サマータイムレンダ

アニメ【サマータイムレンダ】18話感想&考察 敵は300歳の人外!たかが十数歳のガキ共が敵うわけない!?

サマータイムレンダ 18話

こんばんは。時文(@toki23_a)です。
TVアニメ『サマータイムレンダ』第18話、鑑賞しました。

本レビューでは、アニメ感想だけではなく。
原作コミック情報も加え、個人的な解釈による解説・考察をしています。

皆さんの理解の助けになり、作品をより楽しんで頂ければ幸いです。

今話の主なトピック

  • 1732年「享保の大飢饉」は史実 
  • 雁切は東京の話をした記憶なし!? 
  • 沼男(スワンプマン)は本人と同一か? 
  • 慎平はなぜ最初に銃を撃ったのか? 
  • 今回の出来事は全て雁切の狙い通り!? 
  • なぜ、雁切が二人いる!? 
  • 朱鷺子はどうやってロズとギルを持ち歩いてる? 

※矢印は該当箇所へのリンク

今話の疑問点

最下部に「疑問点まとめ (QA一覧)」として記載

ここでは、以下の観点でレビューします。

アニメ各話「感想」

原作コミックを読んで分かった新情報を加味して「解説・考察

私は原作コミック未読です。
アニメ鑑賞後、”アニメ化済み時点まで“の部分を読み、レビューを作成しています。

よって・・・
次話以降のネタバレは「なし」なのでご安心ください。

サマータイムレンダ(全25話)各話リスト

前半クール

前半クール (1~12話)

話数 サブタイトル 周目 原作
第1話 さよなら夏の日 1 1巻
第2話 2
3
第3話
漂着
第4話
未視感(ジャメヴ) 2巻
第5話
4 
第6話
軌道共鳴 3巻 
第7話
仇敵
第8話
メメント 4巻
第9話
流れよ我が涙
5巻
第10話
闇の中へ
第11話
食餌の時間 6巻
第12話
血の夜

※リンクは各話レビューへ

後半クール (13~25話)

話数 サブタイトル 周目 原作
第13話
トモダチ 5 7巻
第14話 to be/not to be 6
8巻
第15話
ライツ カメラ アクション 7
第16話 オリジナル
9巻 
第17話
決断
第18話
本レビュー
対面
10巻 
第19話 メイドインブラック
第20話 11巻
第21話
第22話 12巻
第23話
第24話 13巻
第25話

※リンクは各話レビューへ
※「周目」は、ネタバレ避けるため次話以降マスク
※未放送分の原作巻数は想定

今回のあらすじ

あらすじ

日都神社で雁切宮司と対面する慎平ウシオ
慎平は、雁切シデである証拠を突き付け、彼の本心を探っていく。

正体がバレても、不敵な笑みを浮かべる雁切だが・・・。

シデの中身は判明するも、真相はまだまだ闇の中・・・

ハイネのコドモではなく、子供・・だったとは・・・。
ウシオが倒した雁切は、影ではないが影武者的存在か・・・。

雁切との対話は、終始違和感を感じながらも、何が変なのか分からない。

慎平たちをイラつかせたのは、ウシオを実体化させるため?
雁切が呆気なくやられたのは、油断を誘うため?

ならば、慎平たちはシデを追い詰めたつもりが、逆にカモネギ状態だったのか・・・

今話は、1話使って雁切劇場。
慎平側の攻撃の要、心の支えであるウシオを失い、さてどうする!?

先が気になりますが、まずは今話を振り返っていきましょう。

感想&考察レビュー 第18話「対面」

[回想]【7周目】7月22日 夜 ヒルコ伝承

日都ヶ島に伝わるヒルコ伝承が、ひづるの口から語られる。

「享保の大飢饉」は実際の出来事

1732年、享保の大飢饉のおり、日都ヶ島でも餓死者が続出した
島の存亡に瀕したある日、万年青浜に巨大な鯨が流れ着いた

島民は、この鯨は神の恵みだと喜び、食べようと集まった・・・

by 南方 ひづる『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

(原作情報)原作には、このタイミングでひづるが語るシーンはありません。原作では18話中盤で描かれる菱形医院地下での回想シーンで、ヒルコ伝承をひづるが語ったであろうと想像できるシーンがあります。
よって、アニメで描かれたヒルコ伝承は、アニメオリジナル。原作コミック7巻の背表紙(カバー裏)に慎平の父が残したメモがあるのでそれを元にしたと思われます。
上手いやり方ですね♪

享保の大飢饉は、江戸時代に実際にあった飢饉です

享保きょうほうの大飢饉

1732年、昨年末からの悪天候に加え、夏の冷夏と害虫により西日本各地が凶作に見舞われた。とりわけ九州地方と瀬戸内海沿岸一帯が甚大な被害を受けた。餓死者は1万2,000人にも達したという。

1732年は、享保17年
享保時代に起きたので「享保の大飢饉」と言われます。

歴史の勉強にもなる『サマータイムレンダ』!(笑)

ある漁師の娘がクジラに近づいたその時、クジラの体がまばゆく光り、瞬く間にその娘そっくりの姿になった

そして、それは娘を喰らった・・・

by 南方 ひづる『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

この時、影クジラがスキャンして変身したのがハイネか・・・

14話、ハイネは飢えに対して、極度に恐れていました。(14話)

サマータイムレンダ 14話『サマータイムレンダ』公式HP「STORY#14」より引用

飢えでぎょうさん死んだ・・・
大人が死んで・・・魚も獲れんようなった・・・
夏になったら、お父もお母も兄弟も・・・みんな死んでもうた・・・

by ハイネ『サマータイムレンダ』TVアニメ第14話

ハイネのオリジナルがいた日都ヶ島が、飢饉に見舞われていたからだったのです。

【7周目】7月23日 日都神社 アイスブレイク

日都神社へやってきた慎平は、雁切と対面。

雁切は影ではない

慎平:影の気配は?
ウシオ:ない・・・南雲先生が言うてた通り、やっぱり雁切さんは影じゃないね

by 『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

ひづるは、22日葬儀の時、接触した人を影かどうか確かめています(6話)──

(影を踏んでも平気こいつは影じゃない)
小舟潮とは、まさか、洋食コフネの?

※()内は、心情描写

by 南方 ひづる『サマータイムレンダ』TVアニメ第6話

前話で、人渕家と子垣内家の影駆除に向かいました。
雁切を確かめたのと同じようにして、ひづるは葬式の参列者の影を踏み、確認していったのでしょう。

原) 東京話

『サマータイムレンダ』公式HP「STORY#18」より引用

でも雁切さん、去年東京来たんでしょ?

昨日、言うてたじゃないですか
東京のゲームのイベントに行ったって

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

昨年、東京へ行っておきながら、慎平に東京のことを聞く雁切。
この時の雁切の回答、違和感を感じませんでしたか?

東京について慎平と話したこと・・・・・・・・・・・・・・を、まるで慎平に指摘されるまで知らなかった・・・・・・・・・・・・・ような素振り・・・

原作補足

そもそも、アニメではカットされているので、原作未読の方は「昨日、言うてた」と言われても思い当たらないですよね(笑)

原作補足しますね。

6話、潮の火葬を待つ間の食事の時、慎平は情報収集しました。(6話)
この時、雁切が東京へ行ったことを慎平に話していたのです──

知ってるも何も、「影の病」て名前付けたんは、私の曾祖父ですよ。

- 中略 -

あ!
それより慎平くん、東京どないですか?
実は私、去年行ったんですよ!ほらあそこ海の近くの何ていうたか(以下略)

※太字部分はアニメではカット

by 雁切 真砂人『サマータイムレンダ』コミック3巻

(原作情報)「中略」と書いたように、実際は雁切はもっと話してます(笑)。全て知りたい方は原作をどうぞ。

食事は昼でしたが宴会モード。
お酒が入っていたかもしれないですね(笑)。
だから、話したことを忘れていた!?

よくあることですね(笑)。

でも、実は東京話、これだけではないです。

時間はもう少しさかのぼり、6話、雁切がひづるを見かけた時(6話)──

あっと待って、当てさせて!
ひづるちゃん頭良かったさけ・・・きっと先生か弁護士さんか・・・。

- 中略 -

私も大学時代は、東京やったんですよ!
東京のどのへんですか、北の方?西の方!?

──南の方だよ、大田区の・・・

大田区!羽田空港!田園調布!あっあと池上本門寺!
そこの庭で、確か慶応4年に西郷隆盛と勝海舟が会見して・・・

- 後略 -

※太字部分はアニメではカット

by 雁切 真砂人『サマータイムレンダ』コミック3巻

さて、ここからは推測です──

推測

何を言いたいのかと言うと──

続きを読む

6話の、慎平との会話、ひづるとの会話から、雁切は東京へ何度も行ってる様子
それどころか、大学へ行ってたのなら東京に住んでますね(笑)

ところが、今話の雁切はまるで東京へは行ったことがないかのような口ぶり。

このことから、昨日(22日)の雁切と、今慎平の目の前にいる雁切は、姿形は同じでも別人であることが伺えます

その上、目の前の雁切の左手には火傷の跡がないのです。

この二つの違和感を合わせて考えれば──
慎平には、雁切が二人いる・・・・・・・ことに気付くチャンスはあったのではないでしょうか・・・

現に、慎平は雁切の火傷について違和感を感じていたのですから・・・。

ひづるがリアルタイムで雁切との会話を聞いていれば、気付いたかもしれないですね・・・悔しい・・・。

なぜ聞かない!?

いや、今年はもう・・・無理やろなァ
FF7リメイク、やりたかったな~~いつ出るんやろ

by 雁切 真砂人『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

幕張でやるゲームショウとは、東京ゲームショウのことでしょう。
東京ゲームショウは、毎年9~10月開催です。

この年(2018年)の東京ゲームショウは9/20~23です(笑)。
十分間に合いますね!

なのに、なぜ行けないのでしょう?
これは、ぜひ慎平に質問して欲しかった!

まあ雁切のことです。上手く、はぐらかされるでしょうが(笑)。

サマータイムレンダ 7話『サマータイムレンダ』公式HP「STORY#07」より引用

終わりやねん
この夏で、もうおしまいやねん

せやから帰るんです
家族で帰るんです

by 影シオリ『サマータイムレンダ』TVアニメ第7話

7話で影シオリハイネも言ってたとおり、この夏が最後になるので9月なんて迎えられないのでしょう。

でも、今話後半慎平も指摘しているように、雁切が人間なら・・・・・・・ハイネと共には行けないはず

ならば、自分は残って余生を過ごす可能性も私は考えていたのですが、今回の答えでそれもなさそう・・・。

一体全体、雁切はハイネを回復させて、その後、自分は・・・どうするつもりなのでしょう?

沼男は同一人物か?

コピー人間は、オリジナルと同一人物か?
慎平のこの問いに雁切は──

それは・・・「同一人物」やろなァ
人の細胞は新陳代謝で日々新しいものと入れ替わってる
細胞分裂、コピーを繰り返してね

それが一瞬で起きたか、ゆっくり起きたかだけの差でしかない

by 雁切 真砂人『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

悩むことなく、コピー人間はオリジナルと同一人物だと言い切る雁切
これは、(今話後半で判明したように)やはり雁切自身がコピー人間だからでしょうか・・・

補足解説

雁切の解釈は、思考実験「スワンプマン」議論の「本物とスワンプマンは同一」派の主張の一つです

人の体は、細胞単位でみると3ヶ月で完全に入れ替わる」という話を皆さんも耳にしたことがあるのではないでしょうか?

雁切が言っているのはそのことです。

最近の研究では、全ての細胞・・・・・が3ヶ月で新陳代謝するわけではないことが分かってます。皮膚の新陳代謝は早いですが、内臓は遅く、骨に至ってはもっと長いそうです。
そして、一生入れ替わることがない細胞もあるようです。

まあ、思考実験ですから、専門的な話は置いといて(笑)。
仮に、人の細胞は、一定期間で全て入れ替わるとしておきましょう。

たとえ姿形、人格、記憶が同じでも、細胞レベルで見れば昔の体と今の体は(新陳代謝を繰り返しているのだから)同一ではない

それを同一人物としているのだから、原子レベルで全く同じコピー人間も、同一だという考えです

一見、もっともらしいですよね(笑)。

でも、大半の方が、違和感を覚えるのではないでしょうか?
私も違和感を感じます。

その違和感の理由を探るために、簡単な質問をしてみましょう。

スワンプマンの例に倣って・・・

前提条件

ある男(A)が、落雷に遭い死亡。
このとき──別の雷で、泥からAと全く同じコピー人間(B)が誕生した。

Bは(コピーとして生まれたのではなく本物と思っているので)、何ごともなかったかのように家に帰り、(Aに代わって)今まで通りの生活を営む。

周囲はもちろん、家族も全くBがコピー人間だと気付くことはなかった・・・。

まさに、BはAと同一人物。

色々言いたいことはあるでしょうが、ここでは、雁切のように、Bを同一人物、つまり「Bは本物」と仮定して下さい

では、質問です──

uestion1
なんと、Aは生きていた!
Aが家に戻ってくると、既にBが・・・同じ男が二人!?

それでも、Bは本物と言えますか?

Bは本物と全く同じかもしれません。
が、本物が二人いるとなると、どちらかを本物、もう片方を偽物としたくなりませんか?

更に質問です──

uestion2
雷に打たれる前、Aと過ごした楽しい日々。

その思い出は、Bと過ごしたものだと言い切れますか?

どうでしょう?
こちらも違和感を持ったのではないでしょうか?

Aがいない状態で、今現在を過ごす分には違和感がないかもしれません。
でも、本物が現れると、そして過去を思い返すと、どこか違和感を感じてしまう

つまり、Bを同一人物として認めてないのです。

たとえ、姿形、(経験した)記憶は同じでも、これまで一緒に過ごしたのはBではなくA。

人は、その人がその人であるかどうかは、細胞が同じだとかではなく、連続性と経験で判断しているのではないでしょうか

でも、反対に──
Bの視点に立つと、どうなるでしょう?

自分は、同一人物、本物だと考えるのが自然なのかもしれないですね・・・。

あくまで想像(笑)

ここでは仮に宇宙から来たとしましょう

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

影は宇宙人説!?
随分、話がぶっ飛んできましたっ(汗)。

原作補足

原作では、いくつか可能性を述べ、話を進めるために「宇宙」としているに過ぎません。

およそ300年前、江戸時代にこの島に流れ着いた神、ヒルコ様。

SF的想像をたくましくするならそれ・・は遙か昔、この世界の「外」から来た。

深い海の底、遠い宇宙──あるいは別の次元かもしれない

ここでは仮に宇宙から来たとしましょう・・・。

とにかくそれ・・は宇宙を漂う生命体だった。
近くの物をコピーして変身し、コピーした情報を栄養にする生命体。

※太字部分はアニメではカット

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』コミック9巻

遠い宇宙、別の次元、異世界!?

突拍子もないですが、確かに、今の地球上に影のような生物がいるとは考えにくい。

地球外生命と考えた方が自然(笑)。
というか、そうでも考えないと話が進まないですね(爆)。

青銅曰く、ハイネが帰ろうとしているのは(16話)──

遠い、深い海の彼方、彼女の故郷に
そこへ、この世の生物が辿り着くことは不可能だ
影だけがそこへ行ける

by 菱形 青銅『サマータイムレンダ』TVアニメ第16話

ハイネが帰ろうとしているのは、深い海の中

ヒルコ伝承にあるように、ハイネはクジラとなって島へ現れたのなら、故郷が海というのも辻褄が合います。

ならば、なぜ慎平は宇宙から来たと仮定したのでしょうか?
それは、海の底に、いや地球上に影のような生物がいることが信じられないからですね。

では逆に、なぜハイネは海へ戻るのでしょうか?
宇宙や、別の次元に戻りたくはないのでしょうか?

その辺、もっと知りたいですね。

【7周目】7月23日 日都神社 証拠

慎平が雁切に見せた70年前の写真には、今と変わらない雁切の姿があった。

最初の発砲は、影かどうかの確認

動くな、動くと殺す

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

慎平は、雁切の近くに銃弾を撃ち込みます。

なぜ、慎平はこんな所を・・・・・撃ったのでしょうか?

雁切が余計なことをしないよう脅すため?

でも結構、雁切の間近に撃ってますよね。
慎平は何度も撃っているので、銃の腕に自信を持っていた!?

そうかもしれませんが(苦笑)──
普通なら、万が一当たってしまっては大変・・・・・・・・・・・なので、もう少し離れた所を撃つか、全然違う方向、たとえば天井に向かって撃ったりしませんか?

では、なぜ慎平は、あんな所を撃ったのでしょうか?
それは終盤のセリフにヒントがありました──

2発、まずヤツの影に撃ち込みます
本当に人かどうかの確認のために

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

アニメを見る限り、慎平が撃った所に雁切の影はありません。

が、原作は・・・ハッキリと描かれてるわけではありませんが、銃弾を撃ち込んだ所には確かに影があります!

慎平は、ここで、雁切が本当に人であるか確認したのです
ウシオが気配を感じてなくても、銃弾を撃ち込めば、影ではないと判明する

6話で、根津が慎平を確かめたのと同じ方法ですね。(6話)

もっと深読みすると──

推測

この後の種明かしで、慎平たちはこの時既に雁切の正体を知っていたことが分かりました

雁切は人間です

ならば、雁切が影であることを一々確認する必要はないのです

でも、人であることを確認した──なぜでしょうか?

雁切は影ではないが、目の前にいるのが雁切本人とは限らない。

シデの中身は雁切で、雁切は(影ではなく)人間だと分かってます。
でも、目の前の雁切には体育館の戦いで負った左手の火傷の跡がありません

同じ人間が二人いることはありえません。

双子だったり、もう一人クローンを作っているなら青銅の証言に出てくるはずです。青銅の証言を信じるなら、ですが(笑)。

ならば、目の前に火傷跡のない・・・・・・雁切がいたら、考えられるのは──
目の前の雁切は、(ウシオは気配を察知してないが)影

その疑いを払拭するために、ウシオの気配察知だけでなく、銃でも確かめたのではないでしょうか。

影であれば、銃を撃てば処分できるので一石二鳥というわけです。

◇◇◇◇◇

ところが、目の前の雁切は影ではなかった。
ならば、火傷跡がない理由をどう説明するか──

  1. 雁切は火傷跡を瞬時に治せる
    それでは、雁切は人間ではないことになり矛盾
  2. 雁切は火傷を負っていない
    それでは、雁切はシデではないことになる・・・

これまでの事実から導かれるのは、シデの中身は明らかに雁切。
雁切の言動も明らかにシデ本人。

だけど、シデの中身に負わせた火傷跡は、目の前の雁切にはない。

目の前にいるのは、雁切本人で影(コピー)ではない。

目の前の事実だけで考えると──目の前の雁切はシデではない!?
シデでないなら、殺してはならない、ましてや相手は人間・・・

慎平は、その葛藤にさいなまされ、撃つのを躊躇ってしまったのではないでしょうか。

朱鷺子に隠させたのはこの写真か

もう一枚の写真を見てみろ

時代は下って、40年前
それは、菱形先生のお父さんが撮ったもんや

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

なるほど、慎平達が自信満々に雁切を敵だと決めつけていたのは、証拠を持っていたから

ここへ来たのは、夏祭りを中止させるのではなく、雁切を追い込むためだったのです

写真の出所は、菱形医院の青銅。

16話、青銅は、朱鷺子ときこに自分にも分からぬよう、金庫を隠させました。(16話)
隠したかったのは、裏カルテではなく、この写真だったのです

原作では、しっかり語られています──

ネゴロさんは菱形先生の記憶をスキャンして、その写真が金庫に隠されている事を知り隠滅しようとした

なぜなら、そこには、おまえの正体が写ってるからや
けど、菱形先生は金庫をトキちゃんに隠させて、自分はその場所を知らんようにしてたんや

先生の用心深さが吉と出た

※アニメでは全文カット

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』コミック9巻

余談

ちなみにアニメでカットされたのは──間違っているからですね

修正前

青銅は「影の病」に免疫があるので、影ミオがスキャンしても記憶を読み取れませんでした。

影ミオが読み取れないのだから、影ネゴロも読み取れないはず
にも関わらず、青銅の記憶を読み取って、証拠隠滅のために家財道具を消した流れに。

間違っているので、アニメではカットしたのだと思われます。

だとすると、影ネゴロが家財道具を消した理由がなくなりますが・・・。

まあ、普段から青銅の近くにいたネゴロさんです。
青銅がシデに不信感を持っていて保険をかけていたのを感付いていたのでしょう(笑)。

原作は間違ってない、とコメントを頂きました。(コメント)

大変失礼致しました。
下記の通り、追記致します。(2022/8/14)

アニメではカットされてますが、原作の慎平のコメントによると──
影ネゴロは、青銅の記憶をスキャンできたようです

なぜ、影ミオがスキャンできなかったのに、影ネゴロはスキャンできたのでしょうか?

事実を整理すると──

  1. 影ネゴロ─記憶読み取れる ⇒ 青銅 免疫「なし」
  2. 影ミオ──記憶読み取れず ⇒ 青銅 免疫「あり」

このことから導き出されるのは──

推測

影ネゴロのスキャンと、影ミオのスキャンの間に、影ネゴロが青銅のコピーを生み出し消した・・・(=「影の病」の免疫をつけた)

──ということですね。

なぜ、そんなことをしたのか?

青銅が持っている情報を、慎平側に知られるのを防ぐためですね

本当は、青銅を始末したかったが、影ネゴロは失敗。
影チトセを凶暴化させ青銅を襲わせたが、これもウシオに邪魔をされてしまう。

慎平たちが青銅を見つけた時、影ネゴロはヒルコ洞へ繋がる洞窟に潜んでいたのだと思われます。

青銅の様子を伺っていたのでしょう──
青銅が死ねばそれで良し・・・ところが、青銅は生き延びた。

窓が心臓マッサージをして青銅が息を吹き返した時、あるいは朱鷺子ときこに変身していた影ミオの姿を確認したとき──

いくら青銅が黙秘しても、影の能力で記憶を読まれれば隠しようがない。
すぐに対策を打たねば──

そこで、影ネゴロは、青銅のコピーを生み出し処分したのではないでしょうか

間一髪、青銅の免疫作りは間に合った・・・・・・・・・・

次に、青銅が自ら自供するのを防がなくてはならない。
だから──

先生、私これで帰らせてもらいますわ
最優先の目的は果たしましたので

by 影ネゴロ『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

影ネゴロは、慎平たちの前に姿を現し自ら誘い出す。
あわよくば青銅を始末しようとしたのかもしれないですね・・・。

[回想]

日都神社へ来る前、慎平たちは既にシデの中身が雁切であることを突き止めていた。

【6周目】7月22日 コバマート突入中止後

サマータイムレンダ 7話『サマータイムレンダ』公式HP「STORY#07」より引用

でも、雁切さんは、あの時間まだ葬儀場にいるはず・・・葬儀は影に任せたんかも

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

(原作情報)原作では、この時、ウシオの提案で皆に記憶を見せて仲間を作ろうと提案します。場所を学校にしたのもウシオが言い出しました。
(原作情報)影ミオを仲間にする作戦も、ここでアイデアが出ました。誰が提案したかは、ぜひ原作をご覧下さい。

「あの時間」とは、コバマートに突入した(竜之介がシデに殺された)22日18時のこと

雁切は宮司。
潮の葬儀が終わったからと言って、すぐに葬儀場を離れられないはず。

補足

その証拠に、アランは慎平や澪とは一緒に帰って来れませんでした──

すまん慎平、遅なってもた!
雁切さん、話長いさけよォ・・・

by 小舟 アラン『サマータイムレンダ』TVアニメ第1話

葬儀終了後19時近くまで、雁切とアラン達は一緒にいたということですね

6周目、7周目は、アランの帰宅は更に遅くなりました。
アニメではカットされてますが、慎平たちが体育館でシデ&ハイネと戦っている最中、アランは雁切と話していたと言ってます。(17話)

つまり、慎平たちが体育館でシデと戦っている間、雁切にはアリバイがあるのです・・・

ならば、葬儀場にいたのは、雁切本人ではなく雁切の影・・・・
そう考えるのは自然な流れ。

反対に、この「雁切の影」がいるという思い込み・・・・が、今話で慎平を惑わせたのではないでしょうか?

推測

雁切はもう一人いる──それは、影。

ところが、現在、目の前の雁切は影ではなかった。

ならば、なぜ手に火傷を負ってない?

逆に、体育館戦でシデに入っていたのが影?
いや、それならば、ウシオが影の気配を察知していたはず・・・。

考えれば考えるほど、泥沼にはまっていくのです・・・

【7周目】7月22日 体育館戦後

シデは左手に火傷を負った
これは正体への目印となるだろう

by 南方 ひづる『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

アニメではカットされてますが、原作では、その前に重要な情報が──

しかしウシオの証言によれば、中身の手からは、影の気配は感じられず
間違いなく人であったという

シデは左手に火傷を負った。
これは正体への目印となるだろう。

※太字部分はアニメではカット

by 南方 ひづる『サマータイムレンダ』コミック9巻

15話の体育館戦後時点で、既にシデの中身は人間だと断定していたのです

人であれば、火傷はすぐには治らない
だから、シデの中にいる人の目印となるのです

ここまでハッキリと言っているのに、目の前の雁切に火傷跡がない意味を考えなかった慎平とウシオ

雁切にまんまとしてやられたのです・・・。

【7周目】7月22日 菱形医院地下 菱形家と雁切家

16話ラスト、青銅の口から語られた、シデの正体(16話)──

オリジナルの名は、菱形紙垂彦しでひこ
菱形医院の創始者、初代院長だ

by 菱形 青銅『サマータイムレンダ』TVアニメ第16話

その後の17話で、何も語られなくて肩すかしでした(苦笑)。
語られなかったのではなく、そのとき描かれなかっただけ(笑)。

16話ラストの時点で、青銅は洗いざらい慎平たちに話していたのです

ハイネの出産後、菱形家は分家した
以後は、雁切家が神をまつり、菱形家が医者の家系となったんだ

by 菱形 青銅『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

一気に説明されたので理解し辛いですよね(笑)。
順に解説します。

菱形家は古代から、この島の祭祀さいしを司っていたが、江戸時代に紙垂彦しでひこの父が医者の真似事を始めた

by 菱形 青銅『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

近代医学が普及するまで、医療行為は祭祀と同じように扱われていました。
日都ヶ島では、祭祀を司る菱形家が、治療に似たようなことをしていたということでしょう。

だから、300年前の回想シーンで、菱形紙垂彦しでひこ(雁切)は宮司のような格好をしていたのですね。

当時、祭事を司る人はその土地の有力者。
なので、ハイネのオリジナルも「しで様」と呼んでいたのでしょう。

菱形紙垂彦しでひこ父親が・・・医療の真似事は初め、息子の菱形紙垂彦しでひこが菱形医院の創始者となった。

が、ハイネ出産後──

「神の夫」を自称し、波稲はいねの名字・雁切を名乗り始める

by 菱形 青銅『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

補足

ハイネのオリジナルの少女の名前「波稲はいね」の漢字は、EDのCAST紹介より。

私はてっきり、彼女は外国人で、灰色の髪なので「灰○」という漢字をあてたのだと思ってました(笑)。
となると、なぜ黒髪があのような色になったのでしょうか。まさか出産を繰り返した事によって!?

紙垂彦しでひこは、ハイネと結婚し、波稲はいねの名字・雁切を名乗る。

紙垂彦しでひこには兄がいた

ハイネの出産後、菱形家は分家した
以後は、雁切家が神をまつり、菱形家が医者の家系となったんだ

by 菱形 青銅『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

この辺がややこしいですね(苦笑)。

紙垂彦しでひこは菱形家を出て、雁切家として神を祀り──日都神社を建て、宮司になったということですね。

菱形医院は、紙垂彦しでひこの兄が継いだのです。

つまり──紙垂彦しでひこは、菱形医院の創始者・初代医院長でありながら、日都神社の初代宮司でもあったのです

これで、解明したことと、安心したことが(笑)。

青銅はどう見ても、シデ(雁切)に良い印象を持ってませんでした。
13話の、電話での会話終了後、シデらしき相手に「マザコンめ」と悪態をついてました。(13話)

菱形医院の創始者であり、ご先祖に対してなんて態度だと思ってました(苦笑)

なるほど!
菱形医院の創始者ではありましたが、先祖ではなかったのです

青銅の系譜は、紙垂彦しでひこの兄が先祖!
紙垂彦しでひこは遠い親戚ではあるものの、彼の血を引いてるわけではないのです!

ならばむしろ、青銅からしたら紙垂彦しでひこは、病院経営を放って神事にうつつを抜かした、もっと言うと子供に子供を産ませる外道なのかもしれないですね(苦笑)。

それと、そう朱鷺子ときこも、紙垂彦しでひこの血を引いてないのです
これで、安心して、雁切を消せます!

つまりシデとウチラは、血の繋がった遠い親戚・・・

by 菱形 朱鷺子『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

朱鷺子ときこの言う、血の繋がった親戚とは「親元を辿ると」という意味ですね。

血は繋がってないとは言えませんが、血を引いているかと思ったので、事実を知り少し安心しました。

【7周目】7月22日 菱形医院地下 ハイネの子供

やがて紙垂彦しでひこは、神と交わり子をなした

スキャンされ影として平面から分娩されたんじゃない
立体の──ハイネの肉体を妊娠させ、出産させたのだ

by 菱形 青銅『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

影は人間を細胞レベルで完璧に複製する
ならば、影の立体側の肉体は人間と同じ構造を持っているので、妊娠できても不思議ではありません。

が、だからと言って、ハイネに子供を産ませるとは・・・。

ここで既に、紙垂彦しでひこは普通じゃないですね(苦笑)。
子供のように見えるハイネ、いや実際子供である波稲はいねをコピーしたのだから、子供でしょう。

その子ども相手に交わる・・・それも波稲はいねを食べた影を相手にというのが常軌を逸してます(苦笑)

余談

ん?
人は、影のエサ。
なぜ、雁切はハイネに襲われなかったのでしょうか?

影は悪で、人間は被害者だと思ってました・・・。
これでは、影には悪意はなく本能のまま行動。
その力を利用し、自分の欲望を叶えようとしたのか・・・。

まだ不明な点がありますね。

その赤子は成長するにつれ、紙垂彦しでひこに瓜二つとなっていったらしい

これが影の性質なんだろう
ハイネが妊娠すると、生まれてくる子は父のクローンなんだ

by 菱形 青銅『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

妊娠はするが、母親ハイネの特長・遺伝情報は子には伝わらず
結果、影の能力は持たず、父親そっくりのクローン人間が生まれるというのです。

ここからだ・・・それを見た紙垂彦しでひこは、ある欲望を目覚めさせた

ヤツはハイネに自分の人格と記憶をコピーさせ、クローンに移植させたんだ
そうすることで「若返り」をしたんだよ

by 菱形 青銅『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

って、ハイネは人間の記憶も・・・・・・いじれるかーーい!!

人間のクローン製造だけでなく、記憶操作も可能なハイネ。
さすが神様、ヒルコ様!(笑)

いや、世界設定はさておき(笑)。

これぞ完全なコピー人間!

ウシオや影チトセを本物かどうか考えたときもありました。
でも、やはり影なのです。

影チトセは、恐らく年を取らないでしょう

ウシオは人格、記憶は潮と全く同じでも──
人間ならあんなに強くはないし、平面に写る影を攻撃されて痛みを感じたり、(残念ながら)変身はできません(笑)

やはり、ウシオも影チトセも影なのです
ウシオと潮は、完全には・・・・同一ではないのです

ところが、雁切は──

ハイネと交わり、父親と同じ人間が生まれる。
まさにクローン。

クローンに人格と記憶をコピーすれば・・・これぞ完璧な同一人物
スワンプマン、沼男なのです

あっ!
だから、あの時、ひづるはあんなことを言ったのか!

慎平が雁切に2枚目の写真を見せた後──

慎平:時代は下って、40年前それは、菱形先生のお父さんが撮ったもんやおまえは影じゃない、でも、ただの人間でもない──

ひづる:沼男・・・

by 『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

そう。
影ではないが、普通の人間でもない。

300年前の雁切紙垂彦しでひこのスワンプマン、沼男なのです

余談

それにしても、慎平が見せた2枚目の写真──
まるで、雁切父が子供を産んだように見えるのは私だけでしょうか?(苦笑)

産んだのはハイネですよね?
ハイネは元気で見守っていて、雁切父は死んだように眠ってる。

まるで雁切父から子供を取り出したかのように見えますね

それとも、父の記憶を子に移植している瞬間なのでしょうか・・・。

【7周目】7月23日 日都神社 菱形紙垂彦

ついに自分が菱形紙垂彦だと認めた雁切。しかし慎平はある違和感を覚える・・・。

島を救ったのは雁切のおかげ!?

その伝承、そこのくだりは誤りですね

島民を何百人か影に変えただけですよ
影やったら漁師でなくとも魚を捕れる
飢えた人を救うことができる

日都ヶ島が今あるのは私のおかげなんですよ

by 雁切 真砂人『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

影が自ら漁をして魚を捕ってきたのではない。
影は本能に従い食餌、つまり人間を何百人か食べただけ。

そんな影に、魚を捕ってこさせたのは自分だと、雁切は言うのです

確かに影の力は人間離れしています。

有効活用すれば、大いに役に立つでしょう。
科学技術が発達してない300年前なら尚のこと。

結果的に、享保の大飢饉に苦しんでいた島民を救ったのは事実なのかもしれません

飢えでぎょうさん死んだ・・・
大人が死んで・・・魚も獲れんようなった・・・
夏になったら、お父もお母も兄弟も・・・みんな死んでもうた・・・

by ハイネ『サマータイムレンダ』TVアニメ第14話

ハイネがオリジナルの記憶で飢饉を恐れていたので、その辺を突いたのかもしれません。

島民の命を救うために、影を利用したのなら話は分かります。
もしかすると最初はそのつもりだったのかも。

だけど、次第に影の力を使う目的は変質し、自己の欲望を叶える道具とする。
その上、影の力を独占し、暴こうとする者を排除する。

ふざけんな、この野郎!
自分が正しい事してるつもり!?

なんで慎平の両親を殺した!

by ウシオ『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

ここで、自分の事や、しおりや人渕先生を出さずに、真っ先に慎平の両親のことが出てくるのがウシオらしい(笑)。

ウシオの言う事は全く正論。

雁切がやっているのは偽善なのです

雁切の望むエンディング

なんでそこまでハイネを守る?

おまえは人や
ハイネが帰る故郷に、おまえは一緒に行けやんはずや!

ハイネを差し出せ・・・それで、終わりにできやんか?

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

雁切を人間扱いし、悪いのはハイネだとして説得を続ける慎平・・・

雁切が永遠の命を持ち続けたいのなら、ハイネが故郷は帰っては叶わない。

どうせ雁切の願いが叶わぬなら、ハイネが故郷に帰るのとハイネを差し出すのは同義だと慎平は考えたのか・・・。

でも、雁切は──

それは私のエンディングではない
母の願いを叶えることが私の使命

by 雁切 真砂人『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

ハイネの力が弱まり、もう故郷に帰らねば命が持たないのか?
雁切は、自分の永遠の命は置いといて、ハイネを守りたいのか?

雁切は、ハイネに最後の食餌をさせて、自分はどうするつもりなのか?

そこが、雁切の最大の謎。

それに、分かりませんよ
私の影がいるのかも

by 雁切 真砂人『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

この考えは、青銅も言っていたこと。

自分の影を、影チトセと共に、ハイネに連れて行ってもらい理想郷で暮らす

青銅が真剣にそう思っていたのだから、雁切も同じように考えても不思議ではない。
いや、それどころか、既に紙垂彦しでひこのコピー人間である雁切なら、青銅よりずっと抵抗感はないかも・・・

近くに潜んでいた雁切

はい、ワンダウン

by 雁切 真砂人『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

目の前の雁切の頭を、ウシオが一太刀
呆気ない幕切れに拍子抜けも、後ろから、左手に火傷を負った雁切が・・・。

いつの間に、ウシオの背後に来たの!?と思った方。
もう一度、アニメをご覧下さい。

貸して。①

みんな聞いてた? ②

by ウシオ『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

皆に連絡するために、慎平のポケットからスマホを取り出す①
グループ通話中にしていたスマホに向かって、話し出すウシオ②

①と②の間に、背後のふすまがソッと開くのが描写されています

雁切が入ってきたのは──
雁切を殺した直後で油断している、かつ周囲に待機していた皆が入ってくる前──ここしかない!という絶妙なタイミング

私は、本物の雁切は、隣の部屋か近くの部屋で、待機していたと読みます!

シデは、この秘術を繰り返し、自分を産んだハイネに自分を産ませ続けて、300年前から現在まで生き続けているのさ

by 菱形 青銅『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

青銅のこのセリフと同時に、画面が現在に切り替わります。

この時、描かれた雁切は、左手に包帯・・・・・を巻いています

慎平の目の前にいる雁切と同じ姿勢をしていますが、これが本当の雁切ではないでしょうか。

つまり、同時刻、近くで待っていたということですね。

ならば、なぜこんな手の込んだことをしたのか?

私はこう考えます──

全ては雁切の狙い通り!?

シデこと雁切の狙いは──

  1. 優先すべきは、慎平の死
  2. 可能ならば、ウシオを先に処分し、その後慎平を殺す

と言ったところでしょう。

そこへ慎平が日都神社へやってきた。
#慎平の居所は、刻印でハイネに筒抜けです

ウシオの姿は当然見えない。
#潮は死んだのだから、雁切の正体を暴くまでは明かせない

さて、はすぐにでも可能だがを実行するにはウシオをおびき寄せなくてはならない。

どうせウシオの性格、慎平の近くにいるに違いない。
ならば、挑発すれば、ウシオが飛び出てくるでしょう

腕時計になっていると見破っても、体が小さくて影を狙うには困難です。やはり人間の形にした方が、的(影)も大きくて狙いやすいのです。

ウシオの直情的な性格は、16話でも証明済み(16話)──

待て、こんにゃろッ!

by ウシオ『サマータイムレンダ』TVアニメ第16話

怒りをあおればウシオは姿を現す(実体化する)、そうすれば、影(弱点)が見える

あおるだけなら人間(雁切)でもできる。
いや、イラつかせるのなら雁切の得意分野!?

なんて、考えてしまうのは、引っかかってしまった慎平たちに失礼でしょうか?

でも、慎平に自分を殺させ油断させるなら、わざわざ、慎平に疑問を持たせる必要はありません。

偽物に最初から包帯を巻いておけば良い・・・・・・・・・・・・・・・のです

なぜ、この雁切は火傷の跡がない?
まだ何か気付いていないことがある!?

疑念を持たせれば、慎平はモタつく。
慎平が躊躇っていると、いずれウシオがしびれを切らす・・・。

頭が回る慎平を惑わし、人殺しを躊躇う慎平の性格を予想してウシオを誘い出したのだとしたら・・・相当したたかですね。

はい──

ガキ共が、この私のエンディングを変えられるとでも?

by 雁切 真砂人シ デ『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

まさしく、最初から筋書きを描いていた敵が吐く言葉ですね(苦笑)

補足

そもそも論として──
包帯をしてないのは、シデの中に入っているのが雁切だと分からないようにするため

という考えもあったでしょう。

雁切の左手に火傷の跡がなければ、雁切はシデとは無関係だと認識してくれる?
慎平たちが、その程度の頭なら、それで良し(笑)。

では、慎平たちはその後何をしてくるでしょうか?

雁切に真実を打ち明け、仲間にしようとするでしょう。
夏祭りを中止して欲しいと申し出るでしょう。

そこで、私が雁切なら、影なんているわけがない、妄想だと一蹴します。
影の存在を信じない人に、信じさせるにはどうしますか?

はい。
証拠として、死んだはずのウシオを見せるのが一番ですね

そのために、ウシオを雁切の目の前に、出現させるでしょう。

雁切は、驚いているフリをして慎平とウシオの注意を引き、その隙に後ろからサクッと・・・。

どちらに転んでも、隙を突ける策が取れるのです。

なぜ雁切は二人いる!?

残念やったねえ、慎平君
ほんのちょっぴり、俯瞰が足らんかったんとちゃいますか?

by 雁切 真砂人シ デ『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

では、そもそも、背後から現れた雁切は何なのか?
いや、二人目の雁切が本物なら、一人目の雁切は何なのか?

雁切真砂人のクローンは元々二人いた?
否。青銅の証言によると40年前に取り上げた子供は一人

全面的に協力することにした青銅。
40年前に二人取り上げた、あるいは時間差でもう一人産んだのなら、伝えているはず。
※取り上げたのは青銅の父であり、それが全てかどうかは不明ですが・・・

二人の雁切の片方は影?
否。ウシオの気配探知に引っかからなかったので、二人とも影ではない

となると考えられる可能性は──

推測

私はこの先の原作は未読です。
あくまで個人的な推測です。
が、当たっているとネタバレになるのでネタバレ読みたくない方は気を付けて下さい!

続きを読む

もう一人の雁切は、先に生まれたクローン・雁切真砂人の父親ではないでしょうか

根拠があるわけではなく、消去法です。
そう考えると辻褄が合う・・・・・のです。

雁切真砂人の父親は既に亡くなっているとされています──

雁切のせがれに聞いてみてもええが・・・あいつの親父が生きとったらな、なんか知っとったかもしれん

by 根津 銀次郎『サマータイムレンダ』TVアニメ第11話

慎平の目の前にいたのが、雁切真砂人の父親だとすると──

なぜ、生きているのに、亡くなった事にされたのでしょうか?
なぜ、父親なのに、子供と同じ姿形をしているのでしょうか?

そこで、私はある仮説を立てました──

ハイネが産み出したクローンは、父親がハイネと交わった時の年齢まで成長するが、それ以上は成長しない?

ハイネの立体が生んだとは言え、影の子供。
あくまで、その時に得たデータを赤ん坊から忠実に再現しているだけではないでしょうか?

そう考えると、雁切父が年を取らず瓜二つなのも分かります。

そして、亡くなったことにしないといけない理由も──
歳を取らないので、周囲に変だと思われてしまうからですね

つまり、EDで紹介されるキャスティング──

雁切真砂人
雁切 巌
小西克幸

by 『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

雁切 巌は、真砂人の父親の名ではないでしょうか。

いずれにせよ、背後から近づいた本当の雁切真砂人の気配は、ウシオは全く気付かなかった。

ウシオは、いや、慎平とウシオは、影レーダーに頼りすぎ、殺意を持った人間がいるとは想定してなかったのです

今、この島で争っているのは、人間VS影。
自分たちを狙っているのは、影。

いや、それ殺人ですよ!

もっと決定的な確証がないと・・・
それに人なら、追い詰めれば話し合いに応じるかもしれませんよ

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

人なら──話し合いに応じるかも

アニメではカットされてますが──
原作では、慎平のこのセリフを聞いて、ひづるはとても冷徹な目を慎平に向けます

もともと慎平の優しさが出たのか、優位さが余裕を作ってしまったのか──

なんで、オレの両親を殺したんか・・・あいつの口から理由を聞きたい!
でないと全然納得できません!

そのためやったらッ!
一回死ぬくらい・・・屁でもないです!

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

一晩明け、ループ限界が少し遠のいたので、あと数回ループできる(やり直せる)余裕ができました

その余裕が油断を生み、取り返しの付かない結果を引き起こしたのです・・・。

ロズとギルの携帯方法

シリアスかつ悲劇的な映像に、あまりそぐわぬ物体が投げ込まれる。
そうです、朱鷺子ときこが投げたのは「おしゃぶり」。

カッコ良く投げてますが・・・おしゃぶり・・・・・です

一瞬、目が点になりましたが、合点がいきました!
これまで引っかかっていた謎が解けました(笑)。

朱鷺子ときこはどうやって、野良影・ロズとギルを持ち歩いているのか?

あんな大きな野良影は、隠れてろと言っても隠しきれない(苦笑)。
でも、出番とあらば、すぐに出現!

今回もすぐさま登場です。
普段はどこに隠れてるの!?

誰かに見つかってはいけないウシオは、以前はペンダント。
今は、腕時計となって、慎平と行動を共にしてきました。

そうです!
朱鷺子ときこは、ロズとギルを、おしゃぶりに変身させていたのです!

もしやと思いOPを見返してみると──

サマータイムレンダ 15話TVアニメ『サマータイムレンダ』ノンクレジット2ndオープニング映像より引用

確かに、ロズとギル出現前に、おしゃぶりを投げてました~~!!

あれ?
知らなかったのは私だけ!?(笑)

雁切真砂人は本当に人間なのか?

今話は(も)まだまだ語りたいことが多々あります。
が、そろそろレビューが2万文字を超えようとしているので切り上げます(苦笑)。

慎平はどうすれば良かったのか?ウシオは最期、慎平に何を伝えようとしたのか?ウシオは本当にいなくなってしまうのか?ループはあと何回可能なのか?半分位は次話以降で触れられるでしょう(笑)。

最後に疑問を投げて今話のレビューは締めたいと思います。

雁切真砂人は、本当にただの人間・・・・・なのでしょうか?

雁切が影ではないのは、ウシオが気配を察知できなかったので、事実なのでしょう
でも、影ではないからと言って、普通の人間と判断して良いのでしょうか?

アニメではカットされてますが──

しかしウシオの証言によれば、中身の手からは、影の気配は感じられず
間違いなく人であったという

※アニメでは全文カット

by 南方 ひづる『サマータイムレンダ』コミック9巻

原作では、ウシオはシデの中身は人だと断言しています

それでも私は問いたい。
あまりに人間離れした雁切真砂人──

雁切真砂人に関する謎

  • 人間なのに、影を操れる
    影を操って鎧のようにまとうことができる
  • 変身はできないが、プリントできる
    影ではないのに、銃やマンホールを自在に出すことができる
  • 体育館の戦いで、ウシオに腹を貫かれても生きている
    これはもう人間とは言えないのでは・・・でも、火傷はするんだよな(笑)
    いや、単に火に弱いだけ!?

そして、今回の下記セリフ時──

どんな気分ですか、慎平くん
ラスボス前のセーブデータが消えた小学生の気分かな?

ウシオは死んだ

by 雁切 真砂人シ デ『サマータイムレンダ』TVアニメ第18話

雁切は、一度まとった影を剥がし素顔を見せる。

この時の雁切は人間の目ではありませんでした。
シデが持つ4つの目同様、黄色の目

サマータイムレンダ 12話『サマータイムレンダ』公式HP「STORY#12」より引用

ウシオ&慎平の青の目。
ハイネの赤の目。

そして、シデの黄色の目。

これは、単なる演出でしょうか?
それとも・・・。

おわりに (『サマータイムレンダ』18話とは)

ミステリー物でよくあるクライマックスの謎解きよろしく、実は最初からこんな作戦立てました~~的な構成の18話(笑)。

通常、この手の種明かしは、勝つときのカタルシスだと相場は決まっていますが、『サマータイムレンダ』はあらず(苦笑)。

シデのアイデアか、ハイネの策か。
最初から狙っていたのか、アドリブか。

慎平は、雁切の本心を知るために1度のループ(死)を使っても良いと覚悟を決めた。
だけど、雁切も死を気にしてなかったのです。
#慎平を殺せば、その世界線は無くなるからですね

悔しいし、ウシオを殺した雁切は憎いです。
でも、この戦法、お見事です!

この後のことは気にしない。
最後に勝てば良い、シデ側に取っては、慎平のループ能力を使い切らせ殺せば勝ち。

(ループ力が無くなるまで)慎平を何度も殺せばOK。
その前にウシオを消せれば、よりOK!

パラレルワールドではないループ物、観測者(慎平)が見た世界線が確定事実となる設定を分かっているからこその戦略がお見事です!

ぜひとも、敵側の舞台裏も見てみたい(爆)。

アニメ鑑賞直後は、「えっ!?ウシオ~~ッ!!」的な感情も。
こうして2万文字近くレビューを書いていると、自然と落ち着き、今話を俯瞰ふかん(苦笑)。

憎し許すまじ敵ながら、一方で感心する自分がいるのです・・・。

正確に言うと、敵に感心しているのではなく、原作の田中靖規先生に感動しているのですが、その視点で書くと全て先生への思いで、感想にならない(苦笑)。

アニメはまだ残り7話もあります。
1クールアニメならまだ折り返し地点、ましてや展開の早い『サマータイムレンダ』。
まだまだ絶望する必要はなく、だからと言って楽観もできない(笑)。

三歩進んで二歩下がる。
未来を確かめ、過去をやり直す。

この先、何を見せてくれるのか?
楽しみで仕方ないですね!

ああ、筆(キーボード)が止まらない(笑)。

以上、TVアニメ『サマータイムレンダ』第18話の感想&考察レビューでした。
超長文にもかかわらず、最後まで読んで頂きありがとうございます。

19話のレビューも書く予定です。
良かったらまたお越し下さい。
最新情報はTwitter(@toki23_a)にて!

ではでは。

きょうのひとこと

雁切から見れば根津ですらガキ

サマータイムレンダ 6話『サマータイムレンダ』公式HP「STORY#06」より引用

疑問点 まとめ(QA一覧)

この章は、今話までの疑問点をまとめています。

回答は、推測は除き、(原作情報含む)作品内で明らかになった事実のみ記載。

前話までで解決したものは、削除しています。
過去分含め、全て見たいという方は「全話疑問点一覧(QA集)」をどうぞ。

Coming Soon

今週の感想ツイート

関連記事

アニメ『サマータイムレンダ』第19話のレビューはこちら。
サマータイムレンダ 19話
アニメ【サマータイムレンダ】19話感想&考察 スレッジハンマー引っさげて単身敵に立ち向かう 南雲竜之介ここにあり!2022年春TVアニメ『サマータイムレンダ』第19話「メイドインブラック」 感想&解説(原作補足)&考察レビュー。(次話以降のネタバレなし!) 影シオリは消滅!?慎平は貝殻をいつ受け取った?貝殻よりも重要なこと 4周目以降、ハイネはなぜ慎平をスキャンしなかったのか?ハイネはなぜ慎平のスマホを使える?慎平はずっと電話をかけていた?ハイネの衰弱、変化はひづるのせい?...
コメントの通知
受け取る通知
guest

31 COMMENTS
Inline Feedbacks
View all comments