王様ランキング

アニメ【王様ランキング】1話感想&考察 この出会いはボッジを救うのか、それとも国を救うのか?

王様ランキング 1話

こんばんは。時文(@toki23_a)です。
TVアニメ『王様ランキング』第1話、鑑賞しました。

いや~~やられました(笑)。
タイトルと絵から判断するとミスリードされる!?

地に足ついたキャラクターに、主人公の重い設定。
人々は優しいようで、王に求めるものは手厳しい。

1話で一気に魅了され、原作コミックを即購入。
まだ、始まったばかりですが、期待を込めて取り上げます!

今話の疑問点 (リンクは該当箇所へ)
※原作情報と、私なりの解釈を含め考察

  • 耳が聞こえないのに、ボッジはなぜ相手の言葉が分かるのか? 
  • ボッジは裸になっても、なぜ笑っていたのか? 
  • ボッスは強いだけで王になったのか? 
  • ボッジは誰にも愛されてないのか? 
  • ドーマスはなぜ荒れていたのか? 
  • 蛇は蛇使いベビンが仕掛けたのか? 

ここでは、以下の観点でレビューします。

アニメ各話「感想」

原作コミックを読んで分かった新情報を加味して「解説・考察

私は原作コミック未読です。
アニメ鑑賞後、”アニメ化済み時点まで“の部分を読み、レビューを作成しています。

レビュー作成時は、先の内容は知りません。
よって・・・

次話以降のネタバレは「なし」なのでご安心ください。

王様ランキング(全23話)各話リスト

話数 サブタイトル  コミック巻数
本レビュー 裸の王子 1巻
第2話 王子とカゲ
第3話 新しい国王
2巻 
第4話 初めての旅
第5話 からみあう陰謀
3・4巻 注1
第6話 冥府の王
第7話 王子の弟子入り

※リンクは各話レビューへ
注1:第6、7話はコミック3、4巻の構成を入れ替えてアニメ化

今回のあらすじ

王様ランキング 1話
あらすじ

生まれつき耳が聞こえず、口もきけないボッジ
ボッジは第一王子でありながら、家臣や民衆から王に相応しくないとさげすまれていた。

ある日、奇妙な生き物・カゲと出会う。
カゲは、なぜかボッジの言葉が分かるのだった──

正直、タイトル『王様ランキング』からして安っぽく、各キャラクターの名前も安直。(失礼)

アニメの絵は少しブラッシュアップされていますが、原作コミックの絵はお世辞にも上手いとは言えない。(重ね重ね失礼)

だけど、中身は魅力満載──

ディズニー(ピクサー)映画を彷彿とさせる、レッテル貼られた少年の成長譚
寓話に出てくるような個性あるキャラクターに、魔物や設定

主人公ボッジは、耳が聞こえず口もきけず、周囲からバカだと思われている第一王子。

周りの評価がどれだけ低くても、ボッジの王への熱意は冷めない。
亡き母との約束か、それが唯一、自分の存在価値を示すものだからか・・・。

ボッジは王に、たり得るのか?
第二王子ダイダこそ、王に相応しいのではないのか?

教育係ドーマスがそう思った時、心優しき少年に、熱い心の火が灯る──

では、今話を振り返っていきましょう。

感想&考察レビュー 第1話「裸の王子」

導入

この世界には、各国の王様を順位好けする「王様ランキング」なるものがあった。

王様ランキング

王様ランキングとは──

高名な騎士を数多く従えているか。
国民が多く、町が栄えているか。
そしてなにより、王様自身が勇者のごとく強いか。

それらを条件に各国の王様をランキングしたものである。

by ナレーション『王様ランキング』TVアニメ第1話

各国の王様をランキングするとは、この世界では全ての国が王政なのでしょうか?
王の強さが比較対象なら、この世界では強い者が王になる世界なのでしょうか?

と、普通なら考えてしまうかも(笑)。
が、本作は童話、寓話のような作品なので、その手のことは気にしなくていいでしょう。

寓話」とは

寓話(ぐうわ)とは、比喩によって人間の生活に馴染みの深いできごとを見せ、それによって諭すことを意図した物語。

Wikipediaより

補足

寓話で有名なのは「イソップ物語」。
日本でよく聞くのは『アリとキリギリス』『ウサギとカメ』『北風と太陽』等々。

どれも子供を引きつける楽しい話でありながら、意外と深い内容になっています

これが寓話の特徴です。

『王様ランキング』は寓話の特長を使って、本筋と関係ないところは単純化し、世界を分かりやすくデフォルメし、何かを伝えようとしているのです

まあ本作に限らず、アニメやマンガは多かれ少なかれそういう所ありますけどね(笑)。

強くならなければ乗り越えていけない・・・

王様ランキング 1話

大丈夫よ、あなたは強い子。
たくさんの嫌なことを乗り越えていける。
そして、世界一立派な王様にならなきゃね、約束。

by シーナ『王様ランキング』TVアニメ第1話

母親が言う「たくさんの嫌なことを乗り越えていける」というセリフが、本作の今後、ボッジの前に立ちはだかる障害を物語っていますね・・・

王子だからと言って周囲が助けてくれるわけでもなく。
ボッジ自身が強くならなければ、この先の困難を乗り越えていけない・・・

ボッジは強いのではありません・・・強くならなければならない!?

それが『王様ランキング』の世界。

──と、母親の口を通して、原作者は宣言しているのです。

◇◇◇◇◇

それにしても・・・
寓話やアニメ(マンガ)はデフォルメすると言ったものの、母親が大きすぎ!
それとも、ボッジが小さすぎるの!?

推測

普通の背丈の王妃ヒリングから生まれた弟のダイダは、既にボッジより背が高い。

ボッジは少し成長が遅いのでしょう。
子供用の剣も持てないほど非力なのも、成長と関係があるのでしょうか?

もしくは、ボッジの母親とダイダの母親は、種族が違い成長の速度(&寿命)が違うのでしょうか。

その辺は追々説明されるのでしょう。

出会い

ボッジが城外に出て遊んでいると、奇妙な生き物に絡まれる・・・

ボッジの身のこなし

ボッジは周囲の目が気になるのか、一人城外へ飛び出していく──

ボッジは、高い城壁を怖がることもなく走り抜け・・・

落ちたら危ないと思ったのも束の間──
壁を伝って城外へ着地!?

ボッジは身体は小さいが、身体能力は高いのでは!?
それとも、この程度は、この世界では当たり前なのでしょうか?

まだ1話で判断つきかねますが、高い身体能力なのに子供用の剣も持てない非力。
これは、かなりアンバランスですね。

読唇術!?

王様ランキング 1話

俺の言ってることは、口の動きで分かるのか?

僕の言ってるの分かるの?だと・・・
まあな、なぜだか分からんが分かる。

by カゲ『王様ランキング』TVアニメ第1話

ボッジは耳が聞こえなくても、口の動きで相手が何と言っているか分かっていた
ボッジは読唇術ができるのです。

と言うか、カゲのハサミは”手”だと思ってました。口だったのですね。そっちに驚きました(笑)。

原作コミックでは、カゲははっきりと言ってます──

オレの口の動きで何を言ってるかわかる読唇術ってやつだな

※アニメではカット

by カゲ『王様ランキング』コミック1巻

補足

読心術」ではなく「読唇術」です。

読心術は、相手の考えが分かる超能力。
読唇術は、唇の動きを見て何を言っているのか読み取る技術です。

アニメでカットしたのは、読唇術と読心術が同音異義語なので、勘違いされないよう省力したのでしょう。

アニメでは、次のセリフもカットされています。
読唇術を見抜いたカゲに対して、ボッジは返します──

よく分かるね、すごいだと?
まあな。

※アニメでは全文カット

by カゲ『王様ランキング』コミック1巻

原作では、この時のボッジは、頬を赤らめています。
ということは・・・

それだけ嬉しかったことの裏返し

男A:大方どこかで追い剥ぎにでもあったんだろ。
男B:ああ、でも笑顔だったぞ?
男A:バカなのさ。

by 『王様ランキング』TVアニメ第1話

ボッジはカゲに服を”取られた”ことを認識しています
裸で帰ることが”恥ずかしいこと”だとも認識しているのでしょう。

それでも思わず笑みがこぼれてしまう・・・

ボッジは、自分が話していることをカゲが理解してくれたのが嬉しかったのでしょう。

だから、素直に服を渡した。
次の日に服を持って行ったのもカゲと話したいからではないでしょうか。

なぜなら、ボッジは生まれた初めて、言葉で会話できる相手が見つかったのですから

余談

カゲが欲しいのは、服ではなく金目になるもの

初めての時は手持ちがなかったので仕方ないにしろ、次の日からは金目になる物を持っていけば、裸になる必要はなく恥をかくこともなかった。

この辺が、ホッジにはまだまだ足りない部分ですね。

ちなみに、帰りだけ町中を歩いて行ったのは、城壁を降りることはできても登ることはできなかったのでしょう・・・

会話できるのが嬉しいって?
なんだお前そんなことが嬉しいのか。

そうか、お前耳も聞こえないしバカだから、誰も相手にしてくれないのか。

その通り!よく分かるね、だと?

バカっ!
オレはお前をコケにしてんの!

やりづれえな・・・

by カゲ『王様ランキング』TVアニメ第1話

このときのボッジは、バカにされてもカゲと会話できる喜びの方が勝っている感じでしたね♪

喜ぶボッジを見て、実はカゲも嬉しくなっています(笑)。
情が湧いては脅し取る物も脅し取れない。

だからツネってシャンとしているのです。

蔑視

裸のボッジは町民にバカにされ、王妃ヒリングからも王室の威厳を傷つけたと叱責される。

相手の言っていることは分かる

あなたなんで裸なの?

ねえ、あなた、何かしゃべってみてよ?

by 少女『王様ランキング』TVアニメ第1話

少女が何気に投げかけたこの言葉。
「何かしゃべってみてよ?」という問いかけに、ボッジなりに回答。

確かに、相手の話していることを、読み取っているようです。

ではなぜ、読唇術ができることを、周囲に知られてないのでしょうか?

町民だけでなく、城の物達はもちろん一番近くにいる剣術指南役のドーマスも知らないようですね。

ボッジは”あえて”隠しているのか、単に伝えてないだけなのでしょうか・・・

推測

仮に、ボッジは読心術を隠しているとすると──

王妃ヒリングの言葉にいちいち感情を表すのは不自然です。
それともあまりにショッキングなことを言われたので、読唇術を隠すことを忘れ反応してしまったのでしょうか?

町中での少女との問いに対して気にせず返しています。

が、原作を確認したところ──
原作では子供達が手で口を動かすジェスチャーをして、何か話すよう促しています

だから、ボッジは応えたように見えます。

よって、この時点では、ボッジは読唇術を意図的に隠しているのか、そうではないのか、判断できません。

実は我慢していた・・・

あいつ・・・
ずっと平気なフリして、我慢してたのか・・・

by カゲ『王様ランキング』TVアニメ第1話

いや、カゲよ・・・おまえがその原因の一つを作ったのだぞ(苦笑)。

ボッジの耳が聞こえないのをいいことに、町民や兵士は、ボッジに対して言いたい放題

ボッジは読唇術で目の前で言われていることは理解しています。

何を言ったのか分かっているにもかかわらず、相手が「ボッジに聞こえてないと思い、話している言葉」は、”聞こえないフリ”をして、その上、平気な態度をしていたのです

部屋に戻り一人になると、思わず涙が溢れ出すボッジ。
でも、部屋を出る前には涙を拭い、笑顔に戻る・・・

子供にできることではないですが、これが──

大丈夫よ、あなたは強い子
たくさんの嫌なことを乗り越えていける
そして、世界一立派な王様にならなきゃね、約束。

by シーナ『王様ランキング』TVアニメ第1話

母と約束をしたことなのでしょう・・・

(原作情報)このセリフの後のカゲのシーン、アニメは原作と異なります。恐らくもう少し先のシーンと入れ替えたのだと思われます。ここで明かすと2話のネタバレになるので、次話で触れます。

ア) カゲが見つかるのはもう少し先

おまえ「影の一族」だな。
呪われた暗殺一族か、絶滅したと聞いていたがな。

by 四天王「蛇使い」ベビン『王様ランキング』TVアニメ第1話

原作では、カゲが見つかるのはもう少し先

恐らく、ボッジが避ける訓練をしたヘビが、四天王「蛇使い」ベビンのヘビだと連想させるために、構成を変えたのだと思われます。

上手い構成変更ですね。

私もアニメ鑑賞時、ベビンが”ワザと”ボッジに仕掛けたのだと解釈しました

ベビンの目的は、ボッジを鍛えるためか、それともボッジにケガを負わせるためか・・・
どちらが正解なのかは今は分かりません。

余談

もう一つ──

暗殺を生業にした「影の一族」。

元は、某王国のお抱え暗殺団。
一度主君を決めたら、絶対に裏切らない

by 四天王「蛇使い」ベビン『王様ランキング』TVアニメ第1話

「主君を絶対に裏切らない」。
このセリフが伏線になって欲しいですね。

王の間の扉

入れ。

by ボッス王『王様ランキング』TVアニメ第1話

王の間の扉。
随分と重そうでした(笑)。

この世界ではこれが当たり前なのか。
それとも、ボッジが非力だから、重そうに見えるのか?

疑問

見た感じでは、普通の扉とは違い、重そうです。

ボッジは、苦労しながらも一人で開けることはできました。
ボッジは、力が全くないわけではなさそうです。

では、なぜ子供用の剣すら振れないのでしょうか?

大人用の剣ならば、重いので振れないのは分かります。
子供用の剣であれば、この扉よりも軽く見えるのですが・・・

少し不思議ですね。

ボッス王国

ボッス王は、第一王子ボッジを愛しているが、国を任せるとなると行く末が心配でならなかった。

ボッジも、ここまで大きくなる?

それにしても、ボッス王はどうしてこんなに大きい!?
いや、ボッス王だけでなく母シーナも大きかった。

大人が全て大きいわけではないのは、町や城内の兵士を見ても明らか。

ボッジの両親だけが特別なのでしょうか?

ボッス王が触れた、ボッジの小さな手・・・
ボッジはあまりに小さい。

ボッジもいずれ両親のように大きな身体になるのでしょうか?
それとも、それすら叶わないから、ダメ王子のレッテルを貼られたのでしょうか?

両親の巨大な身体は、童話的、寓話的な誇張表現なのか。
それとも実際に二人は何らかの理由で大きいのか。

この辺は、今後明かされていくのでしょう。

原) ボッス王はただ強いだけではなかった

その男は、どこからともなく現れた。
その戦い方は、まさに圧巻だった。

これが、ボッス王国の始まりだった。

by ナレーション『王様ランキング』TVアニメ第1話

ボッス王の過去、ボッス王国誕生の瞬間。
アニメはかなりカットされています。

「まさに圧巻」とは?

アニメ描写だけでは分からない事実が原作には描かれてます──

その戦い方は、まさに圧巻だった。

守りを捨て、受ける傷は深く数知れない。
しかし、男は全くひるまず決して引かなかった。

魔物は恐怖した。

魔物は散り散りに逃げ、男は大将首をあげた。

※太字部分はアニメではカット

by 『王様ランキング』コミック1巻

守りを捨て、受けた傷は数知れず。
それでも攻撃の手を緩めない男に、魔物が恐怖。

村人達は、自分たちの為に、村とは何の関係もない男が、自分たちの為に傷付きながら戦う姿に心を動かされた

単に強いだけでなく、ボッスの戦い方が圧巻だったのです

その上、原作ではこう締めくくられています──

そして戦いを終えた男は、自信に溢れ慈愛に満ちており人を惹きつけた。

※アニメでは全文カット

by 『王様ランキング』コミック1巻

原作には照れくさそうに笑うボッスの姿が──
こうしてボッス王国が始まったのです。

ボッス王はボッジを愛している

王様ランキング 1話

お前は前妻の忘れ形見だ。
可愛くて仕方がない。

しかし、ワシの亡き後、この国のことを思うと心が痛い。

by ボッス王『王様ランキング』TVアニメ第1話

話の流れからすると、ボッス王も、ボッジに呆れているのかと思ってました。

が、ボッス王はボッジが可愛くて仕方がない。

ボッジの母シーナは既に亡くなっていたのです
ボッジは亡き妻の忘れ形見として可愛がられていたのです。

優しかった母親は既に亡くなっており、ボッジの周りは敵だらけだと思ってました。
が、父であり王であるボッス王は、ボッジを愛していたのです。

ちょっと救われましたね。
でも、だからこそ、ボッジは両親の期待に応えなくてはならないのです。

練習試合

ボッス王にボッジの更なる修行を頼まれたドーマスは、悩んでいた・・・

原) ドーマスの鍛錬

王様ランキング 1話

荒れてるなあ。

by ダイダ『王様ランキング』TVアニメ第1話

ダイダ同様、私もドーマスは荒れているようにしか見えませんでした(笑)。

ボッス王が願うように、ドーマスがボッジを強くできてないことに・・・
もしくは、ボッジが強くならないのは自分の責任ではないのに、あんなことを言われ悔しくて荒れたのだと・・・

原作コミックにはドーマスがいきなり剣を振るった理由が書かれていました──

いつしかボッジに剣を教える情熱はなくなり、代わりに自身がボッジを剣で守ればいいと考えるようになった。

吹っ切れたドーマスの鍛錬はすさまじかった。

※アニメでは全文カット

by 『王様ランキング』コミック1巻

(原作情報)ドーマスは剣の天才で、剣で彼の右に出る者はいなかった。そんな彼をボッス王がボッジの剣術指南役に抜擢したのです。

原作によると、ドーマスはボッス王に憧れ王国に仕えました。
剣の腕を買われ、憧れのボッス王から第一王子の剣術指南役に指名
大感激したドーマスは剣の全てを教えようとしたが、ボッジはショートソードすら持てない非力・・・どうしようもなかったのです

いつしか、ボッジが強くなくても、自分が傍にいて強くあれば良いと考えるように。

吹っ切れたドーマスの鍛錬が、あのシーンだったのです!

全然意味合いが違いますね(笑)。
荒れているようにしか見えなかったです(苦笑)。

決してボッジを見捨てたわけではなかったのです。
ちょっとホッとしました。

第二王子ダイダ

この方は強くなる。
これこそ王の剣だ。
教えたい、私の剣を。

by 四天王「ソードマスター」ドーマス『王様ランキング』TVアニメ第1話

第二王子ダイダは、名前からしてボッジの「代打」、つまりボッジの引き立て役だと思ってました(苦笑)

が、ボッス王も言ってました──

ダイダの手は努力と鍛錬の塊だぞ。

by ボッス王『王様ランキング』TVアニメ第1話

ダイダは、才能に溺れた高慢ちきなダメ王子ではなく、努力と鍛錬によって強さを身につけていたのです。

国一番のソードマスターに試合を挑む、挑戦心。
国一番のソードマスターに負けても悔しがる、負けん気の強さ。

それは、それに見合うだけの努力をしてきた証し

ダイダの戦いぶりは、ドーマスを昂揚させ、ボッジをも刺激したのです。

蛇使いベビンは知っていた!?

やっぱりマグレじゃなかったんだ、あのときの「あれ」は!

by 衛兵『王様ランキング』TVアニメ第1話

第一王子ボッジと第二王子ダイダの試合。

誰もがダイダが圧勝すると思っていた。
非力なボッジではダイダに敵うはずがないと・・・

ところが、ダイダの剣は空を切る!

ボッジの身軽さは蛇に鍛えられたのか?
たまたま蛇に襲われただけなのか?

今回の結果に驚いてないのは、蛇から逃げるのを見ていた衛兵と、蛇使いベビン

つまり、この衛兵と蛇使いベビンは、ボッジの身軽さを知っていたのです

推測

蛇使いベビンが驚いてないということは、ボッジに襲いかかった蛇は、蛇使いベビンのものでしょう。

蛇を通じて、ベビンは知っていたのです。

問題は、蛇使いベビンが”なぜ蛇を使って”ボッジを襲ったのか?

蛇使いベビンは第二王子ダイダの剣術指南役。
ボッジに教える義理はありません。

となると思い浮かぶのは、ボッジ排除か?
ダイダを王にするために、ボッジを狙ったのか?

とアニメ鑑賞時は考えてました(苦笑)。
が、原作コミックで新たな情報を入手。

少し考えを改めました──

あそこからしか見えない、死角の場所があるんだよ。
一年中、日陰で暗くジメジメした場所だ。

オレは人の気配がしたから、ふと視線を向けたらボッジ様がいたんだよ。

- 後略 -

※アニメでは全文カット

by 衛兵『王様ランキング』コミック1巻

「死角の場所」に「暗くジメジメした場所」。

現時点では、完全に私の推測ですが・・・

暗くジメジメした場所とは、蛇の住みかではないでしょうか?

そうすると、別の可能性が・・・
ボッジは蛇に襲われたのではなく・・・

ボッジが、蛇のいるところに足を踏み入れたのでは?

ボッジが蛇に襲われたのは、事故か、逃げる練習をするためにボッジが自ら飛び込んだのではないでしょうか?

蛇使いベビンは蛇と情報交換できそうな感じでしたから、ボッジとのやりとりをたまたま知った。

蛇使いベビンは何も仕掛けてないのでは?

情報が少ないですが、今の私の結論です。
この辺も次話明かされるでしょうか。
楽しみです。

ボッジはこれで勝てるのか!?

当てた!
避けて当てたぞ!

by 衛兵『王様ランキング』TVアニメ第1話

一番隊長ですら倒した弟のダイダ。
ボッジが敵うわけがない。

ボッジは、ダイダどころか、誰にも勝てるわけがないと思われていた。
そのボッジが、ダイダの凄まじい剣を避け、軽いが一本取る!

ここまで、優しいだけで、この世界で求められる強さを持ってないと思われたボッジ。
華麗なる身軽さを見せつける。

ただ、試合ならこれで勝ちかもしれないが、実戦では剣も持てない非力なボッジはそもそも剣を振るうことすらできない。

そのことがどう影響するのか。

次話も楽しみです!

おわりに (『王様ランキング』1話とは)

カゲとの出会いがボッジの転機となるのか?

ボッジは誰からも王に相応しくないと評されていますが、何もしてなかったわけではありません。

強くあろうとし、何を言われても笑顔を絶やさない。
非力をカバーするためか、避ける訓練を積んでいた。

決して身体にハンディキャップがあるから甘く見られるわけでなく、王周辺は均等に扱う。

『王様ランキング』は、ボッジがカゲと出会い、そこから始める物語ではなさそうです。
元々、熱い心を持ったボッジが、既に努力をしている状態からスタート。

そこへカゲが加わり、どんな展開になるのか。

Blu-ray発売情報によるとアニメは全23話、2クール構成。

たっぷり味わえそうですね。
次話以降も楽しみです!

以上、TVアニメ『王様ランキング』第1話の感想&考察レビューでした。
最後まで読んで頂きありがとうございます。

2話のレビューも書く予定です。
良かったらまたお越し下さい。
最新情報はTwitter(@toki23_a)にて!

ではでは。

きょうのひとこと

頭の王冠はどういう仕組みで、かぶってるの?

関連記事

アニメ『王様ランキング』第2話のレビューはこちら。
王様ランキング 2話
アニメ【王様ランキング】2話感想&考察 日陰の二人のコンビ誕生 カゲはボッジの光となるか2021年夏TVアニメ『王様ランキング』第2話「王子とカゲ」 感想&解説(原作補足)&考察レビュー。伯爵令嬢ポイーズは危険?ドーマスはなぜ試合を止めなかった?ボッジは何に悔しがったのか?(次話以降のネタバレなし!) アニメ各話感想に加え、アニメと原作コミックとの違い、読んで分かった情報を紹介します。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。