アニメ【薬屋のひとりごと】22話感想&考察 いつまでも逃げると思うなモノクルよ 難題クリアし次はこちらが攻める番!?

薬屋のひとりごと 第22話

【文字数(本文):約1万4千文字(目安23分)

こんばんは。時文(@toki23_a)です。
TVアニメ『薬屋のひとりごと』第22話「青い薔薇」を鑑賞しました。

本レビューではアニメ感想だけではなく、原作・コミカライズ情報も加え、個人的な解釈による解説・考察をしています。

皆さんの理解の助けになり、作品をより楽しんで頂ければ幸いです。

今話の原作

原作小説 2巻

コミック 7巻

今回アニメ化されたのは──

原作

2巻 18話「青薔薇」・ 19話「爪紅」序盤

コミック

7巻 27話「青薔薇」 ・28話「爪紅」序盤

今話の主なトピック (クリックすると該当項目へ)

今話で解決しなかった疑問

最下部「疑問点まとめ (Q&A一覧)」に記載

本レビューの方針

本レビューは、次話以降のネタバレなし

『薬屋のひとりごと』は、小説投稿サイト「小説家になろう」連載
ライトノベルと、月刊誌2誌で別の漫画家によるコミカライズ2作品があります

私は、ライトノベル、コミカライズ共に未読です。

アニメ鑑賞後、アニメ化済み時点までの部分を読み、レビューを作成します。
よって、次話以降のネタバレはなしなので、ご安心ください

アニメ鑑賞

コミカライズ、ライトノベルを読み
知り得た情報を加味して「感想・解説・考察」

原作情報

本レビューでは、ライトノベル、コミカライズの情報は、「原作情報」として区別できるよう表記します。

  • 「ヒーロー文庫」のライトノベルを ── 原作
  • 「月刊サンデーGX」連載のコミカライズを ── コミック
ココア

緑系の色を目印にしてね!

コミカライズは、別の漫画家による2作品が刊行されています。

  • 「月刊ビッグガンガン」連載の「薬屋のひとりごと
  • 「月刊サンデーGX」連載の「薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳〜

両方読みましたが、本サイトでは、アニメの補完となると情報の多いを選択しました。

「コミック」として紹介する情報は基本です。
が、今後も両方読んでいくので、にしかない情報があれば、その時は注釈を付けて紹介します。

ココア

同じ内容なのに、2つも読むんだ・・・

時文

その方が、理解が深まるんだよ

全24話 各話リスト

前半クール (1~12話)
薬屋のひとりごと (前半クール)各話リスト
話数サブタイトルコミック原作
第1話猫猫1巻1巻
第2話無愛想な薬師
第3話幽霊騒動
第4話恫喝
第5話暗躍2巻
第6話園遊会
第7話里帰り
第8話麦稈
第9話自殺か他殺か
第10話蜂蜜3巻
第11話二つを一つに
第12話宦官と妓女

※話数:リンクは各話レビューへ

薬屋のひとりごと (後半クール)各話リスト
話数サブタイトルコミック原作
第13話外廷勤務4巻2巻
第14話新しい淑妃
第15話
5巻
第16話
第17話街歩き
第18話羅漢
第19話偶然か必然か
6巻
第20話曼荼羅華
第21話身請け作戦
第22話青い薔薇7巻
第23話
第24話
8巻

※話数:リンクは各話レビューへ
※サブタイトル:ネタバレを避けるため次話以降はマスク

目次

はじめに

今話あらすじ

翡翠ひすい宮にて穏やかで充実した日々を過ごす猫猫マオマオ
ある日、壬氏ジンシから「青い薔薇そうび」を用意できないかと相談される。

持ちかけたのは羅漢ラカンだと知った猫猫は、その無理難題を引き受ける。

いつまでも逃げると思うな各々おのおのよ、攻撃は最大の防御なり!

相手の出方が読めぬなら ──
咲かせてみせよう青薔薇そうび
野次馬の興味を逸らそう爪紅つまくれない
皇帝へのポイント稼ごう献上品。

満点ではないが、羅漢ラカンの難題クリアし、次はこちらが攻める番!?
爪に思いを彩って、遂に挑むか真っ向勝負。

変人片眼鏡モノクルに一泡吹かせろ!

残り・・・2話(涙)

では、今話を振り返っていきましょう!

感想&考察レビュー 第22話「青い薔薇」

青薔薇

あらすじ

玉葉ギョクヨウ妃の妊娠が確かなものとなり、翡翠ひすい宮で穏やかな日々を過ごす猫猫マオマオ。そんなある日、壬氏ジンシから次の園遊会で青い薔薇が必要になったと相談され、羅漢ラカンがその難題を画策したことに気づき、青い薔薇を咲かせることに挑戦する。

(考察) 御子の年齢

薬屋のひとりごと 第22話
『薬屋のひとりごと』公式サイト「EPISODE #22」より引用

すくすくと育ち、歩けるようになった鈴麗リンリー公主ひめ
あれからどれだけの時間が経ち、鈴麗リンリー公主ひめはお幾つになったのでしょうか?

よちよち歩きに、話せる言葉は一言二言。
満1歳くらいでしょうか。

考察

原作によると ──

まだ数え二歳だが、慣れさせることでより早く覚えると聞いたことがあるので、やってみたのだが紅娘に取り上げられてしまった。

「普通の花を描きなさい」

by 『薬屋のひとりごと』原作2巻

鈴麗リンリー公主ひめは、数え年で2歳と記されています

数え年には馴染みがないので、満年齢にしてみましょう。

まずは産まれた時期です。

園遊会は年に2回(春、秋)あります。(5話 )
猫猫が参加したのは昨年、秋です。それから半年近く経ったのです。

前回秋の園遊会の際、原作にはこんな記述があります。

 本来、冬の園遊会は『徳妃』と『淑妃』のみ出席のはずである。だが前回、赤子を産んだばかりの玉葉妃と梨花妃は欠席したため、今回は四夫人揃って参加することとなった。

by 『薬屋のひとりごと』原作1巻

前回の園遊会、つまり昨年春の園遊会を、玉葉ギョクヨウ妃は出産直後で欠席

鈴麗リンリー公主ひめは、去年の春、園遊会に産まれたことが分かります

一昨年に産まれていれば、(元旦を2度迎えるので)数え年で3歳になります。
現在、数え年で2歳ということは、産まれたのは昨年の1月~3月。

今は、春の園遊会の1ヶ月前、恐らく3月頃。

鈴麗リンリー公主ひめは、満年齢で言うと、1歳と0~2ヶ月位だと思われます。

女の園の方が相性良し

毎日が充実してると、やっぱり日が経つのが早い。
壬氏ジンシ様の棟のいた2ヶ月は無駄に長かったのに。

by 猫猫『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

後宮の方が水が合うのか、毎日が充実していると感じる猫猫マオマオ
外廷(壬氏ジンシの棟)にいたときより時が経つのが早いようです。

考察

猫猫が充実しているのは、「毒味役」の仕事と、翡翠ひすい宮の人間関係の良さでしょうか

それと、大きいのは ──
男子禁制の後宮にいる限り、羅漢ラカンに会うことはありません。

羅漢ラカンのことを気にしなくて良い、という安心感もあるのかもしれないですね

原作情報

原作によると ──

 外廷にある医局の薬棚に未練は残るが、それは今後、やぶ医者を使って後宮医局の改造を行えば問題なかろう。
 書庫については、高順に頼めば、なにかしら見繕ってきてくれる。

by 『薬屋のひとりごと』原作2巻

唯一心残りは医局と書庫ですが、解決策を見つけているようです(笑)

その他大勢の女官は、壬氏様と離れることを残念がりますが、猫猫はそんなことを微塵も感じてなさそうですね・・・。

ココア

猫猫らしいけど、壬氏様かわいそう(苦笑)

あと、もう一つ ──

子どもの相手をしていると、時間が経つのが早いのではないでしょうか

公主の世話は猫猫の仕事?

「あい!」/『薬屋のひとりごと』第22話より

またお絵描きしますか?

by 猫猫『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

猫猫マオマオと子守って結び付かなかったのですが・・・(失礼)。

「また」と言っているので、いつも世話をしているのでしょう。
どうやら、猫猫は鈴麗リンリー公主ひめの遊び相手をしているようです。

原作情報

原作を読んで、その理由が判明!

 猫猫は、特に用事のないときは公主ひめの相手をするようになった。足の怪我があったためもある。ほかの働き者の侍女たちが面倒を見るより、毒見以外ろくに働いていない者が面倒を見るほうが効率がよいからだ。

by 『薬屋のひとりごと』原作2巻

猫猫は、足のケガがまだ完治していないので、力仕事ではない子守を任されていたのです

他の侍女は忙しすぎて、子守をする余裕がなかったのも大きいようですが(笑)。

でも、1歳の幼子相手に、毒キノコの絵を描いてみせる猫猫。
侍女頭・紅娘ホンニャンに「普通の花を描きなさい」と注意されるも・・・。

── 普通の花を描きなさい。

普通の花ねぇ・・・

by 猫猫『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

薬と毒にしか興味ない猫猫にとって、普通の花って・・・

時文

そんなこと言ってるから「青い薔薇そうび」なんて難題が来るんだよ(苦笑)

ココア

あっ・・・、そういうこと?

原) モノクルは伊達?

目の覚めるような青い花びらが、美しくてね。
かつて宮中によく生けていたものですが。

by 羅漢『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

原作には、このようなシーンはなく、アニメオリジナルです。

原作には、羅漢ラカン壬氏ジンシの所に来ているシーンはありません。
「青い薔薇そうび」を羅漢ラカンに頼まれた事は、壬氏の説明であるだけです。

1点、原作通りなのは ──
羅漢ラカン片眼鏡モノクルを外して、反対側に付けるシーン

 羅漢は片眼鏡モノクルを取ると、手拭いで 拭く。曇りが取れたと確認すると、左目に付けた。さっきまで右に付けていたので、ただの伊達だてであることがわかる。さすが変人だ。

by 『薬屋のひとりごと』原作2巻
原作情報

上記記述があるのは、原作2巻9話「羅漢」

アニメで言うと18話「羅漢」の終盤 ──

薬屋のひとりごと 第18話
『薬屋のひとりごと』公式サイト「EPISODE #18」より引用

あなた様に逆らえる者など、片手の指ほど存在しない。

ただ、がどう思うかなのですけど。

by 羅漢『薬屋のひとりごと』TVアニメ第18話

このセリフを言っている辺りです。

羅漢ラカン片眼鏡モノクルは、度が入っていない伊達だて眼鏡。
だから、どちらに付けようと問題ないのです。

さすが変人です(笑)。

ココア

この人、もう何を考えてるのか分からない…

時文

片眼鏡モノクルをどうやって顔に固定しているか分からない(笑)

ココア

あっ!!

補足

今話放送後、片眼鏡モノクルについて、原作者・日向夏先生もXでポストされています。

なんと、職人を探して作らせたようです。

そこまでして、なぜ伊達だて眼鏡が必要??
それも片方だけ・・・。

時文

今話終盤にあった、見える景色が違う現象と関係あるのか?

青い薔薇

青い薔薇そうびですか?

by 壬氏『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

薔薇そうび」とは、「薔薇ばら」のことです

青い薔薇そうびが存在しないのは、壬氏ジンシも知っていました。
が、羅漢ラカンの挑発に乗ってしまった壬氏。

時文

羅漢ラカン相手だと、猫猫だけでなく、壬氏も無理してるような…

園遊会は、4月。
薔薇そうびの最盛期は5月がメイン。

4月には咲かない、かつ(世の中に存在しない)青い薔薇そうびをリクエスト
二重の意味で無理難題を吹っかけられたのです

逃げているだけでは埒が明かない

分かりました、お引き受けします。
── いいのか?
できるか分かりませんが、やるだけやってみます。

by 猫猫『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

世の中に存在しない「青い薔薇そうび」を、それも薔薇そうびの季節でもない園遊会で咲かせる!?

トラブル嫌いの猫猫マオマオ
なぜこんな無理難題を引き受けたのでしょうか。

この話、もしかしてとある軍師から持ちかけられたのでは?

by 猫猫『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

壬氏は、猫猫を不愉快にさせたくないので羅漢ラカンの名を出していませんが、やり口から羅漢ラカンが絡んでいると睨んだ猫猫

羅漢ラカンが持ち込んだのであれば、猫猫も関係あり?

考察

羅漢ラカンが壬氏に(頻繁に)嫌がらせをするようになったのは、猫猫を壬氏部屋付きの下女にしてからです

羅漢ラカンの狙いは猫猫。
壬氏に絡んでくるのは、猫猫がいるから。

猫猫も、そのことを分かっているから、羅漢ラカン絡みだと知るや否や無理難題でも引き受けたのではないでしょうか

原作情報

原作では ──

 言うまでもなく、あの男のことだった。
(仕方ない)
 そうなれば、自分にも責任がある

by 『薬屋のひとりごと』原作2巻

猫猫は、羅漢ラカンが壬氏に絡んでくるのは「自分にも責任がある」とまで考えています

羅漢ラカンが持ち込んだのであれば、猫猫も無関係ではないのです

その後、猫猫はこう続けます ──

できるか分かりませんが、やるだけやってみます。

逃げているだけも腹立たしい
どうせなら、あのニヤけた片眼鏡モノクルをかち割ってやる

by 猫猫『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

外廷を離れ後宮に来ても、羅漢ラカンは緑青館へ行き身請けの交渉をする。(21話 )
今回のように、猫猫の周囲にちょっかいを出してくる。

ならば、逃げてばかりも腹立たしい。
猫猫は「どうせなら」と何かを思いつき、「青い薔薇そうび」作りと同時に準備を進めたのです。(後述)

余談

ちなみに、壬氏様の依頼とは言え、玉葉ギョクヨウ妃の元を離れ青薔薇そうび作りに専念できたのは ──

 桜花は壬氏たちがもう大丈夫だと言ったので帰っていった。表向き、猫猫は玉葉妃付の侍女だが、雇用形態は壬氏付のままである

by 『薬屋のひとりごと』原作2巻

雇用形態は壬氏付きままなので、壬氏の仕事を優先できるのです。

帝の愛読書

壬氏様の依頼とは言え、玉葉ギョクヨウ妃とライバル関係にあり、青薔薇そうび作りと全く関係ない梨花リファ妃の蒸気風呂を借りる猫猫マオマオ

気前よく許可してくれた梨花リファ妃に、猫猫はお礼をしますが・・・。

さすがにタダでは申し訳ない。
こちら、みかどの愛読書です

by 猫猫『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

みかどの愛読書とは一体何なのでしょうか?
なぜ帝の愛読書を猫猫が持っている

いや・・・そもそもなぜ(帝の趣味を)知っているのでしょうか

原作情報

前話レビュー でも触れましたが ──
前々話ラスト、原作の一部がカットされています。

玉葉ギョクヨウ妃に懐妊の兆しがあるので、帝には夜の秘め事を控えてもらうようお願いしています。

(夜の営みができないのであれば)帝は玉葉ギョクヨウ妃の所に来る回数が減ると思いきや、以前と変わらない頻度で訪問。

それで ──

阿多アードゥオ妃の件でも思ったが、ただの好色おやじじゃないのかもしれない

by 壬氏『薬屋のひとりごと』TVアニメ第20話

このセリフに繋がります。

原作にはこの続きがあります(笑)。

 ただ、少し物寂しそうな顔をたまにするので、妃教育の残りの教材を渡すことにした。時間潰しにくらいなるだろうと。

- 中略 -

二次元で我慢してくれ
 こっそりと目につくところに置いておいたのだが、気付いてくれたらしい。

by 『薬屋のひとりごと』原作2巻

帝の目に触れるところに、例の教材を置いておいたのです

例の教材とは・・・「二次元」!?
写真はまだ存在していないと思われるので、絵でしょうか(笑)。

絵で我慢してもらっていたのです。

すると ──

 後日、違うものを用意しろと言われたときは、やはり好色おやじのままでいいのだと確信した。

by 『薬屋のひとりごと』原作2巻

違う教材を用意するよう勅命(笑)があったのです

そういう経緯で教材が「帝の愛読書」となったのです(苦笑)。

違う教材を用意しろと言われていた猫猫。
それで、新たに妓楼から取り寄せていたのです。

だから ──

妓楼から取り寄せておいて良かった。

by 猫猫『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

帝の依頼もあり「 取り寄せておいて良かった」という訳です

原作情報

ちなみに ──

 梨花妃は中身に気が付くと、優雅な足取りで自室に戻って行った。

by 『薬屋のひとりごと』原作2巻

梨花リファ様は、優雅に自室に戻っていったそうです(笑)

ハウス栽培

薔薇そうびを狂わせるんです。

by 猫猫『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

蒸気風呂の蒸気を取り込み、天井のガラス窓から日光を浴びさせ、室内を暖かくして薔薇そうびが咲く時期を早める

いわゆるハウス栽培。
ビニールハウスの原理です。

本来2ヶ月後に開花する薔薇そうびを、1ヶ月後の園遊会までに咲かせる。
1ヶ月早咲きさせるために特別仕様の建物を造ったのです。

一瞬、梨花リファ妃の蒸気風呂を改造したのかと思いましたが、原作を読むと違うようです。
蒸気風呂の隣に、今回新たに建物を建てたのです

アニメを見ると前の蒸気風呂が残っているようには見えないので、建て直したのかもしれません。

いくら園遊会に出すため、いや、羅漢ラカンの嫌がらせに屈しないためとは言え、金がなくてはやってられないですね(苦笑)。

原作情報

原作では、金のことに関しては猫猫マオマオは気にしていません。

その理由は ──

窓が大きく、天上にも大窓が付いた奇妙な造りの小屋だ。湯水のように金がかかるが、それは壬氏の懐から出て行くので気にしない。それにしてもどれだけ高給取りなのだろう。

by 『薬屋のひとりごと』原作2巻

壬氏ジンシが負担するので気にしないと言うのです。
って、おい!(笑)

羅漢ラカンが壬氏に絡むのは猫猫のせいだと責任は感じておきながら、その対策とあらば壬氏の懐が痛んでも気にしない・・・

なかなか良い性格をしていますね、我らが主人公・猫猫さん(苦笑)。

まあ、それ位、図太くないとここでは生きていけない。
それに、壬氏は喜んで支援してくれるでしょうしね(笑)。

時文

結果的に壬氏も評価を上げたのだから必要経費か

ココア

なるほど

小蘭!

「もしやお目付け役か?」/『薬屋のひとりごと』第22話より

猫猫マオマオ~!
私も手伝うよ。

by 小蘭『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話
ココア

小蘭っ!!!
久しぶり~~!!

小蘭シャオランがやっと出てきました~~!

14話、妃教育で後宮へ行ったのに・・・。
20話終盤から、後宮が舞台になったのに・・・。

侍女や、やぶ医者は出てくるのに小蘭シャオランが登場しないので、何かあったのではないか、ちょっと心配していました(笑)。

足のケガ大丈夫?

by 小蘭『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話
時文

いや、小蘭の方こそ大丈夫だった(元気に過ごしてた)のかい?と聞きたい

ココア

ホント、それ!

もしや、お目付役か?

by 猫猫『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

「お目付役」として連れてこられた小蘭シャオラン

気が利く男・高順ガオシュンの気遣いですね。
それにしても、いつの間に高順は、小蘭シャオランをマークしていたのでしょうか・・・。

できる男は違いますね!

原作情報

原作では猫猫も不思議がっています。

お目付け役として余所の下女を派遣してくれた。どこで知ったのか、来たのは小蘭だった。小蘭は仕事がさぼれる上、点心も貰えると大喜びで、高順に餌付けされていた。

by 『薬屋のひとりごと』原作2巻

小蘭シャオランは、高順に餌付けされていて、今回のお目付役もおやつで釣られたようですね(笑)

結果的には ──

 おそらく猫猫が過労で倒れなかったのは、この采配によるものだろう。

by 『薬屋のひとりごと』原作2巻
ココア

さすが、高順様

キッカケなんぞ何でもいい(笑)。
小蘭シャオランに向ける、猫猫の優しい笑みが良いですね。

薬屋のひとりごと 第22話
『薬屋のひとりごと』公式サイト「EPISODE #22」より引用

小蘭シャオランは、視聴者にとっての癒しだけでなく、猫猫にとっても癒やしなのです!

余談

宦官が怖がる虫を、小蘭シャオランがいとも簡単に取り除くシーン。
これは原作にはなく、アニメオリジナルです。

原作によると、小蘭シャオランは農村の村の出身です

原作情報

原作1巻、アニメで言うと7話「里帰り」の辺りで触れられています。

 彼女もまた身売りされてきたらしいのだが、貧しい農村の娘は今の生活を気に入っているようだ。明るいおしゃべり娘は、親に売られたことよりも、飢えずに食事がいただけることのほうが大切らしい。

by 『薬屋のひとりごと』原作1巻

なので、葉に付いた虫など慣れているのでしょう。

一方、宦官は、(猫猫曰く)男性機能を失うと女性化していきます。(3話 )

それを具現化している、アニメオリジナルシーン。
アニメスタッフ、グッジョブです!

爪紅

── また、こっち見てるね。

毎日、毎日、よく飽きないな。
というか気が散る。

by 猫猫『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話
時文

ここの侍女は、暇なんだと思う(苦笑)

ココア

仕事してないもんね…

毎日、覗きに来る水晶宮の侍女達が煩わしいので、別のことに興味が行くようこれ見よがしに・・・。

すご~~い!
これが爪紅つまくれないか~~。

by 猫猫『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

爪紅つまくれない」。
マニュキュアですね。

マニュキュアは存在しないので、原作によると ──

 紅を爪に塗り、布で丁寧に撫でる

by 『薬屋のひとりごと』原作2巻

口紅を代用しています。
だから、水晶宮の侍女達は、早速やってみようと口紅を探しにあの場を去ったのです。

花街では皆やってるよ。

by 『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

花街では皆やっているので、猫猫は知っていたのです。

では、なぜ流行の最先端を行く後宮ではやっていなかったのでしょうか?

原作情報

その答えは、原作にありました。

 花街では当たり前の爪紅だが、 後宮内ではあまり見ない。仕事の上で邪魔なのだろうが、普段からあまり仕事をしていない侍女たちは興味津々で食いついてきた。

by 『薬屋のひとりごと』原作2巻

後宮の侍女はいつかは妃になるのが目的(夢)ではありますが、普段は仕事をしなくてはなりません。

手を動かす仕事をする際、爪紅は邪魔だとされていたのです

それが ──

── 非効率ね。

紅娘ホンニャン様はオシャレより仕事か。

by 猫猫『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

仕事ができる女、侍女頭・紅娘ホンニャンのセリフに繋がっているのです。
描写が上手い!

逆に、水晶宮の侍女は、普段仕事をしていないので食いついたのです(笑)

(考察) 流行を作った?

薬屋のひとりごと 第22話
『薬屋のひとりごと』公式サイト「EPISODE #22」より引用

── 最近、流行っているわよね。
そうですね。

帝の寵愛を受ける上級妃は、流行りの最先端だからな

by 猫猫『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

梨花リファ様にも爪紅つまくれないを教える猫猫マオマオ

てっきり私は、水晶宮の侍女が興味を持ったので、主人の梨花リファ妃に伝えないとマズいと思って、すぐに教えたのだと思っていました。

ところが原作を読むと、別の意図もあるようで・・・。

アニメは、意図的に伏せているかもしれないので、ここでは隠しておきます。気にならない方だけどうぞ。

続きを読む (クリックして下さい)
原作情報

侍女達が食いついたのを確認した猫猫は ──

 少しだけ悪いことを考え、梨花妃にも爪紅をすすめてみた
 後宮には流行がある。そしてその流行最先端となると、大抵、寵愛を受けた妃たちである。
 たとえ下女でも、皇帝の御手付きになれば、妃に召し上げられる。ならば、皇帝の気に入った女の真似をするのは不思議でないことだ。

by 『薬屋のひとりごと』原作2巻

梨花リファ妃に爪紅つまくれないを教えるのを「悪いこと」と言っています

考察

爪紅つまくれないは、花街の妓女は既にやっていました。
仕事の邪魔になるので、後宮では流行っていませんでした。

流行の最先端である上級妃・梨花リファ妃が爪紅つまくれないをやれば、侍女や下女が真似をします
上級妃に取り入れられると、流行が作れるのです

猫猫は、仕事の邪魔になる爪紅つまくれないを流行らせてしまう事に対して「悪いこと」と言ったのか、それとも、もっと別の意味でしょうか・・・。

そう言えば、終盤、赤い爪紅つまくれない羅漢ラカンを不快にさせています

そのために、猫猫が爪紅つまくれないを流行らせた・・・。

なんていうのは、考えすぎですかね(笑)。

疑問 22-01

猫猫は、爪紅をわざと流行らせた?

注目の的

つぼみを愛で、咲き誇る姿に思いを馳せるのも一興かと。

by 壬氏『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

つぼみとは言え、青どころか緑や黒の薔薇そうびまで用意してみせた壬氏ジンシ

時文

つぼみを逆手に取って「咲き誇る姿に思いを」とするのが流石!

── 何なりと。

まあ

by 皇太后『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

皇太后が、「まあ」と言ったのは、一見楼蘭ろうらん妃に言ったように見えますが・・・。
私は、壬氏ジンシが持って来た「青い薔薇そうび」に驚いて言ったのだと解釈します

はい。

今回の園遊会は、春牡丹を愛でると同時に、楼蘭ろうらん妃のお披露目が主役
にも関わらず、壬氏は「青い薔薇そうび」で、園遊会の話題をさらったのです

しかし、そんなことに全く動じていないように見える楼蘭ろうらん妃親子。

薬屋のひとりごと 第22話
『薬屋のひとりごと』公式サイト「EPISODE #22」より引用

厄介なのは、何を考えているのか分からない目だ
子昌シショウ楼蘭ろうらん妃の実父で女帝の寵愛を受けた男。
今なお、帝は頭が上がらない。

by 壬氏『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

遂に出てきた、権力者という楼蘭ろうらん妃の実父・子昌シショウ
皇帝ですら頭が上がらないほど、宮廷では幅を利かせているようです。

厄介なのは、力だけではなく、何を考えているのか分からないこと

さて、楼蘭ろうらん妃と言い、この一族は何を考えているのでしょうか・・・。

侍女達は参加

気が付いた?
── 桜花インファさん。
もう水晶宮に行っちゃダメよ。

by 桜花『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

ここまで来たら、小蘭シャオランが最後まで猫猫マオマオの面倒を見るのかと思いましたが姿が見えません。

小蘭シャオランがこの場にいないのは、小蘭シャオランは後宮から出られないからですね

園遊会が行われているのは、後宮の外です。(5話 )

薬屋のひとりごと 第6話
『薬屋のひとりごと』公式サイト「SpeciaL-Keywords」より引用

小蘭シャオランは、後宮を出られないので、園遊会の場へ行けないのです。

時文

小蘭、園遊会見れたら大喜びするのに!

ココア

そうだよ、小蘭に褒美を!

では、反対に、なぜ桜花インファがいるのでしょうか?

桜花インファは、上級妃・玉葉ギョクヨウ妃の侍女だから当然じゃないか、ですって?
いえいえ、玉葉ギョクヨウ妃は、今回の園遊会は欠席です。

なのに、なぜその侍女がいるのでしょうか?という意味です。

その解はコミックにありました。

今日、玉葉ギョクヨウ妃は欠席だが、侍女達は来ている。

by 壬氏『薬屋のひとりごと』コミック7巻

主である玉葉ギョクヨウ妃は欠席ですが、侍女は来ていたのです。
恐らく、人手のいる園遊会、手伝いのために来ているのでしょう。

もしくは、主人は欠席でも、園遊会の状況を知っておきたいのでしょう。

時文

壬氏が来たら退場する。その気遣いが良き!

ココア

うん。桜花インファは壬氏様好きなのに、優しい~~

原) 思い通りにいかない歯痒さ

── 難しいですね、開花には至りませんでした

それは俺に対して、すまないというんじゃないのだろうな。

by 壬氏『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

解釈が難しいシーンですね!
2つ疑問が浮かびました。

  1. 猫猫は謝ってもいないのに、なぜ「すまない」?
  2. 壬氏の「俺に対して、すまない」ではないとは?
猫猫は謝ってもいないのに、なぜ「すまない」?

まず、猫猫マオマオは謝ってもいないのに、なぜ「すまない」という話になったのでしょうか?

これは原作にも答えがあり、すぐに分かりました ──

「やはり、難しいですね。開花には至りませんでした」
 心底、残念そうに猫猫は言った

by 『薬屋のひとりごと』原作2巻

猫猫が心底残念そうに言ったので、壬氏ジンシは猫猫から「すまない」気持ちを感じ取ったので、「それは俺に対して、すまない~」に繋がったのです。

壬氏の「俺に対して、すまない」ではないとは?

次に、壬氏の「俺に対して、すまないというんじゃないのだろうな」を考えてみましょう。

「俺に対してすまない(気持ち)」でなければ何だというのでしょうか?

これも原作を読むと判明しました。

 これは、壬氏に対するすまなさというより、自分の思い通りにできないふがいなさが立った言葉であろう

by 『薬屋のひとりごと』原作2巻

猫猫は、頼まれた壬氏に対してではなく、思い通りにできなかった自分自身への不甲斐なさに対して悔しがっているのです

つまり、成功するかどうか分からない状態で、「とりあえずやってみます」的な感じで淡々と受けたように見えましたが・・・。

猫猫は「青い薔薇そうび」を作る自信があったのではないでしょうか

自信があったからこそ、これだけ残念がったのではないでしょうか

ああ、あともう一つ。
羅漢ラカンの依頼と聞いたので、意地になってしまったのでしょう・・・。

原作情報

原作では、さらに続いており ──

 これは、壬氏に対するすまなさというより、自分の思い通りにできないふがいなさが立った言葉であろう。そういう性格の娘だと壬氏はわかっている、わかっているがなんだか腹立たしい
 実に腹立たしい。

by 『薬屋のひとりごと』原作2巻

猫猫の性格を理解しながら、壬氏は腹立たしく思っています

猫猫は、壬氏のためにやったのではなく、自分がやれると決めたことに対してできなかったことを悔しがっている。

猫猫の中では、壬氏は全く中心にいないのです
なんだったら、負の感情とは言え羅漢の方が猫猫に影響を与えているという意味で、中心にいます

そのことに対して壬氏は苛立ったのでしょうか・・・。

興味深いですね。

青い薔薇の正体

染めただけですよ

- 中略 -

この薔薇そうびは元々すべて白い花なのです。
様々な色水を作って白いつぼみに吸わせたんです。

by 猫猫『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

白い薔薇そうびの葉っぱを取り、つぼみだけにして色水を吸わせる
花びらに吸い上げられた水分は蒸発して、色素だけが残る

これが「青い薔薇そうび」のカラクリ。

補足

ミニアニメでは、もっと詳しく解説されています。

『薬屋のひとりごと』ミニアニメ「猫猫のひとりごと」第22話

色水を吸わせるだけで好きな色に染まるので、青だけではなく、緑や紫、黒も作ったのです

考察

「青い薔薇そうび」だけでなく、様々な色の薔薇そうびを用意したので、羅漢ラカンは ──

なんと嫌味な・・・。

by 羅漢『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

どんな色の薔薇そうびだって作れる、と言っているようで嫌味に感じたのではないでしょうか

実に単純な方法。
造花と同様、本当の意味で「青い薔薇そうび」ではありません。

でも、その辺は、猫猫さんは抜かりなし!
先手を打っています。

猫猫は帝にいつでも会える!?

── 確かに単純だな。

ですので、何かしら言いがかりをつける官が出るかもしれません。
帝には先に種明かしをしておきました

by 猫猫『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

こんなの作り物だ!
色水で染めただけじゃないか!
と言われると、その通りなので(笑)、猫猫は先に帝にだけ種を明かしておく用意周到さ

この辺が、猫猫の賢さ、いや、小賢しさ!(笑)

でも、なぜ猫猫は、帝にそんなことを話せるのでしょうか?
いつの間にか、帝にいつでも会えるような身分になったのでしょうか?

違いますね。

猫猫が今いるのは玉葉ギョクヨウ妃の侍女。
玉葉妃は、帝の寵愛を受けています。

前話レビューでも書いたとおり(21話 )、帝は玉葉妃の元を以前と変わらぬ頻度で訪ねてきます。

以前と変わらぬ頻度ということは、3日に1度来るペース。(14話 )

その際、食事が振る舞われるので、猫猫は毒味役として接点があるのです
そのタイミングを使ったのでしょう。

原作情報

原作では ──

 方法が方法だけに、なにかしら言いがかりを付けてくる連中が出るかもしれない。その対処法として、前夜、翡翠宮を訪れた皇帝に種明かしをしておいた。誰もが、一番最初に秘密を教えてもらえるのはうれしいことらしく、なにか言われても意気揚々と説明をかって出てくれるだろう。

by 『薬屋のひとりごと』原作2巻

園遊会の前夜、帝に明かした、とあります。

園遊会で、壬氏が格好良く「青い薔薇そうび」を見せて、帝も「うむ、美しいな」と言っていましたが、二度目だったのです(笑)

時文

壬氏様、ここで怒るべきだよ(笑)

ココア

確かに!
自分だけ知らなかったんだもんね…

前夜に見せられると、当日の楽しみが減ってしまうと思いますが、帝も役者ですね(笑)。

小指

キレイに染めたところで・・・。
これでもまともになったんだけど

by 猫猫『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

さて、猫猫が気になることを言い出しました。

これでもまともになった
一体何のことを言っているのでしょうか。

確かに、以前から猫猫マオマオは左手の小指を気にしていました。(3話 )

薬屋のひとりごと 第3話
『薬屋のひとりごと』公式サイト「EPISODE #3」より引用
疑問 03-02 (再掲)

時折、猫猫マオマオが左手を見ているのはなぜか?

実は原作には、今回、はっきり見ているモノが描かれました。

アニメでは意図的に伏せているので隠しておきます。気にならない方だけご覧下さい。

続きを読む (クリックして下さい)
原作情報

 薬と毒と水仕事で荒れた手は、左の小指の爪が奇妙な形に歪んでいた。赤く染めても、歪みは変わらない。
 これでもまともになったのである。

by 『薬屋のひとりごと』原作2巻

猫猫が見ていたのは、小指の爪
爪が奇妙な形に歪んでいるようなのです。

さて、爪のゆがみは何を意味するのでしょうか。

時文

そういえばあの夢、小指にフォーカスが当たってたな…

爪紅

あらすじ

羅漢ラカンは、退屈な園遊会を終え帰路につく。興味のないものには何の感情も湧かない羅漢ラカンの前に、猫猫マオマオが現れる。

挑発

にしても、まさか挑発が失敗に終わるとは

by 羅漢『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

つぼみとは言え園遊会に「青い薔薇そうび」を間に合わせ、出席者を驚かせました
羅漢ラカンの負けでしょう。

ですが・・・「挑発が失敗」とはどういう意味でしょうか?

季節でもない薔薇そうび、それも青い薔薇そうびを準備すると約束させ、壬氏ジンシに恥を掻かせようとした羅漢ラカン

その作戦が空振りしたなら「作戦は失敗」「青い薔薇そうびは失敗」等と言うでしょう。

少なくとも「挑発が失敗」とは言いません。
何せ、壬氏と猫猫マオマオは「青い薔薇そうび」作りに挑戦したのですから。

挑発とは、相手に何か行動を起こさせること
「青い薔薇そうび」を作らせることで、誰かに自発的な行動をさせたかったのです。

では、羅漢ラカンは、誰に何をさせたかったのでしょうか?

考察

ここは原点に戻りましょう。

羅漢ラカンの狙いは、猫猫。
羅漢ラカンは、(その先何を望んでいるのか分かりませんが)猫猫に何とかして会いたいのです

壬氏に打診したが猫猫は拒絶しました。(18話 )

壬氏の取り計らいもあり、猫猫が後宮勤めになって2ヶ月。
男子禁制の後宮にいては、羅漢ラカンは猫猫にちょっかいを出せません
(だから猫猫にとっては穏やかな日々だったとも言えます)

壬氏に娘に会いたいと言っても断られ、後宮には入れない。

ならば壬氏を通して、猫猫を挑発して後宮から引きずり出そうとしたのではないでしょうか

壬氏に「青い薔薇そうび」を約束させれば、猫猫に相談が行く。

原作情報

原作では ──

 どこのだれか知らないが、玉葉妃の侍女ならなにか知っているのではと、言っていたらしい

by 『薬屋のひとりごと』原作2巻

ご丁寧に、猫猫に相談するよう噂か何かが流れていたのです

つまり、最初から猫猫を巻き込むよう仕組まれていたのです。

「青い薔薇そうび」を壬氏に持ち込んだのは羅漢ラカンだと知れば、園遊会で披露する際、猫猫も姿を現すと考えたのではないでしょうか。

羅漢の鼻を明かすために、姿を現すのではないか、と

そう考えると ──

にしても、まさか挑発が失敗に終わるとは

by 羅漢『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

このセリフ、しっくり来ませんか?

原作情報

原作では ──

 来ていないのか
 なんのために挑発したのかわからない。

by 『薬屋のひとりごと』原作2巻

とまで羅漢ラカンは言っています。

もし、これが正解だとすると ──
羅漢の目的は、壬氏を困らせて恥をかかせるのではなく。
「青い薔薇そうび」を完成させ、猫猫を園遊会(羅漢ラカンの前)に来させること。

つまり ──
羅漢ラカンは、最初から猫猫が「青い薔薇そうび」を作れると想定していた事になります

だから、「青い薔薇そうび」を見ても、他の宦官のように驚きはしなかったのです。

一方、猫猫は、そんな安い挑発には乗らず。
園遊会には行ったものの、「青い薔薇そうび」のお披露目は壬氏に任せ、自身は羅漢ラカンの前に姿を現しません。

でも、その後に、羅漢ラカンの前に姿を見せます。

薬屋のひとりごと 第22話
『薬屋のひとりごと』Web特別PV ‐羅漢編-より引用

羅漢ラカンの前に姿を現す猫猫。
ある意味、羅漢ラカン挑発は成功したのです

ただ、羅漢ラカンが思っていたのとは違う形で・・・。

そう言えば、猫猫も意味深なことを言っていました ──

── いいのか?
できるか分かりませんが、やるだけやってみます。

逃げているだけも腹立たしい
どうせなら、あのニヤけた片眼鏡モノクルをかち割ってやる

by 猫猫『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

「青い薔薇そうび」を引き受けた時、「逃げているだけも腹立たしい」と言っています。

猫猫は、この時既に「青い薔薇そうびを画策していたのはないでしょうか
だから、高順に色々手配してもらっていたのです。

水晶宮の侍女を追い払ったので、もう必要ないはずの爪紅つまくれないを塗り。
「青い薔薇そうび」はでき園遊会は終わったはずなのに、高順ガオシュンに何かを準備させ。
手には、OPにも出てくる?桐の箱・・・。

高順ガオシュン様、頼んでいたものは?
── ええ、言われたとおりに。
ありがとうございます。

これで舞台は整った
あとは、いけ好かない奴に一泡吹かせるだけだ

by 猫猫『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

後宮に引き籠もっていれば、間接的な嫌がらせはされても対峙することはなかったはず。

だけど、猫猫は、羅漢ラカンに何かを仕掛けようとしているのです

猫猫の、この攻勢が吉と出るか凶と出るか・・・。
次話、めっちゃ楽しみです!

おわりに (『薬屋のひとりごと』22話とは)

原作小説 2巻

コミック 7巻

今話、アニメ化された原作は、ほぼ1話。
それに、原作から大きく構成を変えてきました。

原作では、猫猫が「青い薔薇そうび」を引き受けた次のシーンで園遊会になります。
薔薇そうびを狂い咲きさせる1ヶ月の出来事は、振り返る形で描かれます。

アニメは、それを時系列順に構成変更し、猫猫が孤軍奮闘する姿を事細かに描いてくれました。

結果、Aパートで終わりかねないエピソードを30分かけて丁寧に描写。
どこが伸ばされたのか分からない程の素晴らしいアニメ化。

お見事でした!

一見、今話は「青い薔薇そうび」を作る1話完結の単発エピソードに見えます。
ですが、よく見ると猫猫マオマオ羅漢ラカンとの対決に向け布石を打っているのは、本文で書いたとおり。

次話のサブタイトルは「鳳仙花と片喰」。

『薬屋のひとりごと』第23話「鳳仙花と片喰」予告

猫猫は ──

鳳仙花と片喰があれば、もっときれいに染まるんだけど・・・。

by 猫猫『薬屋のひとりごと』TVアニメ第22話

と言っていました。
一体、次話のサブタイトル「鳳仙花と片喰」は何を意味するのでしょうか・・・。

笑っても泣いても残り2話。
心して観ましょう!

以上、TVアニメ『薬屋のひとりごと』第22話の感想&考察レビューでした。
最後まで読んで頂きありがとうございます。

23話のレビューも書いています。
良かったらご覧ください。

ではでは。

きょうのひとことすげぇな猫猫の袖!
愛読書2冊も入るのか(笑)

疑問点 まとめ(Q&A一覧)

この章では、疑問点をまとめていきます。

「疑問点まとめ(Q&A一覧)」運用ルール
  • 今話で生まれ解決した疑問は、本文で解説して本章でまとめ
  • 今話で解決しなかった疑問を、疑問XX-XX(話数-通し番号)として記録
    ⇒ 本章「疑問点まとめ(Q&A一覧)」でまとめ
  • 答えは、推測ではなくできるだけ(原作含む)作品内で明らかになった事実を記載
    ※推測が入る場合は、断りを入れる
    解決した疑問は、次話で削除
今話で解決した疑問 (クリックすると答えが表示されます)
鈴麗公主(リンリーひめ)は何歳?

数えで2歳 (原作より)/満年齢だと1歳と0~3ヶ月と思われる (推測)

原作によると、昨年の春の園遊会は玉葉ギョクヨウ妃は出産直後で欠席。満年齢2歳なので、鈴麗が産まれたのは昨年の1~3月頃。今話冒頭は3月なので、満年齢は1歳と少しだと思われる。

薬屋のひとりごと 第22話
『薬屋のひとりごと』公式サイト「EPISODE #22」より引用
前回の園遊会からどれくらい経った?

猫猫が参加した前回の園遊会は秋、それから半年が経過

園遊会は年に2回(春/秋)。今回は春の園遊会なので、秋の園遊会からおおよそ半年が経過している。

薬屋のひとりごと 第6話
TVアニメ『薬屋のひとりごと』ティザーPVより引用
羅漢は、なぜ片眼鏡(モノクル)を違う目に付けている?

羅漢の片眼鏡は伊達なので、どちらに付けようと問題ない (原作より)

※伊達眼鏡:ファッション用。レンズに視力補正の度が入っていない。

薬屋のひとりごと 第18話
『薬屋のひとりごと』公式サイト「EPISODE #18」より引用
猫猫は、なぜ無理難題な「青い薔薇」作りを引き受けた?

羅漢が絡んでいるとなると、自分にも責任があると思ったから (原作より)

また、逃げてばかりなのも腹立たしく思い、羅漢に一泡吹かせたいと考えたから。

梨花妃に渡した「帝の愛読書」とは?

妓楼から取り寄せた、妃教育で使った教材の類い

玉葉妃が懐妊して夜の営みができないので、妃教育で使った教材を帝の目に付く所にさりげなく置いておいたところ気に入ってもらえ、違う物を用意するよう言われていたので新たに取り寄せていた。(原作より)

薬屋のひとりごと 第14話
『薬屋のひとりごと』公式サイト「EPISODE #14」より引用
後宮では、なぜ爪紅が流行っていなかった?

爪紅は、仕事をするのに邪魔だから (原作より)

薬屋のひとりごと 第22話
『薬屋のひとりごと』公式サイト「EPISODE #22」より引用
壬氏に対して「すまない」ではないとは?

壬氏に対してではなく、自分自身に対して

猫猫は、壬氏に対して申し訳ない気持ちより、思い通り薔薇を開花させられなかった事に対して不甲斐なさを感じていたのを壬氏は分かっていた。(原作より)

今話で新たに発生し、解決しなかった疑問
  • 疑問 22-01 猫猫は、なぜ爪紅を流行らせた?
残っている疑問
  • 疑問 02-01 壬氏は、後宮管理者なのに、なぜ後宮の外まで判断を求められている?
  • 疑問 02-02 水差しの弁償、仕送りから引いたのは期間限定?
  • 疑問 02-03 結局、秘薬は何の為だったの?
  • 疑問 03-01 西都の玉葉妃が、異国の姫とは?
  • 疑問 03-02 時折、猫猫が左手を見ているのはなぜか?
  • 疑問 05-01 粉を染み込ませた木簡は、誰が何に使っているのか?
  • 疑問 05-01 簪(かんざし)を渡す意味は?
  • 疑問 06-01 園遊会で、なぜ壬氏は違うカンザシを挿し、襟が乱れていたのか?
  • 疑問 08-01 緑青館の離れにいるのは誰?
  • 疑問 09-01 壬氏と亡くなった武人・浩然との関係は?
  • 疑問 10-01 後宮内の事件に最終判断を下しているのは誰?
  • 疑問 10-03 現帝の東宮時代、妃はなぜ一人しかいなかったのか?
  • 疑問 11-01 阿多妃を南の離宮に住ませるのは、帝の愛着か、それとも・・・
  • 疑問 11-02 阿多妃の子は生きているのか?
  • 疑問 12-01 やり手婆は、なぜ猫猫を妓女にしたい?
  • 疑問 13-01 壬氏は、帝に何を頼まれたのか?
  • 疑問 13-02 契約書を見た時、羅門(オヤジ)が表情を曇らせたのはなぜ?
  • 疑問 14-02 爆発現場にあった上等なキセルは、倉庫番のもの?
  • 疑問 15-01 馬閃は、なぜ猫猫を嫌っている?
  • 疑問 15-03 羅漢が馴染みのある緑青館の妓女とは?
  • 疑問 16-01 羅漢は三男が一番の腕前だと知っていて、なぜ猫猫に調べさせた?
  • 疑問 17-01 壬氏は、なぜ変装しなくてはならない?
  • 疑問 17-02 壬氏は宦官なのに、なぜ武官のような野営を知っている?
  • 疑問 18-01 羅漢は、価値を下げた妓女をなぜ身請けしていない?
  • 疑問 18-02 使い物にならない妓女を、やり手婆はなぜ離れに住まわせている?
  • 疑問 19-03 「何か起こったあとでは遅い」猫猫は、過去にどんな経験をしたのか?
  • 疑問 19-04 羅漢は、猫猫を抱きかかえる壬氏を見て、なぜあれほど驚いた?
  • 疑問 20-01 犯人は、なぜ彫金細工師の秘術を知っていた?
  • 疑問 20-02 翠苓は、なぜやんごとない方の命を狙ったのか?
  • 疑問 20-03 なぜ翠苓のことを秘密裏に終わらせた?
  • 疑問 20-04 壬氏は、なぜ身分を隠し、後宮管理者として生活している?
  • 疑問 20-05 楼蘭妃は、なぜ訪れる度に雰囲気が変わる?
  • 疑問 21-01 やぶ医者より先に後宮へ来た姉は、今どこにいる?
  • 疑問 21-02 先の皇太后は、なぜ木の伐採に制限をかけた?

今週の感想ツイート

関連記事

アニメ『薬屋のひとりごと』第23話のレビューはこちら!

あわせて読みたい
アニメ【薬屋のひとりごと】23話感想&考察 一泡どころか卒倒!?勝負に負けて試合に勝つ! 猫猫に狡賢... 第23話「鳳仙花と片喰」羅漢に象棋対決を挑む猫猫。壬氏と高順が見守る中、猫猫は自身の身、羅漢には妓女の身請けを賭けさせ、さらに2つのルールを追加した勝負が始まる・・・。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
コメントの通知
受け取る通知
guest

3 COMMENTS
Inline Feedbacks
View all comments
目次