各話レビュー

アニメ【Re:ゼロから始める異世界生活】17話感想 いくつもの犠牲を払い辿り着いた先には・・・

Re:ゼロから始める異世界生活 17話

こんばんは。時文です。
Re:ゼロから始める異世界生活』17話を再鑑賞。

レビュー作成時、原作未読。
後日、原作読了後、原作情報追記予定。

2020年は2期も放送される『Re:ゼロから始める異世界生活』!
その前に1期が「新編集版」として1時間枠で1クール作品として放送。

話数表示は、2016年版で表記します。

では、TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』17話の感想レビューをどうぞ。

次話以降のネタバレは「なし」なので、ご安心を。

前回(16話)の感想レビューはこちらをどうぞ
Re:ゼロから始める異世界生活 16話
アニメ【Re:ゼロから始める異世界生活】16話感想 焦れば焦るほど空回り2016年春TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)』16話ネタバレ感想レビュー【次話以降ネタバレなし】スバルは魔女教を倒すために王選候補者に頼みに行く。クルシュ、プリシラ、アナスタシアに頼むのだが・・・...

Re:ゼロから始める異世界生活 (全25話)
第三章 「再来の王都」

2016年版 新編集版 各話感想 原作巻数 各話感想
第12話 7話 12話R 第4巻
第13話 13話R
第14話 8話 14話R 第5巻
第15話 15話R
第16話 9話 16話R 第6巻
第17話 17話R
第18話 10話 18話R
第19話 19話R
第7巻
第20話 11話 20話R
第21話 21話R
第22話 13話 22話R
第8巻
第23話 23話R
第24話 14話 24話R 第9巻
第25話 25話R
『第三章』以外はこちらからどうぞ
Re:ゼロから始める異世界生活
Re:ゼロから始める異世界生活(1期) 感想一覧『Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)』のTVアニメ1期(1~25話)、原作ライトノベル、コミカライズ(漫画)のレビュー 一覧です。...

今回のあらすじ

あらすじ

行商人オットー達を雇い、複数の竜車を連れ立って屋敷へ向かうスバル達。

街道を走っていると、巨大な白鯨が現れる。
逃げ切れない判断したレムは白鯨を迎え撃つために一人竜車を降りる。

なんとか生きながらえたスバルは、屋敷まで辿り着き、エミリアと再会する。

エミリアを連れ出そうとするが、エミリアもまたスバルの言うことを信じてくれなかった・・・

前話(16話)、復讐心を全面に出し、凜々しい王女様(候補)にフルボッコされたスバル。

竜車を手に入れ、屋敷へ向かう途中、行商人を雇い、それなりの船団に。

まずは自分ができることから。
スバルが手の届くところからやっていけばと、ようやくいい展開になるのかと思った矢先の白鯨登場!

レムが足止めをして逃げ切ったと思ったら、また追いかけてくる。
どうやらスバルの「魔女の臭い」に引き寄せられるのか。

オットーに気付かれ突き落とされる。
そして、そのオットーは魔女教に殺される・・・

なんとか屋敷へ戻ったスバルは、今回は襲撃前に辿り着く。

ところが皆はレムのことを忘れ、エミリアを連れ出そうとしてもスバルの言うことを信じてもらえない・・・

スバルは決心し「死に戻り」のことを話すが、その結果がもたらしたのは・・・

第三章も6話目!
なのに、まだまだ、スバルの苦難は続きます・・・
なんだか、永遠に続きそうな勢いでめげますね・・・

いや、明けない夜はない!
ここは我慢のしどころだ・・・

では、順を追って見ていきましょう。

「新編集版」で追加された箇所については、見出しの頭に記号を記載したので目安にして下さい。

  • 新編集):「新編集版」で新たに追加されたシーンに関する記述

 0件 

感想レビュー 第17話「醜態の果てに」

またもやレムが犠牲に・・・

Re:ゼロから始める異世界生活 17話

屋敷へ戻る途中、霧と共に白鯨が出現。
レムは迎え撃つために、一人竜車を降りる・・・

前話(16話)終盤、久しぶりに主人公らしいスバル、明るいスバルを見れたと思って安堵したのも束の間。

巨大な白鯨に襲われる。

空を自由に飛び回る白鯨。
暗闇の中を音もなく、動き回る。

霧の中に入ったら、光も通らず、どこにいるのかすら分からない。

ここでも、レムが献身的に。
スバルは何度もレムが死を見ているので、今度こそは死んで欲しくない止めるが、レムは主張を押し通す。

きっと、時間稼ぎにしかならないことを覚悟しながら・・・

その上、白鯨に殺されると、存在していたことも忘れられる!?

ルグニカ王国が編成した討伐隊大征伐のときですら、先代剣聖が殺されたような化け物ですよ!

by オットー『Re:ゼロから始める異世界生活』TVアニメ17話

では、先代剣聖が殺されたことは、なぜ忘れ去られてないのか?

殺され方に条件があるのか、忘れる方の条件があるのか?
今回もスバルだけ覚えているのは、その条件に当てはまるからか、魔女の寵愛か?

スバルは突き落とされて当然か?

Re:ゼロから始める異世界生活 17話

レムが時間を稼ぎ、白鯨から逃げ切れたと思っていると、また白鯨が襲ってきた。

スバルはもしや自分の「魔女の臭い」を追っているのでは?と考える。
それを聞いたオットーはスバルを竜車から突き落とす・・・

オットーはスバルとの会話中に、話題の中心であるレムのことを忘れた・・・

最初は、オットーもレムのことを覚えていた。
ある瞬間からオットーはレムのことを忘れてしまう。

この瞬間、レムが白鯨に殺されたのか

その後、白鯨はスバルの「魔女の臭い」を辿り、追いかけてくる。

レムを忘れた無情なオットーを、スバルは殴りつける。
殴られたオットーは、レムの存在すら”記憶にない”ので、スバルの暴力は狂気に映る。

その直後に、スバルは、白鯨は自分を追ってきているのでは、と呟いてしまう。

必死で逃げているこの状況で理由もなく殴りかかってくる
オットーが、スバルのことを暴力的で頭のおかしい男と見てもおかしくない

そこで白鯨の狙いがスバルだと聞けば、元凶を絶つのは仕方なしか・・・

ちと、冷たい気もしますが、それほど恐怖に駆られて、オットーもまともな判断ができなかったということか。

スバルはなぜ助かった?

オットーに突き落とされたスバル。
白鯨が近くにいるも、必死で逃げている間に、白鯨の姿は消えた・・・

白鯨の姿が見えなくなったのは、満月のせい?
明るい所がダメなのか?

いや、霧が晴れた結果、月が見えたということか?
霧には、時間制限か、エリア制限があるのか?

いずれにせよ、生き延びたスバル。

屋敷へ向かって歩いて行くと、オットーを乗せていた竜車が、”無人”で戻ってきた・・・

剣が刺さっているところを見ると、オットーは魔女教にやられたのか?

今度は無事に着いてしまう・・・

竜車に乗ったスバルは気が付くとロズワール領内へ。

村の子供達が出迎えてくれた・・・

今回は、魔女教に襲われずに村まで辿り着いたスバル。

魔女教が──
襲撃決行後であれば、目的は達成しているのでスバルはスルー(1ターン目14話)。
襲撃決行前なら、近づく者は排除(2ターン目15話)。
#スバルは「魔女の臭い」がするので拉致された

今回は襲撃決行前なので、オットーは殺された

では、なぜスバルは見過ごされたのか?

スバルが子供達に見つけられたのは森の中。
魔女教の襲撃ポイントより手前で、子供達がスバルを見つけてしまった?
子供達を巻き込むような騒ぎを起こして、襲撃を事前に知られてはまずい。

だから、魔女教はスバルに手を出せなかったのでしょうか?

これくらいしか思いつきません(笑)。

ラムまでレムの存在を・・・

Re:ゼロから始める異世界生活 17話

スバルは屋敷に運び込まれ治療を受ける。

スバルはラムに経緯を話す。

なんとラムも、いや”ラムですら”レムを忘れていた
まったく記憶にないといった感じだ・・・

では、レムのいない世界では、ラムは双子設定なのか?ツノはあるのか?

この際だから、レムが気にしていたレム自身がいなかったら、ラムのツノは2本あったのか、今でもツノが残っているのかの証明になる!?

と、気になってしまったが、今はそんなことはどうでもいい事・・・

携帯で、レムの写真を撮っておけば証明になったのだろうか?
いや、部屋すらも変わっているのだから、携帯の写真もなかったことになるのだろう。

その人が存在していた、あらゆる痕跡や記憶。
白鯨に襲われた時にいた対象者だけでなく、世界中のあらゆる関係した人から消し去ってしまう。

さらに辻褄が合うように、記憶が改ざんされる。

とんでもない能力だ・・・
そして、なんて酷いことをするのだ・・・

にしても、ラムはこの手の冗談は言わないのは、一緒に1ヶ月も過ごしていたらスバルも分かるだろうに・・・

すぐに白鯨の能力だと気付かないと・・・

世界中から人の存在を消し去るような、そんな力、あり得ないって??

いや、スバル自身が時間を戻すタイムリープ能力持っているのだから、どんな能力が存在していても不思議ではないのでは?

ここは異世界なのですから。

エミリアとの再会

Re:ゼロから始める異世界生活 17話

スバルはようやく”生きている”エミリアに再会。

魔女教の襲撃から逃れる為に、どこかへ行こうと言い張る。

せっかく、魔女教が襲撃する前に屋敷へ辿り着き、”生きている”エミリアに会えたのに、なぜごり押しで物事を進めるのか?

急いでいるのは分かるが焦りすぎ。

エミリアはスバルの傷を治し、再会を怒るどころか、驚いている。

つまり、スバルに怒っているのではなく、不可解に思っているだけだ。
キチンと説明すれば、理解をしてくれるかもしれない。

なぜ、魔女教のことを言わない??

あのタイミングでたとえ「死に戻り」の話をしても、エミリアが信じてくれるとは思えない。

「死に戻り」を「話して聞かせる」=「信じてくれる」とは限らない。

結果、「死に戻り」を無理やり話し、処罰の相手は、スバル本人ではなくエミリアに・・・

全く意味のない行動。

意味があると言えば、「死に戻り」を無理やり話しても、聞いている相手が死ぬだけということか・・・

ん?攻撃として使えるということか??
ま、次は自分が死ぬかもしれない、危険な賭けになるので使えないか(笑)。

ベアトリスが守りたいのは?

Re:ゼロから始める異世界生活 17話

エミリアを死なせてしまったスバルを見て、ベアトリスは静かに語りかける。

空間に歪みを作り、スバルとエミリアを空間転移させる。

空間転移ってベアトリスやっぱすげえ!

でも、考えてみれば「扉渡り」も空間転移か(笑)。
しかも都度都度設定しなくても、常時発動。
空間転移したとは思えない程、自然でスムーズ、かつランダム♪

第二章7話の終盤、崖の上で、スバルを領地の外へ逃がそうとしていたベアトリス。
この能力で、転移するつもりだったのでしょう・・・

心配しなくても、にーちゃは死んだりしないかしら。

一度本体に戻されてしまっただけなのよ。

by ベアトリス『Re:ゼロから始める異世界生活』TVアニメ17話

パックには本体が別にある!?
そういうことか!

これで、これまでパックだけが生き残っていた理由が判明

1話ではらわた狩りエルザから不意打ちくらった時はともかく。
魔女教徒の襲撃では戦った痕跡があり、パックを出す余裕はあったはず。

パックはマナ切れで消えることはあっても、死ぬことはない
契約者のエミリアが死に、本体へ戻り、復活するということか。

それが、1、2ターン目でスバルにトドメを指したパックの姿。

せめて、この屋敷だけは、守らせてもらうかしら

by ベアトリス『Re:ゼロから始める異世界生活』TVアニメ17話

これは、魔女教から襲われることを言っているのか、パックの破壊行為から守ることを言っているのか。

おそらく後者か。

前者なら、これまで魔女教に襲われた時もエミリア&パックを屋敷と離れた場所へ飛ばしたはず。

実際、魔女教徒からの襲撃時は飛ばしてない。
エミリアは1度目の地下の隠し部屋で、2回目も屋敷内で最後を遂げ、パックが屋敷を壊して巨大化。

このことからベアトリスは魔女教の襲撃に備えていたわけではない。

エミリアとパックの契約で、エミリアが死ねば、パックが暴れることを知っていたから、遠くへ放り出したということか。

「せめて、この屋敷を守るため」に。

ということは、1度目、2度目、エミリア死後、屋敷を守るためにエミリアを飛ばせなかったのは・・・

魔女教がいると警戒して近寄れなかったか、あるいはベアトリスも・・・

ベティーはロズワールとは違うのよ。

たとえ未来を得るためでも、痛いのも苦しいのも恐ろしいのも全て嫌になったかしら

by ベアトリス『Re:ゼロから始める異世界生活』TVアニメ17話

これは逆に読むと、ロズワールは「未来を得るために、苦難の道を選択している」ということ

ロズワールの”未来”とは、「竜を殺す」こと。(11話より)
#「竜を殺す」ことがなぜ”未来を得る”ことになるのかは不明

では、ロズワールの苦難の道とは?

普通に考えたらエミリアを王選候補として担いでいることだろうけど・・・

半魔と呼ばれるハーフエルフのエミリアを担いで、支え、守り、次期王にすることが苦難であることは確か。

その割りには、今回姿を見せないのが解せないところ・・・

まだまだ情報が足りません(涙)。
追々分かってくるでしょう。
楽しみ見ていきます♪

ここでペテルギウスが現れる!?

Re:ゼロから始める異世界生活 17話

ベアトリスに空間転移され、スバルとエミリアは森へ。

そこへペテルギウスが現れる。

エミリアは既に死んだのに、ここで現れるのがペテルギウスとは・・・

スバルにとっては2度目の遭遇。

試練1つすら乗り越えられず、あまつさえ大罪の1つすら向き合えず、大望を抱いたあげくに、最初の石ころにつまずいて終わるとは・・・

by ペテルギウス『Re:ゼロから始める異世界生活』TVアニメ17話

ペテルギウスの言葉をまともに解釈してはいけないのでしょうが、今回のエミリア襲撃を、こいつらは”試練”と言っている。
15話でも試練と言っていた。

この襲撃は、エミリアに課せられた試練だとでも言うのだろうか?
単に、”殺害”を”試練”だと宗教的な詭弁に過ぎないのだと思うのですが・・・

今、気になるのは「最初の石ころにつまずいて終わるとは」です

二つ目、三つ目が計画されている言い方。

用意された”試練”を全て越えれば、まるで許すかのような言い分。
#大抵、そういうことはない、死ぬまで”試練”は続く

何が魔女教にそこまでさせるのか?
エミリアがサテラに似ていることを憎んでいるのか?

だとしたら、エミリアはとんだとばっちりである。

ペテルギウスは「見えざる手」を使い、エミリアを捕らえようとした。
スバルはその手からエミリアを守る・・・

あなた、今、見えざる手を見ていませんデスか?

by ペテルギウス『Re:ゼロから始める異世界生活』TVアニメ17話

スバルはペテルギウスの見えざる手を見ることできる!?
レムがやられた時は見えなかったのに・・・(15話)

前回見えず、今回見えた違いは気になりますが、やはりスバルは「魔女の寵愛」を受けているから、見えるのか?

私の権能を!

怠惰の権能を!

寵愛によって!

授けられし、私の見えざる手を!
ほかの誰かが目にすることなど!

許されないのデス!

by ペテルギウス『Re:ゼロから始める異世界生活』TVアニメ17話

権能」(けんのう)

ある物事をすることのできる資格。

(goo辞書より)

“権能”というからには、誰にでも与えられる力ではなさそうです。
大罪司教になったものだけに与えられる”特権”が「魔女の寵愛」。
その結果、見えざる手のような能力を得るということか。

ここで気になるのは、スバルが見えたことによって可視化された「見えざる手」。

スバルが「死に戻り」を話すときに体の中を這いずり回る「手」と似ています

そして、ペテルギウスの言う「寵愛によって授けられし、見えざる手」。
スバルの「魔女の臭い」も「魔女の寵愛」と言われている。

ペテルギウスもスバルも、同じ魔女に能力を与えられた?

エンディングがいい!

EDのバックに流れる、優しいタッチの絵。

エミリアの一日の様子が描かれる。
一人で生活しているところを見ると、正に同時期の一日。
スバルを王都へ置いて、屋敷へ戻り一人勉学に勤しむ姿か。

お風呂に入っているときの寂しげな様子。
最後ベッドに入って、布団を被るシーンと、バックのスバルの笑顔が重なるのが、なんとも言えない寂しさが。

エミリアがまだスバルのことを忘れてない、見かぎってない様子が手に取るように分かります。

早く元に戻って欲しい・・・

スバル君、愚痴ったり暴言吐いたりしている場合ではないよ・・・

第17話
「醜態の果てに」

おわりに (アニメ『リゼロ』17話とは)

まさか、このタイミングでスバルがエミリアに会えるとは思わなかった。

そして、あろうことかスバルがエミリアの死の原因になるとは・・・

白鯨の、記憶を操作する能力も恐ろしい。
レムが存在していた証跡すら消えてしまうとは・・・

レムが健気でいじらしく、何度もスバルの為に死に。
その都度、早く助けて欲しいと思っていたら、とうとう存在すら消し去ってしまうとは・・・

スバルの心だけでなく、見ているこっちもどん底です(涙)
どこまで突き落とすのか・・・

こんな状態からどう逆転するのか・・・
いや、逆転してくれますよね!?

以上、TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』17話の感想でした。
最後まで読んで頂きありがとうございます。

18話のレビューも書いているので良かったご覧下さい。

ではでは。

きょうのひとこと

ベア子の空間転移で、皆を逃がせば良いのでは・・・

関連記事

『Re:ゼロから始める異世界生活』18話のレビューはこちら。
Re:ゼロから始める異世界生活 18話
アニメ【Re:ゼロから始める異世界生活】18話感想 レムは鬼じゃなくて天使か!?2016年春TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)』18話ネタバレ感想レビュー【次話以降ネタバレなし】スバルの前にパックが現れ、スバルを凍り漬けに。疲れ果てたスバルはレムの手を取り走り出す・・・...

アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』関連のレビューは他にも書いてます。
良かったらご覧下さい。

『Re:ゼロから始める異世界生活』レビュー 一覧はこちら。
Re:ゼロから始める異世界生活
Re:ゼロから始める異世界生活(1期) 感想一覧『Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)』のTVアニメ1期(1~25話)、原作ライトノベル、コミカライズ(漫画)のレビュー 一覧です。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です