各話レビュー

アニメ【Re:ゼロから始める異世界生活】27話感想 第四章スタート!聖域には一体なにが?

Re:ゼロから始める異世界生活 27話

こんばんは。時文(@toki23_a)です。
TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活(2期)』27話は鑑賞しました。

レビュー作成時、原作未読。
後日、原作読了後、原作情報追記予定。

2期2話目。
27話から原作では新章となる第四章のスタートです。

今回から舞台は新たな場所へ!
そのプロローグのような位置付けです。

では、TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活(2期)』27話の感想レビューをどうぞ。

次話以降のネタバレは「なし」なので、ご安心を。

前回(26話)の感想レビューはこちらをどうぞ
Re:ゼロから始める異世界生活 26話
アニメ【Re:ゼロから始める異世界生活】26話感想 第三章は終わってなかった!?2020年夏TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)2期』26話ネタバレ感想レビュー【次話以降ネタバレなし】2期1話目。第三章最終15話。全てに片を付け、エミリアと王都へ向かうスバルに訪れた現実。レムの存在が消えた?!白鯨は確かに倒したのにどうして!?...

Re:ゼロから始める異世界生活(2期)
第四章 「永遠の契約」

話数 各話レビュー 原作巻数 原作レビュー
第27話 本レビュー 第10巻
第28話 28話R
第29話 29話R
第30話 30話R
第31話 31話R 第11巻
第32話 32話R
第33話 33話R
第34話 34話R
第35話 35話R 第12巻
第36話 36話R
第37話 37話R
第38話 38話R 第13巻

※原作レビューは順次作成予定

上記以外のレビューはこちらからどうぞ
Re:ゼロから始める異世界生活 2期
Re:ゼロから始める異世界生活(2期) 感想一覧『Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)』のTVアニメ2期(26話~)、原作ライトノベル、コミカライズ(漫画)のレビュー 一覧です。...

今回のあらすじ

あらすじ

魔女教徒の襲撃によりレムの存在とクルシュの記憶が失われた。

スバルエミリアは、一度戻り、ロズワールと対策を練ることに。
ところが、聖域へ避難した村人たち、そしてロズワールラムはまだ戻ってなかった。

スバルエミリアは、聖域へ向かうことに。

前話(26話)で初登場し、レムの存在、クルシュの記憶を奪っていった、憎き大罪司教・暴食ライを探すのかと思ったら、さにあらず

暴食ライに関する手掛かりはなく、一度ロズワールと合流し、今後の方針を練り直すといったところ。

ロズワールに会う為には「聖域」へ行かなくてはならない
そこでは、魔女教のことについても知ることができるとのこと。
が、この「聖域」、口外無用の秘密なところらしい。

ベアトリス、新キャラのフレデリカから情報を得て、いざ行かん聖域へ!

では、順を追って見ていきましょう。

TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』2nd season PV
KADOKAWAanime

感想レビュー 第27話「次なる場所」

王都を発つ

Re:ゼロから始める異世界生活 27話

大罪司教ペテルギウスを倒しロズワールの領地も安全に?

スバルとエミリアは、一度村人を村へ帰し、ロズワールと今後について相談することに。

レムの存在とクルシュの記憶を取り戻すのは、スバルだけでなく、クルシュ側にも必要なはず。
王選候補としても重大問題でしょう。

王都でもっと情報収集した方が良いのでは?

ロズワールの領地が危険だから避難してきたのに、なぜ今度は戻れるのか?
ペテルギウスと魔女教を殲滅したからというのなら、25話ラストで引き返せば良かったはず。

引き返さずに、そのまま王都へ行ったのは、魔女教の襲撃がまだあるかもしれないからだと思ってた。

今一つ行動に説得力がないが、こういう時は大抵『リゼロ』は、”ストーリーには影響ない”ので、気にしないのが吉 (苦笑)

なので、こう解釈しました。

暴食ライの情報は何も得られない
存在や記憶を取り戻す方法の情報もない

ロズワールやベアトリスなら何か知っているかもしれない・・・

だから、王級一の魔術師であるロズワールに相談をしたい

魔女教徒が村を襲い危険ではないか

魔女教徒の狙いはエミリア。
エミリアがロズワールの屋敷にいなければ良い?

だから、村人を村へ返し、ロズワールと相談したら、クルシュ邸へ戻る

といったところか(笑)。

エミリアの前でレムを想うスバル

王都を出発し、村へ戻る道中。
レムを心配するスバルに対し、エミリアは声をかける。

レムのことずっと気にしてる。
そのことを隠す必要なんてないの。

大切な子、なんでしょ?

by エミリア『Re:ゼロから始める異世界生活』TVアニメ27話

エミリアは人付き合いが少なく、恋愛経験もないから、この手のことに鈍感なのか?

と思ったけど、エミリアは理解した上で飲み込んでいる様子だ。

スバル:大切!超大事!エミリアたんと同じくらい大事!

エミリア:すごぉーく、勝手なこと言ってる。

by 『Re:ゼロから始める異世界生活』TVアニメ27話

なかなか器が大きい。
さすが王選候補と言った所か。

村には誰もいなかった

スバル達が村へ到着するも、村には誰もいなかった。
「聖域」に避難した村人達はまだ戻っていなかったのだ。

二手に分かれて別々の場所に避難したのも謎だが、いつ戻ってくるのか約束したのかも不明。

だけど、この様子では、しばらくしたら戻ってくる段取りになっていた感じ
それなのに、まだ誰も戻ってないことを心配しているようだ。

新キャラ、フレデリカ登場

Re:ゼロから始める異世界生活 27話

屋敷へ戻ると、以前働いていたフレデリカが戻っていた。

レムの存在がなくなり、ラム一人では屋敷の世話ができなかったのだ。

ロズワールとラムが戻ってないということは、屋敷にはベアトリスしかいないはず。
屋敷はどうなっているのかと思いきや・・・

屋敷には、以前働いていたメイドのフレデリカが世話をしていた。
ラムに呼び戻されたのだという。

そういえば、俺が来る少し前にやめたメイドがいたって。

by スバル『Re:ゼロから始める異世界生活』TVアニメ27話

フレデリカは「やめた」のではなく「おいとま(お暇)=休み」をもらっていただけだと言う。

フレデリカは本当に休みをもらっていただけなのか

レムの存在がなくなったことで、ラム一人だけでは屋敷の世話ができないから、「やめた」⇒「休み」に書き換えられたのか?

第三章17話、白鯨の”消滅の霧”でレムの存在がなくなったとき。

第二章の魔獣の騒ぎは、ラムとスバルの活躍により撲滅できたのだと、ラムの記憶が書き変わっていた

そう推測してしまうほど、唐突な登場。
PVで見た時は、絶対悪い子だと思ってた(笑)。
ごめんなさい。

だけど、ロズワールがフレデリカ宛に手紙を書き、エミリア達を聖域へ向かわせるお願いをしていたのなら、最初(レムの存在が消える前)からフレデリカは戻る予定(休み)だったということ。

ラムにより、フレデリカは休みを切り上げて、早めに戻ることになったのだ。

ベアトリスは大精霊!?

フレデリカ曰く、ロズワールが信頼しているのはラムとベアトリスだけだと言う。

あの方にとって、それだけの信頼に値するのは、この世にたった二人だけでしょうから

ラムと、このお屋敷の禁書庫の大精霊様、ベアトリス様ですわ

by フレデリカ『Re:ゼロから始める異世界生活』TVアニメ27話

禁書庫の大精霊!?
ベアトリスって精霊だったの?
確かに、不思議な眼をしていると思ってたけど、アニメ的な描写だと思ってた(笑)。
食事風景はなく、禁書庫へ配膳している様子も描かれない。
第三章、エミリア達が避難したとき、ベアトリスが1人屋敷に残ったが、どうやって生活するのかと思ってた。

それに、人間ではないようなことはベアトリス本人が言ってましたね。(4話)

それにしても、ロズワールが信頼しているのは二人しかいないのか。
さすが変わり者と言ったところか(苦笑)。

レムが入ってないのが残念だが、これはレムの存在が忘れ去られたからでしょう。
あれだけ忠実なのだから、そう思いたい・・・

ロズワールが変わり者というのは、周知の事実のようです。

見た目からして当たり前。
ということではなく、原作では初期でエミリアとラインハルトに言い切られてます。

詳しくは1巻原作レビューをどうぞ。

ベアトリスは事情を知っている?

Re:ゼロから始める異世界生活 27話

スバルはベアトリスにロズワールのことを問う。
ベアトリスは、聖域へ行けば答えが得られると言う。

スバルとベアトリスの会話はあまり噛み合ってないが、それはいつものこと(苦笑)。
“大精霊”様ともなれば、なんでもかんでも教えてくれる存在ではないことはお約束(苦笑)。

それにしても、レムの存在を取り戻す方法を聞かないのはなぜ?

ロズワールが魔女教相手に無策なはずはない。
これはスバルもベアトリスも同意見。

ならば一体ロズワールは何を画策しているのか・・・

魔女教の福音書を見せたあたりからベアトリスが更に険しくなる。

おまえもベティを置いていったのかしら。
ジュース・・・

by ベアトリス『Re:ゼロから始める異世界生活』TVアニメ27話

魔女教というか、大罪司教ペテルギウスと関係があるのかベアトリスは。
ペテルギウス達魔女教徒がベアトリスを襲う描写がなかったのはそういうことか?

いざ行かん聖域へ!

Re:ゼロから始める異世界生活 27話

全ての答えは聖域にある、とベアトリスから聞かされたスバル。
一方、エミリアもフレデリカに聖域の場所を聞き出そうとしていた。

フレデリカはエミリアに根負けし、聖域への行き方を教える事に。

ただ、準備に二日かかるという。
二日かかる根拠は示さない。
それは”ロズワールの指示”か?

ロズワールの手紙に、聖域へ旅立つ日付まで書いてあったすると説明がつく。
本来なら、フレデリカが休暇から戻ってすぐのはずだったが、ラムの連絡で”早め”に呼び戻されたので、二日待つ必要があったのではないか。

なんて、推測をしてしまう。
リゼロは説明不足な所はあるが、説明している箇所には意味があると思うので(笑)。

特に時間に関しては敏感に反応してしまうのです。

口外無用のクレマルディの聖域の場所と入り方。

そして、その聖域に行くにあたって、忘れてはならない名前、ガーフィールという人物にお気を付け下さい

聖域に於いてエミリア様達が最も注意して接しなければならないのが、その人物ですわ。

by フレデリカ『Re:ゼロから始める異世界生活』TVアニメ27話

新情報が多く出てくるのは新章初回だから仕方なし。
どんどん暴食ライから外れていく気がするが、まずはロズワールと会わなくては話が進まないということで了承だ。

ペトラがメイドに!?

Re:ゼロから始める異世界生活 27話

屋敷のメイドを新たに募集し、ペトラが採用された。
スバルはペトラに、レムの世話と、ベアトリスを気にかけるよう頼む。

ペトラがベアトリスを見かけたのは、第二章、子供達にかけられた魔獣の呪いを解いたときだと思われます。(10話)

前話(26話)冒頭、ペトラはエミリアに宣戦布告!(26話)
村で待っているだけでは飽き足らず、屋敷までやってきたか(笑)。

再び、屋敷が戦場にならないことを祈るばかり・・・
いや、エミリアとの戦いという意味ではなく、敵襲されないかを心配してます(汗)。

というか、ペトラ12歳だったのね。
もっと子供だと思ってた。
この異世界では普通に働く年齢のよう。
#そういえば、学校らしきものはないですね

スバルを送るとき、ちゃっかりしっかり白いハンカチを渡す。
スバルの腕に結んだときのあの反応、ペトラの腕にも同じハンカチが巻かれていることから、恋のおまじないの予感が(笑)。

いざ出発

聖域への出発当日。

フレデリカはエミリアに森の結界を抜けるための石を渡す。

場所と資格は揃いました。あとは、”覚悟”と”強い意志”を。

by フレデリカ『Re:ゼロから始める異世界生活』TVアニメ27話

聖域へ行くのに、場所と資格だけでもダメなのか。
聖域へ入るのに、試練のようなものがあるのか。

“聖域をよろしくお願いします“。

by フレデリカ『Re:ゼロから始める異世界生活』TVアニメ27話

エミリア達が聖域へ行くのはロズワールに会うため。

なのになぜ、”聖域をよろしく”なのか?

そして、最後のフレデリカの言葉が気にかかる・・・

これで、旦那様のお言いつけ通りに

あとは、エミリア様が聖域を、如何にして乗り越えられるか

祈る以外にありませんね。

by フレデリカ『Re:ゼロから始める異世界生活』TVアニメ27話

聖域は”乗り越える”もの?

ロズワールは、なぜそんな面倒な場所を避難場所に選んだのか?
ここまでくると、エミリアが後で追いかけてくることを想定してとしか思えない。

一体全体、聖域になにがあるのか?
聖域とはなんなのか?

聖域は優しいところではない

聖域が近づいていることを知ると、エミリアに不安が募る。

聖域は「亜人族だけの村」。
人以外の種族の村なのだ。

エミリアは人以外に会うのを不安がっているのではない。
ラム&レムは鬼族、フレデリカも亜人。
ベアトリスだって人族ではなさそう。

エミリアは同じ種族であるハーフエルフに会ったことがないのだ。

ハーフエルフは少ない種族なのか?
エミリアに家族との思い出はないのか?
それとも、”ハーフ”だから、両親はエルフと人になるのか?

クレマルディの迷い森に入ると、突如、石が光り出す──

まだ聖域ではなく、その手前。

「クレマルディの迷い森」に入ってしばらくすると、突如、フレデリカから聖域へ入るためにと渡された石が光り出す。

咄嗟にスバルはエミリアの首から石を取ると、エミリアは意識を失い、石を持ったスバルはどこかへ転送される──

強欲の魔女 エキドナ

Re:ゼロから始める異世界生活 27話

スバルは突如森の中に転移された。

近くにいたエルフを追いかけると古い遺跡が。
中へ入っていくと、突如声が。

そこに現れたのは──

人と話すのは随分久しぶりだから、つい気持ちが早ってしまったよ。

ボクの名前はエキドナ。
“強欲の魔女”と、そう名乗った方が通りがいいかな

by エキドナ『Re:ゼロから始める異世界生活』TVアニメ27話

大罪司教ではない。
“魔女”と名乗った・・・

魔女と言えば、”嫉妬の魔女”サテラ
だから、魔女と呼ばれるのはサテラ一人しかいないと思っていた。

“強欲の魔女”エキドナ。

魔女教とはまた違う?
でも、怪しさ満点。

ベアトリスが、福音書の意味、魔女因子の答えも、聖域にあると言っていた。

では、”強欲の魔女”エキドナも魔女教と関係があるのだろう。

石を持っていたのはエミリア。
本当ならエミリアが転送され、エキドナと会う流れだったのか。

いずれにせよ、新しい物語が始まった。

聖域には何があるのか。
聖域とはなんなのか。

強欲の魔女とは?
どうして、魔女がここに?
スバル達に何の用が?

そして一体ロズワールは何を企んでいるのか──

第27話
「次なる場所」

おわりに (アニメ『リゼロ』27話とは)

今回から第四章スタート!

少しウザいスバルに戻り、平和なスタートで安心。
だけど、何か少しずつ引っかかる・・・

ベアトリスがパックを探してない。(←そこ?!)
パックが姿を見せない。
ベアトリスは魔女教と関係がある?
魔女因子とは?
ロズワールは魔女教相手に無策だった?
ロズワールの思惑は?

聖域には一体何があるのか?
そもそも聖域とは?

そして、ラストに登場したのは”強欲の魔女”?

原作は未読ですが、第四章は10~15巻の6冊。
このボリュームは、第三章の4~9巻(6冊)と同様。

第三章のアニメ化は12~26話の15話で。

第四章が第三章と同じペースかは分かりませんが、『リゼロ』は1話1話が濃いので、ボリュームたっぷりなのは確か。

第三章同様、濃い物語になるのは確実か。
辛い展開は勘弁して欲しいのですのが、それもこれも含めて『リゼロ』!

毎週楽しみです!

以上、TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』27話の感想でした。
最後まで読んで頂きありがとうございます。

28話のレビューも書いているので良かったご覧下さい。

ではでは。

きょうのひとこと

つくづく通信できないともどかしい

関連記事

『Re:ゼロから始める異世界生活(2期)』28話のレビューはこちら。
Re:ゼロから始める異世界生活 28話
アニメ【Re:ゼロから始める異世界生活】28話感想 ボクっ娘魔女エキドナは敵か味方か!?2020年夏TVアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)2期』28話ネタバレ感想レビュー【次話以降ネタバレなし】2期3話目。第四章2話。新たな出来事、新情報、新キャラと盛り沢山。伏線山盛りの聖域に強欲の魔女エキドナも登場し新たな試練が始まった。...

アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』関連のレビューは他にも書いてます。
良かったらご覧下さい。

『Re:ゼロから始める異世界生活(2期)』感想一覧はこちら。
Re:ゼロから始める異世界生活 2期
Re:ゼロから始める異世界生活(2期) 感想一覧『Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)』のTVアニメ2期(26話~)、原作ライトノベル、コミカライズ(漫画)のレビュー 一覧です。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です