各話レビュー(2期)

【約束のネバーランド】2期11(最終)話 解説&感想レビュー 諦めない意思、許す心、メッセージは伝わったのか?

約束のネバーランド2期 11話

こんばんは。時文(@toki23_a)です。
TVアニメ『約束のネバーランド 2期』第11話(最終回)、鑑賞しました。

2期3話前半まで、原作準拠だったアニメ『約束のネバーランド』。
2期3話後半から、アニメオリジナル展開となりました。

本サイトはアニメ側にポジションを取っているので・・・

アニメの感想を書きつつ──
「アニメで描かれた」ストーリーを補足する形で、原作内容を紹介
原作情報は必要最低限にします

#時々、心の声がもれるのは、ご了承を

今話の補足・疑問ポイント

  • アニメ最終回、原作との違いは?
  • ラートリー家が守る世界とは
  • 兄ジェイムズは、なぜ最後に「すまない」と言ったのか?

原作情報と私なりの解釈を含め、順に解説します。

約束のネバーランド(2期)

話数 各話レビュー 原作巻数
EP01 1話R 5・6巻
6巻
(7巻)
EP02 2話R
EP03 3話R
EP04 4話R (9・12巻)
EP05 5話R (12巻)
EP06 6話R (14巻)
EP07 7話R (15巻)
EP08 8話R (9・16・17巻)
EP09 9話R (18巻)
EP10 10話R (19巻)
EP11 本レビュー (20巻)

※リンクは各話レビューへ
※原作巻数()表記はアニメオリジナル脚本、()内は元ネタ巻数

今回のあらすじ

約束のネバーランド2期 11話
あらすじ

ママ達も農園に反旗を翻し、民衆も立ち上がった。

人間でありながら鬼側につき食用児を苦しめてきたピーター
エマは、ピーターをも許すと言う・・・

ついに2期も最終回。

原作既読の私は、1期のペースを見て、3期(全3クール)でも完結は厳しいなと読んでました(苦笑)。

それが、2期全11話で、完結まで描くとは・・・
いや、描いたと言えるのでしょうか?

一見、きれいに着地した最終回。
食用児側は犠牲を出さず、全員を人間の世界へ。
鬼側も大きな犠牲を出さずに、民衆が発起し、世界が変わる?

原作はきれい事だけではすませてません
エマ側も犠牲を出し、約束の代償を払っています

それでも最善を目指す。
皆と幸せに暮らせる世界を目指して。

後悔したくないから挑み続ける
諦めなかったから今がある

“なぜ”は関係ない。
“どうしたいか”が行動原理。

『約束のネバーランド』のメッセージ、さてアニメでは伝わったのでしょうか・・・
全ては無理でも少しでもフォローできれば。

では、振り返っていきましょう。

解説&感想レビュー 11話

ラートリー家

約束のネバーランド2期 10話

ラートリー一族は世界を守る門番。
ピーターは一族の使命に誇りを持っていた。

原) ピーターのあがき

原作ではピーターはもっと悪あがきをします(苦笑)。
恥も外聞もなく、みっともなく逃げ出し、兵に助けに来いと怒鳴り散らす。

そのとき、鬼側もムジカ達に主導権を握られたと連絡が入り、ピーターは完全に敗北したと観念。

ならば道連れとばかりに、次はエマを狙います。
その手段が、手に仕込んだナイフ。
#そのナイフで最後は自決

読者から見ると、ピーターはエマ達の仲間を傷つけた憎き敵。
その上、ここまで追い詰められても、エマを道連れにしようとする。

(原作情報)原作ではピーターの命令で、食用児側に犠牲が出ています

救いようのないピーター。
それでも、エマが「許す」と言い出したから、衝撃だったのです

ラートリー家が守る世界

世界を守る。
我が一族は、崇高な使命を担う、二つの世界の栄誉ある門番。

by ピーター・ラートリー『約束のネバーランド』アニメ2期11話

ラートリー家、とくにピーターは悪役として描かれているので「世界を守る」と言われても、ピンときません

詭弁か、身勝手な理屈を言っていると思いませんでしたか?

事実はどうかと言うと──

ラートリー家は確かに世界を守っています

第一に、「人間の世界」を鬼から守っています。

鬼が人間の世界へ行き、狩りをしないよう見張り。
食用児に必要な「人間の世界」の物資があれば、ラートリー家が調達する。

第二に、「鬼の世界」を人間から守っています

鬼にとって人間は食料。
が、人間が武器を持ち数が多ければ恐怖。
鬼側も、人間に狩られるのを避けたいから、人間と鬼の世界を分ける約束に合意したのです。(2期2話)

(原作情報)鬼側の本当の理由はその後、16巻にて明らかになります。
王は世界を二つに分け食肉供給を握った方が臣民を制御・支配できると考え、約束することに乗ったのです。

「人間の世界」と「鬼の世界」を自由に往き来できるのはラートリー家のみ
お互いが約束を破らないよう監視することで「二つの世界・・・・・」を守っているのです

正に「門番」。

1000年前の約束の真実

僕らの一族は、友を裏切り約束を締結したのか。

食用児の祖先は、初代ラートリーの戦友!?
和平に反対した戦争派の悪党ではなかったのか。

by ジェイムズ・ラートリー『約束のネバーランド』アニメ2期11話

(原作情報)原作では、逃げ遅れた民も無理やり食用にされたと記されています。

人間と鬼の世界を分けたとしても、鬼が人間を食用にする限り人間の世界に平和はない。
そこで、考え出された少数の犠牲。

「少数の人間」を差し出すことで「大勢の人間」を守る

ラートリー家で代々受け継がれてきたのは、食用児の祖先は、悪党。
悪党の子孫だから犠牲にしても仕方ないと、納得してきた。

が、ピーターの兄ジェイムズは、戦友を犠牲にしていた真実を知る。

原作では、1000年前、初代ラートリーが約束を結ぶまでの経緯も描かれています。(16巻)

初代ラートリー当主・ユリウスは、仲間や民からも信頼される大将。
民を想い兵を想い、まっすぐで優しい人物。

厳しい戦いでも、一丸となり全人類のために戦う。
もう少しで勝利を掴めそうな時・・・

圧倒的な力を持つ鬼が現れ、一瞬で形勢逆転──

戦いに疲れたユリウスは、悩んだ末に選択する。
何千、何万の兵や民を失うより、一部の人間を差し出して和平を結ぶ。

その時、止めようとした戦友を、犠牲に差し出したのです。

初代ラートリー家当主・ユリウスは、自分が助かるために戦友を犠牲にしたわけではありません

本気で人間の世界を救おうとしていたのです。
その証拠に──

よし、これさえ終われば全て終われる。
帰れる・・・

何でも来い。

この際、いっそ命でも──

by ユリウス・ラートリー『約束のネバーランド』原作コミック16巻

ユリウスは自分の命を投げ出しても良いとまで考えていました。
#「追い詰められていた」と言った方が適切かも

が、あの方は「世界を二つに分ける」約束を果たす代わりにユリウスに子々孫々門番をすることを代償にしたのです。

(原作情報)あの方と約束を結ぶ際は代償が必要。あの方は「大切なもの」を代償にします。

共に戦った仲間を犠牲にしてできた二つの世界。
その罪悪感から逃れられないよう、見張りを申しつけたのです。
戦友の子孫が鬼に食べられるのを見ていることしかできなかったのです・・・

違う、これは”罰”だ
そして、”呪い”だったんだ

by ジェイムズ・ラートリー『約束のネバーランド』アニメ2期11話

ジェイムズは、一族の罪を知り、食用児を見る度に懺悔する。
門番は、罰であり、呪いだと気づいたのです。

ミネルヴァ誕生

二つの世界は守らねば。
でも、ならば食用児、あの子達は。

by ジェイムズ・ラートリー『約束のネバーランド』アニメ2期11話

戦友や何の罪もない民衆の子孫である食用児を救いたい

が、人間と鬼の世界を守るには農園は必要
農園を潰してしまえば、人間の世界へ危機が及ぶ。

(原作情報)「あの方」との約束にはルールがあり破ることができません。
破ったらどうなるのか描かれてないのでよく分かりません。が、約束と代償を放棄することはできないようです。
よって、ラートリー家は門番の役割を放棄することもできないのです。

そこで考え出したのは、食用児に「選択肢」を与えること。
真実に気付き、抗いたいと決意した食用児に、救いの道を示し支援する。

これがミネルヴァが誕生した理由。
かつ、ジェイムズが食用児のためにできる精一杯のことだったのです。

なぜ「すまない」と言ったのか?

約束のネバーランド2期 11話

ピーター:兄さんの最後は?
スミー:あなたに「すまない」と

by 『約束のネバーランド』アニメ2期11話

(原作情報)原作20巻オフシーンによると、兄ジェイムズを殺したのは最後の支援者スミー。確かにアニメで上記セリフを言っているのは、ラムダにいたスミーです。
こういう細かい点まで、アニメで再現してくれたのは嬉しいですね。

アニメだけだと、ジェイムズがピーターに、なぜ「すまない」と言ったのか、分かりにくいですね(苦笑)。

原作には、ジェイムズの心情描写が──

ごめんね、ピーター。
君に背負わせてしまった。

※心情描写なためアニメではカット

by ジェイムズ・ラートリー『約束のネバーランド』原作コミック20巻

人間でありながら、鬼に人間を供給する側に回る。
ましてや、その約束を結び、戦友を犠牲にしたのは初代当主。

ラートリー家は、犯した罪を忘れることができない役割であり立場

ジェイムズは、使命を「罰」「呪い」と捉え、自分が死ぬと弟のピーターにその罰を背負わせることになる。

ジェイムズは自分が死ぬことにより、弟に一族の罰と呪いを引き継いでしまうことに謝っているのです

この言葉からピーターは推測します。
ジェイムズはミネルヴァと名乗り、運命(あの方との約束)に抗おうとした。

それは、食用児のためでもあるが、弟ピーターのためでもあったのではないか──

兄さんは、運命に抗おうとしたの?
自由になりたかったの?

僕を・・自由にさせたかったの?

by ピーター・ラートリー『約束のネバーランド』アニメ2期11話

これがこのセリフの真意。
そして自分が考えていたことを、エマに言われ──

約束のネバーランド2期 10話

難しくてもきっと変えられる。
運命だって世界だって。

自由になろう

by エマ『約束のネバーランド』アニメ2期11話

エマの言葉が刺さったのでしょう──
エマを道連れにするつもりだったピーターは、自分を殺すのみに留めたのです。

(原作情報)ジェイムズは殺され、ピーターは自害。
二人に子供はおらず、ラートリー家の血はここで途切れます。

人間の世界へ

約束のネバーランド2期 11話

エマらは、ママ達も許し、人間の世界へ一緒に行こうと誘う。

(原作情報)原作では、エマがあの方と約束することで人間の世界へ行きます。約束の内容は「“大人を含む”全食用児が人間の世界へ」。元食用児のママ達も含まれているのです。

エマが残るのはアニメオリジナル

約束のネバーランド2期 11話

私達はまだ行けない。
私達はここに残る。

by エマ『約束のネバーランド』アニメ2期11話

(原作情報)原作では約束を結び直し、このタイミングで全員、人間の世界へ行きます。GFハウス地下の門で約束を執行すると、鬼の世界にいる食用児は全て人間の世界へ”転移”されます。あの方との約束は超常現象のような力があるのです。

1000年前の約束。
その約束のせいで、食用児は犠牲になるべき人間だと決められてしまった。

それ、変えられないかな。
その約束って、もう一度結び直すことできないのかな
約束を結び直して、この世界を変えたい。

グレイス=フィールドだけじゃない、この世界の全ての食用児を人間の世界へ連れていきたいの

by エマ『約束のネバーランド』アニメ2期11話

なんと、最終回でこの構想を言い出すとは・・・

── 約束を結び直し ──
── 全食用児を解放し、人間の世界へ連れていく ──

原作では11巻、シェルターにいる頃・・・・・・・・・に描いた、エマが望む未来です
#アニメだと2期4話の頃

そのために、約束を結び直す方法をエマ達は探し回る。
方法を見つけたので、ノーマンに鬼全滅を止めさせる取り引き材料になり、約束を結び直したので、ノーマンを改心させることができた。

約束を結び直すことは、ミネルヴァでもできませんでした。
難題を乗り越え、いくつもの不可能を可能にしてきたから、皆エマを信じ付いてきたのです。

原) 王や貴族も既に全滅

レイ:人間の世界へ逃げたとして、その後に農園、さらにその上の奴らが、向こうの世界まで絶対に追ってこないとは限らない

ノーマン:王や貴族たちか

by 『約束のネバーランド』アニメ2期11話

原作では、この時点で既にノーマンとラムダ組の作戦で、王や貴族は全滅させ鬼の王政を潰しています

詳しくは原作15~18巻をどうぞ。

原) 人間の世界を守るには

人間の世界へ逃げたとして、その後に農園、さらにその上の奴らが、向こうの世界まで絶対に追ってこないとは限らない

by レイ『約束のネバーランド』アニメ2期11話

全食用児が人間の世界へ行き、鬼が邪血の力で人間を食べなくても退化しなくても・・・
人間を食べたい鬼が、人間の世界へ来てしまっては、新たな危機を生んでしまいます

エマは殺しはしないし誰をも許しますが、危険を放置したりはしません。
あの方との約束で縛ります。

食用児全員で人間の世界へ行きたい
それを最後に、二世界間の行き来を完全に不可能にして

by エマ『約束のネバーランド』原作コミック16巻

あの方との約束にはルールがあります。

  1. あの方との約束は上書きできない
  2. あの方との約束は破ることができない
  3. “ご褒美”は絶対に断ってはいけない

※ご褒美とは「代償」のこと

初代ラートリーが門番を断れなかったのは、ミネルヴァが門番の役目に逆らい食用児を直接助けられなかったのは、が理由だったのです。

あの方との約束を上書きすることはできません。
#二つの世界を一つにする、一つを消す等はできない

エマが交わした約束は──
食用児全員を人間の世界へ連れていき、二度と鬼と人間の世界の行き来をできなくすること

この約束で、鬼が人間の世界へ攻めてくることも防いだのです。

では、そのために払ったエマの代償は・・・
ぜひ、原作をご覧下さい。

人間の世界

約束のネバーランド2期 11話

エマ、ノーマン、レイ、ラムダ組を鬼の世界へ残し、子ども達は人間の世界へ。

原) 人間の世界はどういう状況?

止め絵で描かれる人間の世界。
アメリカっぽいですが、原作ではどう描かれているのか。

時代は、鬼の世界と同じ2047年11月。
ノーマン、レイがハウスにあった本で学んだ2015年とは大きく変わっていた。

度重なる異常気象、天災、疫病による経済危機と食糧難。
ひいては世界大戦まで。

それらは終了し、人類は過去の過ちを認め国境を撤廃。
世界は一つに。

まだまだ課題だらけだが、幸いにも戦争中でも混乱中でもなかったのです。

なので、食用児は穏便に受け入れられます。
ラートリー家が全面的に支援して。

子ども達が到着したのは、場所はアメリカっぽいですが、既に国境はなくなっているので、旧アメリカ合衆国のエリアです。

鬼がお前達にしてきたことなんて・・・
人間は人間同士はるか昔から繰り返してきている。

そう、人間は人間を食わないのに・・・・・・、だ。

by ピーター・ラートリー『約束のネバーランド』アニメ2期11話

ピーターは、人間の世界も変わらないと言っているのです。
原作では、ピーターはさらに続けます──

どこへでも行け、好きにしろ。
お前達の勝ちだ。

── ここまでアニメ化、以下はカット ──

だが一つ覚えておけ。

人間の世界も変わらない
なぜなら、鬼は人間の鏡だから

by ピーター・ラートリー『約束のネバーランド』原作コミック20巻

人間も鬼と同じ──
自分達とは違う人を差別し排除する。
自分達が生きるために必要だと、何かを犠牲にする。

そんな中で、異彩を放ったエマの挑戦と許す心。

この辺が『約束のネバーランド』が訴えたいメッセージだったのです。

鬼の世界

エマ達は鬼の世界へ残り、ムジカ達と王や貴族達をぶっ潰していく。

止め絵で描かれる、鬼の世界へ残ったエマ達の行動。
絵を見る限り、原作14~20巻までのアニメでカットした部分をなぞっています

大木

大木の中にあるのがノーマン達がこれまで救った食用児が住んでいるアジト。(14巻)
原作では何百人もの食用児が住む一つの町になっています。

大木の中が素晴らしい環境に。
ぜひアニメで見たかった!

原作では、エマはここでノーマンと再会します。

ドラゴンとあの方

一つ目のドラゴンと宙に浮いている小さな鬼。
子供のような鬼が「あの方」。

描かれたのは、エマがあの方と約束を交わすシーン。(16巻)

ここまで辿り着くのに、どれだけ大変だったか・・・
最後には、エマとレイがあんな姿やこんな姿になったりします。
#自主規制(苦笑)

ヒントは・・・こんな感じかな(苦笑)

クーーッ、訳分からない世界(失礼)だけど、アニメで見たかったなーー!

ソンジュと大僧正

王と貴族を皆殺しにして、王政は崩壊。
無政府状態となり、ノーマンが鬼の全滅は避けられないと言い切りました。

が、ソンジュが一つの可能性に賭けます。

1000年前に仮死状態になった大僧正様の復活。(19巻)
ソンジュの先生の先生にあたります。

大僧正を邪血の血で甦らせ、民衆をまとめてもらおうと考えたのです。

王と貴族がいない世界で、大僧正は民衆を抑えるキーマンの一人となるのです。

王都

見下ろしている大都市は、王都でしょう。
ここに王と貴族、私利私欲で、鬼たちを人間を食べなくてはならない体にし続けた諸悪の根源がいるのです。

王都決戦は、いつもの約ネバと違う。
でも、約ネバらしいアクションシーンを見ることできます。

ノーマンの作戦は冴え渡り、ここでのラムダ組が頼もしい。
ソンジュの衝撃の事実も明かされ、戦いも格好良かった。

個人的には、ゴールディ・ポイントと同じ位アニメ化して欲しかったエピソード。
ちょっと過激すぎるくらい、アニメ映えすると思うんだけどなーー!

戴冠式

王政が潰された鬼が選んだ次の王は、ムジカ。

歴史を繰り返さないために旧世代の年寄りは王の席を譲り。
ムジカを新王にしたのです。

検討の際には、何もかもを王に頼る民衆を、大僧正が非難します。
これからは「民(たみ)も考え行動する」ことを提唱。

鬼の世界は「王政」から「民主主義」に変わっていこうとしているのです。

エマとムジカ

王となったムジカはエマ達を見送りに。(20巻)
友として王として・・・

エマがあの方と約束したのは、全食用児が人間の世界へ行き、その後は二つの世界の行き来を不可能にする。

エマとムジカとは二度と会うことができないのです。
これが本当に最後のお別れだったのです。

フィナーレ

エマ達は鬼の世界でやるべきことを終え、人間の世界へ。
フィル達と無事に再会する。

そもそも、エマ達が鬼の世界へ残るのことが、アニメオリジナル。
数年後に再会するのも完全アニメオリジナルです。

成長した子ども達を見れたのはアニメのみ。
特にフィルが成長著しい。

これは感慨深いですね。

おわりに (『約束のネバーランド』2期11話とは)

無事に人間の世界へと行くことができた子ども達。
きれいな着地でした。

11話はピーター・ラートリーとのやり取り以外は、ほぼアニメオリジナル展開です。

原作では、ピーターとの決着後一悶着ありますし、人間の世界へ行ってからも平穏ではありません。

本レビューで紹介した原作部分はごく一部。
全てを紹介すると、それだけで1万文字追加になりそうなほど(笑)。

ぜひ、原作を手にとってください。
アニメ2期で描かれなかった箇所を追いかけたい方は、6巻終盤あたりからになります。

色んな意味で衝撃的だった『約束のネバーランド』2期。
なんとか、各話レビューを書き続けることができました。
読んで下さった皆様のおかげです。

原作がどれだけ省略されたのかも含め、約ネバ2期全体のレビューを近いうちに書きたいと思っています。
良かったらまたお越し下さい。
最新情報はTwitter(@toki23_a)にて。

ではでは。

関連記事

アニメは原作をどれだけカットしたか。
また、その影響は?

アニメ『約束のネバーランド2期』分析レビューはこちら。
約束のネバーランド 2期
【約束のネバーランド】2期1~11(最終)話 分析レビュー アニメは原作をどれだけカットしたのか2021年冬TVアニメ『約束のネバーランド(約ネバ)』シーズン2 1話~11話(最終回)分析レビュー。アニメは原作をどれだけ取り込んだのか。アニメと原作の対応表も作りました。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。