無職転生

アニメ【無職転生】6話 感想&解説 狂犬エリスを手なずけ信頼させる過程が見ていて楽し

無職転生 6話

こんばんは。時文(@toki23_a)です。
TVアニメ『無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜』第6話、鑑賞。

小さな暴力は多々あったが、珍しく大きな変化や、もめ事もない回。

だけど、この世界の常識、城塞都市ロアの町並み。
作品の奥行きを感じさせます。

日常回だけど、気になる単語がたっぷり!
ルディと一緒に勉強しましょう!

今話の疑問点 (リンクは該当箇所へ)

  • 誘拐事件の目的は何だったのか
  • 嫌がってるなら「魔術」だけで良いのでは?
  • 明日の授業の準備とは?
  • この世界に休日はない? 
  • ルーデウスのメモをエリスが読めなかったのは? 

原作情報と、私なりの解釈を含め、順に解説します。

原作でしか描かれてないこと (リンクは該当箇所へ)

  • 「ニャン」をやめさせる!?だと
  • 脳筋ではない!?理論派だ!
  • 魔人ラプラスは倒されてない!?

原作、コミカライズからポイントを紹介します。

ここでは、以下の観点でレビューします。

アニメ各話「紹介・感想」

コミカライズ・原作を読んで分かった新情報を加味して「解説

私は原作未読です。
アニメ鑑賞後、原作・コミカライズの”アニメ化済み時点まで“を読み、レビューを作成しています。

次話以降のネタバレは「なし」なのでご安心ください。

無職転生(分割2クール)各話リスト

話数 サブタイトル コミカライズ 原作巻数
第1話 無職転生 1巻
1巻
第2話 師匠
第3話 友達
第4話 緊急家族会議
2巻
第5話 お嬢様と暴力
2巻
第6話 ロアの休日

※リンクは各話レビューへ

今回のあらすじ

無職転生 6話
あらすじ

エリスの家庭教師として働くことになったルーデウス
エリスギレーヌに読み書きと算術、そして魔術を教え、ギレーヌからは剣術を教わる日々。

しかし日々勉強ばかりで、ついにエリスは限界に・・・

狂犬お嬢様エリスに、勉強の大切さを教えようとひと芝居打った前回
ちょっと懲らしめるつもりが、本物の誘拐を誘引する大ごとに

誘拐事件は未遂に終わり、エリスに認められたのか。
晴れて家庭教師の職に就いたルーデウス。

今回は、言う事を聞かないお嬢様に、手を変え品を変え勉強させる日常回。

お嬢様だけでなく、エリスの祖父・領主もなかなか個性的。
“超”血の気の多い人達の中、なんだかんだ上手くやってるルーデウスの適応力の高さ。

さしずめ「父様、母様、ルーデウスは元気にやってます」という感じでしょうか(笑)。

それでも、町中を通じて世界観や貨幣相場をさり気なく見せるのがいい感じ。
気になるセリフや単語もチラホラ出てきました。

  • グレイラット家の血筋
  • 公にできないルディの存在
  • 400年浮いている空中要塞
  • 甲龍王ペルギウス
  • 魔人ラプラス

今回、詳細は説明されませんが、早く知りたい!

が、まずは今話を振り返りましょう。
しっかり読むと『無職転生』の世界をより知ることができますよ。

感想&解説レビュー 第6話「ロアの休日」

誘拐事件の後日談

誘拐事件は未遂に。
今回の事件は表向き、ギレーヌが全て解決したことに。
ルーデウスの存在を他のグレイラット家に知らせないためだと言う。

(原作情報)誘拐事件を表向きギレーヌが解決した等の対応ができたのは、フィリップが町長だからです。

誘拐犯の目的は?

無職転生 5話

エリスお嬢様には、行ってもらわねばならない所があるのです。

-中略-

私は散々そこの娘からひどい目に遭わされましてね。

by 使用人トーマス『無職転生』TVアニメ5話

誘拐犯の荒くれ者を手引きしたのは、使用人トーマス
トーマスの目的は何だったのか?

アニメのセリフから推測するとエリスへの「復讐」「逆恨み」。

では「行ってもらわねばならない所があるのです」とはどこへ?

原作にはヒントが。
そして、もっと下品な目的が・・・

誘拐事件の裏で糸を引いていたのは、執事のトーマスだった。

彼はならず者の言っていた変態貴族と繋がりがあった。
変態貴族は前々からお嬢様に目をつけており、あの勝ち気で生意気な野獣を思うさまに蹂躙したいと思っていたらしい。
トーマスは金に目がくらみ、変態貴族の用意した二人の男を作戦に組み込んだのだ。

by 小説『無職転生』2巻

主犯は変態貴族。
エリスは、以前から変態貴族に目をつけられていたのです

使用人トーマスは金に目がくらみ、誘拐に荷担。

ルーデウスのひと芝居は、機会を与えてはしまったが、本当の原因ではない。
だから、それほど咎められなかったのです。

ちなみに、その変態貴族はどうなったのか?

変態貴族の名は出てきませんが、シラを切り通し、罪に問われません。

ならず者の男二人は死んでしまった。
使用人だけの証言では、証拠不十分だったのです。

グレイラット家の血筋

では、なぜルーデウスまで、さらわれたのか?
アニメ同様、原作でもさほど語られません。

グレイラット家の血筋ともなると、いろんな使い方があるんだよ
政治的にも肉体的にも、ね

by フィリップ・ボレアス・グレイラット『無職転生』TVアニメ6話

原作も同じ内容です。

さらにこんなことまで──

俺の存在を、他のグレイラット家に知られるのはまずいらしい

by 前世の男『無職転生』TVアニメ6話

ルーデウスの存在を、公にしてはダメなのではなく、”他のグレイラット家”に知られるのがまずい!?

これも原作では、現時点では、これ以上語られません。

グレイラット家で争いでもしているのでしょうか?
まだまだ謎だらけですね。
早く知りたい!

領主サウロス・ボレアス・グレイラット

無職転生 6話

エリスの祖父、フィットア領主のサウロス。
エリスを助けたルーデウスに礼を言い、エリスに魔術を教えてやってほしいと頼む。

(原作情報)原作の祖父サウロスの初登場シーンは、ルーデウスがボレアス家に訪れた初日。

一つずつ、正していこう

まあ、エリスとそっくり。
エリスがあんなのになったのは、この人のマネじゃないのか?

by 前世の男『無職転生』TVアニメ6話

ルーデウスはすぐに気づきます。
エリスの横柄な態度、すぐに暴力を振るうのは、祖父サウロスが甘やかしたせいでないか

全てではないかもしれないが、大きな影響を受けているのではないか。

子供は大人のマネをする。
サウロスの他人を見る目や態度は、エリスそっくり。

いや、逆ですね。
エリスが祖父サウロスのマネをしているのです。

この時、決心します。
原作には心情描写が──

俺にエリスをまともに育てる義理はないが、今のままではまともな授業にはなるまい。
目に付くところから、ひとつずつやっていくべきだ。

by 小説『無職転生』2巻

そう決心したので、エリス本人に頭を下げさせたのです。

それはエリス様本人が、僕に言うべきかと。

た、頼み事をしたいけど、頭を下げるのは嫌。
そんな大人に育てるおつもりですか?

by ルーデウス・グレイラット『無職転生』TVアニメ6話

あれだけ威圧感のあるサウロスに対し、堂々とよく言えたものです。
大した男ですね、主人公。

原作では、他にも「扉を勢い良く開ける」のもやめさせるべきと考えてます。
お嬢様ですからね(笑)。

ボレアス流挨拶「頼みごと」

エ、エリスに魔術を教えてくださいニャン。

by エリス・ボレアス・グレイラット『無職転生』TVアニメ6話

これが、ボレアス家の正式な物の頼み方!?

ボレアス家は獣族好き。
だから、髪の毛を耳のようにして、獣に模して頼むのが正しい頼み方!?

(原作情報)ギレーヌも獣族。サウロスの鶴の一声で採用されたとあります。
(原作情報)ルーデウスはグレイラット家はパウロ含め、こういう趣向を持つ人の集まりだと理解します。同時に、パウロが一番まともだと安心します(笑)。
(原作情報)ちなみに、男がお願いする時は・・・このお願いの仕方はしなくていいそうです。

原) ボレアス流挨拶をやめさせる

それが人にものを頼む態度かー!

by ルーデウス・グレイラット『無職転生』TVアニメ6話

エリスの頼み方に呆れたルーデウス。

主人公の好みとしては、この系統は好きだと思ってました。
ギレーヌを初めて見たとき興奮してましたからね(笑)。

まあ、ポーズ云々ではなく、可愛くないので食指が動かないのでしょう。

原作では、なんとこの後、ルーデウスがこの頼み方をやめさせます!

俺はこの習慣を、やめさせる!
「それが人にモノを頼む態度か!!」
俺の大音声が館に響き渡った。
その後、長時間にわたる大演説を開始。
最終的には熱意は通じ、このボレアス流の「頼みごと」は全面的に廃止となった

by 小説『無職転生』2巻

ルーデウスがこの頼み方をやめさせようと思ったのは、おかしいからだけではありません

可愛いはずのポーズなのに、エリスの迫力で全然可愛くない。
エリスの表情は、「怒り8、屈辱2」そして「照れ0」。

屈辱で我を忘れ、祖父サウロスがいなければ、殴りかかってきそうな様子。

エリスに頼み事をされる度に怒りと屈辱を味わわせ、殴られては堪らない。
いや、エリス自身が嫌がっているのではないか。

ならば、廃止するべきだと「あのサウロス」相手に説得をしたのです。
ルーデウス凄い!

後に、あのサウロスに言い返し、挨拶を廃止したことをギレーヌは感心しています。

しかし──

最終的には熱意は通じ、このボレアス流の「頼みごと」は全面的に廃止となった。

ギレーヌからはお褒めの言葉を預かり、そしてエリスからはなぜか冷たい目で見られた

by 小説『無職転生』2巻

エリスは喜んでない!?
怒りと屈辱の表情でしたが、気に入っていたのでしょうか?(笑)

家庭教師1ヶ月

無職転生 6話

ルーデウスがエリスの家庭教師を始めて1ヶ月。
エリスは「魔術」の授業は受けるが、それ以外の授業は逃げた・・・

家庭教師は魔術だけで良いのでは?

エ、エリスに魔術を教えてくださいニャン。

読み書き、算術もいらないニャン。
魔術だけでいいニャン。

by エリス・ボレアス・グレイラット『無職転生』TVアニメ6話

エリス自身、ルーデウスに頼んだのは「魔術」だけ。
読み書き、算術は、本人はイヤだと言っているのだから、魔術だけで良いのでは?

と思っていたのですが、原作で言及されていました──

魔術の授業を聞いてくれるなら、魔術だけでいいじゃないかと思う。しかし、フィリップは、算術や読み書きも教えろと言ってくる。魔術と同じぐらい教えろと言ってくる。
「むしろ魔術より、そっちの方が重要だよ」とのことだ。
ごもっとも。

by 小説『無職転生』2巻

生徒ではなく、雇い主のフィリップが算術と読み書きを教えるよう言っていたのです。

雇われの身としては、従わざるを得ませんね(苦笑)。

パンツに手をかけたのはお仕置き!?

家庭教師を始めて1ヶ月。
エリスが授業を聞いてくれない。

諭そうとしても逃げ出す
捕まえようとすると殴ってから逃げ出す
追いかければ、戻ってきて、もう一度殴ってから再度逃げ出す

読み書きと算術となるといつもこうだ。

by 前世の男『無職転生』TVアニメ6話

原作を読むと、これまでの家庭教師も、授業を受けさせるのに苦労したようです。

エリスは授業をサボり、隠れる。
見つけると、もれなく叩きのめされる。

(原作情報)中には、エリスを叩きのめした教師もいたようです。が、夜に木剣を持ったエリスに寝込みを襲われ全治何ヶ月かのケガを負って退職しました。暴力で押さえつけられるのはギレーヌほどの強さがないと不可能という結論。

ルーデウスは、授業を受けさせるために、見つけないといけない
が、見つけると殴られる

いっそのこと、もう一度誘拐させようかと考える。
懲りない子にはお仕置きだ。

そう考えていた時に、天使のような寝顔のエリスを見つけたのです。

悪い子はパンツを脱がされてもしょうがないぞ。

by 前世の男『無職転生』TVアニメ6話

これはお仕置きだった!?

いや、寝ている間にやっては、「しつけ」にはならないのでは・・・
いや、起きている間にやっても、「しつけ」というより犯罪ですが・・・

子供だからと大目に見られていますが、中身が40歳のおっさんだと知られると完全な犯罪ですね(苦笑)。

まあ、パウロのリーリャ夜這いの扱いといい。(4話)
おおらかな世界、時代設定なんでしょう。

ギレーヌと冒険者

エリスを席に着かせる策が尽きたルーデウスはギレーヌに助けを乞う。
ギレーヌに、読み書き、算術の必要性を諭してもらうのだ。

なぜギレーヌに頼んだか?

どうしようもない、ギレーヌに助太刀願おう。
彼女ならエリスの扱い方にも心得があるだろう。

by 前世の男『無職転生』TVアニメ6話

ギレーヌは寡黙。
決して、言葉巧みに、誰かを説得するタイプではない。

なのに、なぜルーデウスはギレーヌに頼んだのか?
原作にその答えが──

俺はギレーヌに助けを求めた。
パウロに脳みそまで筋肉と言われたギレーヌ。彼女が算術や読み書きを習う理由を語れば、きっと説得力も高いだろう。彼女の言葉ならエリスも聞いてくれるだろう。
という安直な考えのもとだ。

by 小説『無職転生』2巻

なるほど!

ギレーヌもこれまで、算術、読み書きが苦手で嫌いだった
そんなギレーヌが、なぜ習いたいと思ったかを知れば、エリスもやる気になるだろうと考えたのです

ちなみに、ルーデウスがギレーヌに頼むシーン。
涙を流していますが、あれは「水魔術」を使ってます(苦笑)

冒険者パーティ「黒狼の牙」

昔は、剣さえあればいいと思っていた。

パーティ名は”黒狼の牙”。

メンバーは6人。
剣士2人、戦士とシーフ。
それに僧侶に魔術師が、それぞれ1人ずつ。

by ギレーヌ・デドルディア『無職転生』TVアニメ6話

ギレーヌの冒険者パーティ「黒狼の牙」は6人。
そこにパウロとゼニスが入っていたのです。

パウロとギレーヌが剣士。
ゼニスがヒーラー担当の僧侶。

ルーデウス:もしかして、そのパーティに父様や母様も?
ギレーヌ:ああ、もう7年も前になるな。

by 『無職転生』TVアニメ6話

7年前、ルーデウスが生まれた頃。
つまり、パウロとゼニスは、結婚してパーティを抜けたのです。

結局、二人が抜けたことでパーティは解散したと原作では語られています。

原作では、剣士と戦士の違い、シーフとは等、もっと詳しく説明されます。
エリスは、目を輝かせながらギレーヌの話を聞きます。

(原作情報)その後、エリスは授業に出るようになります。授業中にギレーヌの話が聞けるのが面白いのが理由のようですが・・・

剣術授業

無職転生 6話

剣術は、ギレーヌが先生で、エリスとルーデウスが生徒。
ギレーヌの指導は的確だった。

ルーデウスの剣術は成長している?

考えるのか考えないのか、どっちなんだよ。

by 前世の男『無職転生』TVアニメ6話

アニメだけだとルーデウスはエリスにやられてばかりで、剣術の腕前が上がっているのかよく分かりません。

原作を読むと、ギレーヌの指導は的確で、実戦形式の対戦は技術向上に役立っているようです。

ギレーヌは教師としても優秀だった。
ギレーヌは逐一、俺の悪い部分を指摘し、助言をくれる。

パウロも指摘はくれたが、ここが悪い、あそこが悪いと言うだけで、どうすればいいのかは教えてくれなかった。

by 小説『無職転生』2巻

パウロの剣術鍛錬とは違い、ギレーヌの指導をルーデウスは実感しています。

だが、この一ヶ月で自分の腕が格段に上がっていることが実感できた。
エリスという、同じぐらいの相手がいるのもよかった。
何事もそうだが、自分と同格がいるというのは、成長に拍車を掛ける。
同じぐらいといっても、エリスの方が若干ながら上だが、その差はパウロやギレーヌと比べるが微々たるもの。
相手が何をしているのかわかるレベルだ。

by 小説『無職転生』2巻

エリスという、体格も腕前も少し上の対戦相手がいて、より実践的な練習ができることに満足しています。

いい環境ですね。

原) ギレーヌは理論派

ギレーヌはあまり話さないので、剣技においても感覚派だと思ってました。

が、先のギレーヌの指導の仕方。
ギレーヌはパウロと違い、剣術を理論立てて理解し、強くなったのです

エリスは感覚派がなぜ悪いのか質問し、ギレーヌが答えます──

「悪くはない。だが、才能があっても頭を使わなければ強くなれないし、人にもうまく教えられん」
「どうしてうまく教えられないのよ?」
「自分がやっていることを理解していないからだ。そして、全てを理解していなければ、より難しいことはできん」

by 小説『無職転生』2巻

なるほど。
さすが剣王ともなると言う事が違います!

ギレーヌを見直しました。
パウロが言うような”脳筋”なんかではありません、理論派です!

教育方針と休日

無職転生 6話

エリスが授業を聞くようになった。
そう思った矢先、エリスの様子がおかしかった・・・

(原作情報)原作では、半年ほど経過しています。半年間休みがなかったのですね(汗)。

翌日の授業の準備

ハァ・・・毎日疲れるー
でも明日の授業の教材、作らないと。

by ルーデウス・グレイラット『無職転生』TVアニメ6話

明日の授業の準備とは、一体どこまで準備をしているのか。

原作には詳細が書かれていました──

一日が終わると、俺は与えられた自室で翌日の授業の準備をする。
主に算術用の練習問題と、読み書き用の書き取りの作成。
それと魔術教本を読んでの予習だ。

by 小説『無職転生』2巻

なんと、教材は全てルーデウスの手作り。
教科書は存在しないのです。
本は貴重だから教科書はないにしても、学校はあるのだから、教材はあるのかと思ってました。

ルーデウスは、教える内容に沿ってエリスとギレーヌの進捗を考慮しながら、スケジュールまで考えていたのです。

魔術は楽勝だと思っていたら、無詠唱できるので、詠唱呪文を覚えてない。
教えるために、自分が予習しないといけないのです。

(原作情報)ルーデウスも使った「魔術教本」はエリスもギレーヌも持っており、それを使って授業をしています。

原) この世界に休日はない?

失念していた。
そうだ、休みがない。

by 前世の男『無職転生』TVアニメ6話

原作では、家庭教師を始めてから半年経過しています。
半年間休みなしで毎日勉強し続けていた?

この世界に休日はないのでしょうか?
原作に答えが──

ちなみに、この世界にも歴はあり、何月何日という概念はある。
しかし、一週間というものは存在しない。
年に何度か、休息日とかいうのがあるらしいが、日曜日というものは存在しない。

by 小説『無職転生』2巻

この世界には、規則的な休日の考えがなかったのです。

言われてみれば、ルーデウスはブエナ村でも毎日、剣術と魔術を鍛錬していた。
ただ、日課をこなせば、あとは自由という感じ。

全く1日、勉強や鍛錬をしないという日がなかったのです。

城塞都市ロアへ来ても同様。
エリスの機嫌が悪いのはストレス。
そう思ったルーデウスは、1週間に1日の休息日を作ります。

(原作情報)ルーデウスは、父フィリップに許可を得ます。礼儀作法を教えている、もう一人の家庭教師、そして剣術を教えるギレーヌとも、授業のスケジュールを調整します。フィリップとは授業数が減っても、給料は減らないよう交渉しています。

(原作情報)ギレーヌは休日という概念を理解できませんでした。ただギレーヌは護衛なので、今まで通りエリスの側にいることで問題なし。つまり剣術の授業だけ休みにしたのです。

こうして”ルーデウス”は、休みを得たのです

初めての休日

初めての休日、ルーデウス達は町へ出かけることに。

(原作情報)城塞都市ロアはこの辺りでは一番大きい。とは言え、外壁を一周2時間程度で回りきれるほど。

エリスにとって初めての休日!?

早く!早く行きましょう!

by エリス・ボレアス・グレイラット『無職転生』TVアニメ6話

楽しそうなエリスお嬢様。
そんなに町へ出るのが嬉しいのかと思ったら──

最初の休日がきた。
俺はフィリップに一言挨拶してから、町中へと出かけることとする。
すると、なぜか入り口にエリスとギレーヌが待ち構えていた。
「どこに行くのよ!」
初めての休日ということで、お嬢様は何やらそわそわしていた
丸一日空くのは初めてらしい

by 小説『無職転生』2巻

なんと、初めての休みでソワソワしていたのです
それもそのはず、丸一日空いたのは初めてだったのです。
この辺は9歳の女の子ですね!

原作では、ルーデウスが町へ行くと知り、一緒に行くと決める(笑)。
ルーデウスが許可すると、嬉しそうに支度をするエリス。
このやりとりもアニメで見たかった!

文字が読めないのは日本語だから

無職転生 6話

何よ、その文字!読めないじゃないの!

by エリス・ボレアス・グレイラット『無職転生』TVアニメ6話

ルーデウスのメモを覗きこむエリス。
エリスが読めなかったのは、ルーデウスが日本語でメモしていたからです
エリスが文字を習い立てだからではありません。

原作には、はっきりと描かれています──

ちなみに、メモは日本語で書いてあった。
「メモだから俺が読めればいいんですよ」

by 小説『無職転生』2巻

アニメでも本屋のシーンで、ルーデウスのメモが一瞬写ります。
日本語の走り書きが見えますね。

小遣いを与える意味は?

まあ、お小遣いをもらえるように、帰ったらフィリップ様に頼んでみましょう。

by ルーデウス・グレイラット『無職転生』TVアニメ6話

エリスは、ルーデウスに感謝をしているのか、ルーデウスが欲しがる物を買い与えようとする。

ルーデウスは本は欲しいが、エリスを甘やかしてはいけないと我慢する。
偉い!

中身はアラフォーなんだから、それ位の我慢は当然と言えますが(笑)

お小遣いの話を持ち出した訳は。
エリスは、ギレーヌやルーデウスのように働いてお金を稼ぐわけにはいかない。
そもそもお嬢様だから稼ぐ必要もありません。

では、自分で自由に使えるお金がない、ということになってしまう。
だからお小遣いをもらえるよう、父親に頼むことにしたのです。

ま、お金を与えず、欲しいものを与えるってのも、また甘やかしだからな。
ちょっとだけお金を与えて、お金の使い方を学ばせたほうがいいだろう。

by 小説『無職転生』2巻

エリスにお金の使い方を学ばせるために、お小遣い案を申し出たのです。
ルーデウス、エリスのことをよく考えていますね。

“甲龍王”ペルギウス

あれは、甲龍王ペルギウス空中要塞だ。

by ギレーヌ・デドルディア『無職転生』TVアニメ6話

空に浮かぶ巨大な城。
ルーデウスはこの世界に来て7年になるのに、見たのは初めて。
#引きこもってたから?いや庭に出てましたよね??

エリスも周囲の人々も驚いていないので、見かけるのは珍しいことではないのでしょう。

原作には少し気になる描写が──

「ペルギウスって?」
「知っているだろう?」
聞いたことがある気がするが、思い出せない。
「なんでしたっけ?」
ギレーヌが、ちょっと驚いた顔をして、言葉を選んでいる
と、エリスが俺の前に出てきて、腕組みで仁王立ちした。
「私が教えてあげる!」

by 小説『無職転生』2巻

ギレーヌは「ルーデウスはペルギウスのことを知っていて当然」という認識です

過去に何かあったのか?
それともパウロ達冒険者時代に何かあったのか?

いや、400年前の話だから、人族の寿命では生きてない。
グレイラット家と関係があるのか?

まだまだ謎ですね。

原) 魔人ラプラスは倒されてない!?

ペルギウスって言うのはね、魔人ラプラスを倒した三英雄の1人よ。

by エリス・ボレアス・グレイラット『無職転生』TVアニメ6話

エリスでも知っている、甲龍王ペルギウスに魔人ラプラス。

ルーデウスは思い出します。
家にあった5冊の本の1冊が『ペルギウスの伝説』(1話)

原作では、ルーデウスは館へ戻ってから、本を探し自分で読みます。
その内容は1ページに渡って紹介されますが、関係してくればアニメでも説明されるでしょう。

ここでは気になることだけ──

これらの異名を持つ最強の使い魔を操り、古の空中城塞『ケィオスブレイカー』を復活させ、ラプラスとの決戦に臨んだ。しかし、力は一歩届かず、ラプラスを完全に消滅することはできず、封印するに留めるという結果に終わった

-中略-

『甲龍王』ペルギウスは、王として君臨も統治もすることなく、ただ空中城塞で世界中の空を飛び回っているらしい。
その真意を知る者は、誰もいない。

by 小説『無職転生』2巻

アニメで、エリスは「ラプラスを倒した」と言っていました。
が、正確には完全に消滅させたわけではなく封印するに留まっていたのです

この状況下、甲龍王ペルギウスは空中要塞で世界中を飛び回っている。
何かありそうですね!

ルーデウスはここまで理解した上で言ったのです──

ラプラスとの戦争とやらが終わって400年。
ずっと浮いてるのか。

てか、そのペルギウスってのは、本当に生きているんだろうか?

でも、いつか行けるといいな。

by 前世の男『無職転生』TVアニメ6話

この流れだと、甲龍王ペルギウスは何か目的があって、世界中を飛び回っている。

400年となると、今も生きているのか、誰かが引き継いでいるのか・・・

主人公が「いつか行けるといいな」ということは、いつか行く伏線?(笑)

ファンタジーっぽくなってきました。
ワクワクしますね!

媚薬はアニメオリジナル

おおお、お嬢様、なぜにこれを!?

by ルーデウス・グレイラット『無職転生』TVアニメ6話

エリスが媚薬を買って、ルーデウスにプレゼントしたのはアニメオリジナル

(原作情報)原作でも、町で媚薬を見かけはします。

なので、媚薬を落として割ってしまうのもアニメオリジナル。

100万円相当の媚薬を無駄にしてしまい、悔しがるルーデウス。
治癒魔術で元通りにすることはできないのでしょうか?(苦笑)。
#木は修復できても、無機物はダメなのでしょうか?

にしても、小遣いで買ったと言うことは、小遣い100万円!?
それをルーデウスのために使っちゃった!?

いい子なのか、金銭感覚がおかしいだけなのか・・・(苦笑)

おわりに (『無職転生』6話とは)

乱暴どころか狂犬のようなお嬢様、エリス。
前話の出会いでは一体どうなるのかと思いましたが、ルーデウスは上手くやっています。

前世で引きこもっていたとは思えない程のコミュニケーション能力と忍耐力。

原作では、週に一度の休日を作るために、3人の大人と交渉します。
もう一人の家庭教師から、エリスのことをとても考えていると感心される始末。
実際には自分も休みたいという下心はありましたが(苦笑)。

異世界ファンタジー作品なのに6話になっても冒険は始まらず。
ちゃんとした敵も出てこない。

なんてことない日常を見ているだけで楽しい。
丁寧に作られているので、新しい世界を見られるだけでワクワクしてしまうのです。

願わくは、このまま平和な生活がずっと・・・

以上、TVアニメ『無職転生』第6話の感想&解説レビューでした。
最後まで読んで頂きありがとうございます。

次話のレビューも書く予定です。
良かったらまたお越し下さい。
最新情報はTwitter(@toki23_a)にて!

ではでは。

きょうのひとこと

9歳の女の子に100万円の小遣いはダメ!
媚薬を売るのはもっとダメ!

関連記事

アニメ『無職転生』第7話のレビューはこちら。
無職転生 7話
アニメ【無職転生】7話 感想&解説 見捨てない、粘り強さと優しさがエリスを大人へと成長させるTVアニメ『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』第7話 解説&原作補足&感想レビュー。(次話以降のネタバレなし!)アニメ各話感想に加え、アニメと原作との違い、原作ライトノベルを、コミカライズを読んで分かった情報を紹介します。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。