vivy

アニメ【Vivy】7話 感想&考察 ますます人間味あふれていくAI、ヴィヴィはキャラ変か成長か

Vivy 7話

こんばんは。時文(@toki23_a)です。
TVアニメ『Vivy -Fluorite Eye’s Song-』第7話、鑑賞しました。

本サイトでは、原作ありアニメを原作情報の紹介と共に解説してきました。

Vivy』は原作なし。
#正確に言うと原案はあります

解説はできないので、あくまで個人的な解釈を含めた考察になります。
皆さんの理解の助けになり、作品をより楽しんで頂ければ幸いです。

今話の疑問点 (リンクは該当箇所へ)

  • 再起動で、都合良くデータを消せるのか? 
  • この時代の人間とAIの関係は? 
  • AIでも緊張するのか? 
  • ヴィヴィのキャラ変更は、成長? 

Vivy(全13話)各話リスト

話数 サブタイトル 任務
第1話 My Code -歌でみんなを幸せにするために- Mission 1
第2話 Quarter Note -百年の旅の始まり-
第3話 A Tender Moon Tempo -星たちとの歓談- Mission 2
第4話 Ensemble for Polaris -私たちの約束-
第5話 Sing My Pleasure -あなたを笑顔に- Mission 3
第6話 Sing My Pleasure -あなたを愛する-
本レビュー Galaxy Anthem -歌でみんなを幸せにするために- Mission 4
第8話 Elegy Dedicated With Love -たった一人の大切なパートナー-
第9話 Harmony of One’s Heart -私の使命、あなたの未来-
第10話 Vivy Score -心を込めて歌うということ-
第11話 World’s End Modulation -西暦2161年4月11日-
第12話 Refrain -私の使命-
第13話 Fluorite Eye’s Song

※リンクは各話レビューへ

ここまでの任務概要

任務 概要 経過年数 残り年数
Mission1 相川議員暗殺の阻止 Start 100年
Mission2 宇宙ホテル・サンライズ落下の阻止 15年 75年
Mission3 無人プラント・メタルフロート機能停止 20年 70年
Mission4 オフィーリアの自殺阻止 60年? 40年?

今回のあらすじ

あらすじ

ニーアランドのメインステージを連日満席にし、圧倒的なパフォーマンスを見せる歌姫AI・ディーヴァ

名実ともにトップとなったデーヴァは、世界中の歌姫AIを集めた祭典『ゾディアック・サインズ・フェス』の大トリを任される。

だが、ディーヴァには時折見える知らない記憶があった・・・

100年後に起きるとされるAIと人との戦争を回避するために、ミッションをこなしてきたヴィヴィ。

「歌でみんなを幸せにする使命」と「戦争を回避するためAIを滅ぼす任務」。
ヴィヴィの中では”人を幸せにする”共通点があり、両立できていた。

ところが、ヴィヴィの”人を幸せにする”行動が、冴木博士を死に追い込んでしまう。

その結果、ヴィヴィはフリーズ。
再起動すると正常になったが、「AIを滅ぼすAI・ヴィヴィ」としての記憶を失い、性格にも変化が。

感情表現豊かで自信家。
AIとは思えない、人間そのもの。

ヴィヴィに起きた現象は、意図的か安全装置か。

今回、私が注目したのは、次の点──

  • AIが自ら記憶を封じ込めることは可能なのか
  • AIに緊張や自信なさげな性格はありえるのか
  • ヴィヴィのキャラクター変更は、一時的か、成長なのか?

では、今話を振り返っていきましょう。

オリジナルテレビアニメ「Vivy -Fluorite Eye’s Song-」第7話予告
アニプレックス

感想&考察レビュー 第7話「Galaxy Anthem」

ニーアランド メインステージ

メタルフロート機能停止任務から40年後。
ヴィヴィとしての記憶を忘れ、歌姫としてニーアランドのメインステージで人気を博していた。

1話冒頭シーンと被る

あ、あー♪

by ヴィヴィ『vivy』TVアニメ7話

1話冒頭シーンとそっくりだったので、一瞬100年後になったのかと思いました(笑)

1話冒頭と今話冒頭。
通路は同じですが、明るさは今回の方がずっと明るい。
1話のヴィヴィは衣装が汚れ、一戦交えた後のよう。

似ていますが、違いますね。
でも、1話冒頭でヴィヴィが歩いているのは「メインステージへの通路」だと判明しました。(1話)

ヴィヴィが61歳!?

チケットは即完だって。
メインステージ、連続満席記録を順調に更新中。

by ナビ『vivy』TVアニメ7話

ヴィヴィは、いつの間にメインステージへ?!

ついこないだまで、小劇場すらガラガラ。
ようやく中劇場へ活動の場を移し、お客様が来てくれるようになったばかりだと思っていたのに・・・

中盤のオフィーリアのセリフによると──

お姉さまは、最初から年上ですよ。

えっとー・・・わっ、61歳!?
すごい、お会いしたAIの中で最長老です!

by オフィーリア『vivy』TVアニメ7話

ヴィヴィは61歳!

モモカ曰く、ヴィヴィは1話時点で、1歳でした。
ならば、1話から60年経ったことになります。

話数 概要 西暦 年齢
1-2話 相川議員暗殺の阻止 2061年 1歳
3-4話 宇宙ホテル・サンライズ落下の阻止 2076年 16歳
5-6話 無人プラント・メタルフロート機能停止 2081年 21歳
今話 オフィーリアの自殺阻止 2121年 61歳

先週(前話)から一気に年齢が(苦笑)。

60歳になっても見た目は1歳の時と変わらず

AIだから外見は変わらないのは理解できます。
が、容姿が完全に人間なので、61歳と言われてもピンとこないですね。(苦笑)。

前エピソードから40年経過
40年前は中劇場で歌っていました。(5話)

40年の間に、活動の場をメインステージへと移し、連続満席記録を打ち立てるほどの人気を得ていたのです。

それと──
人気を博しているのは、時間経過だけではなさそうです・・・

以前のヴィヴィとは別人?

お客様の前では常に笑顔でね。
持論なの、誰かを笑顔にするには、まず自分から。

頑張れ若人♪

by ヴィヴィ『vivy』TVアニメ7話

メインステージに立てたのは嬉しいですが、ヴィヴィはこれまでとは違う性格
自信たっぷりのベテランといった風格

というか、まるで人間、そして別人のようです

最初、別機種かと思いました(苦笑)。

推測

相手を笑顔にさせるときの頬を挟む動き。
宇宙ホテル・サンライズへ潜入したとき、エステラと出会った時を思い出させます。

持論と言ってますが「誰かを笑顔にするにはまず自分」というのも誰かの考えと同じですね。

Vivy 3話

任務の記憶を消したので、その間に出会ったAI達の言葉も消えてます
が、「『歌でみんなを幸せにする』ために目指す姿」は残っているのでしょう

昔は、ああじゃなかったよ。
スタッフと距離感があってね。

担当していたのだって、メインステージじゃなかった。

by スタッフ『vivy』TVアニメ7話

ヴィヴィの変化はスタッフも気付いていた様子。
だけど、それもこれも40年前に変わったのであれば、既に今のヴィヴィが当たり前なのでしょう。

ヴィヴィの部屋

ヴィヴィは部屋へ戻り、『ゾディアック・サインズ・フェス』審査を結果を確認する。

ヴィヴィとしての記憶はない

記憶大丈夫?
また、ウイルスがどうとか言い出さないでよ。

言ってたんだって一時期。
「ウイルスだー」とか「何らかの外部接触だー」とか。
ぬいぐるみのペットなんか連れちゃって。

by ナビ『vivy』TVアニメ7話

どうやら、マツモトと共に「人類とAIとの戦争を起こさせない」ための任務については忘れてしまった様子

AIなので、「忘れた」ではなく「消された」「封印された」の表現が適切ですが、文章として違和感があるので、基本的に「忘れた」と記載します。

悲しいのが、モモカにもらったテディベアのことまで忘れてしまったこと。
ぬいぐるみだけでなく、モモカ自身も忘れてしまったのでしょうか・・・

中盤で、マツモトに「ヴィヴィ」と言われても自分の名前でないと認識。

ヴィヴィはモモカが付けてくれた呼び名。
それも忘れてしまったのか・・・

でも、耳がざわついているので、”完全に”忘れてしまったのではないようです。

Vivy 1話

40年前にリブート

一回大きなフリーズして、再起動かけてからは安定してるみたいだけど。

by ナビ『vivy』TVアニメ7話

大きなフリーズ

ヴィヴィに課せられた「歌で人を幸せにする使命」と「戦争を回避するためAIを滅ぼす使命」

「人を幸せにする」共通点はあったものの、前話ラスト冴木博士を死に追いやってしまう。

「人類を守るため」の行動が「人を死に追いやる」

この矛盾が、ヴィヴィをフリーズさせた、と言うことでしょう。

◇◇◇◇◇

再起動かけてから安定

推測

私は、最初ヴィヴィは初期化されたのだと思ってました。
ほぼマツモトと出会う以前に、状態が戻されたのだと。

初期化すれば不具合は解消されるものの、経験データ全てを失います。

ヴィヴィを傷つけないために「初期化」ではなく「再起動」と言っているのだと

ナビのセリフを聞いても、そこまでのことにはなってない様子。
再起動で、安定したのでしょう。

再起動で、マツモトから課せられた任務に関するデータを一切を消去。
歌姫AIディーヴァとして安定を図った。

では再起動で、都合良く邪魔をしているデータのみ消せるのでしょうか?

推測

PCに置き換えて、単純化して考えてみましょう。

二つのソフトがあり、干渉し合いフリーズを起こした。
#電源を入れると自動起動するタイプのソフトと思って下さい

この場合、問題のあるソフトを止めない限り、再起動しても同じ現象(フリーズ)が起きます。

再起動しても問題を起こさないようにするには、どちらかのソフトを止める必要があります。

それには、二つの手段があります。

  1. 人為的にソフトを止めて、再起動
  2. 安全装置が働き、自動で片方のソフトを止めた

はPCの世界で言う所の「セーフモード」のイメージ。
原因を解析するために、ネットワークに接続しない状態で立ち上がることを言います。

再起動して、ヴィヴィからフリーズの原因を取り除いた方法は二つ。

一つは、再起動したときにシンギュラリティ計画関連の記憶を消すよう、誰か(当然マツモトですね)が操作した

もう一つは、ヴィヴィの安全装置が働き、魂とも言える使命「歌でみんなを幸せにする」に悪影響を与える経験、記憶は全て消去、ないし封印された

現時点では、どちらの可能性もありそうです。

歌姫AIだけの祭典

御存知の通り『ゾディアック・サインズ・フェス』は全世界から選ばれた12体の歌姫型AIが一堂に会す音楽の祭典です。

by アーカイブ『vivy』TVアニメ7話

ヴィヴィが大トリを任された『ゾディアック・サインズ・フェス』はAIだけの祭典

歌姫はヴィヴィだけでなく、世界中にいるのです。
人間とAIの関係は微妙なようですが、全員から嫌悪されているのではなく、人気があるところはあるのでしょう。

そして、全世界からたった12人が選ばれる、最高峰とも言えるフェスの大トリをヴィヴィが任されたのです。

この時代のAIと人の関係は?

ヴィヴィのステージを見ていると、人間とAIは良好な関係に見えました
前回のメタルフロート停止の影響、そしてシンギュラリティ計画はどうなっているのでしょうか?

かつて発生したメタルフロート事件の影響は、いまだに人間とAIの軋轢として残っています。

今年で開催20年目になるこのフェスは、その軋轢を払拭しAIと人間との架け橋となるべく──

by アーカイブ『vivy』TVアニメ7話

前回のメタルフロート事件は、人間とAIに軋轢を生んだようです

自業自得とは言え、トァクに死者が出ました。
マツモトは、人間の被害が出たことの影響を心配していました。

が、”いい感じ”に人間のAI熱が冷え込んだようです

だから、40年間、マツモトも出番がなかったのでしょう。

推測

ヴィヴィがこのような状況なので、マツモトが単独で計画を進めている可能性はありますが・・・

ただ、前項目と合わせて重要な情報が提示されました。

ゾディアック・サインズ・フェスとは

  • 全世界から選ばれた歌姫AIのみの音楽祭典
  • 人間とAIの軋轢を払拭する祭典

この二つは、反AIテロリスト集団・トァクにとっては、格好の攻撃対象です

20年もやっているのだから、防犯、対テロリスト対策は万全と思いたいですが。

小劇場の妖精オフィーリア

Vivy 7話

ゾディアック・サインズ・フェス会場。
リハーサルが行われる。

シスターズの末っ子・オフィーリア

お姉さまは、最初から年上ですよ。

えっとー・・・わっ、61歳!?
すごい、お会いしたAIの中で最長老です!

by オフィーリア『vivy』TVアニメ7話

AIだからか、歌姫だからか、製造年月日は公開情報なのでしょう。
オフィーリアが、ちょいと検索かければヴィヴィの年齢は判明(笑)。

DB検索をかけた時など、処理速度が上がるとAIは首のマークが点滅するので分かりやすいですね。

61歳で現役歌姫ともなると・・・確かにベテラン!

女性AIに対して、ボディが重いとか、製造日に関する言及は一般的にマナー違反。

by オフィーリア『vivy』TVアニメ7話

答えるときのヴィヴィの表現の豊かさ。
内容については、完全に”人間の”女子ですね(笑)。

心を込めて歌うことを目指しているうちに、人間に近い感情になっていったのでしょう

AIでも緊張する?

私、ゾディフェスに呼ばれるの初めてで。

by オフィーリア『vivy』TVアニメ7話

初めてゾディフェスに呼ばれたと緊張するオフィーリア。

AIも緊張するのでしょうか?

推測

基本的に、AIは緊張しません。
ヴィヴィも緊張したことないと答えてますね。

緊張とは心配が高まった現象であり、心を持たないAIは心配をしないので緊張もないはずです。

が、もし緊張するというのであれば、緊張する感情、心を持っているということ。

ヴィヴィが製造されてから60年の時が流れた。
より人間に近づける過程で、人間の心に近い機能を持つようになったのではないでしょうか。

それが、自殺を考えることに繋がっていく・・・なんて展開でしょうか?(苦笑)

もうここまでくると、人間そのものですね。

ただ、緊張しても歌はきっちりと歌い上げます。
それはAIだからです。

AIはプログラミングされた、きっちりとルーチン化された部分については間違えません。
だから、オフィーリアが歌うときはシャンとしたのです。

マツモトとの再会

垣谷ユウゴに似た男がフェス会場に。
かすかな記憶に引っかかるヴィヴィは、男を追いかける。

この男は垣谷ユウゴか?

待って!
あなたは誰?前にどこかで──

by ヴィヴィ『vivy』TVアニメ7話

リハーサルステージの奥にいた男。

ヴィヴィの目がその男を捉えると、顔認証で過去のデータが甦る
60年前、相川議員暗殺事件の際、天井の崩落から助けた男・垣谷ユウゴ。

この男は垣谷ユウゴか?
60年経っているのですから、当然違います

他人のそら似か、血縁者でしょう。

実は、重要なのは「垣谷ユウゴかどうか」ではありません・・・

オフィーリアの知っている男?

オフィーリアが歌い終わった後、スタッフから拍手を受けた直後。

ステージ上で顔を上げたオフィーリアは、何かを見て驚き、そして睨んでます・・・

次にステージに進んだヴィヴィの視点では、客席に写った人は二人。
仕切っていた男と、垣谷ユウゴに似た男。

つまり、オフィーリアが驚き、睨んだのは垣谷ユウゴ似の男

狙われたのはオフィーリア?

となると、導き出されるのは──
ヴィヴィが倉庫で潰されそうになったのは、ヴィヴィではなくオフィーリアに仕掛けた罠ではないでしょうか

推測

直後、オフィーリアが倉庫の外にいて、ヴィヴィとぶつかりました。

ヴィヴィを探しに来たのではなく、男を探していたとも取れますね

ただ、マツモトは否定しています。

マツモト:まずはオフィーリアの元へ、彼女に危険が迫っています。
ヴィヴィ:まさか私が見たあの男が狙ってるの?
マツモト:違います。僕達はこれから彼女の身に起きる悲劇を防がなくてはならない。

by 『vivy』TVアニメ7話

しかし、マツモトは男の存在を知らないはず
知らなければ答えられるわけがない。

マツモトが「違います」と言ったのは──
「マツモト達が止めなくてはいけない」のは「あの男が狙っている」ことではない。
オフィーリアの自殺阻止だから「違います」と言ったのではないでしょうか。

マツモトは正史の記録を元に行動しているだけです

前々エピソードの宇宙ホテル・サンライズ落下阻止の際、エステラの裏にエリザベスがいて、真犯人がエリザベスだったことをマツモトは知りませんでした
だから、エステラを止めることだけを目的にしていた。

正史の記録には、オフィーリアの自殺とあるかもしれません
が、実は他殺だったと言う真実を知らない可能性は十分にあるのです

戦闘プログラムは消去されていない

戦闘プログラム 『ON』

by ヴィヴィ『vivy』TVアニメ7話

突如、ヴィヴィの頭上に降り注ぐ鉄塊
そのとき、ヴィヴィの体が戦闘モードに。

超人的な身体能力で鉄塊を避ける。

これは、戦闘プログラムが残っていることを意味します

記憶は消えたように見えても、プログラムは残っていました。
あるいは、記憶も消えたのではなく、アクセスできないようにしているだけかもしれません

つまり、以前のヴィヴィが復活する可能性は十分にあるということですね♪

ヴィヴィの決意

ヴィヴィはマツモトと接触し、自分の過去について探る。

オフィーリアがヴィヴィの背中を押した?

オフィーリアが色んな所を転々としていたと聞き、ヴィヴィが「全て覚えているのか」と問いかけた時の回答──

もちろんです。
どれだけ小さくても、私にとってはどれも大切な記憶ですから。

by オフィーリア『vivy』TVアニメ7話

AIに限った話ではないですが、経験が人や性格を作ります。
どんなに小さなことでも、たとえ嫌な記憶であっても、それらがあって今の自分が形成されている。

だから、忘れてはいけない。

この言葉に、ヴィヴィは背中を押され、屋上へ向かいマツモトに対峙したのだと思われます

こういうさり気ない言葉をきっかけに、キャラクターが行動しており、丁寧に作っているのだと感じさせます。

マツモトはヴィヴィを守った?

言ったでしょ。
僕はただの警備AIです。

あなたとは何の関係もありません。

by マツモト『vivy』TVアニメ7話

マツモトというキューブ型AIが、自分を助けていると確信したヴィヴィ。
屋上から飛び降り、マツモトに助けさせることで証明する。

自分を犠牲にしてマツモトの本心を暴く、ヴィヴィの大胆な行動

アクションシーンで目を奪われますが、ここで幾つか事実が判明──

  • 再起動してから約40年、マツモトはヴィヴィの前に姿を現してない
  • マツモトはヴィヴィが記憶をなくしていることを知っている
  • それにもかかわらず、ヴィヴィの記憶を戻そうとはしていない
  • 任務に関わらせたくないが、ヴィヴィを守っている

矛盾から生じたヴィヴィのフリーズ。
マツモトは、再びフリーズさせないようとしているのでしょうか・・・

どうして、私をヴィヴィと呼んだの?
どうして、あなたは私を助けるの?
どうして、私のボディは勝手に動いたの?

あなたは知ってるの?
私の・・・私の中の知らない私を。

ずっと前に再起動して以来、何度も引っかかったことがあったわ。

だけど不安が表に出れば歌に影響する。
だから私はその疑問に蓋をしてきた。

その蓋を開けたのはあなたでしょ!

by マツモト『vivy』TVアニメ7話

ここまで言われても正体を明かさないマツモト。

再び計画に加わると、再びフリーズすると踏んでいるのか。
ヴィヴィを守るために、マツモトは計画に近づけないようにしているのか?

ならば、マツモトがヴィヴィを助けるのは温情か、それとも他に目的が?
今は必要ないが、いずれシンギュラリティ計画にヴィヴィは必要なのか?

今回の任務は、マツモト一人なので、大丈夫、とも取れますね。
わざわざ記憶をなくしたヴィヴィを説き伏せてまで入れるほどでもない、ましてやヴィヴィを加えることにより不確定要素が増えてしまう。

合理的に考えたと解釈できます。

事実が解明すると共に、新たな謎が。
上手い展開です。

ヴィヴィのキャラ変は成長か?

ヴィヴィは再起動して、性格が一変。

「歌でみんなを幸せにする」ためにあらゆる努力を惜しまない

人を感動させる歌を歌うには、心を充実させなくてはならない。
だから、心をざわつかせるような懸念、不安は取り除かなくてはならないという理屈。

前向きで自信家。
目的の為には、屋上から飛び降りる度胸の持ち主。

以前のヴィヴィより「シンギュラリティ計画」を実行するのに適した性格になったとも言えます

普通、この手の物語なら、主人公はどこかで成長します。
だが、本作の主人公はAI。

経験を積み、これまでできなかったことができるようになっても、一皮むけるような大きな成長はできません。

AIの成長が、この再起動による性格一変なのかもしれないですね。

そう考えると、ヴィヴィはバージョンアップしたのです。
歌姫として、AIを滅ぼすAIとしても。

おわりに (『vivy』7話とは)

AIの発展に伴い、ますます感情豊かになっていく本作のAI達。

ヴィヴィは自信家、オフィーリアは心配性?
もはや人間のようですね。

私は、どっちかと言うと、ドライだけど時々熱くなる以前のヴィヴィが好きだったので、今回のヴィヴィは違和感を感じずにはいられません(苦笑)。

今後、ヴィヴィは以前のヴィヴィを取り戻すのか?
それとも、この前向きな性格のまま展開していくのか。

その辺も楽しみですね。

Blu-ray発売情報によると、7~9話がvol4に収録されています。
オフィーリアエピソードは3話構成になりそうですね。

唯一の3話構成。
どんな話を見せてくれるか楽しみです!

以上、TVアニメ『vivy』第7話の感想&考察レビューでした。
超長文にもかかわらず、最後まで読んで頂きありがとうございます。

8話のレビューも書いてます。
良かったらご覧下さい。

ではでは。

きょうのひとこと

オフィーリアだから水災ばかり?
分からない人は「オフィーリア」で検索してみよう!

関連記事

アニメ『vivy』第8話のレビューはこちら。
Vivy 8話
アニメ【Vivy】8話 感想&考察 とうとうAIが自殺...そんな単純な展開ではなかった2021年春TVアニメ『Vivy -Fluorite Eye's Song-(ヴィヴィ)』第8話 考察&感想レビュー。各話感想に加え、個人的な解釈および推測で考察・解説します。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。