王様ランキング

アニメ【王様ランキング】12話感想&考察 ミランジョの願いはボッス王国滅亡!?その先には何が?

王様ランキング 12話

こんばんは。時文(@toki23_a)です。
TVアニメ『王様ランキング』第12話、鑑賞しました。

今回、アニメ化されたのは、コミック──

  • 6巻70話~話76話中盤

ボッジが旅に出てから複数箇所で話が展開されたので、アニメ11話までは原作の構成とは大きく変更。

シーン単位での構成変更はまだありますが・・・
各地に散らばった皆がボッス王国へ向かい始めた、11話後半から原作とほぼ同じ構成になりました。

今話の疑問点 (リンクは該当箇所へ)
※原作情報と、私なりの解釈を含め考察

  • ボッジの旅の目的は? 
  • ミランジョの狙いは?(隊長の見立て) 
  • 6人の罪人は、どう選んだのか? 
  • なぜ罪人ゾックはミランジョを信じることにしたのか? 
  • ミランジョはボッス王も裏切ったのか? 
  • キングボの父は誰?隣にいたのは審査員? 
  • ボッス王は無抵抗?原作では兵士に何か言ってる? 

ここでは、以下の観点でレビューします。

アニメ各話「感想」

原作コミックを読んで分かった新情報を加味して「解説・考察

私は原作コミック未読です。
アニメ鑑賞後、”アニメ化済み時点まで“の部分を読み、レビューを作成しています。

レビュー作成時は、先の内容は知りません。
よって・・・

次話以降のネタバレは「なし」なのでご安心ください。

王様ランキング(全23話)各話リスト

話数 サブタイトル  コミック巻数
11話以前はこちらからどうぞ
本レビュー 戦いの足音
6巻
第13話 王国の乱れ

※リンクは各話レビューへ

今回のあらすじ

あらすじ

ミランジョの手引きにより城内へ引き入れられた冥府の罪人たち。
ミランジョは彼らに好きにして良いと言い、罪人は各々好き勝手に行動する・・・

一方、ボッス王国へ駆けつける面々。
王妃ヒリング率いるドルーシ達が一足先に城へ到着した──

ボッス王国だけでなく冥府の罪人、冥府騎士団まで加わり、各々思いを胸に秘め、集うお城で大乱闘に発展か?

罪人逃がすも見返り求めず、自分の国を自由にして良い!?
これで本当にミランジョは何を得ようとしているのか・・・

一方、大義を持つ面々はボッス王国へ急ぎ向かう。
別れたばかりのデスパー師匠の参戦は心強い。
#笑いも忘れていません(笑)

ボッス王の沈黙に、ミランジョの企み
気になることは多々ありつつも。
まずはVSドルーシ、ミランジョにとってはリベンジマッチ!

前回の魔物は3匹、今回は・・・

では、今話を振り返っていきましょう。

感想&考察レビュー 第12話「戦いの足音」

前半振り返り

『王様ランキング』は全23話の2クール。
折り返し地点に入ったので、1クール目を超ダイジェストで振り返り。

カゲ視点での語りだったので、一点面白いコメントが──

ボッジの旅の目的は・・・

弟のダイダに王座を取られちまったボッジは、旅に出ることにした。
きっと、いつか立派な王様になるための修行のつもりだったんじゃないかな

by カゲ『王様ランキング』TVアニメ第12話

おいおい、カゲさん。
ボッジが旅に出た一番の目的は、君を探すためですよ(笑)

オレは、これからどんなことがあっても、お前の味方になりたいんだ

オレ、本気で言ってんだぜ。
オレ、本気だぜ、ボッジ。

by カゲ『王様ランキング』TVアニメ第2話

ここまで言ってくれたカゲが、何も言わずに姿を消した
その身を案じたから、王の座云々よりも、友達を探しに行ったのです

だから再会したとき、喜びもひとしおだったのです。

カゲがこのようなコメントをするということは、ボッジが旅の目的をカゲにはまだ伝えていないのを意味します。

アニメ(原作)で描かれていないだけで、ボッジはカゲに伝えているのだと思ってました(笑)。

どこかで印象的に伝えるのかもしれないですね。
覚えておきましょう!

ボッジSIDE

冥府の罪人たちがボッス王国へいると聞き、冥府騎士団と祖国へ戻るボッジとカゲ。

何するにしてもリスクが大きい

罪人共を手引きした者がいるのだ。

そいつの目的は・・・国の転覆か、国の乗っ取りか
いろいろ考えられると思う

by 冥府騎士団 隊長『王様ランキング』TVアニメ第12話

冥府騎士団の隊長も、罪人をボッス王国へ引き入れた目的は分からず。
いや、色々可能性は考えられるが、絞り込めず。

なぜなら──

隊長:しかし一筋縄ではいかない罪人共を利用するのは、あまりにリスクがある
カゲ:リスク?
隊長:ああ、逆に利用されかねんからな!

隊長:他に理由があるのか、ただ浅はかなだけか・・・

※アニメでは全文カット

by 『王様ランキング』コミック6巻

脱獄させた罪人はただの罪人ではなく、凶悪な犯罪者ばかり。
そんな奴らを思い通りに動かそうとしても、逆に利用されてしまう・・・。
と、罪人を取り締まってきた隊長はよく分かっています。

だから、可能性は考えられるが、真意が読めないでいるのです。

(原作情報)原作では不安な状況を聞き、ボッジとカゲは王妃ヒリングの身を心配しますが、隊長は安心させるために小さなウソをつきます。

── そうだ、この子らは、私の一言で安心できるのだ・・・

うむ!大丈夫だ!

── 責任は持つさ

※アニメでは全文カット

by 冥府騎士団 隊長『王様ランキング』コミック6巻

不安げなボッジとカゲを安心させるために、優しいウソをつく隊長
優しさと責任感があるだけに、不吉なフラグにならなければ良いのですが・・・

その上、デスハー王からはボッス王国を奪う指示まで受けている隊長。
なかなか複雑な状況になってきました。

デスパー師匠参戦!

デスパー様もおいでになるぞ。

by 冥府騎士団 隊長『王様ランキング』TVアニメ第12話

ボッジとカゲが冥府騎士団と共にボッス王国へ向かったとき、デスパー師匠も一緒にいました。

ならば、デスパー師匠も「後で行く」と言ってくれればいいのに(苦笑)
いや、それどころか──

あなた達に幸あれ

by デスパー師匠『王様ランキング』TVアニメ第11話

などと、格好いいこと言ってたのに!
まるで、しばらく会えないような言いっぷりですよね!

実は、原作ではボッジとカゲは、もっと前にデスパー師匠の家を発ってます

(原作情報)原作では、ボッジとカゲはデスパー師匠の元を離れ、ボッス王国へ向かっている途中で、冥府騎士団に拾われます。

一旦ボッジとカゲは、デスパー師匠と別れていたのです

だから「あなた達に幸あれ」。

ところが、その後、冥府の罪人が、外部の手引きで脱獄しボッス王国へ。
デスハー王の指示で、ボッス王国へ向かうことになり、思ったより早いタイミングで再び会える機会が訪れたのです。

なんだかんだで結局、その太った愛馬で行くことにしたんだが・・・
案の定、ついて来れず遅れるそうだ・・・

by 冥府騎士団 隊長『王様ランキング』TVアニメ第12話

よって、デスパー師匠は冥府騎士団と同タイミングで、冥府を出発。
でも、ついて来れず遅れているのです。

ミランジョSIDE

ミランジョの手引きで城内に引き入れられた、凶悪な冥府の罪人たち。
ミランジョは、何をしてもいいと言うが・・・

ミランジョの狙いは?

お前たちは自由だ、好きなことができる
街を襲おうが、この国を乗っ取ろうが、自由だ

by ミランジョ『王様ランキング』TVアニメ第12話

ミランジョは、ヒリング暗殺に失敗し魔物を失った。(9話)
だから再び冥府に行ったのだと思ってました。

つまり、目的はヒリング暗殺を成功させるため。

ところが、罪人たちに「何をしても良い」と言う。
側近たちがやられた時も──

かまわん。
お前たちは、それでよいのだ

by ミランジョ『王様ランキング』TVアニメ第12話

(原作情報)原作では、上記セリフの後「外に出て存分に暴れるがよい」とまで言ってます。

ミランジョは、暴れることを期待・・しているのです

凶悪な冥府の罪人が好きなことをして、一体ミランジョにどんな得があるというのでしょうか?

損得か。
心配するな、これから得をするから

by ミランジョ『王様ランキング』TVアニメ第12話

推測

ミランジョの、この言い方──
罪人が暴れることによって、明らかに何かを狙っています

凶悪犯罪者を自由にさせたら、ミランジョが排除しようとしている人以外にも危害が及びます。

下手すりゃ国の転覆・・・

ミランジョの狙いは、国の破壊か、混沌とした世界か・・・
それで何を得られる?

まさか、デスハー王国を巻き込むのが目的?
狙いは王様ランキング?

うーーん、まだまだ情報不足ですね(苦笑)。

ミランジョが選んだ罪人たち

凄腕が揃っているな。

- 中略 -

しかし、あの二人は強さというか迫力が全く感じられん

by ミランジョ『王様ランキング』TVアニメ第12話

六人組を凄腕が揃っていると評しながら、「冥府の剣王オウケン」「山賊の頭ゾック」の二人には、全く迫力を感じないアピス

オウケンはすぐに異様な強さを発揮します。
が、ゾックは本当に強いのでしょうか?

いいえ、問題は強いかどうかではありません。
なぜこの6人が選ばれたのか──

(原作情報)原作にもなぜ選ばれたのかは明かされてませんが、ミランジョが選んだと明言されています。

もっともミランジョ様が選んだ者達だ
私如きが評するなんて分相応でないな・・・

※アニメでは全文カット

by アピス『王様ランキング』コミック6巻

原作によると、この罪人たちはミランジョが選んだのです

強そうに見えないゾックも、何か意図があって選ばれたのです。
悪い意味で、楽しみですね(苦笑)。

人形とダイヤモンド

ダイヤモンドだ!!

by 山賊の頭ゾック『王様ランキング』TVアニメ第12話

魔法の鏡はダイヤモンド!?

ダイヤモンドだから、ミランジョは「誰も私に傷はつけられん」と言ったのですね

ダイヤモンドと言えば・・・

ボッス王の十八番(笑)
この大きなダイヤモンドも、ボッス王が作ったのでしょうか?

そして──

人形じゃねえか

by 山賊の頭ゾック『王様ランキング』TVアニメ第12話

なんと、ミランジョに付き従っていた側近は人形だったのです。

どおりで随分従順な側近たちだと思ってました(笑)。
ミランジョとずっと一緒だったならともかく、ミランジョが今回行動を起こすまで、一体どこで何をしていたのだろうと疑問に思っていたのですが・・・人形なら納得です。

では、この人形はどういう理屈で動いているのでしょうか?

推測

ミランジョは、自分に模した人形を魔力で操っていました。(9話)

側近も人形ということは、彼らもミランジョが操っていたのでしょう。

でも、9話でボッス王とダンスしたときは「魔力が続かない」と嘆いてました
動きもぎこちなかった

では、なぜ側近は自由に動かせているのでしょうか?

側近はダイダに秘薬を飲ませるとき等、細かい動きをしていました

側近の人形と、ミランジョ人形は違う作りなのでしょうか?

それとも、人形(ミランジョ人形)に入り込んで動かすのと、鏡の中から遠隔操作するのは違うのかもしれないですね。

利害が一致

奴の目的は、単純に恨みか?
この国への?それとも誰かへの?

となればワシらには裏表なし。
好き勝手させてもらっても・・・

by 山賊の頭ゾック『王様ランキング』TVアニメ第12話

ミランジョの狙いは読めないが、罪人たちに自由にしていいと言ったのは本当らしい。
なぜなら、この国の王を捕らえることを許したから

そこでゾックが考えたのは、ミランジョの目的は単なる恨み

この国を破滅させたい、もしくは誰かに恨みを晴らしたい。
ならば、罪人を自由にさせるのも納得。

つまり、ミランジョが言っていることはウソではないと、判断したのです。

ダイダ王への想いは変わらず

こんなのが王になれる国かっ

by 没落せし王族キングボ『王様ランキング』TVアニメ第12話

いくら冥府の罪人たちが強いとはいえ、無抵抗で囚われの身となるボッス王。

ミランジョは、ボッス王も見捨てたのでしょうか?
それとも、これもミランジョが描いたシナリオなのでしょうか?

推測

まず、ミランジョは今もボッス王ファーストです(笑)

ミランジョが二度目の冥府へ向かう時──

再び冥府へ。
強者を私の配下にし、ボッス様と私・・・・・・の新しい時代を

by ミランジョ『王様ランキング』TVアニメ第9話

あくまで、ボッス王と自分のために、罪人を脱獄させたと伺えます

そして、今回キングボがボッス王に蹴りを入れた瞬間──
アニメではカットされてますが、原作ではミランジョは動揺しています

アピスも、すぐにでも襲いかからんと身構えます。

つまり、罪人たちに何をしても良いと言いながら、ボッス王に危害を加えることは許さない

まあ多少は仕方ないのでしょう。

よって、ボッス王が無抵抗なのも、ミランジョのシナリオ通りなのでしょう。

さて、ミランジョの狙いは一体なんなのでしょう?
そして、ボッス王はどこまで織り込み済みなのでしょうか?

冥府の剣王オウケン

あれはなんだ?魔法!?

by 山賊の頭ゾック『王様ランキング』TVアニメ第12話

アピスも罪人たちも、6人の中で圧倒的に強いと思っていたのはキングボ。
が、そのキングボを、オウケンはあっさり倒してしまう。

オウケンは妙な技を使い、キングボの動きを止める

冥府騎士団団長、オウケン。
怪しげなワザを使い、冥府の剣王と呼ばれた男

by デスハー王『王様ランキング』TVアニメ第11話

デスハー王が言っていた「怪しげなワザ」とは、相手の動きを止めるこのワザか?

動きを止めた後は、両手両足の腱を切り、動けなくしてからメッタ刺し

苦しみ死んでいくのを眺めるオウケン。
かなり悪趣味・・・

冥府騎士団の団長でありながら、罪人として捕らえられていたのは、この性格か?

キングボの父は狩人か?

キングボ
お前も私に続く身

慈愛の心を身につけ、かつ強くなれ、息子よ

by 狩人?『王様ランキング』TVアニメ第12話

キングボが振り返る父との思い出。
この姿は4話に出てきた狩人の若かりし頃か? (4話)

回想シーンで──
・狩人の隣にいたピエロのような格好をしたのは王様ランキング審査員・・・・・・・・・・
・家族をも皆殺しされた惨劇

ここから導き出される真実は──

推測

4話で、アピスが王様ランキング審査員と会話していました──

1位になった王は、神の宝物庫から好きな物を一つ頂戴できるとか。
歴代の王は皆同じ宝を選んぶんだが・・・そのうち行方不明になるか気が触れているらしいじゃないか

by アピス『王様ランキング』TVアニメ第4話

つまり──

キングボの父は狩人

狩人は王様ランキングで1位となり、神の宝物庫から好きな物を選ぶために、王様ランキング審査員と共に出発。

ところが、宝を手に入れた後、ご乱心

結果、王族を自らの手で惨殺するという顛末か。

乱暴者のキングボにもドラマあり。
いや、これだけの背景があるのだから簡単には終わらない!?

最後、指が動いたので、生きていることと。
これをキッカケにボッジ側に付くのを期待したい。

まあ、普通は、あの高さから落とされた時点で終わりですが(苦笑)。

ドーマスSIDE

城に何か動き合ったと察知したドーマスとホクロ。
ボッス王に指示されたとおり、冥府への門の破壊に向かう。

時は来た!

ドーマス様。
ボッス王の言っていたことが起きたようですね

by ホクロ『王様ランキング』TVアニメ第12話

ボッス王の言っていたこととは──

冥府への門の破壊のタイミングだが・・・
ボッス様は、必ず何か事が起こると仰っていた

by ドーマス『王様ランキング』TVアニメ第11話

ボッス王は、ドーマスに冥府への門を破壊するよう指示。
そのタイミングは「必ず何か事が起こる」と言っていた。

余談

ホクロは、何かが起きると分かっているのに何もしないのか、と憤慨していました。(11話)

が、ここまでの動きが描かれなかったのは、結局何もしなかったのでしょうか?
それとも既に何かしているのでしょうか?

気になりますね(笑)。

いつの間にか、兵士まで揃えたドーマス達。
腐ってもソードマスターと言ったところでしょうか(笑)。

ヒリングSIDE

王様ランキング 12話

ヒリングとドルーシは、精鋭を集めボッス王国へ戻ってきた。

原) ボッス王は無抵抗

ここでようやく前話(11話)のラストです。
今話は、時間を遡って、各サイドの行動と思いが描かれたのです。

前話、城前まで戻ってきた時──

ドルーシ様!
それが、突然6人組の男達が現れ、ボッス様を捕らえてしまったのです。

by 兵士『王様ランキング』TVアニメ第11話

城の中から出てきた兵士達との会話。
アニメではカットされてますが、原作ではボッス王が捕らえられた状況が、もう少し丁寧に報告されています──

突然六人組の男たちが現れ、我らを蹴散らし、ボッス様は無抵抗のまま・・・・・・捕縛されてしまったのです。

by 兵士『王様ランキング』コミック6巻

やはりボッス王は無抵抗で、男達に捕らえられていたのです。
そして、もっと大事な事を兵士に伝えています──

ドルーシ:何者だ、そいつらは
兵士:分かりません。ただボッス様は、我々にも手を出すなと

そして各々自分の家を守れと・・・

※アニメでは全文カット

by 『王様ランキング』コミック6巻

ボッス王は、冥府の罪人に逆らっても敵わないと判断したか、捕まる前提だから兵士の抵抗は意味がないと考えたのか・・・

いずれにせよ、兵士達の身を案じ、無駄な血を流したくないと考えたのでしょう。
更に、家に戻って家族を守れと言う。

一体、これから何が起きるというのか、国民を犠牲にしてまで何をしようというのでしょうか・・・

原作ではドルーシは更に情報を収集します。

ドルーシ:それで魔物とはどんな?
兵士:はい、獅子のような角が生えた
ドルーシ:数は?
兵士:約20匹は・・・

※アニメでは全文カット

by 『王様ランキング』コミック6巻

「獅子のような角」と聞いて、ドルーシは前回襲ってきた魔物を思い出します。

そして、20匹もいると事前に聞いているのです。

原作補足

原作では、20匹の魔物と聞いて、ヒリングが暗殺未遂にあった時を回想します。

ドルーシが魔物と戦っている間、ヒリングと世話係の女性達は、ずっと起きていて備えていたのです。

音がしなくなったので、恐る恐る外を覗くと、血まみれになっていたドルーシを発見。

だから、即座に治療ができたのです。

前回、魔物は3匹。
今回は20匹!

王妃ヒリングは、それでもダイダを救うために、城へ向かいます。
ドルーシは、20匹と聞いてひるんでいません。

つまり、20匹相手でも自信があるということ

さて、ドルーシに秘策はあるのか?
それとも連れてきた兵士が、本当に精鋭なのか?

この兵士とのやりとりは、カットされたのが残念なほど。
ボッス王、王妃ヒリング、ドルーシの優しさが溢れています。

ぜひ、原作をご覧下さい。

国を滅ぼしたい!?

私はこの国を滅ぼしたいのだ

by ミランジョ『王様ランキング』TVアニメ第12話

王妃ヒリングの暗殺どころか、堂々と目の前に現れ、今回の反乱の首謀者であることを明かすミランジョ

単に国を滅ぼすだけではなく、ミランジョ自身が滅ぼす・・・・・・・・・・・ことに意味があるのか?

でも、皆の反応を見ていると、ミランジョがボッス王国に恨みを持つ理由は見当たらない。

誰もがミランジョの存在を知ると敬っている所を見ると、反逆者ではなさそう・・・。

一体何が、ミランジョを突き動かしているのか?
誰も知らない理由がありそうですね。

さて、前回失敗した王妃ヒリング暗殺。
ミランジョにとっては、リベンジマッチ。

アニメで描かれた数を数えると──今回の魔物は15匹。

(原作情報)原作では約20匹と事前に兵士から報告を受けてます。

そして、本当に危険なのは、魔物ではなく罪人たち。

ドルーシは勝てるのか?
王妃ヒリングを守れるのか?

そして王妃ヒリングはダイダを救えるのか?

いよいよ決戦の火蓋が切られたのです。

おわりに (『王様ランキング』12話とは)

OP&ED共に新しくなり、2クールの後半戦がスタート!

前話で、王妃ヒリング達が城へ到着し、さっそく決戦が始まるかと思ったら。
少し時間を遡り、罪人が王座を奪い、皆が城へ集結するくだりだけで30分描ききってしまいました(笑)。

元仲間達同士の戦いで血を流すのは辛い展開と思っていたら、切られても気にならない(笑)、罪人を登場させる。

でも、その罪人にもドラマがある凝りよう。

手段を選ばないミランジョの不穏さが薄気味悪くも、ミランジョを完全な悪人だと断じきれないのも上手し。

デスパー師匠も(遅れて)参戦予定。
デスハー王は間接的かも知れないが、国を奪うなら自ら動く可能性もあり!?
まさかの狩人まで親族が絡んできた。

なんだかんだと前半クールの登場人物、皆関係してきそうな後半戦。
まさかと思いますが、最終23話まで、ミランジョとの決着はつかない!?

なんてことを考えてしまう程、登場人物と謎が盛り沢山。
後半クールも楽しみです!

以上、TVアニメ『王様ランキング』第12話の感想&考察レビューでした。
長文にもかかわらず、最後まで読んで頂きありがとうございます。

13話のレビューも書いてます。
良かったらご覧ください。

ではでは。

きょうのひとこと

こんなに愛されていたら、乗らないとは言えない(苦笑)

関連記事

アニメ『王様ランキング』第13話のレビューはこちら。
王様ランキング 13話
アニメ【王様ランキング】13話感想&考察 何がそこまでミランジョを突き動かすのか・・・2021年秋TVアニメ『王様ランキング』第13話「王国の乱れ」感想&解説(原作補足)&考察レビュー。(次話以降のネタバレなし!) アピスはドルーシの言葉で決意!?ヒリングは戦えないのになぜ来た?オウケンはなぜ復活した?オウケンはなぜヒリングの目くらましで逃げた?巨人族は滅ぶ?ダイダは何族?魔神の首とは?...
コメントの通知
受け取る通知
guest
0 COMMENTS
Inline Feedbacks
View all comments