サマータイムレンダ

アニメ【サマータイムレンダ】12話感想&考察 大切な人の為なら何度でも何度でもやり直す!

サマータイムレンダ 12話

こんばんは。時文(@toki23_a)です。
TVアニメ『サマータイムレンダ』第12話、鑑賞しました。

本レビューでは、アニメ感想だけではなく。
原作コミック情報も加え、個人的な解釈による解説・考察をしています。

皆さんの理解の助けになり、作品をより楽しんで頂ければ幸いです。

今話の主なトピック

  • ハイネは最初の人!? 
  • ハイネを倒せば影は全滅では!? 
  • ハイネの食餌、刑事は早く、潮は遅くね? 
  • ウシオはどうやってネイルガンを複製した? 
  • ウシオのスキャンは、なぜ一瞬で終わった? 
  • ハイネは、ウシオをなぜ半殺しに? 
  • ハイネ達は、とっくに慎平のループを知っている? 
  • 原) 四本腕の影はなぜ遅れて出てきたのか? 
  • 原) ウシオに言った「劣化した野良」とは? 
  • 慎平の目は、なぜ戻ったのか? 
  • 凸村は転けた?落ちてきた? 
  • 慎平は、いつの間に毒薬を!?どうやって蓋を!? 
  • ハイネが言う、ウシオが卵とは? 

※矢印は該当箇所へのリンク

今話の疑問点

最下部に「疑問点まとめ (QA一覧)」として記載

ここでは、以下の観点でレビューします。

アニメ各話「感想」

原作コミックを読んで分かった新情報を加味して「解説・考察

私は原作コミック未読です。
アニメ鑑賞後、”アニメ化済み時点まで“の部分を読み、レビューを作成しています。

よって・・・
次話以降のネタバレは「なし」なのでご安心ください。

サマータイムレンダ(全25話)各話リスト

前半クール (1~12話)

話数 サブタイトル 周目 原作
第1話 さよなら夏の日 1 1巻
第2話 2
3
第3話
漂着
第4話
未視感(ジャメヴ) 2巻
第5話
4 
第6話
軌道共鳴 3巻 
第7話
仇敵
第8話
メメント 4巻
第9話
流れよ我が涙
5巻
第10話
闇の中へ
第11話
食餌の時間 6巻
第12話
本レビュー
血の夜

※リンクは各話レビューへ
※「周目」は、ネタバレ避けるため次話以降マスク

後半クール (13~25話)

後半クールのリストは、ためてから作成します。
しばらくの間は、こちらからどうぞ。

今回のあらすじ

あらすじ

先祖代々、菱形家は島で亡くなった人の遺体をハイネに与えていた──
「食餌の時間」に運ばれてきたのは2つの棺桶、片方に本土の刑事、もう片方には・・・。

慎平ウシオは怒りに我を忘れ、影に挑んでいく──

大切な人達が目の前で殺される悔しさに比べれば、自分が死ぬなんてのは苦でも怖くもない

慎平の諦めない意志と何度でも食らいつく意気は、やがてウシオに伝播していく・・・。
再度、味わわされた悲痛な悔しさも、決意を改め今帰還する──

ただ単にループ前に情報収集するだけでなく、果敢に挑んだからこそチラリと見えた可能性。

内なる覚悟を胸に秘め、手には戦友握りしめ。
さあ次こそ復讐の周回となるか!?

では、今話を振り返っていきましょう。

感想&考察レビュー 第12話「血の夜

【4周目】7月23日 邂逅

朱鷺子が案内した先にいたのは、ハイネことヒルコ様だった。

天王山

ついに見つけた

この子は、あの夏祭りに何をしたのか・・・いや、「何をするのか」だ!
それが分かれば止められる!

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

ついに見つけた」!?
いえいえ、2クールと分かっているこちら側には(苦笑)、折り返し地点でハイネ様に謁見できるとは予想外(早すぎる)でした(笑)

ウシオのケガの具合を考えると、少しでも早くループした方が良い状況。
にも関わらず、朱鷺子ときこを前にして、トコトン深部へ突っ込んでいく慎平の意気には頭が下がります。

でも考えてみれば、今日は7月23日21時──夏祭りの惨劇まで24時間を切っているのです

残り1日でハイネに会える好機。

大イベントの1日前で準備に大わらわ!?なんてことはなかったですね(苦笑)。

ハイネは、いや影たちは夏祭りで”何をするつもりなのか・・・・・・・・・・“が分かれば、止める手立ても検討できる。

ウシオの記憶が戻り影の力が明らかになり、そうの協力を得られ菱形家と影に関係があると分かるも、影が島民の命を奪い何をしようとしているのかは、いまだ何も分かってないのです

そこへ現れた、ハイネことヒルコ様。
ここで情報を得ずに、いつ得る!

全神経を研ぎ澄ませ、一語一句聞き逃すな!

初めての人!?

あのお姿は、ヒルコ様が最初にコピーした「ハイネ」です
彼女はその名で呼ばれることを好みます

by 菱形 朱鷺子『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

ハイネはヒルコ様の正体ではなく、コピー能力を使って形作っていた姿
原作では、一文字セリフが多くなっています──

あのお姿は、ヒルコ様が最初にコピーした・・・・・・・・・「ハイネ」です。

※太字部分はアニメではカット

by 菱形 朱鷺子『サマータイムレンダ』コミック6巻

原作では「最初にコピーした」とまで言ってます。
このセリフから次のことが読み取れます。

ハイネをコピーする前は、人以外をコピーしていたということ

影が生まれたばかり、という可能性もありますが・・・

洞窟で見た深海の生物はハイネがコピーしたのでしょうか?
ハイネ以前は、ヒルコ様はどのような形(立体)をしていたのでしょうか?

どういう経緯でハイネをコピーしたのでしょうか。銀髪に赤い目・・・そもそもハイネは日本人?ハイネのオリジナルも気になりますね。

疑問 12-01
ハイネ以前のヒルコ様は、どのような姿をしていた?

蛭子命(ヒルコノミコト)

サマータイムレンダ 12話『サマータイムレンダ』公式HP「STORY#12」より引用

彼女こそが日都ヶ島の神、ヒルコノミコト
影たちの母

by 菱形 朱鷺子『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

朱鷺子ときこが淡々と語る島の真実──

ハイネは、島の神・ヒルコ様であり、影たちの母「オカアサン」
そして、新たな器に選ばれた小早川しおり(影シオリ)でもある。

私は、ハイネはヒルコ様が生み出したコピーの可能性も考えてましたが、朱鷺子ときこは断言しています──ハイネ自身が、ヒルコ様なのです

この子が・・・この子が神様やと!?

by 菱形 窓『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

そうも、にわかには信じられない──こんな、幼い子どもが神さまだなんて・・・。

間違いない!
ずっと感じてた嫌な気配・・・こいつや!こいつから出てるんや!

※アニメでは全文カット

by 小舟 潮『サマータイムレンダ』コミック6巻

アニメではカットされていますが、原作ではウシオも認めてます。
目の前にいるハイネが、神であると。

補足

ウシオが言っている神とは、あがたてまつる神ではなく、想像を超えた存在であるという意味の神ですね

人は、人智を超えた存在を、時に神とあがめます。

ハイネが本当の意味で「神」かどうかは分かりません。
が、人間にはできないことをやってのけているのは確か。

誰も逆らえない力を持ち、亡くなる人を生かし続ける力があれば、神とあがめたくもなるのでしょう。

食糧不足による栄養失調

サマータイムレンダ 11話『サマータイムレンダ』公式HP「STORY#11」より引用

最近は栄養失調で足が弱ってしまったので、代わりの体が必要だったんです

by 菱形 朱鷺子『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

このセリフ、原作ではもう少し丁寧に説明されています──

窓:あの子はなんで、輸血を?
朱鷺子:見ての通り、ハイネは弱ってます原因は主に食糧不足による・・・・・・・・・栄養失調です。ウシオさんならわかるでしょう?空腹は耐えがたい苦痛をハイネに与え続けています。最近は足が弱って歩行が困難になりました。なので、代わりの体を手に入れる必要があったんですよ。

※太字部分はアニメではカット

by 『サマータイムレンダ』コミック6巻

朱鷺子ときこ曰く、ハイネは食糧不足──つまり人間を食べてないから栄養失調になり、足が弱って歩行困難になってきたので、代わりの体が必要だった

でもおかしいですね?

疑問

影シオリがハイネなら、小早川一家の3人を食餌したのはハイネです。
ここ数日間で、少なくとも3人分食べています。

今夜、菱形医院から与えられたのは、二人。

それでも栄養失調だというのでしょうか?
一体、どれだけ食べないと栄養失調にならないのでしょうか・・・。

いやそれよりも、なぜ栄養失調になるまで我慢しているのでしょうか?

続きを読む

まるで、これまでは菱形医院から与えられる年に数人の遺体で我慢し続け・・・・・・・・・・・・・、その結果栄養失調になり、いよいよ耐えられなくなったから仕方なく・・・・生きている人に手を出したようにも取れるのですが・・・

反対に分かったことは──
島で起きている「影の病」は、ハイネの食餌だったのです

菱形医院が用意しているのは、病気や事故で死んだ遺体。
ハイネのためにわざわざ殺したりはしていません。

それでは足りないとばかりに、つまみ食いをしているのです(苦笑)。

となると、影が家族単位で入れ替わる狙いも見えてきます。
見つからないためですね。

そこまでして影は、人間に見つからないよう食餌をしてきたのです。
ところが、ここへ来て島民全員を食べるという荒事に出たという感じでしょうか。

なぜ、大量の食餌が必要なのでしょうか・・・。

推測

最後の食餌しょくじです
存分にお召し上がり下さい。

そしてどうか、最後の力を私のために──母よ

by 四本腕の影『サマータイムレンダ』TVアニメ第5話

四本腕の影は、5話で「最後の力」と言ってました。

となると、考えられのは──

続きを読む

ハイネの体は、もう長くはない。
だから、小早川しおりの器に乗り換えようとしている。

なのに、「最後の力」とは──ハイネの体でないと使えない力があると考えるべきか・・・

だから、島の外から観光客も集まる、夏祭りの日を狙って、大量の食餌を与え、最後の力を使う。

さてさて、ハイネは、あるいは四本腕の影は何をしようとしているのでしょうか・・・。

最初から登場していた

こうやって会うんは、何回目になるんかのう?
網代慎平

by ハイネ『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

慎平に、影シオリの姿をさらすハイネ。
影シオリが生きていたことに驚く慎平。
だけど、それ以上に──

こいつは、ずっと・・・始めからずっと・・・ずっとオレの目の前に、おったんか!

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

影のオカアサン・ハイネは夏祭りの惨劇を止めるのに、最大の標的。
慎平は、4周目に入ってから、ハイネを見つけるために、手がかりを探していた。

ハイネ=影シオリ

3周目で澪を殺し島の皆を飲み込んだハイネは、海の中で潮を殺した影シオリでもあった。
探していたラスボスは、慎平が島に戻ってきた初日から、目の前に姿を現していたのです

これで、影シオリが他の影と違う理由が分かりましたね。
影シオリは普通の影ではなく、影の元祖だったのです。

と同時に、影シオリが、しおりの母・影アサコにテレパシーのような力で連絡を取っていた謎も解決。

影シオリがオカアサンだからできたこと。
全ての影が通信できる能力を持っているのではなかったのです。
#その可能性がないとは言い切れませんが

疑問 07-XX
影シオリは、なぜ他の影とは違う?

答え
影シオリの正体は、ハイネことヒルコ様

ヒルコ様は、影の母。
だが、栄養失調により代わりの体が必要となった。その体が小早川しおり。

疑問 07-XX
影シオリが、母・影アサコに指示した能力は?

答え
オカアサンの力

影シオリの正体は、ヒルコ様であり影の母。オカアサンとして影に指示をすることができる。

【4周目】7月23日 菱形家

菱形家は、これまで「食餌」と称しヒルコ様に死んだ人を与えてきたと語る朱鷺子。

影と菱形家

年に平均4人、日都ヶ島では死人が出ます病気や事故で

もう分かりますよね?
そうした死人をウチは、ずっと彼女に与え続けているんですよ

父も、祖父も曾祖父も、そのまたずっと昔から・・・

by 菱形 朱鷺子『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

「ウチ」とは菱形医院のこと
父の世代どころか、菱形家は先祖代々、ハイネに死体を提供し続けていたのです

疑問 05-05
窓の父・菱形医院長は、影とどういう関係?

答え
先祖代々、菱形家はハイネに食餌となる人間の死体を与え続けていた

病院なら、病気は勿論、事故の場合も一度は病院へ運び込まれます。
影のコピー能力を使えば、死体の入れ替わりも簡単かも・・・。
#潮の場合、コピーをつかったわけではありません

どうせ死んで灰になるのだから問題ないだろう、という考えが透けて見えますね

では、前話で登場した本土の刑事・三浦も事故等で死んだのか?
そんな都合良く死ぬわけがないですよね・・・。

少なくとも、三浦刑事の遺体を見て、眉一つ動かさない朱鷺子ときこは何か知っているのでしょうが・・・。

疑問 11-02 (再掲)
本土から来た、三浦刑事を始末したのは誰か?

近う寄って、よう見てみぃ、ウシオ
あの時、わしが食いそびれた、おまんのオリジナルじゃ

by ハイネ『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

「あの時」とは、影シオリがオリジナルと入れ替わろうとした海の中で、潮&ウシオが邪魔をした時のこと。(9話)

遺体はお父さんがすり替えました
骨はハイネがプリントした誰かの骨です

by 菱形 朱鷺子『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

なんとも手が込んでます。
葬儀で、潮の遺体は確認されています。

推測

おそらく火葬場でも、最後のご対面があったと思われます。

ならば、遺体すり替えは炉内に入れられた後、行われたことに!?

それに、遺体を火葬中、父・青銅せいどうは皆と一緒に食事をしていました。
なんて早業!マジシャンか!?(笑)

火葬場に仕掛けがないと、あるいは火葬場の職員と協力しないと難しいですが、先祖代々から手がけているのなら、あり得そうですね(笑)。

既に潮の影(ウシオ)がいるから、もう一体影を生み出すことができないのは分かります。

だけど、動かなくても良いのなら、(武器のように)姿形はプリントできるのだと思ってましたが、そう単純なことでもないようです。

オーソドックスに、遺体は医者である青銅せいどうが、ハイネが作り出した(プリントした)別人の骨と入れ替えていたのです

そう言えば・・・
今話ラスト、ループで戻った時間は、南雲先生に慎平が認知された時──つまり潮のご遺体(実際は別人の骨に入れ替え済み)火葬中ですね。

覚えておきましょう。

窓にはできないから朱鷺子がやるしかない

お兄ちゃんが、そんなんやから!
私がやってんのやろうがよぉ!

by 菱形 朱鷺子『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

そうは潮を助けられなかったことに対してもずっと悔やむほど責任感、正義感に溢れています。

それでいて、ウシオを見て喜び、大切な人のためには自分の命を賭ける。

原作補足

アニメではカットされてますが、4話で澪に告白したとき「三度目の正直」と言って非科学的なことを信じて告白しています。(4話)

そうは非合理的。
いい意味で人間臭く、人の命に感情移入しすぎるのです。

そんなそうが、菱形家と影の関係を割り切れるわけがない・・・。

父親の判断は正しいですね。

代わりに、朱鷺子ときこに話すしかなかったのです。
彼女は、兄がそういう人・・・・・だと分かっているからこそ、自分がやらなくてはならないと決心したのではないでしょうか。

母親は母親

サマータイムレンダ 12話『サマータイムレンダ』公式HP「STORY#12」より引用

こうするしかないんですよ、こうするしか・・・
ハイネが死んだら、お母さんも死んでまうんやから・・・

お母さんが生きてんのは病気が治ったからじゃないんよ
お父さんがハイネに頼んで影になって死ななくなっただけ

by 菱形 朱鷺子『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

朱鷺子ときこそうの母親は、既に影

回想に写る二人の母親は、車椅子に乗った女性──これは、3周目ラスト、島全体が影に飲み込まれたとき、青銅せいどうの側にいた車椅子の影ですね。(5話)

それと、大事なことは──「影になって死ななくなっただけ」と言う表現。
朱鷺子ときこ影の母親を本物と認めている・・・・・・・・・・・・・、という意味ですね

母のために手を汚す。
ご遺体をハイネに横流し。

法を犯してはいるが、殺人ほど罪が重くなく、ましてや(バレなければ)誰かに迷惑をかけているわけでもない。

罪の意識が薄いまま、何より母親のために・・・。

なのに、影であるウシオと一緒になって、影を倒そうとする窓たちを見たら、さぞ腹立たしかったでしょうね・・・。

疑問 05-06
菱形医院にいた車椅子の影は、誰の影?何のためにいる?

答え
窓と朱鷺子の母であり、青銅の妻

青銅がハイネに頼んで、病気の母を影に入れ替えてもらった。

ハイネが死ねば全滅?

衝撃&怒濤の展開なので、見落としてしまいそうですが・・・。
影を殲滅する上で、朱鷺子ときこはとても重要なことを言ってます──

こうするしかないんですよ、こうするしか・・・。
ハイネが死んだら、お母さんも死んでまうんやから・・・

by 菱形 朱鷺子『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

ハイネが死ぬと、影である朱鷺子ときこの母親も死ぬ!?

サマータイムレンダ 5話『サマータイムレンダ』公式HP「STORY#05」より引用

確かに、3周目ラスト、ハイネが島民全員をバチッバチッとした時、菱形医院にいた車椅子の女性らしき影は、形を崩していました。(5話)

私はてっきり、境内にいた影たちのように、ハイネの影に飲み込まれたのだと思ってました。

いや、厳密に言うと菱形医院にまで影は届いてはおらず、でもいずれ影が届くだろうから、オカアサンの指示で、準備段階に入ったのだと解釈してました。

これは、ハイネが一度死ぬ、あるいは全ての影を取り込み、力をため込んだ結果なのでしょうか?

少なくとも、ハイネは離れていても、他の影に影響を及ぼすのは確定。
ならば、ハイネの命が、他の影の生存に関わってくるのもあり得ます。

となると──
影たちの母親であるハイネが死ぬと、その子ども達である影は、全員死ぬ!?

ひづる&根津は、影の殲滅せんめつを狙ってます。
だから、片っ端から影を倒していった。

でも、もしハイネの生死が他の影に影響するのなら。
ハイネを倒せば、影を全てきれいさっぱり消し去れる!?

ハイネは最終目的なだけでなく、むしろ、ハイネさえ倒せば良い可能性が出てきたのです。

ただし!
2つ懸念点が・・・。

推測

続きを読む

5話ラスト、他の影がハイネの大きな影に飲み込まれたとき、四本腕の影だけは完全独立していたように見えます。

四本腕の影は、また特別なのかもしれません。

そしてもう一つ。
影が全員死ぬということは・・・ウシオも消えてしまうのではないでしょうか・・・。

疑問 12-02
ハイネが死ねば、影は全て消える?

【4周目】7月23日 奪取

ハイネのスキャン中の隙を狙って、慎平は反撃に出る。

スキャン中の隙

影は、スキャン中の数秒間は身動きができなくなる!
ハイネも例外じゃない!

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

影の手を伸ばし、一瞬で人を喰らうハイネ。
そのハイネでもスキャン中は数秒間停止する。

スキャン中に数秒間動けなくなるのは、以前から出ていた情報です。
でも、三浦刑事はスキャンが始まってすぐにバチッと体を消されました。

潮はなぜ助ける余裕があったのか、不思議に思いませんでしたか?

意識して観ないと分かりにくいので、余計なお世話かもしれませんが補足を(苦笑)。

影は人間を光によってスキャンし、その情報を取り込む
なぜそうするかといえば、それがヤツらの「食事」に当たる行為ではないか

影は人間の情報を食べて生きている

しかし「味」という情報だけは、直接食べる必要がある

by 南方 ひづる『サマータイムレンダ』TVアニメ第5話

ハイネに与えられた二人の死体。
ハイネは、スキャンで情報を読み取り、その後、バチッと直接食べます

今話を見返せる方は、ハイネが三浦刑事を食餌するシーンを観て下さい。

確かに、時間をかけて三浦刑事をスキャンしています
その後すぐに体を食べているので同じ動作に見えるだけ。

単に二つの行為を連続してやっただけですね。

潮の時は、スキャンが始まった直後、スキャンが終わる数秒間の間に潮を取り戻し、バチッとさせなかったのです。

ネイルガン復活

ウシオ、今や!
プリントしろ!

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

あれ?機械のコピーは増やせないはずだから、先に捨てたネイルガンはどうやって消したの?という疑問は置いといて(苦笑)。

ここで復活、釘打ち機ネイルガン

取り込んだデータをプリントできるとは言っても無から生み出すわけではありません。

ウシオが物をプリントする時は、自分の髪の毛を使って具現化します。(10話)

この時、ウシオは髪の毛を慎平に渡したわけでも、プリントしてから釘打ち機ネイルガンを投げつけたわけでもありません。

慎平は、この時のために、最初からウシオの髪の毛を一本・・・・・・手元に持っていたのです

(原作情報)原作には、目をこらしても髪の毛は描かれてませんが、アニメはしっかり慎平の手の間にウシオの金髪が描かれてますね。細かい!

つまり、このような場面を想定して、ウシオとは事前にすり合わせていたということですね。

だからこそ、ウシオも「待ってた」のです!

お見事!

部分スキャン

待ってたで、その言葉!

by ウシオ『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

慎平の呼びかけにすぐさま反応!

釘打ち機ネイルガンをプリントし、直後、慎平はウシオを掴んでいる巨大野良の本体に釘を3本打ち込み動きを止める。

もう一体の野良が、影の手ごと叩き潰すが、時既に遅し!

ウシオは、潮の体を取り戻し、髪の毛を刃にして野良を攻撃しながらその場を脱出。

──思わぬ形で再会できた潮オリジナル。諦めていたウシオの治療がこれでできる。

ウシオは、空中でオリジナルをスキャン。
着地した時には、既にスキャンが完了したのか、(スキャン中は動けないはずなのに)見事な着地!

こちらもお見事!

補足

ハイネはスキャンに数秒間かかり、その間身動きが取れなかった。
なのに、なぜウシオは空中にいる間にスキャンが完了したのか?

ハイネよりウシオの方が処理能力が高い!?
ウシオは記憶容量少ないとか言ってなかったっけ?

はい、皆さんの疑問は正しいです(笑)。
コピー能力に関しては、ハイネの方がずっと高スペックです。

では、なぜウシオのスキャンは一瞬で終わったのか?

ウシオがスキャンしたのは、破損した腕の部分だけだからです

一部のデータしか読み取る必要がなかったので、その分スキャン時間も短くて済んだのです

エクセレント!

それにしても、そんなこと、あの一瞬でよく思い付いたな、ですって?

ウシオは、以前同じようなことをしています。
潮&ウシオで旧病棟へ行き右足を負傷したときに・・・。(9話)

ちゃんと、過去の経験が活かされているのです!

【4周目】7月23日 対決

潮の遺体を奪ったウシオに対して、ハイネは影ネゴロを仕向ける。

食べたいのはどっち!?

ウシオの記憶はワシが食べたい
半殺しまでや

by ハイネ『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

ハイネのこのセリフ、アニメ鑑賞時、意味が分かりませんでした(汗)。

記憶を食べる、ならば潮。
半殺し、というからには、戦う相手であるウシオ。

ウシオと潮のどっち!?

原作は、こんな表記になってます──

ウシオアレの記憶は私が読みたべたい
半殺しまでや・・・・・・

by ハイネ『サマータイムレンダ』コミック6巻

つまり、ハイネが食べたがっているのは、影であるウシオの記憶

というか、影は影の記憶も読めるのですね!?

いや、考えてみれば、情報が影の食事なのだから、情報の塊である影を読めるのは当然か(笑)

潮オリジナルはスキャンしたハイネ。
潮の記憶を全て読み切れたのかは分かりません。

読み取るのは一瞬で、それをデータに落とすのに時間がかかるのだと思うのですが・・・。となると潮の記憶は読み切ってますね。

が、この時、ハイネが興味を持ったのは、影が潮として行動しているウシオの記憶を欲しがったのです

面白い!

ハイネも先が見えている?

慎平:どうせ死ぬなら、戦って死ぬ
ハイネ:チッ!

by 『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

アニメ鑑賞時、ハイネが「チッ!」っと言ったのは、慎平ごときが、自分の目の前にまで来て、武器を向けている事に対してだと思ってました

が、よく見るとタイミングが変です・・・。

ハイネは「チッ!」と言う前に、慎平目掛けて、既に影の手を伸ばしています・・・・・・・・・・・・・
慎平に苛立っているのであれば、手を伸ばす前に「チッ!」というはず

となると・・・「チッ!」というのは、四本腕の影が、止めに入ったこと・・・・・・・・に対してですね
だから──

今、慎平くんのこと食べようとしたでしょ

by 四本腕の影『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

と言われたのです。

問題は、四本腕の影が止めようとしているのに、ハイネはなぜ気付いたのか?

単純に考えると──慎平の後ろに四本腕の影の姿を見た、あるいは感じた
それとも・・・ハイネは普通の人(影)には見えないものが視えていたりするでしょうか?

ひづる(竜之介)の予知も見破ったハイネ。
何かが視えている可能性は十分にありますね。

既に慎平の能力を知っている?

今、慎平くんのこと食べようとしたでしょ

by 四本腕の影『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

このセリフは、別の意味も読み取れます。

「慎平君のこと食べようとした」=慎平を食べて(殺して)はいけない、という意味に

慎平を殺してはいけない、という事は──この時点で、いやもっと前から、慎平がループできることを四本腕の影とハイネは知っている証しです

慎平がループしているのが影にバレたのは3周目。
影シオリにスキャンされ、影シンペイが生まれた時。

でも4周目は、慎平はスキャンすらされてません。
記憶を読み取られてないのに、なぜバレたのでしょうか?

3周目ラスト、四本腕の影も、慎平の目を見てループの可能性に気付きました。
でも、4周目、慎平は四本腕の影とはまだ出会ってません。
#人間である時に会っている可能性はありますが・・・

ハイネや四本腕の影も、3周目の記憶を持っているのか・・・?
と一瞬思いましたが、それはないです。

なぜなら、四本腕の影は、慎平が既に何度もループしていることを知りませんでした。

気になるのは、影シオリとしてハイネには何度も会っていること。
そして、ハイネの記憶に潜り込むことができる能力と、その時に慎平の腕に付けられたマーキングですね。

まさか盗聴器的な役割をしているのでしょうか・・・。
だとしたら厄介ですね・・・。

なにせ、5周目にも持って行ってますから(苦笑)。

サマータイムレンダ 10話『サマータイムレンダ』公式HP「STORY#10」より引用

疑問 12-03
慎平がループしていると、なぜバレていた
のか?

原) 遅れて出てきたのは、作戦通り?

大丈夫ですよハイネ
小舟潮の遺体は、後でちゃんと取り返しますから

by 四本腕の影『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

前話で、ハイネこと影シオリと一緒だった四本腕の影。
なかなか登場しないので、どこにいるのかと思ったら、澪を捕まえに行っていた!?

・・・ではないようです。

原作には、今まで何をしていたのか想像できるセリフが──

ハイネ:おまんが、出て来んのが遅い・・・・・・・・さけ、こんなことになってんのにっ・・・
四本腕の影:お許しを・・・面白かったんで、しばらく見入ってしまいました

※アニメでは全文カット

by 『サマータイムレンダ』コミック6巻

ハイネは、四本腕の影は到着が遅いのではなく、「出てくるのが遅い・・・・・・・・」と言っています

「出てくるのが遅い」とは──出てくるタイミングを伺っていた、ということ

四本腕の影は、澪を人質に取って近くで待機していたのです
ハイネと四本腕の影は、余裕ぶってますが、決して慎平たちを舐めてはいないのです

手強い!

澪は人質

これは食べたらダメですよ

by 四本腕の影『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

前話、慎平が心配で、凸村と地下へ入ってきた澪

ひづるが見失ってから、澪の行方が分かりませんでしたが、影に捕らえられていたのです。

このセリフから分かるのは──「食べたらダメ」とは殺してはダメ、生きているのに意味がある、ということ

しつこい!
分かってるっちゅうねん

by ハイネ『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

「しつこい」と言うのは、ハイネが何度も言われた証し──つまり、前話、影シオリとなって澪を地下へ誘導する時から言われていると推測できます

澪の前に、四本腕の影が姿を見せれば、恐れて逃げてしまう。
ハイネが成り代われる影シオリに任せるしかない。

だから、四本腕の影は、ハイネに何度も食べてはダメだと念押ししていたのでしょう。

澪は、慎平達を黙らせる人質、最初からその目的で地下へ誘われたのです

利用された朱鷺子

サマータイムレンダ 12話『サマータイムレンダ』公式HP「STORY#12」より引用

何を言うてんの?
明日・・・夏祭りの最後の食餌でハイネの体を治す・・・お母さんを生きられるようにするんや

あとは、今まで通り、それがお父さんの計画や

そうやろが!

by 菱形 朱鷺子『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

朱鷺子ときこは、夏祭りで「最後の食餌」があることは知っていた。
だけど、島民全員を食べることは知らされてなかったのです。

そりゃ、そうです。
澪も食べられると知っていれば、朱鷺子ときこは反対したでしょう。
澪どころか、そうや父親、母親もいなくなると知っていたら・・・。

補足

夏祭りのハイネの食餌で母親もいなくなることは説明されていません。

が、3周目ラスト、車椅子の母親の影も崩れていました。
傍らにいた青銅が、それを当然のように受け止めていたのは、影は当然、青銅も分かっていた、ということではないでしょうか

朱鷺子ときこはハイネと四本腕の影に、いいように利用されていたのです。

疑問 10-02
夏祭りで影が何をするのか、朱鷺子はどこまで知っていた?

答え
ハイネに最後の食餌をしてもらい、それでハイネの体が治る、とだけ教えられていた

ハイネの体が治れば、朱鷺子の母親もずっと生きてられる。
その為には最後の食餌が必要だと聞かされていた。

推測

でも、本当に知らなかった・・・いえ、影を信じていたのでしょうか?

続きを読む

「澪には手を出さない」と約束した影を信じていたのなら、なぜ前々話(10話)──

お願い澪!
明日は私と一緒におって!

by 菱形 朱鷺子『サマータイムレンダ』TVアニメ第10話

などと言ったのでしょうか?

それは、影を信じ切れない、不吉な予感があったからではないでしょうか?

何せ、菱形家が死体を供給しているよりも、直接食べている人間の数の方がずっと多いですよね。
このことからも、ハイネ達は菱形家を舐めているのが明らかです。

この辺が、朱鷺子ときこを味方にする鍵かもしれないですね

ただ、疑問なのは──
全てを知り了解していた青銅せいどうは、妻・子どもを失うのになぜそこまで影に従順なのでしょうか?

疑問 12-04
菱形医院長・青銅は、ハイネの最後の食餌が意味することを知っていながら、なぜ協力しているのか?

【4周目】7月23日 南方ひづる

肝臓を撃たれたひづるの体で、意識が遠のいていく竜之介。そこへやってきたのは・・・。

なぜ人間だと?

凸村・・・よかった、彼は人間や

by 南方 ひづる『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

瀕死のひづる(竜之介)。
近づいて来たのが人間である凸村と知り、体をひづるに明け渡す竜之介

ひづるは頭は良いが、戦闘能力が高いのは竜之介。

この洞窟は影の巣。
気を抜けないので、体を渡すことができなかったのでしょう。

でも、そろそろ限界。
丁度その時、凸村が現れたので、体を預けたのです。

原作補足

アニメではカットされていますが、竜之介のセリフはもう一言あります──

僕はここまでや、お姉ちゃん。
さよ・・・なら・・・

※太字部分はアニメではカット

by 竜之介『サマータイムレンダ』コミック6巻

原作では「さよなら」と言っているのです。

前話で、四本腕の影に「人格と記憶だけ」と言われた竜之介

それが死を迎える状態が、どういう事なのかは分かりませんが、ひづるより先に死を悟ったようですね・・・。

でも、この後、ひづるも殺されてしまうので、竜之介の生死は関係ない。
だから、アニメではカットされたのかもしれないですね。

ショックを和らげるための配慮でしょうかね。

気になるのは、竜之介は、なぜ近づいてくる凸村が人間だと分かったのでしょうか?

襲ってこずに声を掛けてきたのだから、人間だと推理できなくもありません
でも、なんだか推理力ではなく、もっと確信めいて判断している気がするのは私だけでしょうか・・・。

銃は消された?

ひづる:拳銃はどうした?
凸村:多分、落とした・・・

by 『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

前話、ひづるを撃った四本腕の影は、拳銃を使っていました。
恐らく、あの拳銃は凸村の拳銃をコピーしたのでしょう。

拳銃をコピーしても、作動させるには本物を消さなくてはならない

本物を落としたから、影に奪われ消された。
だから、四本腕の影は、コピーを使うことができたのではないでしょうか。

もしそうなら──
前話、ひづる&根津の前に影シオリ&四本腕の影が現れましたが、澪&凸村は、その前に野良影に襲われていたという事ですね

推測

凸村の拳銃が、使えたかどうかが、上記推測通りだとすると・・・。

分からないのは四本腕の影が使っていたショットガン。
このショットガンは、ひづるが持っている物のコピーでしょう。
証拠はプリントしたときに同時に出てくる、巨乳!(笑)

だけど、ひづるがコピーされたのは、少し前の影シオリにて。
ショットガンは、ひづるの手元にあり、作動しないはず・・・。

これは、5話の時も同様です。
四本腕の影が、ひづるに向かって放ったのはショットガン。(5話)
ハッキリとは述べられてませんが、この時もひづるはコピーされてないはず。
だから生き延びたと思ってます。

四本腕の影が使うショットガンは、ひづるの物ではないのでしょうか?

14年前にコピーした可能性も考えましたが、中学二年生のひづるは巨乳ではありません(爆)。

ひづる以外に、ショットガン使いがいるのでしょうか?
それとも、四本腕の影は、オリジナルを消さなくてもコピーを作動させることができるのでしょうか・・・

【4周目】7月23日 絶体絶命

四本腕の影が澪を人質に取り、慎平たちに言うことを聞くよう脅す。

不良品ではなく成長!?

劣化した野良、言うたんは訂正しちゃる
そんなんがネゴロを倒せるとは思えぬ

おまんは、劣化とは逆じゃ・・・むしろ「成長」しておる!

by ハイネ『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

補足

ハイネに「劣化した野良」なんて言われましたっけ??と思ったあなたは正しい!(笑)

アニメではカットされてますが、そのセリフは原作で確認できます。
しおりを助けようとして、海の中でウシオが影シオリと対峙したとき、影シオリがそう言ってます。

詳しくは9話レビューをどうぞ。

ウシオは不良品ではない!?
劣化ではなく成長!?

ただ消すんは惜しなった・・・頭を直して使ちゃる
明日は人手が要るからのう・・・

by ハイネ『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

ウシオを消すのではなく、頭、つまりデータを修正して手駒として使う

影の優秀さは、オリジナルに比例するのでしょうか?
それとも、オリジナル+コピーした影の能力なのでしょうか?

いずれにせよ、人間の子どもがどうなるか分からないように、ヒルコ様であっても生み出した影の力は測れない様子。

潮の影は、ウシオを消してしまっては、二度と生み出せない。
#「影の病」の免疫ができてしまう

ならば、ウシオの頭を直して、従順にする。

9話、ウシオを完全初期化して影として再生させようとしたハイネ。
今度は、ウシオの人格を残して、記憶だけ消す?
それとも、最低限の人格と記憶を残して、影に従順なロボットに仕立て上げる?

そんな器用なことができるのか、ハイネ・・・。

余談

どのようにして、ウシオの頭を直そうとしているかは分かりません。

が、ハイネが影の頭(のデータ)を治すことができるのなら、ウシオの記憶に介入して登場するのも可能ですね。(9話)

慎平の力は取り除けない!?

こやつの力を消すのは無理か・・・
「卵」が先か「鶏」が先か・・・因果が円環を成しておるわ!

by ハイネ『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

「因果が円環」!?
難しい言い方しますね(っ汗)。
説明する身にもなってよ! (←そんなことは原作者先生は気にしてません(笑))

因果関係とよく言いますが、「原因」と「結果」のことですね

通常、「原因」と「結果」は、一方向
これを「直線的因果律」と言います。

他方、お互いが「原因」でも「結果」でもあるという関係があります。
まさに「卵」と「鶏」の関係ですね。

グルグルと回っているので、これを「円環的因果律」と言います。

ハイネが言う「因果が円環」とは、「円環的因果律」のことでしょう。
一体、どういうことなのでしょうか?

説明難しいのですが、なるべく丁寧に説明するので付いてきて下さいね(笑)。

まずは、ある思考実験の紹介から。
これが理解できると、言わんとしていることがイメージしやすいかと。

親殺しのパラドックス

「親殺しのパラドックス」という有名な思考実験があります。

親殺しのパラドックス

タイム・トラベラーが、自分が生まれる前・・・・・に戻り、その人の父親、あるいは母親を殺してしまったらどうなるか?

親が亡くなれば、生まれてくるはずの子どもは生まれず。
結果、タイム・トラベラー本人も、その瞬間、存在しないことになります。

ややこしいのは、ここから(笑)。

タイム・トラベラーが存在しないのなら、誰が親を殺したのか?

殺した本人が存在しないのなら、殺人は不可能。
殺人がなければ親は健在で子は生まれる。
子が生まれれば、タイムトラベルして、やっぱり親を殺す・・・。

と、堂々巡りしてしまうパラドックス。

まさに、因果関係が円環する「円環的因果律」ですね。

「親殺しのパラドックス」は、タイムトラベルを否定する根拠にも使われています

過去に戻ると「親殺しのパラドックス」のような説明できないことが起きるので、タイムトラベルはできないと言われる一方──

SF世界では、そのパラドックスを回避する考えがいくつも出されています。
大きく分けると二種類──

  1. 生みの親は殺せない
    何らかの力が働き、過去は決して改変できない
  2. 生みの親を殺せる
    戻った過去は別の時間軸、元の時間軸に影響はない(俗に言うパラレルワールド)

どちらが正しいのか、という話ではありません。
どちらの考えも、パラドックスを回避する考えとして、フィクションの世界で楽しまれています。

慎平の目が戻った件については、の応用です。
#厳密に言うと、も混じってます

慎平の力が奪われると世界の存在自体が危ぶまれるので、何らかの力が働いて奪うことができないのです

では、具体的に、慎平の力に当てはめて説明しましょう。

過去を確定する目

サマータイムレンダ 12話『サマータイムレンダ』公式HP「STORY#12」より引用

その目は、高次元の視点から時間の流れを俯瞰し、いくつもの並行世界を観測する

そして、慎平くん。
キミは、キミの観測した世界を「事実」にする力がある
今、この世界はキミがレンダリングしている・・・

まさに恐るべき神の力です

by 四本腕の影『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

慎平の目は「観測した世界を事実にする」
確かに慎平は、ループする度に戻った地点以前の過去を確定させてきました

これは、それ以上前に戻れないから確定されたのかと思ってましたが、慎平の目の力だったのです

推測というより大胆な解釈

少し大胆な物言いをしますよ(笑)。
誤解されそうなので、慎重に言葉を選ばないといけませんが・・・。

四本腕の影は、慎平の力は「タイムリープ」ではないと言っているのではないでしょうか

慎平の力は、時間を遡っているのではなく「事実を確定」させている

慎平が存在(観測)した時間を「事実」にする
その結果、事実に確定した直後の時間から、再び開始しているだけなのです

いや、実質タイムリープと同じだから、あまり深く考える必要はありません(笑)。

ただ、この辺が理解できてないと、この後の論法が理解できないと思います(苦笑)。

慎平が戻ったタイミングで、それ以前の「事実」を確定した、としましょう
ならば、今はどういう状態か?

4周目、慎平のループが開始した時間より先は、まだ「事実が確定されてない世界」

そもそも、4周目という4つめの時間ができたのも、慎平の目の力です。
慎平の目が、4周目という世界を生み出しているのです

その状態で、慎平の力を奪ったら、事実が確定せず、そもそも今いる世界が存在しなくなる!?

「親殺しのパラドックス」と同じような状況になってきましたね。

この世界の理となる慎平の力を奪うことはできず、結果、何らかの力が働いて、慎平の目は戻るのです

これが、慎平の目が奪われても、戻った理屈ではないでしょうか。

まさに「神の力」。
神様であるヒルコ様でもどうしようもない・・・。
そりゃあ、ハイネも「ズルい!」と言うはずです(笑)。

まあ、ズルいも何も・・・元はと言えば、ヒルコ様の右目なんですけどね(苦笑)。

やはり最後は、南雲先生!

ひいィ!
お取り込み中スかァ!?

by 凸村 哲『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

アニメ鑑賞時、凸村は転けたのだと思ってました(苦笑)。
ひづるとの会話で、澪が襲われたとき、転けたという話もしていましたしね。

実際は違いますね。
凸村は、上から落ちてきたのです

ひづるは歩ける状態ではありません。
それで、あの大きなしめ縄?の上に一人で登るなんてことは不可能。

凸村が連れていったのでしょう。
上まで辿り着いたけど、落ちてしまったのです(笑)。

最後の一発だ・・・

by 南方 ひづる『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

このセリフは、3周目ラストを思い出しますよね~~!

やはり、困ったときは、この人!南雲先生!
4周目も、ひづるのショットガンで、慎平はループするのか!?

と思ったその瞬間、四本腕の影はマンホールをプリントし、ひづるの弾を防御。
同時に、拳銃でひづるの頭を撃ち抜く、優秀さ!

敵ながらお見事!
手強い!

補足

ちなみに、お分かりでしょうか。
四本腕の影は、もう一発撃って、凸村も撃ち殺しています。

その場面をあまり見せてないのは、配慮でしょうか、作画の効率化でしょうか(爆)。

【4周目】7月23日 何遍でも何遍でも・・・

自由になった一瞬の隙を突き、慎平は毒薬を口にする。

用意周到、見事な伏線!

凸村さん・・・南雲先生・・・。

ありがとうございます・・・おかげで、飲めました

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

(原作情報)原作では、もしもの時は、①ウシオに首を切り落としてもらう②毒薬を飲む、と事前に合わせています。ウシオが身動き取れなかったので②を使うしかなかったのです。
ただ、あの指の状態で、どうやって蓋を取ったのでしょう(苦笑)。・・・ああ!抜くタイプだから、瓶を取り出せば、栓は口で挟んで取れますね!

ひづるに撃ち殺されなくても、手が自由になりさえすれば、慎平には手段はあった・・・

旧病棟で見かけた毒薬──
実は、10話で慎平が怪しい動きをしているのは気付いてました。

昇汞しょうこうや!
塩化第二水銀、猛毒で今は使われてへん薬や!
こんなもんほったらかしにしてんのかよ・・・

by 菱形 窓『サマータイムレンダ』TVアニメ第10話

10話、このセリフの直後の慎平をよく見て下さい。

慎平は、着ていた雨合羽を正しています

雨合羽の何が気になったのだろうと不思議でしたが、その後、何も触れられず、私も思い当たることなく・・・。

でも、効率化が叫ばれている昨今、意味のない作画にリソースを使うわけがありません(笑)。

何かあるとは思っていたのですが・・・なるほど!
肩に掛けていたバッグの中に、猛毒を入れた後だったのです

細かい!

卵か鶏か!?

まさか貴様、貴様が「卵」か!?

by ハイネ『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

慎平の覚悟を見て、ウシオも奮起!
ハイネの浸食を逃れるどころか、逆にハイネを浸食!?

ここで一つ分かったことが。
3周目ラスト、慎平のループを止めようと四本腕の影が攻撃しようとしたのを止めたのはウシオです。(5話)

この時、ウシオは、ハイネの大きな影に飲み込まれて(溶け込んで?)いました。
なのに、ウシオの意志で抜け出してきたのです。

こんのぉーーあっぽけーーっ!!

by ウシオ『サマータイムレンダ』TVアニメ第5話

この時から、ウシオはハイネに浸食されないポテンシャルを見せていたのです

では、ウシオのポテンシャルとは?
ハイネが言う「卵」とはどういう意味でしょう?

正直、これだけ情報ではよく分かりません(笑)。
可能性としてお聞き下さい。

推測

二つ考えられます。

一つは、慎平にしていた「卵」が先か「鶏」が先か論の延長。
もう一つは、影の元祖という意味の「卵」。

話の脈絡からすると、一つ目でしょうか。

続きを読む

ハイネは慎平に対して──

こやつの力を消すのは無理か・・・
「卵」が先か「鶏」が先か・・・因果が円環を成しておるわ!

by ハイネ『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

慎平の力を消せないことを、卵が先か鶏が先かの円環的因果律に例えました

事実、慎平の目は、慎平に戻りました。

ハイネが、ウシオに対して「卵」と言い切ったのは、慎平の力の円環的因果律に入っていると踏んだこと。

つまり、慎平に力を与えたのは、ウシオ。

ウシオの記憶を消すことは因果律に反する!?
ウシオを消すと、慎平の力も消え、結果見えざる力により阻まれる

仮に、慎平の目を渡したのがウシオではなく潮としましょう。

潮は慎平に目を渡した。
渡した後に、潮を殺して(実際死んでますが)も、目を渡した事実が消えるわけではありません。

この場合、ただの因果関係、円環的ではなく直線的因果律です

ハイネの見込みが正しければ(私の推測が正しければ?(笑))──

ウシオの存在と慎平の能力は円環的因果律

ウシオがいなくては慎平に能力は授けられず、慎平の能力がなければウシオは存在しない

その状態は、私には一つしか思い浮かびません。
慎平の力を授けたのは──未来のウシオが絡んでいるのではないでしょうか

ただ、この推測が正しいとすると、慎平の能力だけでなく、ウシオを殺すこともできなくなるんですよねーー(笑)

その割には、ハイネは「殺せ」と言いました。
なので、違う可能性も十分あります。

それに、この仮説はウシオの記憶を消せない理由にはなっても、ハイネを浸食できる理由にはなりません(涙)。

あくまで、一つの可能性として、頭の隅っこの更に隅っこの方へでも置いといて下さい(笑)。

◇◇◇◇◇

それに、ウシオが殺せない、慎平の能力は奪えないとなると・・・
敵は手強いけど、こっちもチートですね(笑)。

でも、そんな心配はご無用(苦笑)。
私は、ハイネ達はもっと手強いと思ってます。

思い出して下さい、3周目の四本腕の影のセリフを──

殺しても殺してもセーブポイントから復活する勇者に魔王が勝つには、ゲーム機の電源を切る他ないとは思いませんか?

もしも二次元の魔王に電源という三次元の概念が理解できたら、どうです?

キミは見届けて下さい、慎平くん

私が電源を切る瞬間をね

by 四本腕の影『サマータイムレンダ』TVアニメ第5話

このセリフって、今回のことを踏まえた上でのことを言っていると思いませんか?
本当に、恐ろしいほど作り込まれた作品ですね。

ハイネごと殺せ!?

殺せ!
ワシごとで構わぬ!

by ハイネ『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

これは、”ハイネごと殺せ”ではありません。
ウシオを殺すために、”ハイネごと切っても構わぬ”という意味ですね。

事実、四本腕の影の攻撃は、ハイネの本体に傷を付けてしまいました。
ハイネも、ウシオ同様、本体に傷を付けられれば、オリジナルをスキャンしない限り治りません。

だから、本体を傷付ける事は避けたいはず。

それだけ、すぐにウシオを殺さないとヤバい状況だったのです・・・。

そして──

四本腕の影:消えた?
ハイネ:おのれッ・・・連れて行きよった

by 『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

ハイネのこのセリフ──ハイネは慎平が能力を発動させ、ウシオを一緒に連れていったのが視えてます・・・・・

慎平のように、時間に干渉はできないが、視ることはできるのです。
さすが、慎平の右目の元の持ち主です。

やはり、侮れないですね。

【5周目】7月22日 帰還

慎平は、再び7月22日を迎える。ただし、今回はウシオを連れて・・・。

手には戦友、心に決意

サマータイムレンダ 6話『サマータイムレンダ』公式HP「STORY#06」より引用

つまりキミは、タイム・トラベラーだ

by 南方 ひづる『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

自ら劇薬口にして、影たちに一杯食わせたその根性。
内なる覚悟を胸に秘め、手には激闘くぐり抜けた戦友握りしめ。

はい!
今・・・未来から戻ってきました

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

うーん、4周目もバッドエンドなのに、なんでしょうこの高揚感!
タダでは転ばない、その精神、天晴れです!

また、戻ってきたタイミングが最高じゃないですか~~!
カッコ良すぎです、シビれます、震えました!

と同時に、驚いたのは、今回戻った時間がかなり進んでしまったこと。

これまでは、前回のスタート地点から推定30分~1時間程度でした。
それが今回は、一気に2~4時間先へ進んだのです。

これは、確かに何度もループできないですね。

でも、ひづるの前に、ウシオを一緒に連れてこれたのは、激アツ展開。
ウシオを探す手間が省けたのと、この事実自体は、6周目以降もほぼ確定です。

となると、まずはウシオをひづる達に受け入れてもらうのが最優先次項ですね。

4周目、特に終盤、多くの情報を得ました。
今度こそ、ひづる達と共闘して、影に反撃して欲しい。

ただ、ハイネ(影シオリ)の倒し方、四本腕の影の倒し方、そして、最後の食餌で何をしようとしているのかは、全く分かってないのです・・・。

そして、皆さんお気づきですよね?
7月22日に戻ったので、影シオリ退治の時に負った慎平の左腕の傷はなくなってます
が、右腕のハイネの手の跡は残っているのです・・・

不気味ですね、気持ち悪いですね、気味が悪いですねーー(苦笑)。

何にせよ、まだ12話の折り返し地点。
後半戦はこれからです!

おわりに (『サマータイムレンダ』12話とは)

「血の夜」というサブタイに、相手はあのハイネ。
四本腕の影まで出てきて、後味悪いラストで悔しさ恨みを残していくのだろうなと思っていましたが、然に非ず。

徹底的な絶望感を味わわせておきながら、一矢報い、希望を持たせる展開が、お見事でした。

試合に負けても勝負に勝つ!
強大な敵を相手に、一つずつ優位な点を増やしていく。
これぞタイムリープ物の醍醐味ですね!

それにしても、春アニメが次々と最終回を迎える1クール目終わり時点に、ラスボス?ハイネと対峙させるなんて見事な全体構成ですね。

『サマータイムレンダ』の原作コミックは全13巻で、アニメ全25話で完結まで描かれると公式発表されています。

逆算すると、今話か次話が折り返し地点。
内容的には、今話が折り返し地点だと思われます。

話数 サブタイトル 原作
第1話 さよなら夏の日 1巻
第2話
第3話 漂着
第4話 未視感(ジャメヴ) 2巻
第5話
第6話 軌道共鳴 3巻
第7話 仇敵
第8話 メメント 4巻
第9話 流れよ我が涙
5巻
第10話 闇の中へ
第11話 食餌の時間 6巻
第12話 血の夜

──と考えると、2クールでアニメ化されることを予想して6巻ラストに盛り上がる展開を持って来たのでしょうか・・・。

もしかして原作者の田中先生は、未来が視えていた!?

なんて、バカな妄想をしてしまうほどの見事さ(笑)
13話からの後半も楽しませてもらえそうですね~~

以上、TVアニメ『サマータイムレンダ』第12話の感想&考察レビューでした。
超長文にもかかわらず、最後まで読んで頂きありがとうございます。

とうとう、レビューは本文だけ(QA一覧除く)で2万文字超に・・・。
これまでレビューを400本ほど書いてますが、2万文字超えたのは初ですね(苦笑)。

まあ、12話は情報量多かったですからね。
次話から落ち着いて、半分位の分量に!・・・なるかな?

皆さんに引かれないように、シンプルにまとめていきたいと思います!

13話のレビューも書いてます。
良かったらご覧ください。

ではでは。

きょうのひとこと

黒歴史
「パンツの色を真剣に知りたいんや!」も
事実確定しました(笑)

疑問点 まとめ(QA一覧)

この章は、今話までの疑問点をまとめています。

回答は、推測は除き、(原作情報含む)作品内で明らかになった事実のみ記載。

前話までで解決したものは、削除しています。
過去分含め、全て見たいという方は「全話疑問点一覧(QA集)」をどうぞ。

Coming Soon

今週の感想ツイート

関連記事

アニメ『サマータイムレンダ』第13話のレビューはこちら。
サマータイムレンダ 13話
アニメ【サマータイムレンダ】13話感想&考察 遂に一矢報いられるか!?と思いきや...ループできるのは一人と誰が決めた!2022年春TVアニメ『サマータイムレンダ』第13話「トモダチ」 感想&解説(原作補足)&考察レビュー。(次話以降のネタバレなし!) 5周目はどれだけ時間が進んだ?ウシオはひづるとそんなに仲良かった!?慎平の目が影とは?ひづるはなぜウシオを信じた?フィクションを信じられるのが人の業とは?影たちはなぜ慎平を狙っていたのか?マザコン四本腕の影が、呼び出された理由は?ハイネの力はタイムリープではない?ウシオは、なぜ慎平の首を刎ねた?ひづるの記憶はタイムリープではない...
コメントの通知
受け取る通知
guest

6 COMMENTS
Inline Feedbacks
View all comments