無能なナナ

アニメ【無能なナナ】12話 感想&解説 使命を忘れたわけではないがナナの心が違うと叫ぶ

無能なナナ 12話

こんばんは。時文(@toki23_a)です。
TVアニメ『無能なナナ』第12話、鑑賞しました。

ミチルが風呂で気を失っていた。
能力者を殺すのが目的なはずのナナはミチルを看病してしまう。

ナナの感情に変化が!?
あと1話で終わるとは思えない!

今話の疑問点

  • ナナはなぜミチルを看病したのか
  • 先生がいないのはナナのせい?
  • アセトアミノフェン系経口薬とは
  • キョウヤはミチルの情報に期待したが、解いたのはなぜ?
  • モグオリサイタルは苦情が来るほど?
  • ナナは空野フウコが犯人だと考えてる?
  • 委員会は、ナナの殺害人数をどう入手したのか?
  • ヒトミがミチルに聞いた「病気を治せるか」は自分のこと?

私なりの解釈を含め、順に解説します。

原作未読組ですが、アニメ鑑賞後、原作該当部分を読んでレビュー作成。
ここでは、以下の観点でレビューします。

アニメ各話「感想・解説」

鑑賞後、原作を読んで分かった「新情報」

次話以降のネタバレは「なし」なので安心して下さい。

無能なナナ(全13話)各話リスト

話数 サブタイトル 原作巻数
第1話 無能力 1巻
第2話 時間遡行
第3話 能力者VS.無能力者
第4話 ヒーリング 2巻
第5話 能力者VS.無能力者 PART2
第6話 ネクロマンサー
3巻
第7話 ネクロマンサー PART2
第8話 能力者VS.無能力者 PART3
第9話 適者生存
第10話 見えざる刃 4巻
第11話 見えざる刃 PART2
第12話 見えざる刃 PART3
第13話

※リンクは各話レビューへ
※サブタイトルは能力者の情報が含まれているので次話以降の記載を控えます

今回のあらすじ

あらすじ

治癒能力の使いすぎで倒れていたミチルを看病するナナ

ナナは目を覚ましたミチルに、なぜそうまでして他人を助けるのか尋ねる。
ミチルは、自分の命を削ってでも、多くの人を助けたいと話すのだった・・・

ナナは本来、猫の命も大切にする優しい子。

能力者は「人類の敵」
そう教え込まれ、信じてきた
能力者を放っておけば人類が滅ぶと──

ミチルの推定殺害人数は15万。
誰よりも献身的なミチルが本当にこれほど殺害を犯すのか?

能力者は全て「人類の敵」という、ナナの信念が揺らぎ始める・・・

では、今話を振り返っていきましょう。

感想&解説レビュー 第12話「見えざる刃 PART3」

寮 ミチルの部屋 (ナナ/ミチル)

無能なナナ 12話

ミチルの風呂があまりに長いので、様子を見に行くと、ミチルは浴槽で気を失っていた。

ミチルを助ける理由を探すナナ

ミチルの状態は悪く、放っておけば死ぬ──

ナナの目的は「人類の敵」である能力者を抹殺すること

だけど、ナナは何かと理由をつけてミチルを助ける

このまま放っておけば、ミチルは勝手に死ぬのでは?

・・・いや、今はまずいまずいはずだ──

by 柊ナナ『無能なナナ』TVアニメ12話

明確な理由は思い浮かばないが、「今はまずい」と自分に言い聞かせるようにミチルを助ける。

そうだ、助けるわけではない
回復させて、何が起こったのか説明させなければ

昨日から怪しげな顔をしていた疑惑も残っているし。

by 柊ナナ『無能なナナ』TVアニメ12話

ミチルの怪しげな顔とは、ナナの犯行に気づいたのではないかという疑惑・・・

例えミチルがナナを疑っていたとしても、誰にも、特にキョウヤに何も言ってない今なら、口を封じた方が問題の解決になる。

ナナの任務と、ミチルへの疑惑を論理的に考えれば──
ミチルには、このまま死んでもらった方が、ナナにとって都合がいいはず・・・

だけど、ナナはミチルが「死んではまずい」理由を探す。

ナナには──
ミチルに「死んで欲しくない」という感情が湧いてきているのです

だから、無理にでも「助けなくてはならない」理屈を付ける

助ける理由を見つけ、ミチルの手を「ギュッ」と握りしめるナナの手が、全てを物語っています・・・

無能なナナ 12話

部屋へ来る前はミチルを殺す気でいた!?

前話、先生がナナの新しい制服を持って来たとき。
ナナは、ミチルを早く始末しなくてはと考えてます

アニメではカットされています。
詳しくは前話のレビューをご覧下さい。

にも関わらず、気を失ったミチルを目の前にして、決心が薄れたどころか、本気で心配をしています。

ナナのこの変わり様を見ても、頭ではミチルは抹殺対象者と理解しながら、心の奥底ではミチルを放っておけない感情があるのが分かります。

ナナさん!素直になって!

学校 職員室 (ナナ/担任教師)

ナナは医者を探しに職員室へ行くが、医者は不在だった。

あいにく今ちょっと本土に帰ってらっしゃるね・・・

by 担任教師『無能なナナ』TVアニメ12話

先生がいないのはナナのせい?

そういえば、他の先生方の姿も・・・

-中略-

わたしのせいか・・・

by 柊ナナ『無能なナナ』TVアニメ12話

先生は「たまたま」と言うが、最近発生している事件を見て、他の先生は早く帰ったのでしょう

橘先輩の話で、5年前能力者同士が殺し合いを始めると、先生は早々に島から撤退。(9話)

もしかすると、殺人事件が発生すると早々帰宅するようマニュアル化されているかもしれないですね。

寮 キョウヤの部屋 (ナナ/キョウヤ)

無能なナナ 12話

ナナはキョウヤを訪ね、薬を分けてもらう。

アセトアミノフェン系経口薬とは

風邪なのか分かりませんが、とりあえず、アセトアミノフェン系の経口薬を

by 柊ナナ『無能なナナ』TVアニメ12話

ナナの口からサラッと出る「アセトアミノフェン系」「経口薬」。
キョウヤも突っ込んでますが、普通の高校生は知らないですよね(笑)

アセトアミノフェン

発熱、寒気、頭痛などの症状改善に用いられる一般用医薬品に含まれる。
解熱、鎮痛の効果がある

経口薬

口から飲み込む薬。

経口薬以外には、直接血液に入れる「注射薬」がある。

普通なら「熱を下げる薬」とだけお願いします
薬が欲しいと言ったら、普通は「飲み薬」
注射薬なんて想像もしません(笑)。

”アセトアミノフェン系”の”経口薬”と、サラッと専門用語を使ったので、キョウヤに怪しまれたのです

それに「アセトアミノフェン」は熱を下げるだけの応急処置。
熱や痛みの根本原因を治す薬ではありません。

ナナは、原因を探ってもらうためにキョウヤに診てもらいたかった。
だが、キョウヤが手を離せないと言うので、熱を下げるアセトアミノフェン系の薬をお願いしたのです。

だから「とりあえず」と言ったのです。

キョウヤ:詳しいんだな。まあ分かった・・・ちょっと待ってろ。

ナナ:・・・くそっ

by 『無能なナナ』TVアニメ12話

キョウヤに腹を探るような嫌味を言われ、いきどおるナナ。
恐らく「自分は一体何をやっているんだ」と言った感じでしょうか(苦笑)。

アニメ鑑賞時、私は「くさっ」と言っているのだと思ってました(笑)。

石井の遺体を解剖している匂いのことを言っているのだと。
ナナがずっと鼻を押さえてましたしね。

それにしても、この後、食堂へ行き、水だけでなく「食塩」「砂糖」などを用意。
ナナが、その手(サバイバル?)の訓練を受けているのが透けて見えますね。

寮 ミチルの部屋 (ナナ/ミチル)

無能なナナ 12話

キョウヤが診ても、ミチルの容体の原因は不明。
ナナは、定期的に呼びかけ様子を見ることしかできなかった。

(原作情報)アニメでは、ナナが推定殺害人数が表示された端末を見ている時、突如キョウヤが入ってきたように見えます。
原作では、端末をポケットにしまった後、キョウヤが入ってきます

キョウヤはミチルへの期待を解いた?

犬飼が俺を訪ねてきたとき、なにか言いたげだった。

柊とケンカしたような気配もあった。
柊の犯行に気づいたのかと期待したが違ったか?

by 小野寺キョウヤ『無能なナナ』TVアニメ12話

昨日、ミチルがキョウヤを訪ねた時、ミチルの様子がおかしかった。
キョウヤは、ミチルがナナの犯行に気づいたのではないかと”期待”していた

だとしたら、前話──

お前さん。
犬飼とケンカでもしたのか?

柊のことで何か相談があるようだったんだが、要領を得なくてな。
やっぱりいいですと言って出ていったよ。

by 小野寺キョウヤ『無能なナナ』TVアニメ11話

キョウヤがナナに伝えたこの内容は、アウト!

結果的に「ミチルがお前のことを疑っているぞ」とナナに告げ口しているに等しい

ナナを疑ってない他の人ならいざ知らず、キョウヤがナナに情報を漏らしてはいけないですね。

もし、ミチルがこのとき殺されていたら、キョウヤにも責任ありです。

時々、キョウヤはボケをかましますね・・・。
まあ、それがナナを救うのですが(苦笑)。

当然、ナナもミチルを警戒しているだろうと、キョウヤは推測。
#というか、キョウヤ自ら、ナナにミチルを警戒させた?

だから──

ところで、部屋がちょっと荒れているが?

-中略-

机の引き出しに着替えは入ってないだろう

by 小野寺キョウヤ『無能なナナ』TVアニメ12話

と、ナナがミチルの部屋で何かを探していたのではないかと疑い、揺さぶりを掛けたのです

が、看病に必要な、ペットボトル2本の水と、作り置きのスープ。
キョウヤは、ナナがミチルを助けたい気持ちは”本気”だと分かった。

ミチルがナナの犯行の証拠を握ったのなら、張本人のナナがミチルを助けるわけない

むしろ、ナナがやっているのは、逆!

ナナはミチルを助けようとしている、つまり──
ミチルは、ナナとケンカしたわけでもなく、ナナの犯行に何も気づいてない!?

と、キョウヤは結論づけたのです。

それが──

犬飼が俺を訪ねてきたとき、なにか言いたげだった。

柊とケンカしたような気配もあった。
柊の犯行に気づいたのかと期待したが違ったか?

by 小野寺キョウヤ『無能なナナ』TVアニメ12話

というセリフの意味でしょう。

本当のところ、ミチルの様子がおかしい理由は、ナナにも分からず・・・

本人はその意図がないにも関わらず、相手に勘違いさせる。
『無能なナナ』は、人と人との会話と、その裏の心情描写の絡ませ方が巧いですね!

次の標的を考えていた?

丸一日、無駄にしてしまったじゃないか。
殺人事件が起きてキョウヤの注意もそっちに向いている今がチャンスだというのに・・・

by 柊ナナ『無能なナナ』TVアニメ12話

さすが、ナナさん!
こんな時でも使命を忘れてはいません!

キョウヤが石井事件の調査をしている今が、能力者を始末するチャンスだと考えていたのです

抜け目ないです!
真面目です!

それでも、ミチルを放っておかず看病する優しさ、いや、自分の気持ちには気づいてないんですけどね(笑)。

寮 子分の部屋 (キョウヤ/子分)

キョウヤは、手掛かりを探すためモグオの子分の部屋を調査。
物証は何も出てこなかった。

犯人は右利き?

石井から見て左から右にザクッとな
背中にも一撃入れられてるが。

by 小野寺キョウヤ『無能なナナ』TVアニメ12話

死体解剖?が終わったキョウヤ。
キョウヤ曰く、首の切り傷は「左から右」。

「左から右」への切り傷は、右利きの人がやった犯行の特徴

ちなみに、この時いた子分(磁石)はジュースの持ち手から「右利き」。
自販機前にいた子分(金髪・幽体離脱)は自販機のボタン押しとその後のジェスチャーから「左利き」。

空野は能力を出した時の型から「右利き」。(11話)

ミチルもその後のスープを食べるシーンから「右利き」。

という具合に当然「右利き」の方が多いので、決定的な手掛かりとは言えませんね。

モグオリサイタルは苦情が来るほど?

キョウヤ:モグオの声は隣の部屋に届くほど大きかったのか?
子分:そりゃ、苦情来るほどだからな

by 『無能なナナ』TVアニメ12話

苦情とは何か?

前話序盤、石井の部屋で、子分達がアリバイを聞かれたとき。
モグオの説教を聞いていたと答えました。

ミチルはその噂を知っていたらしく。
アニメではカットされましたが、原作では、コメントしてました──

噂に聞く「モグオさんリサイタル」ですか・・・
夜中に大声でお話ししているから、周りから苦情が絶えないとか・・・

※アニメではカット

by 犬飼ミチル『無能なナナ』コミック4巻

「夜中」に話していたら、大声じゃなくても苦情は来るとは思いますが、隣には充分聞こえるほどのボリュームで話していたようです。

つまり、説教中に事件が起きたなら、隣の部屋にいた犯人は、モグオの声が聞こえていたということ

隣の部屋で話す声が聞こえる状況で、犯行に及ぶとは大胆。

それとも大声で話していたから多少の物音は問題ないと考えたのか、逆に話し声から隣の様子をうかがえると考えたのか・・・

寮 ミチルの部屋 (ナナ/ミチル/空野)

無能なナナ 12話

ミチルの熱が下がり、安堵するナナ。
そこへ空野がやってきた。

空野は、事件の進展を気に掛けていたようだが・・・

空野が犯人?

仮にミチルが石井リュウジの事件に関わっていたとする。
空野は口封じのためにミチルを・・・

by 柊ナナ『無能なナナ』TVアニメ12話

ミチルが石井殺人事件に関わっている?!

突拍子のない発想に思えます。
この時ナナは何を考えていたのか?

まずありえないと思いますが、ミチルが石井殺しの犯人と考えているのか?

これは違いますね。
ミチルが犯人で、空野が恨んでいるのなら「口封じ」ではなく「復讐」と言うはず

空野は”口封じ”のためにミチルを
と、はっきり「口封じ」と言ってます。

「口封じ」とはどういう時に使うのか?

それは、空野にとってミチルが邪魔なとき
空野にとって、今、口封じしたくなる出来事とは、石井殺し。

考えられるのは2つ──

  1. 空野が犯人で、ミチルは共犯?
  2. 空野が犯人で、ミチルに犯行を見られた?

ミチル共犯説

あまりに脈絡なさすぎますが、それは視聴者目線。
ナナが何かを根拠に考えたのかもしれません。

推測

あくまで、私の推測ですが・・・
この時のナナは、まだミチルを信じ切ってないと思われます。

これまで受けてきた教育と、それにより培われたナナの常識と信念。

能力者 = 人類の敵

善良に見えるミチルにも、きっと”裏がある”
いや、”裏がある”に違いない!

と、思わずにはいられない。

だから、ミチルが殺人犯の可能性はある。
石井の恋人である空野も、悲しんでいるように見えるが、本性は分からない・・・と。

ミチルが空野の犯行を見てしまった

これは、まだ可能性がありそう。

事件当日、ミチルはナナの部屋で一緒に過ごしました。
が、ナナは寝ていたので、ミチルがずっと部屋にいたかどうかまでは分かりません。

なにせ、目を覚ましたらミチルが深刻な顔をしていたのですから

無能なナナ 10話

by 『無能なナナ』TVアニメ10話

ミチルが心配でたまらない・・・

仮にミチルが石井リュウジの事件に関わっていたとする。
空野は口封じのためにミチルを・・・

by 柊ナナ『無能なナナ』TVアニメ12話

このセリフは、前項で書いたとおり「空野が犯人」だと言う前提

ナナは、空野が犯人だと見込んでいるのでしょうか・・・

またまた私の推測になってしまいますが──

推測

この時のナナは、理性的ではなく感情的。

ミチルが心配で心配でたまらない

ミチルがなぜ倒れたのか分からない。
能力使いすぎを含む単に疲労なのか、誰かに何かをされたのか・・・

心配するあまり、近づいてくる人間は、全て怪しく見える。

空野を100%疑っているわけではないが、100%信じているわけでもない。
もしかすると、石井殺しとは全く関係ないことでトラブルがあるかもしれない。

「空野は口封じのためにミチルを・・・」という考えは、不安とミチルへの心配の結果

だから、空野に冷たく当たってしまったのではないかと、私は考えます。

が、実のところ、ナナには何も分からず、確信は持てない。
それが、次のセリフへ──

・・・いや、わからない。
わからないから早く起きろ。

by 柊ナナ『無能なナナ』TVアニメ12話

ミチルに何があったのかは、本人に聞くしかない。
そして、石井殺人事件の真相を解き明かすしかないのです。

寮 ミチルの部屋 (ナナ/ミチル)

ミチルがようやく目を覚ます。
ミチルは治癒能力を使いすぎ気を失っていたと言う。

原因は橘かよ!

お部屋に戻ったら、猫しゃんが二匹いたんです

一匹が首にひどい怪我をしていまして、もう一匹がそばでニャーニャーと・・・
まるで助けてやってくれと言わんばかりに鳴いてまして・・・

by 犬飼ミチル『無能なナナ』TVアニメ12話

ミチルが猫を治療したあと気を失ったと聞き、猫のキズに毒でも入っていたのかと思いました(苦笑)

この後の橘のセリフで──

ただ、私は動物が好きだ。

君が傷つけた猫をミチルちゃんに治療してもらおうと連れていくくらいに。
その結果、彼女の寿命が縮むとわかっていても助けたいと思うくらいに

by 橘ジン『無能なナナ』TVアニメ12話

ミチルが治癒能力を使うと寿命が縮むのは周知の事実。
橘もどこかで耳にしたのでしょう。

猫のケガを治して寿命は縮むのは知っていたが倒れるとは思ってなかったのでしょう

それでも、寿命が縮むことに後ろめたさがあったのか。
あるいは、治療中にミチルの異変を感じたのか・・・

その場を去らず様子を見て、ナナにミチルの異変(長風呂)を教えたのではないでしょうか?

それとも・・・橘はミチルの風呂を覗いていたのでしょうか(笑)。
#一応、猫は部屋を出たと言ってます

真剣に怒るナナ

無能なナナ 12話

ミチルの様子が変だったこと、タイミングが事件と同時期だったこと。
ナナは、ミチルが倒れたのは石井殺人事件と関係があるとも考えていたのか──

なんだ、まったく事件とも無関係のようだし、人騒がせなヤツだ

by 柊ナナ『無能なナナ』TVアニメ12話

時折塞ぎ込んでいたのも、今回気を失い、放っておけば死んでしまいそうになったのも全て能力の使いすぎ!?

ミチルが具合悪そうにしていた時、ナナは声をかけています。(6話)
にも関わらず、無理をして能力を使い続け、倒れてしまった・・・

要するに、ミチルが自分でまいた種!
普通の人で言うと、無理のし過ぎ!

それなのに、ナナの指のケガを見て、すぐに能力を使おうとする──

こんなケガは放っておいても治ります!
能力を使うと寿命が縮むんでしょうに!
だから倒れてたんじゃないんですか!?丸一日寝込んでたんですよ!

by 柊ナナ『無能なナナ』TVアニメ12話

懲りないミチルに、とうとうナナも切れる
ミチルが倒れ衰弱し、夜通し看病するほど心配していたのに!

ミチルは、相変わらずのおっとりマイペース。
ナナが、どれだけ心配し、親身になって看病していたのか理解してないのでしょう。

いや・・・
ミチルは、自分の命は短くなってもいいと考えている節があります。
自分自身が助けられる側、という意識が低いのではないでしょうか。

森 (橘/真犯人?)

痛めつけられた動物を眺める橘。
そこへ石井殺しの犯人らしき人影が──

端末の連絡先は無意味?

ナナの端末にはろくな情報はなかった。
電話はすべて繋がらない仕様になっている

相手側が応答を断っているというわけではなく、もとから無意味な連絡先なのだろう

by 橘ジン『無能なナナ』TVアニメ12話

ナナは訓練を受けているようで、普通の女子高生ではないことは分かります。

普通ではないにしても、「無能力」一人で能力者全員を始末するなど無理ゲーもいいところ。

委員会は、失敗しても良いと思っているのか、他に手立てがないのか・・・

橘のセリフから一つ分かったのは──
たとえナナが失敗しても、委員会側の情報は漏れないようになっている

委員会の連絡先は登録してあったが、繋がらない番号だった。
確かにナナが島に来てから委員会と連絡を取ったシーンは描かれてない。

橘を見つけたとき、初めて委員会へ連絡しようとしたのだ。

電話をした後、話す前に、何か暗号でも必要だったのか・・・
いや、ならば橘が調べて何か分かったはず。

橘は「元から無意味な連絡先」と言い切ってます。

では、橘に端末を奪われた時、委員会にナナではないとバレ、その番号を潰したか?
ならば、この後の委員会で触れているはず。

この後の委員会のシーンで、端末については触れられてません。
「端末を奪われる」という失敗をしたにも関わらず・・・

委員会は、ナナの端末が奪われたことを把握している様子はなし。
ゆえに、橘の推測「元から無意味な連絡先」が正しい。

つまり、委員会はナナの失敗を想定していたということが言えますね

委員会 鶴岡

委員会では、ナナへ課した任務の進捗状況が報告されていた。

殺害人数を誰が報告をした?

もう十分ではないかね。
報告によれば柊ナナはすでに5、6人程度は殺していると見ていい

by 委員会『無能なナナ』TVアニメ12話

この島でナナが委員会へ連絡を取っていた様子は描かれてません

それに、橘に会った時、一時端末を奪われていた。
その上、橘曰く、端末の連絡先は無意味。

だとすると、委員会はどこから報告を受けているのか・・・

おそらく学校の報告から、ナナの犯行を”推測”したのでしょう

学校から、報告されたのは──
行方不明を含めて7人。
今回の石井を入れると8人。

死者(行方不明含む)

  1. 中島ナナオ (行方不明)
  2. 渋沢ヨウヘイ (行方不明)
  3. 葉多平ツネキチ
  4. 風間シンジ
  5. 佐々木ユウカ
  6. 羽生キララ
  7. 高梨カオリ
  8. 石井リュウジ

── 以上8名

これら、学校からの報告を分析して、ナナへ課した任務の進捗状況を把握しているのではないでしょうか。

報告によれば柊ナナはすでに5、6人程度は殺していると見ていい

by 委員会『無能なナナ』TVアニメ12話

委員会への報告はどの時点のものか分かりませんが、石井リュウジのようにナナ以外が殺した可能性も考慮して「5、6人」と言ったのでしょう。

実際は、以下の2名がナナの手によるものではありません。

風間シンジ 元から死亡
石井リュウジ ナナ以外が殺害

ナナの成果は6名
委員会の「読み」は正しいですね。

ナナの任務は計画の一部?

それより気になるのは、セリフの一部(強調部分)──

もう十分ではないかね
報告によれば柊ナナはすでに5、6人程度は殺していると見ていい。
少女にしてはよくやったものですな。

一人も殺せず、泣き寝入りして、かえって計画を遅滞させるものかと思っていました。

by 委員会『無能なナナ』TVアニメ12話

ナナに与えられた任務は「能力者の抹殺」。
島にいる能力者”全員”を始末する難ミッション。

島に能力者が何人いるのか明かされてませんが、まだまだ能力者は多数生き残ってます。
#クラスも複数ありそうです

ところが、委員会は5、6人で「もう十分」?!

委員会は、ナナが能力者全員を殺せるとは思ってない?

かえって計画を遅滞させる

このセリフから、ナナの任務は計画の一部と考えるのが自然か。
ナナが数人殺したことは、準備段階か、初期段階?
ナナの行為は、島、あるいは生徒の中で「何か」を起こした??

ナナの教官・鶴岡の登場と言い、最終回間際にとんでもない伏線を張ってきました(苦笑)。

自販機 (キョウヤ/子分)

キョウヤは子分に聞き込みを続ける。

石井に女の影はなし

石井には空野の他に女の影があったのかな?

by 小野寺キョウヤ『無能なナナ』TVアニメ12話

キョウヤは空野を疑っている?

恋人である空野が、石井を殺すとしたら、動機は「女」。
そこで、石井と仲の良かった子分(金髪)に確認したのです。

ところが、石井は超硬派という・・・

かっこよくないっすか?
あんなまぶしい人いないっすよ。

頭いいし、ギャグセンあるし・・・

なんつうか、ありえないくらい、いい人・・・
でした・・・ね。

by 子分『無能なナナ』TVアニメ12話

キョウヤは何を疑っているのか・・・

石井が殺害された部屋を、外側から眺めるキョウヤ。

(原作情報)原作では、地面のカットが強調(少し大きめのコマ)されているのが気になります。

キョウヤは窓枠と地面を見て、何を考えているのでしょうか・・・

寮 ミチルの部屋 (ナナ/ミチル) 細川ヒトミ

ミチルの体調は良くなったが、ナナにもう少し一緒にいて欲しいと言う。

ナナは、以前から思っていた疑問を、ミチルにぶつける──

「ミチルちゃんは、どうして、そんなにいい人なんですか?」

ミチルは、3年前に出会った細川ヒトミについて話し出す──

「心の声」は便利!

ヒトミしゃんと言うのは?
心の声が聞こえまして。

by 柊ナナ『無能なナナ』TVアニメ12話

ミチルにとって大切な人である「ヒトミしゃん」
ナナは、ミチルの日記を盗み見したので知りました。

日記に書いてあったなどと言ったら、日記を読んだことがバレてしまう。

こういう時「心の声」は便利ですね!
ナナさん、使い方上手いです!

ヒトミが尋ねた質問は自分のこと?

実はさ。
うちのかーちゃんが昨日から風邪ひいててさ

どうにか、ならないかな?

by 細川ヒトミ『無能なナナ』TVアニメ12話

ヒトミがミチルに尋ねる。
ミチルの能力で「病気」を治せるのか?と

ミチルの能力は「外傷」は治せるが「病気」は治せない。

これは、ヒトミ自身が侵されているガンを治すことができるのか、こっそり確認したのでしょう

自身を蝕んでいくガン細胞。
治らないと分かっている自分の病気。

一縷の望みにかけて、ミチルに聞いたのでしょう。

このときのミチルの結果には、相当気落ちしただろうと想像できます。
涙をこらえるためか、上を向く動作がいじらしい。

泣き叫びたいだろうに、反対にミチルを勇気づける──

でも、かっこいい能力だよ
ミチルの助けを待ってる人がいっぱいいると思うから

だからっ
もっと自信持てよ

な?

by 細川ヒトミ『無能なナナ』TVアニメ12話

強い子です。

ジャンクフードで早死にはヒトミの言葉

スナック菓子ばっかり食べてたら早死にするって言うだろ?

それと同じでさ
わかってはいるけど、ちょっとくらい無茶したって大丈夫だろ?

by 細川ヒトミ『無能なナナ』TVアニメ12話

このセリフは!?

6話で、ナナがミチルに、能力を使いすぎると寿命が縮むのでは?と注意したときに、返ってきた言葉!

寿命はいいんです。

最初は怖かったですけど。
はっきりとどれくらい縮まるとかわからないんで・・・

ジャンクフードばかり食べてたら早死にするっていうじゃないですか

そういう感じでわかってはいるけど、まあ大丈夫でしょ、みたいな・・・

by 犬飼ミチル『無能なナナ』TVアニメ6話

ミチルの性格にしては、随分大雑把だと思っていたのですが、ヒトミに刺激、感化されていたんですね。

かっこいいのは、ヒトミしゃんです!

だからさ、うまく言えないけど。
誰かのためになんかしようって思うからかっこつけられるんだよ

ここでまた
お前に会えてよかったよ。

by 細川ヒトミ『無能なナナ』TVアニメ12話

病院で再会したした時、恐らくヒトミのガンは末期状態。

近づく「死」に怯えていたでしょう。

── 誰かのために何かをしようと思うと格好をつけられる ──

再び出会えたミチルを前に、ヒトミは格好をつけたのではないでしょうか。
辛いけど、苦しいけど、”格好をつけていられる”。

たぶん、ヒトミは、格好をつけている自分が好きなのだろう。
最後まで強がっていたい性格なのでしょう。

でも、一人では強がれない。
一人の夜は、怖くて震えている・・・

そこへ思いがけず、友人との再会。

最後に、強い自分を取り戻せた。

だから、ヒトミはミチルに言ったのではないでしょうか──

ここでまた
お前に会えてよかったよ

by 細川ヒトミ『無能なナナ』TVアニメ12話

だから、がんばるんです・・・

それから、ヒトミしゃんは亡くなりました。
私の能力はなんの役にも立ちませんでした。

だから・・・

だから・・・
うん

がんばるんです

by 犬飼ミチル『無能なナナ』TVアニメ12話

能力者は全て「人類の敵」。

特殊な能力を持つことにより、驕り高ぶり、欲望に溺れ、他人を見下すのが、人の常。
一見、いい人に見えても、本性や、心の底では何を考えているのか分からない。

しかしミチルは、能力者、無能力者分け隔てなく、何なら人でなくても、無条件で助ける。

自分の命が縮むのを気にすることもなく・・・

彼女が本心からそう思っているのは、島へ来てからの行動で分かる。

ここへ来て、その理由が判明した。

ミチルは、これまでナナが聞かされていた能力者、ましてや「人類の敵」などではない。

「推定殺害人数15万人以上」など信じられない──
でも、端末を何度見直しても、内容は変わらない。

端末の情報は真実ではないのか──
ならば、他の能力者も──

ナナがこれまで信じてきた教えと信念が、崩れ始める・・・

アニメと原作との違い

アニメ12話は、原作 4巻24話~25話(74ページ)をアニメ化。

今話もいいペースで、原作を丁寧に映像化。

原作でカットされたセリフを紹介したのは1箇所のみ。
#実際カットされたのは11話相当分

実質、12話では、構成は勿論、セリフの細部に至るまでほぼ原作通りです。

原作コミックは、コマ割りで強調ポイントを表現。
アニメと原作の違いはそういう点でしょうか。

アニメでも十二分に『無能なナナ』を楽しめますが、とことん堪能したい方は、ぜひ原作もどうぞ。

おわりに (『無能なナナ』12話とは)

これまでとは違う意味で、ナナが右往左往するエピソード。
いつもの切れ味はないが、ナナが戸惑う様子が新鮮です(笑)。

ナナの使命には動きがなく、石井殺害事件調査もさほど進まず。

その分、委員会側の動きが見えてきた!?
ナナの使命は委員会の計画の一部??

ナナの教官、鶴岡の登場と言い、最終回間際にとんでもない伏線を張っていきました(苦笑)。

次話は最終回!
委員会側の動きは回収できない気もしますが(汗)

島側の、石井殺人事件の犯人と、ミチルとナナの関係が気になりますね!

以上、TVアニメ『無能なナナ』第12話の感想&解説レビューでした。
最後まで読んで頂きありがとうございます。

次話のレビューも書く予定です。
良かったらまたお越し下さい。
最新情報はTwitter(@toki23_a)にて!

ではでは。

きょうのひとこと

橘先輩、動物守りたいなら犯人をバラせばいいのに・・・

関連記事

TVアニメ『無能なナナ』第13話のレビューはこちら。
無能なナナ 13話
アニメ【無能なナナ】13(最終)話 感想&解説 慕っているから本気で怒り、守りたいからウソをつくTVアニメ『無能なナナ』第13話(最終回) 解説&原作補足&感想レビュー。(次話以降のネタバレなし!)アニメ各話感想に加え、アニメと原作との違い、原作コミックを読んで分かった情報を紹介します。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。