無能なナナ

アニメ【無能なナナ】4話 感想&解説レビュー 人畜無害で癒やし系キャラ…だけど敵!?

無能なナナ 4話

こんばんは。時文(@toki23_a)です。
TVアニメ『無能なナナ』第4話、鑑賞しました。

今回は治癒能力者、ヒーラー登場!

能力者は全て人類の敵。
人畜無害で癒やし系キャラでも暗殺の対象なのか!?

では、TVアニメ『無能なナナ』第4話の感想&解説レビューをどうぞ。

原作未読組ですが、アニメ鑑賞後、原作該当部分を読んでレビュー作成。
ここでは、以下の観点でレビューします。

アニメ各話「感想・解説」

鑑賞後、原作を読んで分かった「新情報」

次話以降のネタバレは「なし」なので安心して下さい。

無能なナナ(全13話)各話リスト

話数 サブタイトル 原作巻数
第1話 無能力 1巻
第2話 時間遡行
第3話 能力者VS.無能力者
第4話 ヒーリング 2巻
第5話
第6話
3巻
第7話
第8話
第9話
第10話 4巻
第11話
第12話
第13話

※リンクは各話レビューへ
※サブタイトルは能力者の情報が含まれているので次話以降の記載を控えます

今回のあらすじ

無能なナナ 4話
あらすじ

キョウヤ暗殺は失敗。
ナナは、キョウヤに疑いを持たれてしまう。

友達にからかわれていた犬飼ミチルを助けるナナ
ミチルの治癒能力を当て込み、ナナは「人類の敵」の被害者を装う。

キョウヤを混乱させ、かつクラスの信頼を得てナナはリーダーに選出。
計画は順調に見えたが──

前話、初めて暗殺に失敗したナナ
不老不死だから仕方ないとは言え、観察力と推理力のあるやっかいな相手に疑惑を持たれてしまう

不老不死の代償を見つけるまでは、キョウヤの疑いを逸らしながら暗殺し続ける展開か。

そこで、ナナが考えたのは3つ。

ナナの今話の目的

  1. 「人類の敵」がいることを皆に認識させる
  2. 自身が「人類の敵」の被害者となり、容疑者の対象から逃れる
  3. クラスのリーダーになる

目的達成のためには、犬飼ミチルの存在が最適だったのです。

では、今話を振り返っていきましょう!

感想&解説レビュー 第4話「ヒーリング」

学校 教室 犬飼ミチル

無能なナナ 4話

キョウヤの暗殺は失敗。
キョウヤは敵にやられたと言い、周囲に敵の存在を匂わせる。

そこへ、騒がしい友達と犬飼ミチルが教室に。
ミチルはナナの足のケガを見て、能力で癒やすのだった。

ナナの行動に矛盾が!

前話、キョウヤの暗殺に失敗したナナ。
ナナも失策を認めています──

能力もつかまずに仕掛けたのは失策だった

by 柊ナナ『無能なナナ』TVアニメ4話

キョウヤの能力が不明だったので、仕掛けて能力をあぶり出すしかなかったナナ。
だから「仕掛けた」ことは間違ってません。

ナナの失敗は、ガス爆発直後に校務員室に近づいたこと、キョウヤが出てきた瞬間、声をかけてしまったこと。

そして、キョウヤの不老不死を見て驚いてしまったこと──
明らかに驚きすぎです(苦笑)。

お前さんは友達だし、遠くで俺の心の声が聞こえて駆けつけたというのなら納得しよう

-中略-

でも、死ぬほど驚いているのはなぜだ?

心が読めるのに知らなかったのか?
俺が不老不死であることは。

by 小野寺キョウヤ『無能なナナ』TVアニメ3話

爆発直後に駆けつけたタイミング、炎に巻き込まれているのがキョウヤだとすぐに分かった訳

ガス爆発を仕掛けた犯人でないと言うなら「キョウヤの心を読んだ」と言うしかない。

では、心が読めたなら、なぜ「不老不死」であることを知らなかったのか?

キョウヤはその矛盾を突いたわけです。
これがミステリー物なら、決定打ですね(苦笑)。

キョウヤは敵の存在を明らかに

モグオ:昨日の小屋の火事、お前の火遊びのせいだって?

キョウヤ:俺じゃない、”敵”にやられたんだ

by 『無能なナナ』TVアニメ4話

(原作情報)原作では「タバコを吸って」火事になったと言われます。

昨日の小屋の火事だけでなく、中島、渋沢の二人が学校へこなくなった理由を、キョウヤは”敵”が絡んでいると言う。

ナナの優位性は「身近に殺人鬼などいない」と思われていること。(3話)

キョウヤが「敵にやられた」と主張し、近くに”敵”がいると噂が広まる
クラスメイトに犯人がいるのではと警戒されると、ナナは動きにくい

その前に、敵は外(生徒以外)だと思わせる。
噂になっている「人類の敵」が最適。

そこでナナは「人類の敵」がいると一芝居打っていくのです。

治癒能力でも暗殺対象!?

人のケガを治すというから、もしや善人かと思ったが、しょせん化け物は化け物か。

by 柊ナナ『無能なナナ』TVアニメ4話

治癒能力を持つ犬飼ミチル登場!
治癒能力なのに、推定殺害人数は15万人以上!?

まさかミチルは治癒能力以外にも能力があるのか??

推測

ミチルが直接ではなく。
ミチルに治してもらった能力者が、殺害した人数を含んでいるのかも。

委員会は、能力者ではなく人間。
「推定殺害人数」は過去の能力者の分析から導き出した数字なのでしょう。

同じような能力であっても、能力者の性格で殺害人数なんて変わってくると思いますが(苦笑)。

能力者の恐怖をあおるため、委員会の”都合の良い”数字だと思ってます私は(苦笑)

むしろ、暗殺ミッション、ナナ曰く”討伐”においては、瀕死の敵を救われてしまうのが厄介

討伐の邪魔になるので、抹殺しなくてはならないと考えるのは同意です。

学校 花壇 (ミチル/ナナ)

無能なナナ 4話

ミチルへのラブレターはイタズラ。
見抜いていたナナは、仕掛けた二人をバラし、ミチルを助ける。

ナナはなぜ見抜けた?

ミチルへのラブレターをイタズラだと見抜いたナナ。
ナナはあの一瞬で、どうして見抜けたのでしょう?

ちるちゃん好きです。
年前からずっと。クラスの違う僕は、毎朝花壇に通う君を
眺めのを楽しみにしてました。
きょう勇気を持って告白します。
放課後はいていますか?
僕はずっと課後、あの花壇で待っています。

by 『無能なナナ』TVアニメ4話

ラブレターには、隠しメッセージが仕込まれていました。

1行目から1文字ずつズラして読むと「みちるのあ放(あほう)」と読めますね

一見、何の変哲もない文章。
ナナが一瞬で見抜けたのは、なぜでしょうか?

2行目が一番分かりやすいですね。
「1年前」ではなく「いち年前」と書いていること

簡単な漢字にもかかわらず「ひらがな」で書く
ここに違和感を感じたら、暗号を読み解けます。

#4行目の「今日」をひらがなで書いたのは、「は」を4文字目にする数合わせ。

教室で放った、ナナの一言──

くだらない

by 柊ナナ『無能なナナ』TVアニメ4話

は、イタズラだと分かり、バカバカしく思った上での一言なのです。

ミチルはチョロイ?

友達だと思っていた二人に、からかわれていたと知り、落ち込むミチル。
ナナはミチルを食事に誘い、親しくなっていく。

『無能なナナ』は、展開早いですが、クラスメイトがナナに心を許すのも早い(笑)。

メインがサスペンスで、テンポを優先すると仕方ないですね(苦笑)。

いや、ここは、ナナのコミュニケーション能力が高いと思っておきましょう!

寮 ナナの部屋 (ナナ/キョウヤ)

ミチルの能力を分析するナナ。
ミチルを殺すなら舌が届かない背中を刺すのが有効。

キリを持ち出し部屋を出ると、そこにはキョウヤがいた──

何気に凄い治癒能力

皮膚や筋肉、その奥の内臓から流れ出た血液も含めて、あらゆる損傷が回復する。

by 柊ナナ『無能なナナ』TVアニメ4話

舌で舐めれば表面的な傷だけでなく、筋肉や内臓や血液まで治療できるとは!
単純な能力だが、戦闘時には有効な能力。

病気は治せないのでしょうか?

それと、序盤に教室で言われていた「能力を使うと寿命が縮まる」。
代償をもっと知りたいですね。

キョウヤは寝なくてもいいのか・・・

俺は寝ないでも死なない

by 小野寺キョウヤ『無能なナナ』TVアニメ4話

不老不死だから寝なくても死なない!?

「不死」だから、寝なくても死なないのは分かりますが、眠くはなるのでは??
それとも不死だから、疲れない?疲れないから眠くならない??

なんにしても、人を攻撃することはできなくても、日常生活でも充分役に立つ能力ですね。
羨ましい・・・

やはりキョウヤは年を取っている

お前さん方は、俺にとっては子供みたいなものだ。

by 小野寺キョウヤ『無能なナナ』TVアニメ4話

ナナたちを子供みたいなものだと言い切るキョウヤ。
やはり、キョウヤは見た目以上の年を取っているようです。

作品の設定では(今の所)、同じ能力を持つ人はいない。
となると、キョウヤの妹は不老不死ではない

では、行方不明になった妹は、かなり年が離れていたのか?
それとも、行方不明になったのは何十年も昔の話なのか?

キョウヤのことも早く知りたいですね!

寮 ミチルの部屋 (ナナ/ミチル/キョウヤ)

無能なナナ 4話

ナナは、ミチルの部屋で自分の背中を刺し、人類の敵に襲われた芝居をする。

無茶な作戦(苦笑)

部屋で寝ていたら、窓の外から”敵”の声が聞こえまして。
外に出たら、その声がミチルちゃんを狙っていると気付きまして・・・
私、いてもたってもいられなくて。

by 柊ナナ『無能なナナ』TVアニメ4話

なかなか無茶な作戦。

窓の外から”敵”の声が聞こえ、窓から外へ出たのは、なんとか分かります。
キョウヤに声をかけなかったのも、気が動転してたのでしょう。

が、気が動転していた割には、わざわざ「靴を履き」窓から出て、わざわざ「窓を閉めて」、ミチルの部屋の扉を開け、わざわざ「扉を閉めて」いった。

不自然だらけな行動。

そして、一番の不自然さはナナは「寝ていた」のに「制服」だったこと
ミステリー物なら、外へ出ることが分かっているから着替えなかったと突かれる所(笑)。

ミチルはともかく、キョウヤをよく騙せたものです(苦笑)。

いや、正確にはキョウヤを騙せてませんね。
ナナを疑ってはいるが、ナナの目的や動機が思い浮かばないので、結論づけられないのです。

にしても、ナナの大胆さはお見事!
キョウヤが部屋の前にいるからと言って、諦めるのではなく、攻めていく展開は楽しい。

その勢いに押され、ツッコミを忘れてしまいます(笑)。

目的は2つ 疑いを晴らし、人類の敵の顕在化

突っ込み所はあれど、ナナが無茶をしたのには理由がある!

キョウヤ暗殺を失敗。
不老不死の代償も分からず、殺す方法が不明。
キョウヤを始末するのは、その方法が分かるまでは保留。

ならば、キョウヤの疑いを逸らさなくてはならない。

そして、キョウヤがあちこちで言い始めた中島や渋沢の死。
今後、討伐するにあたって、生徒の死を隠し続けるのは難しい。

ならば別の敵を作り上げればいい、「人類の敵」を現実の物とすればいい

この発想は上手い!

「誰も見たことない」「姿も見えない」のは、ちと都合が良すぎますが・・・
“何か”いると信じてくれれば疑いの目を逸らせる。

ついでに、ナナ自らが被害者となり容疑者から逃れ、ミチルを体を張って助けた勲章まで得たのです

お見事!

学校 教室

無能なナナ 4話

「人類の敵」に襲われたナナ。
キョウヤは人類の敵の存在を疑うが、ナナ自演説も動機が思い浮かばなかった。

クラスは人類の敵に対し、新たなリーダーが必要となり、ミチルが推すナナが新たなリーダーに選ばれた。

鋭いキョウヤ!

敵の姿は見えなかったんだな?

変な話だが、敵は何がしたかったんだろうな?

なぜ標的を犬飼にしたのか。
透明な姿で音もなく忍び寄れるというのに、なぜ俺達が駆けつけたくらいで逃亡したのか

下手したら、あの場に集まった皆が殺されていてもおかしくはない

by 小野寺キョウヤ『無能なナナ』TVアニメ4話

教科書によると「人類の敵」は、人間を食べるようです。

それなら、なぜナナを刺しただけで何もしなかったのか。
姿が見えない絶対的有利な立場で、なぜそれ以上攻撃しなかったのか?

もっと言うと、ミチルの部屋は窓もドアも閉まっていた。
「人類の敵」が壁を通り抜けられるなら、なお一層不可解なのです。

キョウヤ、そこまで分かっていながら(笑)。

森-理科室 (ナナ)

ナナは森にある薬草から毒を作り出す。

一方、キョウヤはナナが被害者となり、クラスを掌握しリーダーになったと踏むが、証拠はなく動機も分からず、想像の域を出なかった──

ナナは一体何者?

なるべく魔法のような殺し方がいいか。

by 柊ナナ『無能なナナ』TVアニメ4話

ナナは「魔法のような殺し方」がいいと、森で採取した薬草と、理科室の実験道具で、毒薬を作る

慣れた手つきで毒薬を作る──

ナナはやはり普通の女子高生ではない!?
暗殺か何かの特殊訓練を受けた暗殺者なのか・・・

あの観察力と推理力、そしてなによりためらいなく能力者を殺す度胸と精神力
普通じゃないですよね(笑)。

あとコミュニケーション能力と演技力も大したものです、望んだときに涙まで出せるのですから!

キョウヤの本棚

キョウヤの本棚の本がまた明らかに!
#原作では、この場面では本棚の本は背表紙まで描かれてません。

本のタイトル

  • 血と骨の科学
  • ゼロから学ぶ解剖学
  • 心臓の病
  • 206の骨について
  • 社会と病、社会の病
  • 解剖生理学
  • 図解 脳

かなり体の仕組みついて勉強をしていますね。

原作にないシーンをわざわざアニメで描いたのは、何かの伏線でしょうか・・・

寮-食堂 葉多平ツネキチ

ナナの前に現れた葉多平ツネキチ。
ツネキチの能力は未来予知!?

ナナに殺されると予知したツネキチは、ナナに近づいてきた──

ナナはリーダーとなり、キョウヤ以外は掌握し、順調にいっていると思っていた矢先──

「未来予知」という、またやっかいな能力者が目の前に。
それも、曖昧な未来ではなく、中島を崖から突き落とした決定的瞬間まで握っている・・・

能力者相手にナナが有利だったのは、相手が自分が殺されると思ってない油断
だけど、ツネキチは自分がナナに殺されると予知

キョウヤの不老不死の代償も分からず、目を付けられている最中、この面倒なヤツにどう対処していくのか!?

次話も楽しみです!

報告

今回のターゲット

名前:犬飼ミチル
能力:ヒーリング

推定殺害人数:15万人以上

無能なナナ 4話

 ── 保留? ──

アニメと原作との違い

今話から原作は2巻に突入!
アニメ4話は、原作 2巻5~7話一部(80ページ)をアニメ化。

今話も、原作の構成はもちろんセリフを変えることもなく忠実に映像化。

ただ、ラストの区切りが違いました。
アニメの引きは、これまで原作でも各話の区切りでしたが、今回は7話の途中で終了。

(原作情報)原作6話の最後は、ツネキチが殺されかけている写真を見せた所です。

原作より、強い引きで、メチャクチャ気になる所で終わりました!
憎い!

おわりに (『無能なナナ』4話とは)

能力も存在も癒やし系!
ヒーリング能力者、犬飼ミチル。

まずは、彼女が殺されなかったことに安堵(笑)。

人畜無害のミチル自身と、ミチルの持つ能力、治癒。

この二つをうまく使い、「人類の敵」が存在すると信じさせ、ナナは被害者の一人となり、ミチルの推薦を得てリーダーになっていく展開が上手い。

ミチルは、ナナによると化け物認定ではあるものの、殺し方も判明、脅威もない。
いつでも殺せると判断し、被害者の芝居とクラスでの地位確立のために利用したのでしょう。

ナナさん、狡猾です!

だけど、次の敵は、ナナが殺人犯であることを知り、自分を狙っていることを知っている敵!?

どう対処するのか、次話も楽しみです!

以上、TVアニメ『無能なナナ』第4話の感想&解説レビューでした。
最後まで読んで頂きありがとうございます。

5話のレビューも書いているので良かったご覧下さい。

ではでは。

きょうのひとこと

クラスは他にもあるようだけど、食堂はいつも一組なのはなぜ?

関連記事

TVアニメ『無能なナナ』第5話のレビューはこちら。
無能なナナ 5話
アニメ【無能なナナ】5話 感想&解説レビュー 狙われていると分かっている相手をどう攻略する?TVアニメ『無能なナナ』第5話 解説&原作補足&感想レビュー。(次話以降のネタバレなし!)アニメ各話感想に加え、アニメと原作との違い、原作コミックを読んで分かった情報を紹介します。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。