サマータイムレンダ

アニメ【サマータイムレンダ】15話感想&考察 弱いからこそ団結し死にたくないから工夫する 人間ナメんな!

サマータイムレンダ 15話

こんばんは。時文(@toki23_a)です。
TVアニメ『サマータイムレンダ』第15話、鑑賞しました。

本レビューでは、アニメ感想だけではなく。
原作コミック情報も加え、個人的な解釈による解説・考察をしています。

皆さんの理解の助けになり、作品をより楽しんで頂ければ幸いです。

今話の主なトピック

  • 慎平のループはあと1回!? 
  • イベントホライズンとは? 
  • ひづるは、なぜ自分の記憶が読まれたと? 
  • コピー品には距離制限! 
  • ハイネは、なぜ慎平が皆を集めたことを知っている? 
  • 「ライツ カメラ アクション」とは? 
  • 空中からのガソリンはいつの間に仕掛けた? 
  • 炎の中、シデは何と言っている? 
  • なぜウシオやペンダントは燃えなかったのか? 
  • ハイネはどのようにして火を消したのか? 
  • シデの中にいるのは? 
  • これをされれば慎平は負けていた!? 
  • 影ミオの確保は作戦通り!? 

※矢印は該当箇所へのリンク

今話の疑問点

最下部に「疑問点まとめ (QA一覧)」として記載

ここでは、以下の観点でレビューします。

アニメ各話「感想」

原作コミックを読んで分かった新情報を加味して「解説・考察

私は原作コミック未読です。
アニメ鑑賞後、”アニメ化済み時点まで“の部分を読み、レビューを作成しています。

よって・・・
次話以降のネタバレは「なし」なのでご安心ください。

サマータイムレンダ(全25話)各話リスト

前半クール

前半クール (1~12話)

話数 サブタイトル 周目 原作
第1話 さよなら夏の日 1 1巻
第2話 2
3
第3話
漂着
第4話
未視感(ジャメヴ) 2巻
第5話
4 
第6話
軌道共鳴 3巻 
第7話
仇敵
第8話
メメント 4巻
第9話
流れよ我が涙
5巻
第10話
闇の中へ
第11話
食餌の時間 6巻
第12話
血の夜

※リンクは各話レビューへ

後半クール (13~25話)

話数 サブタイトル 周目 原作
第13話
トモダチ 5 7巻
第14話 to be/not to be 6
8巻
第15話
本レビュー
ライツ カメラ アクション 7
第16話 オリジナル  

※リンクは各話レビューへ
※「周目」は、ネタバレ避けるため次話以降マスク

今回のあらすじ

あらすじ

根津が襲われ、狙撃されてしまった慎平は、再びループ。
7度目の7月22日を迎える。

慎平は自身のループの限界が迫っていると実感するも、ハイネが攻めてくるのも分かっており、ここで決めると決意する。

段取り八分の仕事二分

ループ能力の限界が近づき、絶対死ねない戦いに緊張走るも・・・。
慎平は、ここで決めると自らを餌に罠を張る。

逆手に取ったのは、影の傲慢さと好戦的な性質
その上、影側の方が断然有利ならば、罠を張っても、こちらの誘いに乗ってくる。

仕掛けた罠は幾十も。
ラストは影の能力使ったアイデア溢れる斬新な攻撃の応酬!

影相手の戦いで、人間側が影の力を存分に使いこなす、この皮肉!

弱いからこそ皆で団結。
誰も死なせたくないから頭を使う。

人間舐めんなよ!

では、今話を振り返っていきましょう。

── ライト、カメラ、アクション! ──

感想&考察レビュー 第15話「ライツ カメラ アクション」

【7周目】7月22日 18時20分 自宅

慎平は影に狙撃され、7周目のループに突入する。

慎平の死因

サマータイムレンダ 14話『サマータイムレンダ』公式HP「STORY#14」より引用

前話ラスト。
慎平が皆と一致団結したその時、突如6周目が終わってしまいました・・・。

慎平っ!

by ウシオ『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

良かった!
ウシオは無事にループしていました。

慎平の意識が途切れたのは、ウシオの目の前──
ウシオがいれば、ウシオの記憶で慎平の死の瞬間を再現し、客観的に見ることができます

逆に、ウシオがいないところで殺されていたらと思うと・・・ゾッとしますね。

澪と一緒に慎平の元へ駆け込んできたウシオ。澪はいつのまに影のウシオを認知したのでしょう(苦笑)。
てっきり他の皆と同様、体育館で疑似ループしたのかと思ってましたが、このシーンを見る限り、体育館へ行く前に澪はウシオを姉として認知してますね。

窓の外から狙撃・・・ライフル!

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

慎平の死因は、ライフルによる狙撃
頭を撃ち抜かれたので、何が起きたか把握できずに意識が途切れたのです

さらに、ウシオの”影の気配を察知する能力”によると──

慎平を撃ち抜いた弾は、影やない
本物のライフルの弾!

by ウシオ『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

ライフルの弾はコピーではなく本物

ならば、考えられるのは、根津のライフル。
影がライフルを奪った手段は不明でも、根津のライフルが使われたのは明白

本物のライフルで遠距離から狙撃されれば、ウシオの影察知能力も意味を成さないのです

根津さんと距離を置いたのが間違ってた!
ウシオが気配を探知できる範囲外になってしもてた・・・オレのミスや!

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

「オレのミス」ということは、根津を離れた場所に待機するよう決めたのは慎平?

今話終盤──

慎平のが「上」や!

by ウシオ『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

と、ハイネに啖呵切ってるのをみると、作戦は全て慎平が考えている、あるいは決めているっぽいですね

スゲえぞ慎平!

【7周目】7月22日 19時20分 日都ヶ島小中学校

慎平は、前周同様、日都ヶ島小中学校へ皆を集める。

あと1回しかループできない!?わけではない!

ここが「限界」として、オレは死ぬ度に、ここに戻ります
限界より前には戻れないので、限界=始点です

前回の死亡は7時55分頃。
今回の始点は6時40分。

そこから時間が進んで、オレが一定の速さで前へ歩いてるイメージです

現在7時20分。
限界も「前」に進んでます
今はオレの歩みより遅いから、追いつかれることはないですが、その速度は死ぬ度に速くなってます

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

なるほど。
ループを繰り返す度に、始点が遅くなっていましたが、どれくらい遅くなっていくのかが分かりませんでした。

おぼろげながら、判明。

始点が遅くなっているのは──
確定させなければならない「限界」時間も前へ進み、その速度はループする度に速くなっているのです

限界の速度は、今は慎平より遅いので、追いつかれることはありません。

それが追いつかれるということは──「限界」は、慎平よりも速い速度で進むということです

でも、その考えだと辻褄の合わないことを事を言ってます──

このまま同じ時間に殺されたら、オレは多分・・・あと1回しかループできやん

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

そしてまた、前回と同じ時間、もしくはもっと早くに殺されてしまえば、9周目はないと思う

オレが足踏みしてる間に、限界の方が「先」へ行くんや

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

いずれのセリフも、慎平は「同じ時間に殺されたら」ループはあと1回しかできないと言ってます

逆に言うと──「同じ時間」でなければ──もっと先へ進めば・・・・・・・・、少し余裕が出てくると読み取れませんか?

補足

あくまで、余裕・・が作れるだけであって、無限にループできないのには変わりません

ループする度に、限界の速度が速まるのなら、どれだけ先へ進めてもいずれは追い抜かれてしまいます。

ただ、影との戦いが終わり、平穏な世界になれば問題のないこと。
なぜなら、ループする必要がないからです。

人間は一度死んだら終わり・・・の状態に戻るだけです。

というので済むのかどうか、こんな力を使って何も代償はないのか・・・は気になるところですが(苦笑)。

疑問

先ほど言った、辻褄が合わないとは──

「限界」の速度が慎平より速く進むことになれば、どれだけ先へ進もうと「限界=始点」である限り、その周が最終周です

だけど、慎平は「同じ時間」に死ななければ余裕ができそうな口ぶりです。

まだ説明されていない、慎平(観測者)にしか見えてないルールがありそうですね。

気になるワードは「限界=始点」と「足踏み」という表現ですかね。
この辺が具体的になると理屈も分かると思うのですが。

慎平の考えが正しければ、慎平は前回と同じ時間(もしくはもっと早く)に殺されてはならない。

ループ能力を使い続けるには、この時間帯を生き延びなければならないのです

前周、殺されたのは19時55分頃。
現在、時刻は、19時20分。

30分以内に殺されてしまうと、さらに危険な可能性が。
前回の時間を超え、大幅に乗り越えなくてはならない。

反対に、ハイネ達も慎平の限界のことを知っているなら──
この時間に慎平を殺し、決着を付けたいと考えているはず

他の誰でもない、慎平を殺すのが目的。

だからこそ、慎平が有効な餌になるのです!

イベントホライズン

その崖は観測限界
“イベントホライズン”だ

落ちればキミの死は確定し、後の世界はハイネが見たものが事実として定着するだろう

by 南方 ひづる『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

「イベントホライズン」、作家らしい単語が出てきました(笑)

イベントホライズン

日本語では「事象の地平線」「事象の地平面」。

アインシュタインの相対性理論に基づき、光や電磁波で観測できない領域の境界線のこと。

イベントホライズンとは、それ以上は観測できない領域のこと

補足

ブラックホールをイメージするのが一番分かりやすいですかね。

ブラックホールは、ものすごい重力で、光をも吸い込みます

人間は、光(や光の反射)を見て物体を視認します。
光ですら脱出できないブラックホールを、人間が肉眼で観測することはできません。

ゆえに、ブラックホールは人間が観測できない領域。
ブラックホールの境界線が、観測限界(イベントホライズン)。

ひづるは、慎平が見た「限界」を、人間が観測できないイベントホライズンに例え、そこへ落ちてしまっては、脱出はもちろん見つけることもできないと表現したのです

根津が見つかったのは、記憶を読んだから

4周目のあの作戦が、ハイネにバレてたんだと思います

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

4周目のあの作戦とは、小舟家へ下見に来る影ミオを待ち伏せしていた作戦のこと。(8話)

ウシオが初めてループしてきてドタバタだったときです(笑)。

サマータイムレンダ 8話『サマータイムレンダ』公式HP「STORY#08」より引用

おそらく私がスキャンされたんだ

4周目の最後のシーンで私は致命傷を負っていた。
あそこに至るまでに交戦し記憶を読まれたのだろう

by 南方 ひづる『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

とても細かい表現ですね(笑)。
ここまでの話をしっかり見て記憶してないと、意味が分からないかも(苦笑)。

まず、なぜ前回の作戦を知っていると根津の位置が分かるのかは、前話のレビューで解説しているので、そちらをご覧下さい。

次に、なぜひづるは「おそらく私」と言ったのか──
アニメではカットされてますが、原作ではもう少し丁寧に説明されています。

慎平:あれを知ってるのは、オレとウシオ、南雲先生、根津さんの4人だけ
ひづる:おそらく私だ。キミたちはスキャンされていないし、根津には免疫がある

※太字部分はアニメではカット

by 『サマータイムレンダ』コミック8巻

前回の作戦を見ていたのは4人──慎平、ウシオ、ひづる、根津

この4人の中の誰かが記憶を読まれたと考えるのが妥当。
ひづるはウシオ視点のループを疑似体験しており、慎平とウシオが影にスキャンされてないのは把握。
根津は「影の病」に免疫があるので、スキャンされても記憶は読み取れない。

よって、記憶を読まれたとするなら、ひづるの可能性が一番高い

その上、4周目、ウシオの記憶で最後に見たひづるは重傷を負っていた。

ひづる(竜之介)を重傷に追い込むのは相当な相手。

おそらく、相手はシデ&ハイネ
ならばその時、記憶を読まれたのだろうと推測したのです

南雲先生、お見事!

コピー品には距離制限あり

コピー品は、プリントした影から離れすぎると自然に消えるから
だいたい半径50mほどの中でしかコピー品は存在できやん

by ウシオ『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

影のコピー機能には、距離制限もあることが判明。
生み出した影から50m以内でないと、消えてしまうのです

ライフルを撃っても50mで弾が消えてしまう映像はアニメオリジナル。とても分かりやすいですね!

ライフルのように遠くから攻撃する武器は、コピーしても遠距離からは使えないのです。

ちなみに、根津は前回の作戦で、600m離れた場所から影ミオを狙撃しました。詳しくはこちら(8話)をどうぞ。

◇◇◇◇◇

このルールを聞いて腑に落ちたことが!
12話で、慎平は釘打ち機ネイルガンを復活させました──

ウシオ、今や!
プリントしろ!

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』TVアニメ第12話

それまでに使っていた釘打ち機ネイルガンは、朱鷺子ときこに言われて投げ捨てました。
でも、消したわけではありません。

機械はコピーできても、動作できるのは一つのはず。(10話)

捨てた釘打ち機ネイルガンは、消したわけでもなく単に捨てただけ。
一つしか使えないはずなのに、この時はなぜ釘打ち機ネイルガンがもう一丁使えたのか、引っかかってました(笑)。

慎平が投げ捨てた場所から50m以上移動・・・・・・・したので最初の釘打ち機ネイルガンは消え、新たにプリントすることができたのです

スッキリ!

瞬殺でも収穫あり!

前回は、敵が上手やったけど、収穫もありました
この刻印で、ハイネはオレの居場所もわかってるってことです

ハイネはオレの死を見るために、絶対ここに来る!

今夜ここで、決着をつけます

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

前周(6周目)、慎平は気付かないうちに殺され、敵の情報は何も得られなかった。
そう思ってました・・・。

が、前周が終わったのは19時55分頃。(慎平談)
これまでの周では、影ミオは7月22日の20時頃に、洋食コフネに現れました。

ハイネ自身がループし、ひづるの記憶を読み取っていても、この時間の慎平の居場所は自宅。

記憶からは、慎平が学校にいる事は推測できません

にもかかわらず、20時前に(根津に対処し)慎平を狙撃したという事は、探さなくても慎平の居場所を知っている証拠

慎平の腕に付けられた刻印は、居場所も把握できるのです

その上、ループの限界を知るハイネは、もう一度慎平をループさせれば詰むことも知っています。

ならば、必ず、ここへやってくる。
だから、しっかり罠を準備できたのです。

ただでは転ばないですね!

【7周目】7月22日 19時40分 ── アクション ──

慎平達が待つ小中学校へ、シデが大勢の影を引き連れてやってきた・・・。

なぜ皆いることを知っている!?

ハイネは、慎平の居場所を刻印で把握していますが、慎平が誰と一緒にいるか等の情報を得ているわけではありません

では、なぜこんなセリフを言ったのでしょう?

みんな姿が見えやんけど、さてはどっかに隠れてるな?

by ハイネ『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

ハイネは、慎平が仲間を集めていることを知っている!?
いつの間に見られた??

今回も狙撃した場所も探して、そこから体育館の中を覗いたのでしょうか?

いいえ、そうは思いません。

前回、慎平が狙撃されたのは、19時55分頃。(慎平の証言より)
今回、学校へ現れたのは、19時40分過ぎ。

つまり、山を捜索したりはせず、校舎へ直接来たと思われます。

なのに、なぜ仲間がいると知っていたのか?

推測

前周、慎平を狙撃した際、(恐らく)シデがライフルのスコープで覗いて、体育館に慎平以外に集まっている仲間を見た──

その情報がハイネに伝わったのでしょう。

ただ、不思議なのは──

ミオめ、何をモタモタしとる?
朱鷺子ときこか!!

by ハイネ『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

朱鷺子ときこを見かけた時、ハイネは少し驚いてました。
ということは、仲間がいるのは分かっていたが彼女の存在は把握できてなかったという事ですね。

シデがスコープで覗いたが、ハイネに誰がいるか報告する前に、ループしてしまったのでしょう。

敵も総力戦!?

ずいぶん大勢でお出ましやな、シデ

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

これまでの周回で、7月22日の20時に小舟家へ訪れたのは影ミオただ1人

今回は、なんと島中の影を総動員!?
前話ラスト、根津を殺したときに見えたのは、影ミオ、ハイネ、シデの3人。

実は、アニメではカットされたのですが、この時、シデはこんなことを言ってました──

ゲームのおかしいのはですね
最初に戦うのが弱い敵ばっかりって所です

ミオちゃんはどう思う?

最初からラスボスが現れて、レベル1のプレイヤーをひねり潰せばよくないですか?

※アニメでは全文カット

by シデ『サマータイムレンダ』コミック7巻

(原作情報)シデのこの問いに、影ミオはなんと答えたのか?
実に、影ミオらしい答えだと思うその回答は・・・ぜひ原作をご覧下さい(苦笑)。

シデが自分の事をラスボスというのは、信じて良いのか分かりませんが(笑)。

この戦いは、影から仕掛けるものとしては、7周目では・・・・・初めて。
最初から、ラスボスであるシデが戦闘に参加。

それどころか、島にいる影を全員連れてきたのでは!?という数。

ハイネが強いと言っていた影ネゴロがいないので、全員ではないですね。

全力で慎平を殺しに来たのです。
手強い!

逆に、これだけの戦力を備えたので負けるわけがないと、影側に油断ができたのか・・・

みんな姿が見えやんけど、さてはどっかに隠れてるな?
罠か?

by ハイネ『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

いや・・・この後のシデの戦い方を見ていると、数を揃えたから自信があるというより──

他の影は、シデ自身をより強固にするためのパーツ?
ハイネは、シデの強さに全幅の信頼を置いている感じですね

何せ、倒す方法がないのですから・・・。
なので、正面から堂々と乗り込んできたのでしょう。

補足

学校の運動場で迎え撃ったのは、根津の狙撃場所として最適だから

それとも、ゾンビ映画へのオマージュでしょうか(笑)。
開けた場所での狙撃、ひづるに襲いかかってくるシーンは、ゾンビ映画のようでニヤリとしてしまいました(苦笑)。

そして、照明をつけたのは、影をハッキリ写すためですね

近隣の住民は不信に思わないのかな?などと言ってはいけません!島唯一の警察官・凸村がいるのですから、その辺は心配ない!・・・はずです、たぶん・・・(笑)。

スコープを狙う

ちょっと失礼します

by シデ『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

校舎から狙撃する根津に対処するため、ハイネを肩から降ろし、ハイネに弾が当たらないようマンホールの蓋で防御しながら、小石を拾うシデ・・・。

なんと、シデは指で小石をはじいて、根津を狙撃!?
それも、スコープを狙って撃った!?

威力にも驚きましたが、正確性に驚きました。

スコープを覗いていた根津は間一髪避けましたが、スコープがやられて狙撃ができなくなってしまったのです。

実際は遠距離狙撃ができないだけで、学校内での狙撃なら影響はなかったようですが(笑)。

ライツ カメラ アクション!

慎平とウシオは、わしらが追う
ミオは、あの猟師にトドメを刺せ

by ハイネ『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

ハイネの指示と同時に始まった、影VS人間の総力戦!

今話のサブタイトルは「ライツ カメラ アクション」。
HIPHOPによく出てくるそうですが、元々は映画業界で使われている言葉。

ライツ カメラ アクション

映画の撮影開始時に使われている、決まり文句のようなもの。

照明(ライト)準備OK?、カメラ準備OK?、撮影スタート(アクション)!という意味。

まさに映画撮影のアクションシーンが始まるかのように、戦いの火蓋が切って落とされたのです!

騎士登場!?

サマータイムレンダ 15話『サマータイムレンダ』公式HP「STORY#15」より引用

来よったぞ!
出番や、おまえら!

by 根津 銀次郎『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

戦力的には一番不安なそうと澪。
そうはともかく、澪まで前面に出てくるのは予想外!

そうは以前の周で戦ったことがあり疑似ループしているとは言え、実際に影に面するのは初めて。

澪に至っては、過去に影と戦ったことは一度もありません。

だけど、この落ち着きよう。
#いや、そうは相変わらずか(笑)

ウシオ視点とは言え、疑似ループで影との戦いを体験しているからかもしれないですね

だとしても、澪を前線に出すのはリスクが高いような・・・。

いいえ!
そうです、澪には強力な朱鷺子ナイトがいるのです──

サマータイムレンダ 15話TVアニメ『サマータイムレンダ』ノンクレジット2ndオープニング映像より引用

ローゼンクランツ、ギルデンスターン

暴れなさい
爆弾みたいに、静かにね

by 菱形 朱鷺子『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

来ました、影使い朱鷺子ときこ~~!
ハイネを裏切ったので、野良影を使えるのか不安でしたが、出てきました!

出てきた瞬間、テンションMAX!!
と言いたいのですが、OPでネタバレされていたので、想定内(苦笑)。

正直、この手の作品のOPは配慮して欲しいものです(苦笑)。

それより、驚いたのは、二人(影)に名前が付けられていたこと(笑)

余談

ローゼンクランツ、ギルデンスターンとは、シェイクスピアの悲劇『ハムレット』の登場人物の名前

ハムレットから引用なんて、実に朱鷺子ときこらしいですね。

ちなみに、第14話のサブタイトルの元ネタと思われる「To be, or not to be」も、『ハムレット』が出典ですね。

「爆弾みたいに静かにね」は、そのままでは意味が通りません(笑)。

爆弾は破壊力があると同時に音も大きい
静かにできるわけがない野良影に、暴れなさいと指示

「爆弾みたいに静かに」とは、影ミオに対して少しイヤミを込めた反語的な使い方ではないでしょうか

それにしても、朱鷺子ときこさん活き活きとしてますね!
なにせ、澪に対して汚名返上しないといけないですからね!(苦笑)

先を読むハイネ

そうか・・・こいつ、見えてるのか!
2秒先にいる僕の動きが!

by 南方 ひづる『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

補足

ハイネが、ひづる(竜之介)同様、2秒先を見ている。

4周目も同じような会話がありました。(11話)
なのに、ひづる(竜之介)は覚えてない!?

ひづる(竜之介)が初めて分かったような口ぶりなのは、ウシオがこの場にいなかったので疑似ループしてもこの時の体験を見れなかった

ハイネがひづる(竜之介)の時間のズレを観測できることを、知らなかったのです

反対に、ハイネは自身がループしているので、既にひづる(竜之介)の先読み能力はシデにも共有済みと言ったところでしょう。

未来予知ができるひづる(竜之介)とやりあってもキリがない。

慎平を狙えば、未来予知ができるひづる(竜之介)なら、かばうだろう。
かばわなければ、慎平を殺せる。

ハイネにとってはどっちに転んでもOK。

チーム慎平にとって、慎平かひづるのどちらかが死ぬ危機!

しかし──

ぐっ!
スコープなしで!
あのご老体、いい腕してますね!

by シデ『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

根津に邪魔されるシデ。
ひづる(竜之介)の2秒先は見えても、自分に起こる未来は見えないのです(笑)

根津さんグッジョブ!

切れた繋がり

止まれ!

おまえの主はもう朱鷺子ときこではない
朱鷺子ときこを殺せ

by ハイネ『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

朱鷺子ときこの裏切りを見て、野良影に新たな指示をするハイネ。

ハイネは全ての影のお母さん
この力があるので、例え朱鷺子ときこが仲間になってくれても、野良影は使えないと思ってました・・・。

朱鷺子ときこも不安顔・・・。
野良影が使えるのもここまでか、と思った矢先──

ギルこと野良影ギルデンスターンは、最初の指示通り、影ミオの上半身を吹き飛ばす!

あの野良!
わしとの繋がりが切れとる!

by ハイネ『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

野良影とハイネの繋がりが切られているので、ハイネの声は聞こえない!?
ハイネの指示には従わない!?

こんなことができるのは、ウシオのみ。

朱鷺子ときこが不安顔だったのは、本当に・・・上手くいくか心配だったからですね!

演出が憎い!

なかなか、楽しませてくれるやないですか

by ハイネ『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

シデじゃないですが、本当に楽しませてくれますね~~。

原作情報

シデはこのセリフの後、他の影を取り込み巨大化。

この時、ウシオはゾクッとしてます。
#アニメでも、確かに表現されてます。細かい!

ウシオは、シデの変形にヤバいものを感じ取っていたのです

戦いながら仕掛ける

サマータイムレンダ 15話TVアニメ『サマータイムレンダ』ノンクレジット2ndオープニング映像より引用

追ってくると思てたよ
おまえらは、罠やって分かってても追って来る
そうやって、余裕ぶっこきながらな

それで上から俯瞰してるつもり!?

慎平のが「上」や!

by ウシオ『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

ハイネ&シデの頭上には、ウシオの髪の毛。
髪の毛に、ガソリンをプリントする。

一体全体、いつの間に、空中に髪の毛を仕込んだのか!?

いや、仕込んでいたのではありません。
なんと、ウシオは、シデの攻撃をバク転で避けながら髪の毛をばら撒いています!

見返せる方は、ウシオがバク転しながら体育館へ入っていくシーンのご確認を。私はてっきりシデの攻撃を間一髪避けて髪の毛をかすったのだと思ってました(苦笑)。

髪の毛を最初から仕込んでいたのではないのです。
臨機応変に対応するために、その場で適切な場所にセットしていたのです。

慎平の作戦勝ちではありますが、実行できたのはウシオの身体能力があったからですね!

補足

銃や釘打ち機ネイルガンは複数コピーできないのに、なぜガソリンは大量にコピーできたのか?

機械で動くような複雑なものは、一個しか動かせません。
が、単純なものであれば、いくつでもコピー可能です。

さっきの鍵とか、形だけならパチモンでもかまへんのやけど
電気とかガスとか、他にエネルギー使て動かすには、本物を消さなあかんみたいやな。

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』TVアニメ第10話

形だけで良ければ幾つでもコピー可能なのです。
ガソリンはこれに相当するわけですね。

ちなみに、この時アニメではカットされてますが、こんなことも言ってます。

小さい物なら髪の毛にプリントできるけど、ベッドは体ごと変身せなあかん

本棚くらいデカいとプリントは不可能やった

※アニメでは全文カット

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』コミック5巻

小さい物なら問題ないが、大きい物は工夫が必要。

だから、ウシオ自身の等身大ダミー人形を作るには、髪の毛の束・・・・・が必要だったのです

シデは何と言っている?

炎に包まれても、ハイネを守る為に、ウシオを攻撃し続けるシデ。
損傷を受けたのか、シデのセリフは壊れたレコードのよう。(←表現が古いっ(笑))

余計な繰り返しは削除し、文字に起こしました
少し補足も付けました。

ウシオちゃん、私を火で殺すことなどできませんが、キミは(火で)死ぬ

私思ったんですけどね
キミやハイネは情報を次の周に引き継げるでしょ?

それは、つまり体の「キズ」や「死」をも、持ち越してまうってことやないですか?

慎平くんが死ぬまでは数分かかりますよ
(わざと)急所を外しましたからね

ウシオちゃんが慎平くんより先に死ぬとどうなるか、すごく興味が湧いてきますよ!

※何度も言っている文字は省略
※()内は、私の推測

by シデ『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

今回の作戦と言い、ハイネを消そうとする力と言い、ウシオは危険

シデは、慎平と同等か、それ以上にウシオが危険だと判断したのです

ウシオより先に慎平を殺してしまっては、ウシオも一緒にループする。
慎平より先にウシオを殺して、ウシオをループできなくすれば、慎平側の戦力は半減以下。

それを狙いつつ、この期に及んで、そもそも慎平より先にウシオを殺すとどうなるのか興味津々なのです

そんな下らないことを言っていたので──

悪りけど、私は興味ないわ
死ぬつもりら、ないから!

by ウシオ『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

「死ぬつもりら」とは「死ぬつもりなんか」という意味

髪の毛で作ったダミーと入れ替わり、ウシオ自身はネックレスに変身!

ウシオさん、もうプリキュア超えているのでは!?
#プリキュアファンの方、ごめんなさい

炎はウシオがコントロール

素早いですね
入れ替わったのに気付きませんでしたよ

私が掴んでたのは、毛の束にプリントしたダミー

※何度も言っている文字は省略

by シデ『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

ウシオは、貝のペンダントに変身して、髪の毛の束で作ったダミーと入れ替わっていた

入れ替わったのは、シデでも気付かない程の早業なので、我々に見えないのは当たり前(笑)

でも、あの炎の中、ペンダントは燃えなかったのでしょうか?
ダミーはしっかり燃えてましたよね・・・。

ヒントは、その後のひづるの報告セリフ──

ガソリンとマッチのコピーで起こした炎は、いわばデータであり何を燃やすかはウシオが任意に設定し、建物も我々も無害だった

by 南方 ひづる『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

影を襲った炎は、ウシオがプリントしたガソリンとマッチで起こした火。
その炎はウシオのコントロール下にあり、何を燃やすか燃やさないか、自由に設定できたというのです

だから、ウシオ自身が変身していたペンダントを燃やさないようにしたのは勿論。
体育館や近くにいた慎平や凸村にも火傷させないようにしていたのです。

コピー能力の使い方が巧い!

補足

実際、ガソリンへの引火は、燃えると言うより爆発です
あれだけ大量のガソリンをぶちまけ火を付けるのは、実際のやり方としてはあまりに危険。

ウシオのコピー能力でコントロールしていたから可能な方法なのです

#良い子は真似しないように!(笑)

一矢報いるハイネ!

ハイネが体育館の空気をスキャンして消去
真空になった建物内に外気が一気に流れ込み、その隙に逃げられる

by 南方 ひづる『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

南雲先生の報告(解説)がありがたい!

火は酸素がなくては燃えません
酸素の供給を絶てば、火は消えます

補足

小学校の理科の実験等でアルコールランプを使ったことはないでしょうか?

アルコールランプを消すとき、蓋をしませんでしたか?

あれは、燃えている軸の周囲の空気を外気と遮断。
蓋の中にある酸素がなくなれば消えてしまう(燃えなくなる)。

酸素の供給を絶って、消しているのです。

この方法を「窒息消火」と言います。

そこでハイネは、空気をスキャン&消去(バチッというやつ)
体育館の中にある空気を全て消し、酸素の供給を止めるどころか真空状態にして無理矢理火を消し止めたのです!

なんという力業ちからわざ
なんという大胆な影の力の使い方!

敵ながら天晴れです!

シデは復活、ハイネは・・・

ハイネ:シデ、平気か?
シデ:はい、ねれば戻りますから

by 『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

「こねる」とは「ねりまぜる」の「ねる」ですね。「粘土を捏ねる」とか言いますよね。

ねりまぜれば戻る!?

この会話から、シデは本体には致命傷は負ってない様子。
あの炎でも決定打にはならないのか・・・。

一方、ハイネは深刻!?
慎平に拳銃で撃たれた箇所が、ちょうど喉の部分のあたるのでまともには話せず。

でも、影シオリは本体のごく一部。
影シオリ側は、いくら傷つけられても、死なないはず。

ただ、ウシオが消去し始めた時、ヒルコ洞にある細長い影にキズが入る描写がありました

これは本体にもキズを負わせたという意味でしょうか?

あと、ちょっとで・・・消せたのに・・・

by ウシオ『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

ウシオも、もう少しでハイネを消せたと言っています。
その感触があったのでしょう。

ただでさえ弱っているハイネの、死期を早めたのか?

ハイネ:パパとママは?
シデ:慎平くんは致命傷ですあと数分で彼は死に最後のループが始まるはずです

by 『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

影アサコと影タツオの身を心配するハイネ。
シデのこの反応から、二人は死んでしまったのでしょう。

慎平に銃弾を浴びせ、手応えを持つシデ
あと数分でループが始まるから、ハイネはループ先で復活するはず。

時間が戻れば、両親も生きているとハイネに希望を持たせているのか、はたまたハイネの最期を感じ取ったので、あともう少しの我慢ですと励ましたのか・・・

シデ自身が言っていた、キズを次のループへ持ち越してしまうのか、図らずも実験できてしまう(苦笑)。

だが、慎平は手製の防弾チョッキで致命傷を免れました。
少なくとも、シデの目論見通りすぐに死ぬことはありません。

腹が減った・・・

by ハイネ『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

ハイネのセリフと同時に、地面に落ちた一枚の葉っぱ。
普通の作品なら・・・・・・・、このままハイネが退場するバターンもあるのですけどね・・・

【7周目】7月22日 20時50分 ── カット ──

ハイネ消去には至らなかったが、慎平だけでなく全員無事に生き残る。

影に有効な炎

炎は影に有効だった
シデと同化した通常の影は即死
シデに対しても動きを鈍らせる効果があった

by 南方 ひづる『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

炎は影に有効。
シデ以外の影は、即死させることができる。

シデには致命傷にはならないが、それでも動きを鈍らせる効果が。

ウシオがいれば、ガソリンとマッチはコピーし放題
これが、今後影を攻撃していくときの有効手段となるのでしょう

補足

「通常の影は即死」と言っているので、やはり影アサコと影タツオは死んだのでしょう

シデの中にいるのは・・・

人の手!?
あいつ、中に誰かいる!

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

ウシオのハッキングでシデの体内に誰かが入っているということが偶発的に判明

by 南方 ひづる『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

シデの中に人がいる!?
これは一体どういう意味でしょうか?

私は単純に考えました(笑)。

推測

続きを読む

まず、朱鷺子ときこのように人が影を操っているのか、それとも、影の中に影がいる・・・・・・・・のか・・・

私は、影の中に影がいる──
シデの中に影の肉体部分が入っているのではないかと、考えました

根拠は、人間ではない証拠がいくつか示されているからです

一番大きいのはウシオが体を貫いても──

はい、ねれば戻りますから

by シデ『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

体を貫かれても致命傷にはならず、捏ねれば戻るなんて人間ではないし、影だと言っているに等しいですね。

二つ目の理由は、真空の中でも動けた・・・・・・・・・こと
体育館の空気がハイネに除去され真空に。
慎平は動けなくなったにもかかわらず、シデはハイネと共に逃げました。

まあこれは、内側に空気を蓄えていたから大丈夫、とも考えられますが(笑)。

と言いますか、シデの中には影がいると考えた方が色々辻褄が合いますね。

シデの中に影
影が影をまとっている、と言った方がイメージしやすいでしょうか

マトリョーシカ?

もう少しカッコ良く言うと──

ロボットの中にいる、操縦士な感じ?
いや、体にまとうアーマードスーツ、パワードスーツのようなイメージの方が近いでしょうか。

アーマードスーツの中に、影(と肉体)がいると考えると、中身の影の本体(地面に写る影)はどうなると思いますか?

当然、閉じられた空間の中に影が写り、外には影は写りません

ならば影縫いが効かない理由も分かります。(13話)

3本の「影縫かげぬい」が効かんやと!?

by 根津 銀次郎『サマータイムレンダ』TVアニメ第13話

そりゃそうですよね。
地面に見えているのは、本体の影ではなく外側にまとっている影の影(シャドウ)なのですから、影の本体でもなんでもないのです。

そんな都合良く影をまとえるのか?ですって?

それこそシデは今話、やったじゃないですか。
他の影を取り込んで一体化するという力を使ってますよね。

サマータイムレンダ 15話TVアニメ『サマータイムレンダ』ノンクレジット2ndオープニング映像より引用

生きた影ではなく、死んだ影をまとっているのかも。
ハイネから中身のない影を分けてもらうなんてことも考えられそうですね。

四本腕の影の時は、そんな(データのない)影をまとっている。
だから、ウシオにスキャンされても──

空っぽやった・・・
あいつの体、データがない
どうやって動いてるんや・・・

でも、何やろ、あいつハイネと同じニオイがした・・・

by 根津 銀次郎『サマータイムレンダ』TVアニメ第13話

外にまとった影の抜け殻をスキャンしたので中身は空っぽ。
ハイネと同じニオイがするなら、ハイネから分けてもらった影なのでは?と思った次第です。

影をまとっているなら、幾ら攻撃しても鎧が傷つくだけで不死身なのも分かります。

シデは影を自分のパーツのように使いこなす、影使いなのかもしれないですね。

でも、まだまだシデには謎が残ってます。
ハイネが言っていたシデは欲と二人連れとは?

シデの人間側の正体は?
そもそも、シデはハイネを完全復活させて何を企んでいるのでしょうか?

全員生存!

ひづる:だが今夜の収穫は大きい
ウシオ:うん!みんな生きてる!これ以上のことってないよ!

by 『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

影は最初からシデ&ハイネが参戦し、全力で襲いかかってきました。

総力戦VS総力戦の結果、影はほぼ壊滅
それに比べ、人間側は全員生存!

ハイネを完全に消せなかったのは残念なものの、状況からして完全勝利と言っても良いのではないでしょうか?

いや、状況から言って、これ以上の成果はありません!
なにより、全員が生きているのですから!

◇◇◇◇◇

実は、皆が生存することはポイントでした

今回、気を付けなくてはならなかったのは慎平の死。
先にも記載したとおり──

このまま同じ時間に殺されたら、オレは多分・・・あと1回しかループできやん

by 網代 慎平『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

慎平が、同じ時間帯に殺されてしまっては、慎平の強力な武器であるループの限界が来ていたのです

だから、慎平の命を守らなくてはならないのが今回の作戦の最優先。

でも、慎平を殺さなくても・・・・・・慎平を殺せる・・・──実は影にはもう一つ手段があったのを皆さんお気づきでしょうか?

推測

気付くとなんてことはない方法です(笑)。

続きを読む

慎平の仲間、もしくは知り合いを殺すことですね

慎平を直接殺さなくても、慎平の仲間を殺す、あるいはどうしようもない損傷を負わせれば・・・。

慎平の性格です。
ループが残り1回になろうとも、迷わず自ら命を落とすでしょう。

慎平側にとって総力戦は、諸刃の剣
全戦力をぶつけたようであって、そのじつ誰かが殺されて結局ループしなくてはならない作戦だったのです

だから、慎平は戦わせたくない澪にも、守る為に声をかけたのです。

となると、影が取れる戦法はもっとあったはず・・・。

実を言うと、私は、ここでアランが出てくるのだと思ってました(苦笑)。

前話、慎平が家に電話してもアランは不在でした。
#アランが携帯を持ってないことの方が不思議ですが(苦笑)

アランの影は、昼間にひづるが倒したので、アランは影に対する免疫はできてます。

だから、影を作られる危険はありません。
でも、人質なら・・・。

いや、人質どころか慎平の目の前でアランをあっさり殺してしまうかも、と考えてました。

そうすれば、慎平はループせざるを得ないですからね。

ある意味、今回は、ハイネが正々堂々と戦ってくれたので全員生存が叶ったのです。

いずれにしても、全員生存は大きい!
そして何より、慎平は魔の時間帯を生き延びたのです!

作戦通り!?

やって!お姉ちゃん
私の影を仲間に!

by 小舟 澪『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

なんと、影ミオを3本の「影縫かげぬい」で捕獲していた澪達。

偶然かと思いきや──

予定通りに?

by ウシオ『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

「予定通りに」ということは、最初から影ミオを確保するつもりだった。
正確に言うと、皆の命が優先だが、可能なら・・・・影ミオを捕獲しようという感じでしょう。

影は、ハイネとの繋がりを切れば安全になる──

もう一回、確認するぞウシオ
ハイネとの繋がり、そのリンクを切ったら、ホンマのホンマに安全なんやな

by 菱形 窓『サマータイムレンダ』TVアニメ第15話

私はこのセリフを聞いて、てっきり窓と朱鷺子の母親を味方にすることがまず頭に浮かびました(笑)。

まさか、影ミオを味方にするとは!
慎平にとっては、自分は何度も殺され、澪も殺した張本人。
夏祭りの日には境内へ行く踊り場で何人もの島民を殺しました。

澪が許しても慎平が許さない!

でも、考えてみれば、7周目ではまだ誰も殺してない!?

それに4周目、慎平の部屋での襲撃時、影ミオは慎平の耳元で何か囁いているんですよね。(8話)

何が慎平に心境変化をもたらしたのか?
それとも、単に影ミオを利用したいだけか?

確かに、影ミオが味方になれば大きな戦力
いや、それよりも、貴重な情報を得られるかも!

でも、忘れてはいけません。
影はオリジナルがいる限り、いつか寿命が来るのです。

影ミオは、澪がいる限り生き続けられないのです。

補足

影ミオは、人間の形を崩して裸状態。
上着をかけたのはそうですね。

サマータイムレンダ 15話『サマータイムレンダ』公式HP「STORY#15」より引用

この時、着ていたシャツですね。
影に対しても、優しい窓。

まさか、影ミオを仲間にして、そうが影ミオと付き合うサイドストーリーが始まるのでしょうか!?

いや、それなら、朱鷺子ときこも同様。
影使いとして、影ミオを従えるのでしょうか!?

従えて、しなやかな影ミオを動きをずっと眺めていたりするのでしょうか。
ああ、それはちょっと見てみたいかも(爆)。

◇◇◇◇◇

それにしても、学校校舎内に銃痕残し窓は割れ、体育館の窓も全損で、凸村は銃を消去してしまいました。

挙げ句の果てに、このタイミングを誰かに見られたら・・・。
裸の少女を、何人かの男女が取り囲んでいる。

凸村の警察官としての生命は大丈夫なのでしょうか?

おわりに (『サマータイムレンダ』15話とは)

今話は、アクション作画が高クオリティなだけでなくEDも飛ばしての大盤振る舞い!
前話は作画にかなり怪しい部分がありましたが、今話のためにリソースを集中させたと想像すると納得!(笑)

いや、本当に制作スタッフの方々お疲れ様でした~~。
ありがとうございます!

最初は、慎平がお姫様抱っこされる・・・というシュールな絵面から始まりました(笑)。
続いて、サンダル履きの少女VS全裸少女の戦い!
スク水少女のバク転から、火の手が上がったと思ったら、今度はひづるによる根津のお姫様抱っこ!(爆)

作品内では誰も突っ込みませんが、こうして書いて並べると、なかなかのカオス状態(笑)。

いや冗談です。
こんなシュールな絵でも、真剣味が損なわれないほど、シビれる緊張感にアクションシーン。

まさに、サブタイトル「ライツ カメラ アクション」に相応しいアクションの連続でした!

チーム各人の適材適所な配置がピタリとハマり。
心底気持ちよかったのが、ウシオの力やコピー能力を使った罠の数々。
相手の性格を逆手に取った、慎平の作戦勝ち!

サブタイトル「ライツ カメラ アクション」は、慎平のシナリオ通り役者が動いた・・・・・・・・・・・・ということも意味しているのかもしれないですね!

以上、TVアニメ『サマータイムレンダ』第15話の感想&考察レビューでした。
超長文にもかかわらず、最後まで読んで頂きありがとうございます。

16話のレビューも書く予定です。
良かったらまたお越し下さい。
最新情報はTwitter(@toki23_a)にて!

ではでは。

きょうのひとこと

お嬢様方・・・
戦うなら、せめてサンダルは止めましょう(笑)

疑問点 まとめ(QA一覧)

この章は、今話までの疑問点をまとめています。

回答は、推測は除き、(原作情報含む)作品内で明らかになった事実のみ記載。

前話までで解決したものは、削除しています。
過去分含め、全て見たいという方は「全話疑問点一覧(QA集)」をどうぞ。

Coming Soon

今週の感想ツイート

関連記事

アニメ『サマータイムレンダ』第16話のレビューはこちら。
サマータイムレンダ 16話
アニメ【サマータイムレンダ】16話感想&考察 敵陣営を取り込んで次々真実明らかに 遂にシデの正体が...って誰やねんっ!2022年春TVアニメ『サマータイムレンダ』第16話「オリジナル」 感想&解説(原作補足)&考察レビュー。(次話以降のネタバレなし!) 撃たれた弾丸は取り出さなくても大丈夫?リンクが切れれば影の本能に従わない?影ミオはもう分娩できない?ハイネの目的を知ってどうする?ウシオの髪の毛は復活しない?朱鷺子はどんな気持ちで影ミオをスキャンさせた?青銅はどういう思考で影になるのを望んだのか?アランはどうした?...
コメントの通知
受け取る通知
guest

2 COMMENTS
Inline Feedbacks
View all comments