無職転生

アニメ【無職転生】5話 感想&解説 ジト目ロリっ娘、ボクっ子エルフ耳ときて次は…狂犬?

無職転生 5話

こんばんは。時文(@toki23_a)です。
TVアニメ『無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜』第5話、鑑賞。

なんと、ここで舞台も周囲のキャラクターも全取っ替え!?
突如連れて来られたロアの町に、念願の仕事が。

そこへ現れたのはパウロのイトコに不良お嬢様!?

就職はどこの世界でも大変なのです。

今話の疑問点 (リンクは該当箇所へ)

  • なぜ12歳までの5年間なのか 
  • フィリップは7歳相手になぜ娘がたぶらかされると思った?
  • 暴力を振るわれても諦めなかったのはなぜ?
  • ルディの作戦とは?
  • 乗合馬車をなぜ知っていたのか?
  • ルディは花火で攻撃するつもりだった?

原作情報と、私なりの解釈を含め、順に解説します。

原作でしか描かれてないこと (リンクは該当箇所へ)

  • 「剣王」の位とは
  • 剣王ギレーヌの剣術指導の講師料 
  • 家庭教師の成功報酬
  • パウロの女性の好み
  • ギレーヌから見たルーデウスの強さ

原作、コミカライズからポイントを紹介します。

ここでは、以下の観点でレビューします。

アニメ各話「紹介・感想」

コミカライズ・原作を読んで分かった新情報を加味して「解説

私は原作未読です。
アニメ鑑賞後、原作・コミカライズの”アニメ化済み時点まで“を読み、レビューを作成しています。

次話以降のネタバレは「なし」なのでご安心ください。

無職転生(分割2クール)各話リスト

話数 サブタイトル コミカライズ 原作巻数
第1話 無職転生 1巻
1巻
第2話 師匠
第3話 友達
第4話 緊急家族会議
2巻
第5話
お嬢様と暴力
2巻
第6話 ロアの休日

※リンクは各話レビューへ

今回のあらすじ

無職転生 5話
あらすじ

舞台は城塞都市ロアへ。
ルディは、パウロの従兄弟で、町長のフィリップ・ボレアス・グレイラットの元へ。

そこで、フィリップの娘・エリスの家庭教師の職を紹介される。

が、エリスは凶暴で手を付けられなかった。
ルディは一計を案じるが・・・

物語の舞台は、麦畑が広がるブエナ村から、フィットア領最大の町「城塞都市ロア」に

シルフィの学費を稼ぐため、仕事を斡旋して欲しいとパウロに願い出たルディ
紹介された仕事は、凶暴なお嬢様の家庭教師

初対面で、年下というだけで叩く。
叩き返されると逆上し、馬乗りになって7歳の子供の顔面を叩きのめす。

エリスの凶暴さは異様。
トラウマなくても恐怖。

ルディは一計を案じるも、恨みを持つ輩に利用され命の危険にさらされる。

油断も隙もないのは、この町が危険なのか、ボレアス家が狙われているのか。
それとも、エリス自身の身から出た錆なのか・・・。

主人公は、一度死んでるからこそ分かる、死の恐怖。

一人ではどうしようもない。
自分の未熟さをエリスだけでなく”ルディ”も思い知る──

では、今話を振り返っていきましょう。

感想&解説レビュー 第5話「お嬢様と暴力」

馬車と手紙と乳猫様

パウロに気絶させられたルディが目を覚ますと馬車の中。
獣族ギレーヌに預けられた手紙によって、パウロの目的が明らかに。

真面目な性格なのか、パウロの冗談を真に受ける獣族ギレーヌ。

短気で血の気が多そうな剣士。
怖い印象ですが、ルディの言う事を聞く素直なところもあります。

原作の手紙はもっと長く、パウロとギレーヌの関係が見えてきます
乱暴だけど純粋なギレーヌの性格を一瞬で見抜き、コントロールするルディが小賢しい(笑)。

物語に関係しそうな箇所だけ取り上げます。

原) 学校には「来ないでくれ」!?

アニメでは、パウロは「お嬢様の家庭教師」としか伝えておらず、フィリップは呆れます

が、原作では、パウロの手紙にもう少し説明があります──

『さて、お前の仕事だが、フィットア領で一番大きなロアという都市に住むお嬢様の家庭教師だ。算術、読み書き、あと簡単な魔術を教えてやってほしい。すっげーワガママなお嬢様で、学校から来ないでくれと頼まれたぐらい乱暴だ。今まで何人もの家庭教師を返り討ちにしている・・・が、お前ならなんとかできると信じている』
なんとかって、丸投げかよ・・・。

by 小説『無職転生』1巻

アニメで、これまで家庭教師が逃げ出したのは知ってました。
なんと、学校から「来ないでくれ」とまで言われていたのです

エリスの父は町長、祖父は領主。
にも関わらず、「来ないでくれ」と言うのは余程ですね(苦笑)。

そこまでを分かっていて、ルディにこの仕事を紹介したのです。

「剣王」の位とは

無職転生 4話

そいつは剣王だ。
剣を習うなら、それ以上の適任は見つからない

腕は保証する。
父さんは一度も勝ったことがない・・・ベッドの上以外ではな。

by ルーデウス・グレイラット『無職転生』TVアニメ4話

アニメでは説明はありませんが、なんか凄そうな「剣王」という呼び名。
剣術三大流派の上級であるパウロが、一度も勝てないのだから、相当の腕前なのでしょう。

(原作情報)原作ではパウロは「これからルーデウスはあの剣王ギレーヌから英才教育を受ける」とビビってます(笑)。

原作では、城塞都市ロアに着いてから言及されています──

彼女の名前はギレーヌ・デドルディア。
剣神流七階位の上から3番目、剣王の位を持つ凄腕の剣士で、これから赴く先で俺に剣を教えてくれるという約束になっている。

by 小説『無職転生』2巻

「剣王」とは、攻撃重視の剣神流の上から3番目の位。

これほどの腕前の剣士を用心棒に雇うのは、それだけ物騒なのでしょうか・・・

原) ギレーヌの講師料

無職転生 5話

そこにいるのは、その家の用心棒、兼、剣術の師範だ。
お前に剣を教える代わりに自分も一緒に習いたいと言いだしたらしい。

by ルーデウス・グレイラット『無職転生』TVアニメ5話

前話ラスト、ギレーヌが言った「明日からよろしく頼む」
ギレーヌから剣を教わり、反対に家庭教師をすることに対してだったのですね。

◇◇◇◇◇

パウロは師匠として、ルディに剣の鍛錬は続けさせたい。
途中で放り出したくはなかった。

エリスの家庭教師をやるにしても、剣術がおろそかになってはいけない。
剣術を教える事ができるギレーヌがいて丁度良かったのです。

しかしタダで教えてもらうわけにはいかない。
ギレーヌがエリスと一緒に学びたいのは、パウロ達にとって渡りに船だったのです

原作には言及されています──

『物覚えは決してよくないだろうが、講師代が浮いたと思えば、悪い話じゃないだろう』

by 小説『無職転生』1巻

ギブ&テイクというわけですね!

となると、気になるのは、ギレーヌの講師代──

「ギレーヌに剣術を習うと、普通はどれぐらいのお金取られるんですか?」
「月にアスラ金貨2枚だ」
金貨2枚!!

by 小説『無職転生』1巻

アニメだけだと、この世界の貨幣価値は分かりません。
原作では、相場も紹介されています。

ロキシーが俺の家庭教師を受け持つのに、月にアスラ銀貨5枚だったはずだ。
ざっと4倍か。なるほど、確かに悪い話じゃないかもしれない。
ちなみに、一人頭のひと月の生活費はアスラ銀貨2枚程度だとか。

by 小説『無職転生』1巻

ロキシーの家庭教師代の4倍の料金を、ルディが算術、読み書き、魔術を教える事によりチャラに。

だから、悪い話ではない、というわけです。

(原作情報)ちなみに、お嬢様の家庭教師の報酬は「月にアスラ銀貨2枚」。家庭教師の相場よりは安いが、子供の小遣いとしては多いようです。

なぜ12歳までの5年間なのか?

お前はこれから12歳までの5年間。
その家で読み書き、算術および簡単な魔術を教える事になる。

by ルーデウス・グレイラット『無職転生』TVアニメ5話

なぜ、12歳までの5年間なのか

前話、パウロがルディの大学行きを許可しなかった理由の一つに「まだ幼い」というのがありました。

アニメではカットされていますが、原作では年齢をハッキリさせています。

「分かりました父様。では、剣術の稽古は今までどおりつけていただくとして、年齢の方は何歳ぐらいまで我慢すればいいでしょうか」
「そうだな・・・15、いや、12歳まではウチにいろ」

by 小説『無職転生』1巻

詳細は4話レビューをどうぞ。

原) 家庭教師の成功報酬

ルディが仕事をする目的は、シルフィのラノア大学の学費代のため

家庭教師の給料で、学費代を稼ぐことができるのか?

ラノア大学の学費は幾らなのか分かりません。
が、後半、使用人トーマスのセリフから「入学金」はアスラ金貨10枚程度

ルディの家庭教師の給与は月銀貨2枚。
5年間で計算してみました(笑)。

家庭教師の総収入

アスラ銀貨月2枚×12ヶ月×5年
=アスラ銀貨120枚
アスラ金貨12枚

稼いだお金を、全て貯金したとして、ちょうど「入学金」一人分ですね(苦笑)。
ちょっと厳しくないですか・・・

と思っていたら、原作では、その他の報酬がパウロの手紙に記載されていました──

『そして、5年間、投げ出すことなく見事にお嬢様に読み書き・算術・魔術を教えきった暁には、特別報酬として、魔法大学の学費二人分に相当する金額が支払われる契約になっている

by 小説『無職転生』1巻

なんと、5年間きっちり家庭教師の職を果たせば、特別報酬が払われる契約なのです!

毎月の給金は関係ないのです。

アニメでも描かれた
城塞都市ロアに着き、フィリップとの会話で出たセリフ──

5年間、ここでお嬢様に勉強を教えれば、魔法大学への入学金を援助してもらえると

by ルーデウス・グレイラット『無職転生』TVアニメ5話

このセリフは、そういう意味だったのです。

これなら、納得。
ルディが、暴れん坊に逃げずに努力したのが理解できました。

(原作情報)パウロの手紙には、給金は町で使って、金の使い方を覚えるように指示されています。

アニメで、パウロの手紙を読むシーンが丁寧に描かれているだけに、それが「手紙の全て」だと思ってしまいますね(苦笑)。

多少カットするのは、尺の関係上、致し方ないこと。
本サイトで、少しでもフォローできれば幸いです。

町長フィリップ・ボレアス・グレイラット

無職転生 5話

パウロの従兄弟で、城塞都市ロアの町長、フィリップ・ボレアス・グレイラット。
ルディの職は、フィリップの御令嬢エリスの家庭教師だった。

(原作情報)城塞都市ロアは、フィットア領最大の都市です。
(原作情報)ブエナ村とロアの町は、馬車で1日の距離。時間にして6、7時間程度。

7歳の子供に、たぶらかす?

ずいぶんとできたことを言うね。
かわいい娘が、たぶらかされないか心配だよ。

by フィリップ・ボレアス・グレイラット『無職転生』TVアニメ5話

エリスは9歳。
7歳の男の子が、9歳の女の子をたぶらかす!?

フィリップは冗談で言ったのか、本気でそう思ったのか、アニメでは良く分かりませんでした

原作では、フィリップが発言した理由を説明しています──

「でも君、パウロからの手紙では、村で女遊びが激しすぎるから隔離したって書いてあったんだよ?冗談だと思ってたけど、さっきの作戦を聞いたらあながち嘘でもないんじゃないかと思ってね・・・」

by 小説『無職転生』2巻

なんと、あのバカ親父・・・失礼。
パウロは、ルディとシルフィの関係をそんな風に伝えていたのです(笑)。

だから、フィリップは「心配」と言ったのです。
まあ、半分冗談でしょうけど(笑)。

「さっきの作戦」とは、エリスを誘拐する芝居のこと。
原作では、エリスに会う前に、対策があると話します。(後述)

これまでに5人以上解雇

うちの娘は少ーしだけ、ワガママでね。
ごく一部以外の人間に懐かないんだ。

by フィリップ・ボレアス・グレイラット『無職転生』TVアニメ5話

これまでどれだけの家庭教師が逃げ出したのか・・・

原作には、もう少し説明がありました──

「今のところ、あの子が気に入った教師は礼儀作法のエドナと、剣術のギレーヌだけだ。今までに5人以上解雇している。そのうちの一人は王都で教鞭をとっていた男だ」

by 小説『無職転生』2巻

エリスが気に入ったのは、ギレーヌを含めて2人だけ・・・
勉強を教える家庭教師は5人以上試したが、ダメだったということか。

いくら、パウロが「ルディは優秀だ」と推したとしても。

大人の教師でダメなのだから、年下のルディに期待しないのも分かります。
普通の7歳の子にできるような仕事ではありません。

だから、フィリップは期待をしていなかったのです──

君にも期待はしていない。
パウロの頼みだから試してみるだけだ。

by フィリップ・ボレアス・グレイラット『無職転生』TVアニメ5話

原) パウロは大きい子にしか興味なし

フィリップはルディと親族なのに、アニメだと少し冷たい印象。

原作では、一応、ルディの心配を親身に聞いてくれます。
娘のことだけは譲れない感じでしょうか。

原作では、パウロの話題になり、ルディはシルフィのことを心配します。
5年も放っておいたら、パウロが手を出すのではないかと──

「安心しなさい。パウロは大きい子にしか興味がないからね
フィリップはそういいつつ、部屋の隅にいるギレーヌに目を向けた。
「・・・ああ、なるほど」
チラリと振り向いて、ギレーヌを見ると、確かにでかい。
思い返せば、ゼニスもリーリャも大きかった。

by 小説『無職転生』2巻

なるほど、パウロは大きい子にしか興味がなかったのです!
背丈のことではないですよ、最後まで言わなくても分かりますよね(笑)。

だから、ロキシーは対象ではなかったのです(笑)。

令嬢エリス・ボレアス・グレイラット

お嬢様エリスは、ルディを見るやいなや生意気と頬を叩き、叩き返すと、殴り返してくる始末。

エリスはケンカ慣れしてる?

無職転生 5話

これで人に殴られる痛みが分かりました・・・(殴られる)か?

by ルーデウス・グレイラット『無職転生』TVアニメ5話

ルディが叩き返し「ぺちっ」って音だったのは、ルディが叩き慣れてないから。

だけど、お嬢様は違う。

年下だろうと関係なし!

ルディが叩いた次の瞬間、ためらうことなくルディの顔面にグーパンチ
大の字に倒れたルディに更に追い打ち。

動けないよう、マウントポジションを取り、足でルディの両腕を押さえる抜け目なさ

頭に血が上っても、体の動きは狡猾です!

エリスは剣術を習っているようだが、格闘も習っている!?
女の子、いや、お嬢様だけどケンカ慣れしている!?

ルディの中身は精神年齢、通算40歳超え。
10歳に満たない女の子にビビる(笑)。

「歳は関係ない」、恐いモノは恐いのだ(笑)。

(原作情報)原作では、もっと長い時間追いかけ回されます。ルディは3年前から走り込み体力に自信がありましたが、エリスに追い詰められ、自信を打ち砕かれます。

再挑戦とひと芝居

エリスに殴られたルディは、なんとか逃げ切った。
ルディは、エリスに自発的に勉強したくなるよう、ひと芝居打つことを提案する。

ここで諦めたら、殴られ損!

フィリップ:どうする?諦めるかい?
ルディ:諦めません。

by 『無職転生』TVアニメ5話

圧倒的な暴力を振るわれ、前世でイジメられたトラウマがよみがえるのかと思いましたが、ルディはしっかり否定する。

原作の心情描写を読んでも、前世のイジメは既にトラウマではないようです。

殴られている時、殺されるかもしれないと思った。逃げている時は泣きそうだった。
そんな風に思ったのは久しぶりだ、けれど喉元過ぎればなんとやら、久しぶりにということは、以前にもあったということだ

トラウマといえるほどでもない。

by 小説『無職転生』2巻

確かに、殴られている時は恐怖を感じたが、すぐに回復。
以前のトラウマなんて、ないのです。

それどころか、力強く答えています。

「じゃあ、諦めるかい?」
「諦めませんよ」
まだ、何もやってないじゃないか
これで引き下がったら、殴られ損だ

by 小説『無職転生』2巻

まだ、エリスに対して、何も手を施してないというのだ。

なんとも、負けん気の強さ、男の子らしくなりました!
#中身は40歳オーバーですが・・・

治癒魔法だけは無詠唱できない

治癒魔術だけは、しゃべらないと唱えられないんだ。

by 前世の男『無職転生』TVアニメ5話

凶暴なお嬢様に、ボコボコにされたルディ。
治癒魔法を掛けたのか、戻ってきたときには顔はキレイな状態に。

だけど、ルディは治癒魔法だけは無詠唱できない。
口に出さないと治癒できないのだ。

つまり、喋れないほどケガを負えば、治癒できないということですね

エリスに顔を殴られ、唱えられない姿を想像したのです。

策は、すでに練っていた?

ひと芝居打ってみては、どうでしょう?
お嬢様に自発的に勉強をしたいと思わせるんです。

by ルーデウス・グレイラット『無職転生』TVアニメ5話

魔術でこらしめることはできるが、それではエリスは言う事を聞かないだろう。
それどころか、復讐を考えるタイプ(苦笑)。

力でねじ伏せてはダメなのだ。
エリス自らが変わらないと。

そこでルディは一計を案じるが・・・
原作では、エリスに会う前に、既に思いつき、フィリップに話してました

パウロの手紙に「お嬢様が学校に来ないでくれと言われるほど乱暴」だと記されていたからです。

「ひと芝居」の内容は──

「僕がお嬢様と一緒にいるところを、当家の息のかかった者に誘拐させます。僕は読み書き、算術、魔術を駆使してお嬢様と共に脱出し、自力で館まで帰る、って感じですかね」

by 小説『無職転生』2巻

アニメや漫画でよくあるパターン(苦笑)。
#ルディもそう思ってます

そのアクシデントをわざと起こさせ、勉強の大切さをエリスに教えるというのです。

生前に比べれば、ずっとマシ

生前みたく、殴られて、叩き出されるのは、もう嫌だ。
失敗は許されない。

by 前世の男『無職転生』TVアニメ5話

直近のエリスに殴られたことを言っているように見えますが、違います。
アニメだけだと少し分かりにくいですね。

主人公は何と何を比較しているのか──

前話ラスト「パウロに気絶させられ、家を追い出された」ことと
前世ラスト「兄弟にボコボコにされ、家を追い出された」ことを比較

原作では、あの時に比べれば、今回はずっとマシだと言っているのです。

「とはいえ、生前のあの時に比べれば、マシだ」
殴られて叩き出されるという過程は同じだ

けれど、今回は違う。路頭に迷うことはない。
あの時とは雲泥の差だ。
パウロはきちんとフォローしてくれている。仕事も用意してくれたし、寝る場所だってある。

by 小説『無職転生』2巻

同じ「家を叩き出される」にしても、パウロはルディのことを思ってロアに送り込んでいるのが分かるのです。

だから、ルディは歯を食いしばって、頑張れるのです!

原) お嬢様「籠絡作戦」

アニメだけだと、一体どういう過程で拉致されたのか分かりません。

原作にも拉致されるシーンは描かれてませんが、作戦が紹介されていました。
これはうれしい!

お嬢様を籠絡ろうらくするための作戦は、以下の通りである

1.お嬢様と一緒に町の服屋へと赴く
2.お嬢様はヤンチャなので一人で店の外へと出たがる
3.いつもは護衛のギレーヌは付いてくるが、今回は『偶然』目を離していて、お嬢様は外へ出る
4.俺が付いているが、所詮は喧嘩でぶちのめしたばかりの年下の小僧。お嬢様も気にしない
5.お嬢様は俺を子分のように引き連れて、どんどん町の端の方へと移動していく(どうやら冒険者に憧れているらしい)
6.そこに、グレイラット家の息がかかった人さらいが登場
7.俺とお嬢様を簡単に昏倒させて、隣町へと拉致監禁
8.魔術を使って監禁場所を脱出
9.隣町だということをどこかで察知する
10.パンツの中に隠したお金を使って、乗合馬車に乗る
11.家に帰り着く、お嬢様を偉そうに説教

by 小説『無職転生』2巻

作戦と言うより、小芝居、なんとも中二病・・・
いや、意外と細かいところまで想定していたのですね(苦笑)。

ルディが目が覚めたのは、作戦の7番まで進んでいたのです

前日、あれだけやり合ったお嬢様と、服屋へ行っていたのですね。
てっきり、寝ている間に拉致されたのだと思ってました(笑)。

その他、アニメ鑑賞時、いくつかあった疑問点が解けました!

別の町へ連れ去られるのは予定通り

7.俺とお嬢様を簡単に昏倒させて、隣町へと拉致監禁

by 小説『無職転生』2巻

監禁場所から脱出後、ロアの町まで順調だったのは、元々の作戦が隣町に監禁される計画だったのです。

だから、ルディは落ち着き、ロアへ戻る手段の予想ができていたのです。

金も準備

10.パンツの中に隠したお金を使って、乗合馬車に乗る

by 小説『無職転生』2巻

アニメ鑑賞時、一番疑問だったのは、金もないのにどうやって馬車に乗れたのか。

謎が解けました。

最初から、乗合馬車を利用する計画だったので、事前にお金を用意していたのです

魔術、読み書き、算術の大切さを教える

暴力では何も解決しないことを教えるだけではない。
魔術、読み書き、算術の大切さをエリスに教える作戦。

魔術を使って、拘束された縄を解き、監禁場所から脱出
文字が読めることで、監禁された場所を特定し、ロアへ帰る乗合馬車を見つける
算術ができることで、手持ち資金でロアまで帰る

お見事!
というか、細かい!(笑)

芝居ではなく本物?

無職転生 5話

エリスに勉強の大切さを教えるために、ルディはひと芝居打つ。
が、犯人役の男は、本物の人さらいだった。

本物と気づいたのは会話から

芝居のつもりが、本物になってしまうのは、アニメや漫画の世界ではよくあるパターン。

仕掛けたルディが、うろたえることなく、すぐに認識を改め方向修正したのはいいですね!

この世界での経験値と言うより、前世でフィクションの知識からでしょう。

原作では、芝居ではないと確信を得るのに、もう少し時間がかかっています。

(原作情報)原作では、エリスを治癒魔術で一度完全回復させますが、また大声を出して、1回目以上の暴力を受けます。なので、声を出さないよう、次は半分しか治癒しませんでした。
(原作情報)2回目の暴力でお嬢様は瀕死状態。これはさすがにやりすぎだと、ルディは男達を疑います。

ルディは、男達の会話を聞いて確信します。

もう少し、彼らの会話を聞きたかった。
どうにも話と違う。いくらなんでもお嬢様をあれだけ痛めつけるのははりすぎだ。

「で、例のヤツに売っぱらうのか?」
「いや、身代金にしようぜ?」
「足がついちまわねえか?」
「構わねえだろ。そんときゃ隣国だ」

本気で売っぱらおうとしているような会話が聞こえてくる。

by 小説『無職転生』2巻

お嬢様をこらしめる作戦が、どこかで歯車が狂った。
ルディは確信したのです。

鉄格子をどう外したのか

それでは僕は死にたくないので、逃げます。
さよなら。

by ルーデウス・グレイラット『無職転生』TVアニメ5話

窓の頑丈な鉄格子を、あっさり取り外すルディ。
壁を溶かしたような描写でしたが、どんな魔術を使ったのか。

原作には──

鉄格子の周囲の土を水の魔術で少しずつ溶かし、鉄格子をまるごと外すことに成功した。

by 小説『無職転生』2巻

アニメの建物はレンガできているような見た目でした。

レンガは粘土や泥を焼き固めたもの。
原作通りだと、レンガを水で溶かしたという感じでしょうか・・・

いや、アニメの描写だとレンガを「分解した」「砂に戻した」という感じですね!

地味なシーンでしたが、かっこいいです!

(原作情報)原作では、男達が部屋に簡単に入ってこれないよう、扉の隙間を埋め、ドアノブが回らないよう溶接します。芸が細かい!

お嬢様と逃走

監禁場所から逃げ出したルディとエリス。
二人は見つからないよう、城塞都市ロアへ向かう。

(原作情報)隣町には馬車で3時間はかかります。
(原作情報)原作では、予定外の二つ隣の町へ連れられ、乗合馬車二つを乗り継ぎ、宿泊までしないといけなくなり、持ち金がギリギリでした。

乗合馬車を知っていたのはギレーヌのおかげ

前世の知識があったとは言え、ルディはブエナ村を出たのは初めて。
城塞都市ロアに来たのは昨日。

町と町の移動に乗合馬車を使うのを、ルディはなぜ知っていたのか?

実は、ルディが馬車でギレーヌに連れられて、城塞都市ロアに入った時、ギレーヌが教えてくれました。

「あれは乗合馬車の待合所だ。普通は町から町に移動するのにはああいうのを使ったり、行商人にいくらか金を掴ませて乗せてもらうのだ」
ギレーヌはそれからも、店を一つ一つ指さしては、あれは武器屋だ、あれは酒場だ、あれは冒険者ギルドの支部だ、あれはいかがわしい店だ、などと教えてくれた。
彼女は強面だが、親切だった。

by 小説『無職転生』2巻

『無職転生』は、伏線の出し方がさり気なく絶妙ですね。

剣VS魔術、そして花火

無職転生 5話

城塞都市ロアに着き一安心。
ところが、人さらいはここまで追ってきていた。

(原作情報)原作では、ロアに到着したのは朝から昼にかけて。
(原作情報)原作では、使用人トーマスはルディ達の前に姿を現しません。

引き込もうとしたのは、雇われの身と知ったから

お前、思ったより魔術が使えるみたいだな。
こっちにつけよ、分け前をやろう。

by 人さらい『無職転生』TVアニメ5話

この世界では、買収は日常茶飯事なのか?
お嬢様を必死に守ろうとするルディを、なぜ買収できると思ったのか?

アニメ鑑賞時、少し違和感がありました。

原作を読んで、買収した理由が判明。

「てめぇ、クソガキ、妙に落ち着いてやがると思ったら護衛の魔術師だったのか・・・。どうりで簡単に逃げ出されたわけだ、クソッ、外見に騙されたぜ!魔族だったか!」
護衛じゃないですよ。まだ雇われてはいません
魔族でもないが、こっちは別に訂正しなくてもいいか。
「なにぃ?じゃあなんで邪魔しやがる」
「いや、これから雇われる予定なんで」
「ヘッ、金目当てか?」
金目当て。
魔法大学の学費を稼ぐためだし、間違っちゃいないな。
「否定はしません」
そう言うと、乱暴者はニヤリと口元を歪めた。

by 小説『無職転生』2巻

「まだ雇われてないけど、今後のために助ける」などと正直に言ったものだから、悪人が買収しようとしたのです(笑)。

(原作情報)ルディを魔族と思ったのは、幼いのに落ち着き払って、魔術を使いこなしていたから。魔族の中には、年を取っても子供の姿の種族がいるようです。

花火で攻撃するつもりだった!?

金じゃ”デレ”は買えないんです!

by ルーデウス・グレイラット『無職転生』TVアニメ5話

今回の見せ場の一つ、ルディの魔術による花火!

でも、疑問に思ったのは、ルディは人さらいに向けた攻撃魔法を上に放った。
なら、元々ルディは花火で人さらいを攻撃するつもりだった!?

原作にはその答えが!

「なら、こいつは人質だ!まずはそのファイアーボールを空にでも向かって撃つんだな

-中略-

普通に消せとは言わないんだろうか。いや、知らないのかもしれない。
詠唱魔術ってのは、発射までが自動的だしな。
魔術をきちんと学んでない者は、そのへんの詳しいことはわからんのだろう。
「了解」
俺は発射する前に、魔力を操作して火球をいじった。
火球の中にもう一つ、特殊な火球を作る
そして発射。

by 小説『無職転生』2巻

剣の腕は立つようだが、魔術には詳しくない人さらい。
一度、作った火球は放たないといけないと思っているらしい。

だから、空へ向けて放てと言う。
ルディは、この火球で、上空へ意識を向けさせようと考える。

ルディは、花火で攻撃しようとしたのではない。
機転を利かせ、上空へ放つ前に、攻撃魔法を花火に切り替えた
(恐らくこの世界では誰も見たことのない)花火を打ち上げ、隙を作ったのです。

北神流は死ぬ寸前まで諦めない

ルディは、花火で男達が怯んだ隙に、走りながら魔法を構築。
土の中級魔術「ストーンキャノン」

お嬢様を”お姫様だっこ”して、風と火の混合魔術で足元に爆発波を発生させ、空中に飛び上がる。

(原作情報)剣はルディがいた場所をかすめますが、パウロほどのスピードではないとルディは感じてます。

ルディは空中からファイアボールを発射。
男が対処しようとしている間に、足元に泥沼を発生させる。

粘着性の高い泥で、男の動きを止めた!

よし勝った!

by 前世の男『無職転生』TVアニメ5話

剣は届かなければ、怖くはない。
足を止めれば、こちらには近寄れない。

(原作情報)原作では朝から昼間にかけての出来事なので、このまま人混みに紛れようと考えます。

と思った瞬間。
男が剣を投げてきた──

やぶれかぶれじゃない、パウロが言っていた。
北神流には剣を投げる技があると。

by 前世の男『無職転生』TVアニメ5話

剣はまっすぐ向かってきた。
避けられないと悟った──

── 死 ──

目の前にあったのは、背中だった。
広くたくましい背中だ。見上げれば、耳の生えた後頭部があった。
ギレーヌ・デドルディアであった。
彼女はちらりとこちらを見ると、小さく頷いた。
「あとは任せろ」

by 小説『無職転生』2巻

ギレーヌかっこいい!

男共を始末した後、ギレーヌは、ルディに忠告します。

「-略- ところで、ルーデウスは、北神流と戦うのは初めてか?」
「殺し合い自体が初めてですよ」
「そうか。奴らは死ぬ寸前まであきらめん、注意しろ

by 小説『無職転生』2巻

この世界は、剣と魔法の世界。

なまじ魔法で治癒できるだけに、息の根を止めないと、反撃される可能性が。

ゆえに、剣は一撃必殺。
敵と見なせば、容赦なく殺す。

北神流は、死ぬ寸前まで諦めない。
負けが確定しても、最後まで相手を倒そうとする。

ここは、そういう世界なのです。

原) ギレーヌ視点

原作では、この時のルーデウスの戦いを後にギレーヌが評価しています

ギレーヌのルーデウス評

最初に出会った時は、なんとも頼りない少年だと思った。

それを執事が金欲しさに利用したと聞いたが、あたしが現場に着いた時、ルーデウスは執事の雇った男二人と対等に渡り合っていた。まがりなりにも片方は北神流の上級剣士だったというのに、二つの魔術を使い分け、あるいは合体させ、実にユニークな戦い方で圧倒していた
まだ子供なせいか詰めが甘かったが、あの歳であの戦闘センスは天性のものだ

by 小説『無職転生』2巻

(原作情報)アニメでは、ギレーヌはパウロとルーデウスの戦いを見ていますが、原作では見ていません。
原作で、ギレーヌがルーデウスを初めて見たのは馬車の中、既にルーデウスは気絶していました。

エリスを拉致した男の一人は、なんと北神流の”上級剣士”!

上級剣士と言えば一流。
そんな男相手にルーデウスは、渡り合っていたのです。

その上ギレーヌは、自分ともいい勝負をすると言っています──

このあたしでも、100メートル以上離れた位置から戦いを始めたら、敗北もありうる。

by 小説『無職転生』2巻

ある条件下で戦えば、剣王ギレーヌに勝つほどの実力がある!?

さすがにそれはちょっとそれは買いかぶり過ぎでは?と思うのですが(苦笑)。
それほど剣王ギレーヌの戦いは圧倒的でした。

確かに7歳の子供が、上級騎士といい勝負をしていれば、期待をしてしまうか。

いや、ギレーヌは年齢関係なく強さを評価している様子。
ルーデウスの戦闘センスは相当なものなのでしょう。

早くその実力を存分に発揮して欲しいものです!

失敗と成功

すんでのところで、ギレーヌに助けられたルディとエリス。
今回の首謀者を捕らえ、ようやく帰路に就いた。

ルディはなぜ失敗と思ったか

失敗か。
まあ、失敗だよな。

策におぼれて、結局、ギレーヌに助けられたんだ。
どうしようもない。

by 前世の男『無職転生』TVアニメ5話

エリスは、家に着くまで大人しくしていた。
魔術が便利、算術や読み書きも役立つことは身をもって分かったはず。

だけど、なぜ、ルディは失敗したと思ったか──

お嬢様は俺の方をビシッと指さして、大音声で言った。
「家に帰るまでって約束だったんだから!もう喋ってもいいわよね!」
「ああ、はい。もういいですよお嬢様」
俺はその大声を聞いて、失敗したのだと直感した

あの程度のことで、このワガママで凶暴な子が変わるわけもない。
むしろ、殺し合いで、俺の方がブルってしまった。お嬢様はそれを察したのかもしれない。偉そうにあれこれと言っていたが、俺はやっぱり弱いのだと。

by 小説『無職転生』2巻

お嬢様が家に着いた途端、以前と変わらぬ態度と大声で話しだしたので、懲りておらず考えは変わらないと判断したのです。

魔術、算術、読み書きが大事と言いながら、最後は”強い”ギレーヌに助けられたわけですからね。

たとえ魔術ができても死んでしまっては元も子もない。

結局、今回の作戦は、強さが一番だということを知らしめることにもなったのです

それに、下手な小芝居で、お嬢様を危険な目に遭わせてしまった。
「策士策に溺れる」とはこのことか。

ところが、思いがけない、お嬢様からのお言葉──

特別にエリスって呼ぶことを許してあげるわ!
特別なんだからね!

by エリス・ボレアス・グレイラット『無職転生』TVアニメ5話

世間知らずで、ムチャクチャ乱暴で、プライド高く、意地っ張り。
ルディを殴っても謝るどころか悪びれもしない。
助けても当然のごとく、礼も言わない。

こんなお嬢様の家庭教師なんて、みんな逃げ出して当然。
投げ出すのが当たり前。

だけど、ルディは簡単には投げ出すことができない事情があった。

いや、それだけじゃない。
作戦は、策に溺れたが、個々の対応は良かった。
何よりエリスを助けるために真正面から敵に向かっていった。

ギレーヌが来なければ死んでいた?

いいえ。
ルディでなかったら、ギレーヌは間に合わなかった。
ルディがいなかったら、間違いなくエリスはさらわれていた。

きっと、お嬢様は感謝していると思いますよ。
まあ、花火に強い興味を持ったのが決め手の気もしますが・・・

おわりに (『無職転生』5話とは)

パウロの強引なやり方で、城塞都市ロアへ送り込まれたルディ。

無理やり、シルフィと引き離されたにも関わらず、意外とあっさりとした主人公。
シルフィへの優先度が高くなっていた自らを認め、今はこれでいいと切り替える。

前世では34歳、働いた経験なし。
実質、40歳、職歴なし。

「金を稼ぐ」と決めた時。
これまで積み上げたものをリセットし、新しい環境に放り込まれる。

伸び悩んでいた主人公には、ちょうど良い。

まあ、想定以上の危険な目にあいましたが、ルディは初めての就職面談&実地をクリアし、合格したのです。

初就職おめでとう!

◇◇◇◇◇

城塞都市ロアに着いてからは、原作2巻に突入。
アニメは、原作小説1冊を4話で映像化。

1クールで3巻進むペースでしょうか。
今話放送時、原作は24巻まで刊行されているので、まだまだ先は長くたっぷりあるので楽しみですね。

以上、TVアニメ『無職転生』第5話の感想&解説レビューでした。
最後まで読んで頂きありがとうございます。

6話のレビューも書いてます。
良かったらご覧下さい。

ではでは。

きょうのひとこと

使用人なのに、ルディが魔術師と知らなかったことで救われた

関連記事

アニメ『無職転生』第6話のレビューはこちら。
無職転生 6話
アニメ【無職転生】6話 感想&解説 狂犬エリスを手なずけ信頼させる過程が見ていて楽しTVアニメ『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』第6話 解説&原作補足&感想レビュー。(次話以降のネタバレなし!)アニメ各話感想に加え、アニメと原作との違い、原作ライトノベルを、コミカライズを読んで分かった情報を紹介します。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。