を持ちながら、グレイラット家へ仕えていたのです。

そんなリーリャに、パウロはちょっかいを出していたのです・・・

最初、パウロも自分には色目は使わなかった。
そのままならば、次第に火照りも消えただろう。
だが、たまにされるセクハラで情欲の火は燃え盛った
我慢はできたが、絶妙なバランスで立っているのを自覚していた。

ゼニスの妊娠で、それが決壊した。
パウロが性欲を持て余しているのを、自分は好機と考えてしまった。好機と考えて、パウロを部屋へと誘い込んでしまったのだ・・・

by 小説『無職転生』1巻

パウロはリーリャにセクハラしていた!?

うーーん。
パウロが毅然としていれば、リーリャも誘ったりしなかった?

だとすれば、色目を使ったパウロにも責任が・・・

どっちもどっちですね(笑)。

にしても、異世界転生モノで、主人公とは直接関係のない、それも親の性癖をここまで描くとは・・・

普通なら親の性癖なんて恥ずかしくて見てられませんが、転生モノだからかパウロを一人の男として見て、そこまで嫌悪感はない。
不思議ですね。

◇◇◇◇◇

リーリャがパウロを誘ったシーンが、あのシーンだったのですね。
あれは、ゼニスの妊娠後だったのです。

ん?
パウロがリーリャに誘われたのは、ゼニスが妊娠して、パウロが欲求不満!?

いえ、言っていることは分かりますが、どうも時間軸が合わないような・・・
もし、ゼニスの妊娠が分かってから、リーリャが誘ったのなら、妊娠は数ヶ月違ってくるのでは??

実際には1ヶ月程度しか違わないようです。(原作より)
この世界では妊娠のメカニズムが違うのでしょうか?

(原作情報)リーリャの方が1ヶ月後の妊娠ですが、出産は早産で同じ日に生まれます。

ルーデウス・・・様?

今までさんざん避けてきた。
私は恐れていたのだ、ルーデウスのことを。

-中略-

この恩は一生をかけて返さなければ。
もし、このお腹の子が無事に生まれ育ったのなら──

この子をルーデウスに。
ルーデウス様に仕えさせるのだ。

by リーリャ・グレイラット『無職転生』TVアニメ4話

グレイラット家を追い出されるだろう窮地を、救ってくれたルディに感謝するリーリャ

アニメ鑑賞時、リーリャ自身はともかく子供まで仕えさせるなんて、随分大げさだと思ってました。
が、ルディを避けてきたからこそ、感謝の気持ちが強くなったようです。

原作にはもっとストレートに表現されていました。

自分はルーデウスを不気味に思い、散々避けてきた。

ルーデウスは聡い。避けられていることに気づいていただろう。そんな自分を、ルーデウスは救ってくれたのだ。決していい気分ではなかっただろうに。
己の感情より、自分とこの子を救うことを選んでくれたのだ。
不気味だと言って避けてきた自分が恥ずかしい。
彼は命の恩人である。尊敬すべき人物である。
敬うべきだ。最大限の敬意を払い、死ぬまで仕えるべき人物だ。いや・・・自分は今まで、彼をないがしろにしてきた。自分だけでは返しきれないだろう。
そうだ。
もし、お腹の子が無事に生まれ、育ったなら。
この子を、ルーデウスに・・・。

ルーデウス様に仕えさせるのだ。

by 小説『無職転生』1巻

リーリャはこれまで不気味だと思ってルディを避けてきた。
自分は決してルディに優しくしてこなかった。

にも関わらず、自分とお腹の子を救ってくれた。

だから、感謝も一際大きくなり、仕えようと決めた。
これまでないがしろにした分、子供にも仕えさせようと決心したのです。

コミカライズでも、この辺は本編では描かれてません。

が、『無職転生 2巻』収録のサイドストーリー「グレイラット家のメイドさん」。
そこで、リーリャとルディのやりとりと共に描かれていました!

なかなか印象的に描かれています。
ぜひ、コミカライズをご覧下さい。

ただ、最後に・・・
アニメ1話相当の原作部分を、もう一度引用しましょう。(1話)

リーリャは迷信を本気で信じるタイプだった

by 小説『無職転生』1巻

妹の誕生

ゼニスとリーリャが出産し、ルディに二人の妹ができた。

両方とも女の子

ノルン、アイシャ。
パパでちゅよーー

by パウロ・グレイラット『無職転生』TVアニメ4話

(原作情報)出産は、リーリャも身重なので、村の産婆に助けてもらう。が、ゼニスは逆子で、産婆はお手上げ。結局リーリャ中心に出産が行われる。ルディも治癒魔法で手伝います。
(原作情報)ゼニスが出産後、リーリャが産気づく。今度は村の産婆さんが活躍して、無事にリーリャも出産。

ゼニスの二人目の子、ノルン
リーリャの子供、アイシャ

二人とも女の子。
ルディの願い通り、弟ではなく、妹ができた

原作によると、生まれたのは同じ日。
時間差でノルンがお姉さんですね。

尊敬される兄とは?

子供をあやし、泣き出すと二人の母親が抱きかかえる。
このシーンは原作にはなく、アニメオリジナル。

シルフィ、俺は尊敬されるカッチョいい兄貴を目指そうと思う。

by ルーデウス・グレイラット『無職転生』TVアニメ4話

ルディは、何をもって、上記セリフを言い出したのかよく分かりませんでした(苦笑)。
#シルフィも同じでしたね(笑)

原作にはその理由が──

それにしても、パウロが不憫でならない。なにせ、我が家の女の勢力が二倍になってしまったのだ。そんな状況で一番下の立場になるのは、誰か。
メイドに浮気して子供を産ませた父親だろう。
俺は尊敬されるカッチョイイ兄貴を目指すが、パウロはきっと尊敬されまい。

by 小説『無職転生』1巻

生まれた子供は二人とも女の子。
6人家族で、4人が女性。

女性勢力が圧倒的になり、必然的に男は下に。
中でも浮気をした弱みがあるパウロが一番下というわけだ。

アニメでは、その構図を、ゼニスとリーリャの頼みを聞くパウロで表現したのです。
そんなパウロを見て、ルディは「カッチョイイ兄貴」を目指すと言ったのです。

(原作情報)この頃になると、ルディはシルフィに魔術だけでなく、数学や理科を教えています。

リーリャの過去

あの件以降、リーリャは、ルディに話をしてくれるように。

ルーデウス様

あの日以来、リーリャは少しずつ話をするようになってくれた。

by 前世の男『無職転生』TVアニメ4話

ルーデウス様に一生仕えようと誓ったリーリャは、その誓い通りルディを避けることはなくなった。

原作では、うやまう姿勢も現れてます──

あと、リーリャの態度が軟化した。彼女は今まで、俺を警戒していたらしい。まあ、そりゃ小さい頃から魔術をバカバカ使ってたから、当然だろう。
基本的には無表情なのは変わらないが、言葉や行動の端々に、やたら仰々しい敬意のようなものを感じるようになった。敬われるのは気分がいいが、パウロの立場がないので程々にしてほしい。

by 小説『無職転生』1巻

リーリャがルディを警戒していたのは、赤子のとき子供とは思えないイヤらしい目で胸を見ていたからです。

 

ルディがリーリャをイヤらしい目で見ていたのは赤子の頃。
現在はそういう描写はありません。
#描かれてないだけかもしれません(苦笑)

リーリャの年齢は分かりませんが、パウロを弟弟子と言うのだからパウロより年上?
いや、単に道場へ入った順番だったら年齢は関係ない。

前世の年齢を合わせると40歳、主人公。
リーリャがパウロより年上なら、精神年齢的に一番近しいはずなんですけどね・・・

原) ルディは洗濯や掃除を手伝っていた!?

原作では、二人の子育てに、パウロとゼニスはノイローゼ。

おしっこを漏らしては泣き、うんこを漏らしては泣き、お腹がすけば泣き、なんとなく気にくわなかったら泣き、気にくわなくても泣いた。
夜泣きは当然、朝泣きも当然。昼はなおさら元気にビャービャー。
パウロとゼニスはあっという間にノイローゼになってしまった。
ただ、リーリャだけは元気で、
「これですよ、これこそが子育てなんですよ!ルーデウス坊ちゃんの時はイージー過ぎました!あんなのは本当の子育てじゃありません!」

by 小説『無職転生』1巻

グレイラット家の二人目の子供だというのに、パウロとゼニスは育児ノイローゼに。
ルディが赤子の時は、全く泣かず、手間いらず。

そりゃあ、ルディの中身は、無職引きこもりとは言え、34歳ですからね(笑)。

パウロとゼニスにとっては、実質これが、子育て初体験なのです

主人公は、前世で弟の世話をしていたらしく慣れたもの──

ちなみに、夜泣きは弟で慣れているので、俺は大して気にならなかった。
自慢じゃないが、赤ん坊の世話は弟でやったことがある。テキパキとおしめを交換し、洗濯や掃除を手伝う。そんな俺を見て、パウロがとても情けない顔をしていた。

by 小説『無職転生』1巻

アニメで描かれた、ルディがリーリャと掃除や料理をしているシーンは、ゼニスとパウロがノイローゼになり、手伝っているシーンだったのです

道場を逃げたのはリーリャを襲ったから!?

当時のパウロは才能はあったが練習が嫌いで遊び歩いており、あげくの果てには、リーリャの寝込みを襲い純潔を散らし、その後、道場を逃げ出したらしい。

by 前世の男『無職転生』TVアニメ4話

アニメのセリフは少し、ぼかされてます。
原作ではもっとストレートに描写されてます。

当時のパウロは才能はあったが、練習嫌いだったとか。練習をサボって町に繰り出しては遊び歩いていたのだとか。リーリャは当時のパウロに寝込みを襲われて純潔を散らしたのだとか。パウロはそれが発覚することを恐れて道場を逃げ出したのだとか。
そのあたりのことを淡々と話してくれた。
リーリャの昔話を聞けば聞くほど、俺の仲のパウロ株はどんどん下落していった。
レイプに浮気。パウロはクズだな。

by 小説『無職転生』1巻

なんと、パウロが道場を飛び出したのは、リーリャに無理やり夜這いしたのがバレるのを恐れてだったのです・・・

なんというクズ・・・

逆に、よくもまあ、リーリャをメイドに雇ったものです。
もしかすると、パウロは夜這いしたことを悪いと思ってない!?

ルディもクズ?

俺も精神は40歳を超えた元ニート。
正真正銘のクズだしな。

by 前世の男『無職転生』TVアニメ4話

主人公が前世で亡くなったのは34歳。
こちらの世界に来てから6年生きているので、実質40歳超え
#アニメでは7歳、原作では6歳のシーンです

無職引きこもり人生を振り返ると、クズの自覚はある。
原作ではもっと踏み込んでます──

俺は見た目は子供だが、精神は40を超えたニート。正真正銘のクズ。
ゲーム内に限るが、女の子も好きだし、ハーレムも大好きだった。本質的な部分では女たらしのパウロと一緒なのかもしれない。

by 小説『無職転生』1巻

こちらの世界では、ルディは見た目は子供。
仕事もせずに両親に養われているのは当たり前。

だけど、前世の男から見たら、通算40年一度も働いてない無職ニート
パウロは女たらしのクズ野郎だが、自分も充分クズだと言うわけです

本質的な部分ではシンパシーを感じているようです。

アニメはテンポがいいので、リーリャの子供の件でパウロに罪を被せ、ルディとの間に溝ができ、その後の強制送還になったように見えるかもしれません。

が、決してそんなことはありません。
妊娠が分かって数ヶ月が経ち、パウロとルディは唯一の男同士、むしろいい関係になっているようです。

剣の鍛錬

剣の腕前は、いまだ上達しなかった。

この世界の剣術 三大流派

剣術には剣神流、水神流、北神流の3流派が存在するが、こいつは3つともに上級である。

by 前世の男『無職転生』TVアニメ4話

この世界の剣術には主流となる3つの流派が存在。
原作では、少し前で詳しく説明がされています。

  • 剣神流攻撃的な剣術
  • 神流:受け流しとカウンターを中心とした防御の剣術
  • 北神流:状況に応じた臨機応変さが売り。ジャッキー・チェン風?

※もっと知りたい方は原作1巻をどうぞ

ルディは、剣神流と水神流の2つを習っています

攻撃と防御の両方を、というわけですね。
2つともまだ初級です。

原) パウロの実力

控えめに言ってパウロはクズだ。
しかし、俺は欠点だらけのこの男を認めている

なぜか?強いからだ。

by 前世の男『無職転生』TVアニメ4話

この世界の三大流派、剣神流、水神流、北神流の3つとも上級のパウロ。

(原作情報)原作では「上級」は才能ある者が一つの流派に打ち込んで10年かかると言われています

パウロはまだ20代半ば。
ルディが生まれる前から持っていたとすると10代で獲得!?
それも、練習嫌いで遊び歩いて習得しているのだ。

強さ、剣術の才能については折り紙付き。

ルディは2年間鍛錬しても初球の粋を出ない。
パウロは圧倒的に強いのです。

原) パウロの戦闘シーン

原作では、ここでパウロが魔物と戦うシーンが紹介されます。
#下がったパウロ株をフォローするように(苦笑)

村に魔物が出現。
「戦いを見るのも経験になる」とルディはパウロに連れ出され遠くから見学。

はっきり言おう。
ムチャクチャカッコよかった。

-中略-

なんというか、戦い方に華があるのだ。ハラハラドキドキというか、不思議なリズム感があって、見ていて心地良い。

by 小説『無職転生』1巻

パウロの戦い方は華麗でかっこいい。
男達に絶大の信頼を得て、女にモテるのも分かるという、ベタ褒めです。

パウロの戦闘シーン、アニメでも見たいですね~~

そして、ルディはパウロに感謝しています。
近くに、強い存在がいてくれたことを──

俺は、彼の存在をありがたく思う。自分より強い存在が身近にいることを。
もし、パウロの存在がなければ、俺はこの世界で簡単に増長してしまっていたことだろう
ちょっと魔術がうまいからといって魔物に戦いを挑んだりして、アサルトドッグを捉えきれず、無残に噛み殺されただろう。

by 小説『無職転生』1巻

ルディはあっと言う間に上級魔術師、聖級魔術師となり、普通ならうぬぼれ無謀な事をしてしまうか、逆に怠けてしまう。

一番身近に、より強い存在がいたから上を目指せたのです。

だから、ルディはパウロを認めているのです。
どれだけクズでも・・・

学校あったのか

そうだ、ルディ。お前、学校って・・・

by パウロ・グレイラット『無職転生』TVアニメ4話

この世界にも学校があったのですね。
原作にはもう少し説明が──

学校というのは、フィットア領の都市ロアにある教育機関だ。読み書き、算術、歴史、礼儀作法なんかを教えてくれる」

by 小説『無職転生』1巻

ルディが生まれ育ったブエナ村は、フィットア領の僻地。
ブエナ村には、学校はないようです。

義務教育ではないのか、読み書き計算ができるルディに学校は必要ないと、パウロは言う。

確かに、この調子で学校へ行くといじめられるでしょうね。
いじめられても、今のルディなら大抵は平気でしょうけど(笑)。

ただ前世の記憶で「いじめ」という単語には、敏感に反応してしまう。

「じゃあ、学校に行くのはやめておきましょう」
シルフィにもまだ教えたいことがある。
大体、イジメられるとわかっているのに行くなんて正気の沙汰じゃない
伊達にイジメられたせいで20年近く引きこもってねえぞ。

by 小説『無職転生』1巻

必要性も感じないどころか、不愉快な思いをするなら行くことはない、というわけです。

(原作情報)パウロは「厳しい父親と貴族の汚さに嫌気がさして家を飛び出した」と説明されています。パウロ自身、学校が合わなかったのでしょう。
(原作情報)原作ではパウロは学校より冒険者になることを勧めます。パウロ曰く、冒険者は引き締まったいい身体をしているそうです・・・

原) シルフィに聞かれていた!?

おっ!
お前も女に興味が湧いてきたか?

けど、追いかける尻は一つにしておいたほうがいいぞ。

by パウロ・グレイラット『無職転生』TVアニメ4話

このセリフの後に、まるで来るのが分かっていたかのようにシルフィがやってくる。
影でも見つけたのか??

原作はどうなっているのかチェックすると、このセリフはありません。
学校のくだりと含めて、アニメオリジナルセリフ

ただ、原作では、もっと面白いことになっています。

パウロ:あの子は将来、美人になるぞ
ルディ:そうでしょうね。今のままでも十分かわいいとは思いますが

by 『無職転生』TVアニメ4話

このセリフのあと、シルフィが”すでにいたことに気づきます”!
なんと、原作では、このセリフをシルフィに聞かれたのです!!

「そうでしょうね。今のままでも十分可愛いと思いますが」
「わかってるじゃないか」
「まあね」

-中略-

「ぬふふ・・・」
ふと見ると、パウロがニヤニヤと笑っていた。
その視線は俺ではなく、俺の後ろへと注がれている。振り返るとシルフィが立っていた。ウチまで来るとは珍しい。
よく見ると、若干、頬を赤く染めて、もじもじとしている
聞いていたらしい

by 小説『無職転生』1巻

モジモジするシルフィ・・・
アニメでも見たかった!!

伸び悩み

ルディは目指す目標もなく、剣も魔術も伸び悩んでいた。

なぜルディの上達は止まったのか

最近、行き詰まってるんだ。
剣術も魔術もあんまり上達してない。

by ルーデウス・グレイラット『無職転生』TVアニメ4話

ルディは成長を実感できず、伸び悩む。

剣術は体がまだ追いついていない、あとはセンス、才能。
剣術の伸び悩みは理解できるが、魔術はなぜ?

原作にヒントがありました──

確かに、この世界、この年齢にしては、凄いかもしれない。
けれど、まだ俺は何もやってない。魔術だって、生前の記憶と、最初に無詠唱というものに気づいたおかげで、ちょっと他人よりうまく使えるだけだ
でも、生前の記憶のレベルが低いから、行き詰まって先に進めないでいる。勉強しておけば、と何度悔やんだところで、今更習い直すことはできない。

by 小説『無職転生』1巻

ルディは決して魔術の才能があったわけではなく、繰り返し練習して今の技術を身に付けた

他の子とは違い、赤子の頃から考える頭と前世の知識があり、早く習得できたに過ぎない。

ルディは理論派。
仕組みを考え、魔術に応用。

決して、才能やセンスで身に付けたのではない。

一方、シルフィは魔術が凄い速度で上達。
パウロは持って生まれたセンスで抜群の強さを誇る。

ルディは頭で考えるタイプなだけに、既にある知識を試しきると、進むべき方向が見えなくなってきたのです。

だから──

この村でできることも少ないのかもしれないな。

by ルーデウス・グレイラット『無職転生』TVアニメ4話

と言ったのです。

シルフィの願い

無職転生 4話

い・・・や・・・いや!
や・・・やだ、どこにも行かないで

by シルフィエット『無職転生』TVアニメ4話

ルディが軽い気持ちで言った一言で、突然泣き出したシルフィ。
とまどうルディ。

原作のルディは、抱きついてきたシルフィに良からぬことを考えてます(苦笑)。

が、ふと我に返って、考える──

そうか。そうだな。
最近、シルフィは午前中からウチに来ることも多くなった。
午前中に来て、嬉しそうな顔で俺の剣術の稽古を見て、二人で魔術の練習をしたり、勉強をする。
そんな生活を送ってきた。
俺がある日いなくなったら、シルフィはまた一人ぼっちになる。魔術でワルガキを退治できたとしても、友達ができるわけじゃない。

by 小説『無職転生』1巻

シルフィは、緑色の髪色のせいで村の子ども達にイジメられており、友達なんていなかった。

ルディは、シルフィをイジメから救い、初めての友達となった。
ひんむいたりした事件もあったが、対等に付き合う唯一の友達。

そのルディがいなくなったら、シルフィの心の拠り所がなくなってしまう。
また、あのイジメ時代に戻ることはないにしても、頼る存在がなくなってしまう。

ルディがいなくなると聞き泣き出すのも致し方なし。
シルフィはまだ6歳ですからね。

ルディは既に水聖級魔術師。
いざとなれば、家庭教師の職に就ける。

この村でのんびり過ごせば良いと考えるのです。

ロキシーからの手紙

ロキシーはシーローン王国で第七王子の家庭教師に。
魔術師としては、水王級魔術師になっていた。

(原作情報)ロキシーはルディの家庭教師を辞め、冒険者として迷宮に潜っていました。そこで名が売れ王子の家庭教師として雇われます。
(原作情報)シーローン王国はルディがいるアスラ王国の隣。間にドラゴンが住み着く山脈があり迂回しなければならず遠い国です。

ロキシーはどうやって水王級魔術師になったのか

そうそう、ようやく私にも水王級の魔術が使えるようになりました。
これ以上は無理だと思っていたのですが、やればできるものですね。

by ロキシー・ミグルディア『無職転生』TVアニメ4話

魔術の上達に悩んでいるルディに、ロキシーの近況報告が突き刺さります。

ロキシーこそ、ルディの成長ぶりを目の当たりにして自信をなくし、奮起したんですけどね(笑)。

さて、魔術が向上しないルディは悩んでいるのに。
ロキシーはどうやって水王級の魔術を使えるようになったのか。

原作では、ロキシーの手紙にその理由が書かれています──

そうそう、ようやく私にも水王級の魔術が使えるようになりました。
シーローン王国の書庫に、水王級の魔術に関する書籍があったのです

by 小説『無職転生』1巻

ロキシーはルディに王級以上の魔術を教えてません。
ロキシーも知らなかったのです。

ロキシーはたまたま採用された王国の書庫で王級魔術の書籍を見ることができた。
それで、王級魔術を使えるようになったのです。

書籍で知識を得て、パウロ曰く「世界で数人しかいない」水王級魔術師となったのです

やはり、上を目指すには、知識を得なくては。
そのためには、誰かの教えを請うか、書籍で学ぶのが常套手段。

ルディは、ロキシーの手紙で決意するのです。

ラノア魔法大学・・・か

by ルーデウス・グレイラット『無職転生』TVアニメ4話

(原作情報)ロキシーは更に上の水神級の魔術師を目指すと手紙には書いてあります。

ラノア魔法大学を目指す

ルディはパウロにシルフィとラノア大学へ行きたいので二人分の学費を出して欲しいと切り出す。

(原作情報)ルディがパウロに願うのは、ロキシーの手紙を見た翌日です。

3つの条件

ダメだ。
理由はいくつかある。

まず剣術が途中だ。
お前の師匠として、ここで放り出すわけにはいかない。

それに、お前は賢いが、まだ幼い。
親としての責任を放棄するわけにはいかない。

あとは金の問題だ。
お前だけならともかく、シルフィも一緒となると無理だ。

by パウロ・グレイラット『無職転生』TVアニメ4話

パウロは頭ごなしに否定するのではなく、理由を述べています。
パウロの子育ても成長しています。

ルディはパウロが冷静に理由を説明してくれたのに感謝しながら、逆にこの条件をクリアすればOKだと解釈

二つ目の理由に深掘りします──

「分かりました父様。では、剣術の稽古は今までどおりつけていただくとして、年齢の方は何歳ぐらいまで我慢すればいいでしょうか」
「そうだな・・・15、いや、12歳まではウチにいろ」

by 小説『無職転生』1巻

(原作情報)この世界での成人は15歳。だけど、パウロ自身12歳で家を飛び出したのは12歳。前倒ししてくれたのです。

12歳、あと5年
その間に剣術はパウロに満足してもらえるよう頑張っていく

となると、残る問題は、お金──

だから、ルディは仕事を斡旋して欲しいとパウロに頼んだのです。

原) パウロ視点

ここで、原作ではパウロ視点が描かれます

ルディの成長が早いのは分かってはいたが、あんなことを言うとは思っていなかった。

普通なら、”早くても”14、5歳
ルディはまだ7歳。

(原作情報)パウロ自身は、剣神流「上級」になった11歳の頃に家を出ることを言い出す。

パウロも周囲から「生き急ぐな」と言われていたのに。
それよりもルディは早いのです。

原) シルフィが依存症に?

パウロ視点でシルフィのことにも言及しています

実はパウロは、シルフィの父親ロールズから相談を受けていました──

先日、ロールズにも相談されたのだが、シルフィはルーデウスにべったりだ。

-中略-

このまま成長すれば、シルフィはルーデウスなしでは何もできない大人になってしまう

by 小説『無職転生』1巻

シルフィはルディに頼り切り、このままだとルディがいないと何もできない大人に・・・

ルディとシルフィの二人は、親から見るとこのように見えていたのです

更にパウロは、ルディに自分を照らし合わせます。

ルディもパウロの息子だから女好き。
間違いなくフラフラして何人もの女になびく(苦笑)。

最終的に、シルフィを選ばなかったら・・・
シルフィは立ち直れない。

可愛いシルフィを、そんな目に合わしたくない。
だから、今のうちに独り立ちさせようと言うのです!

7歳の子供相手に、何を大げさな(笑)と思いますが・・・

12歳までこの状況が続き、そのあとラノア大学で数年間。
既に、ルディに頼り切っているシルフィは、確かに依存しきってしまうかも・・・

そのために、パウロは決意したのです。

ただ、説得方法だけは思いつかないまま(苦笑)。

離別

無職転生 4話

パウロに仕事の斡旋を頼んでしばらくすると獣族のギレーヌがやってきた。
突如パウロはルディに剣を向ける。

(原作情報)パウロに仕事の斡旋をお願いしてから1ヶ月が経過しました。
(原作情報)原作では、剣の鍛錬の途中で突如パウロが豹変します。

原作では、パウロが豹変するのは剣の鍛錬中
ゼニスとリーリャが別れの挨拶をするのはアニメオリジナル

原作では、ゼニス達には、危険だから家の中にいるよう言い聞かせています。

アニメでは、戦う前にパウロがルディを放り投げる動作を追加。
ゼニス達と距離を取り、同時に試合開始の合図にしたのです。

上手い!

ルディを投げつけてから、急にゼニス達の様子が描かれなくなり不思議だったのですが、そういうことだったのです(笑)。

パウロはルディをなぜ襲った?

パウロはなぜ、いきなりルディを襲ったのか?

シルフィがルディに依存しているのは先に記載した通り

このままでは、シルフィは、ルディがいないと駄目な大人になると思い、パウロは強引にでもルディとシルフィを引き離そうと考えた。

推測

私の推測ですが、パウロは、ルディもシルフィに依存していると思っていたのではないでしょうか

ルディはシルフィの学費を自分で稼いででも、一緒に大学へ行く。

そこまで言い切られると、シルフィのためだけでなく、自分の為のように思えます。
現にシルフィの学費を稼ぐことは「僕のためになる」と言ってます。

好きになるのは良いが、この年頃で一人に依存しては、恋愛だけでなく色んな可能性を狭めてしまう。

実際、ルディはシルフィと離れない事が進路の最優先事項になっている・・・

だから、パウロは最後にルディにシルフィのことを確認したのではないでしょうか。

パウロ:シルフィと距離を置けって言われたら、どう思う?
ルディ:は?嫌に決まってるじゃないですか
パウロ:だよなあ
ルディ:なんなんですか?
パウロ:いや、何でもない。話をしたって、どうせ言いくるめられるだけだしな

by 『無職転生』TVアニメ4話

真正面から話をしても、ルディはなんだかんだと屁理屈を言うだろう。

頭ごなしに命令するのも気が引ける!?
出した結論は、実力行使!?

少しは説明する意思を見せても良かったと思うのですが、パウロなりに父親としての最善の策を取ったつもりのようです。(詳細後述)

物語的には面白いですね!

パウロは本気!?

シルフィと距離を置けって言われたら、どう思う?

-中略-

いや、何でもない。
話をしたって、どうせ言いくるめられるだけだしな。

by パウロ・グレイラット『無職転生』TVアニメ4話

突如始まる、戦闘シーン。
予想外の展開に驚きましたが、パウロとルディのガチバトル
ルディが剣だけでなく、魔法を織り交ぜて戦うのが堪りません!

パウロは本気だったのか?
原作には、判断するヒントが──

「いや、何でもない。話をしたって、どうせ言いくるめられるだけだしな」
その言葉を言った瞬間。
パウロが豹変した
素人の俺でもわかるほどに殺気をむき出しにした

by 小説『無職転生』1巻

パウロが100%力を出したかは置いといて、殺気を込め本気で剣を向けてきたのです

(原作情報)原作には後にパウロ視点もあり、パウロは「ちょっと本気出して怖がらせて父親の威厳ってヤツを・・・」と描かれています。

原作では、ルディはこのときまで対パウロ戦を想定した魔法を組み合わせての戦いが、反射的に出たと描かれてます

パウロ相手に勝機をつかむには距離を取らなくてはならない。
そのために編み出した、爆風と足下を陥没させる魔法攻撃。

だけど、パウロには片足を止めても有効ではなかった。
まだ、距離があったのに、たった一歩で肉薄するパウロ。

ルディは無様に剣を振るうが、水神流で受け流されカウンター攻撃されてしまったのです。

原) ルディ気絶後のパウロ視点

なんと、原作には、ルディ気絶後のパウロ視点が描かれてます
これはうれしい!

パウロはルディの魔法攻撃をどう思ったのか?

今日で剣術を教えるのは最後だし、ちょっと本気出して怖がらせて父親の威厳ってヤツを見せつけてから気絶させようと思ったら、すっげぇ反応速度で魔術を使いやがった。
それも攻撃としてではなく、足を止めるための魔術を中心に、だ。

しかも、全部違う魔術だった。

by 小説『無職転生』1巻

まずは、第一印象。
さすが、経験豊富なパウロ。
戦っている間、そんな風には見えませんでしたが、内心驚いていたようです(笑)。

では、剣術の三大流派の上級者であり、冒険者としての経験豊富なパウロからルディの評価は?

「さすが俺の息子だな。戦いのセンスがある」
時間にしてみれば一瞬だったが、完全な奇襲であったにもかかわらず、三歩も使った。
特に最後の一歩は、少しでも躊躇すれば、足を取られて、一気にやられていただろう。
魔術師相手に三歩だ。他に仲間がいれば、二歩目ぐらいで援護が入っただろう。あるいはもうちょっと距離があれば、四歩目が必要になっていた。
内容的には完全に負けていた
今のままどこかのパーティに放り込んで迷宮を探索させても、こいつは魔術師としてこの上ないぐらい役に立つだろう
「さすが水聖級魔術師の自信を喪失させた天才か・・・」

by 小説『無職転生』1巻

剣術においては負けず嫌いのパウロの最上級の褒め言葉
ルディは剣術は置いといて、魔術師としては一人前どころか既に優秀なのです

(原作情報)ルディを馬車へ放り込んでいるときに、シルフィが現れ、いきなり中級攻撃魔法をパウロにぶっ放します。パウロじゃなきゃ死んで程の攻撃を(苦笑)。
(原作情報)シルフィには、父ロールズが説明。

一通りのことをやり終えパウロは改めて考える。
ルディは7歳でこの強さ、次に会った時にはもっと強くなっているのでは?

パウロ自身、鍛えることにすると、ゼニスとリーリャに宣言。
その言葉を聞いた二人の辛辣なセリフが最高です(笑)。

ぜひ、原作をどうぞ!

ただ、最後に父親らしい気持ちでルディを見送っています。
今話はこれで締めましょう。

お前の行く先で起こる出来事は、きっとこの村では味わえないものだ。わからずとも、目の前の物事に対処していけば、きっとお前の力になる
だから恨め。
オレを恨み、オレに逆らえなかった自分の無力さを呪え。

-中略-

反発したけりゃするといい。
そして力を付けて戻ってこい
せめて父親の横暴に負けない程度の力をな

by 小説『無職転生』1巻

おわりに (『無職転生』4話とは)

今回は色んな意味でパウロ回。
原作を読んで分かったのは、リーリャ回でもありました。

普通のなろう系では、主人公の親が不倫の話どころか、主人公の親なんてクローズアップしても一瞬。

それを、父親の性癖までもあからさまにして、これほど生々しく描いた作品があったでしょうか?

異世界の人だって生きている。
主人公の思い通りにならないのは敵だけではない。

これぞリアリティ。

以上、TVアニメ『無職転生』第4話の感想&解説レビューでした。
最後まで読んで頂きありがとうございます。

5話のレビューも書いてます。
良かったらご覧下さい。

ではでは。

きょうのひとこと

2話でヒロインと別れる縛りでもあるのか?

関連記事

アニメ『無職転生』第5話のレビューはこちら。
無職転生 5話
アニメ【無職転生】5話 感想&解説 ジト目ロリっ娘、ボクっ子エルフ耳ときて次は...狂犬?TVアニメ『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』第5話 解説&原作補足&感想レビュー。(次話以降のネタバレなし!)アニメ各話感想に加え、アニメと原作との違い、原作ライトノベルを、コミカライズを読んで分かった情報を紹介します。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。