バビロン

アニメ【バビロン】1話「疑惑」感想 始まりは手堅い検察ものに見えるのに・・・

バビロン 1話

こんばんは。時文です。
バビロン』1話を鑑賞しました。

レビュー作成時、原作未読

原作は、野﨑まど先生の小説。

野﨑まど作品の中でも一番危険との呼び声高い『バビロン』。
一体どんな世界を見せてくれるのでしょうか。

ショッキングなシーンがあるので、苦手な人は視聴の際ご注意を。

まだご覧になってない方は、「ネタバレなし」で見所と魅力と”注意点”を紹介しているので、そちらをご覧下さい。

バビロン
アニメ【バビロン】【ネタバレなし】紹介レビュー 強烈な展開は検察モノの皮を被ったサスペンス・ホラーか2019年秋TVアニメ『バビロン』紹介レビュー。野﨑まど原作の今期最大の問題作。作品を見るかどうか迷っている方へ、核心に触れる【ネタバレはなし】で、作品のあらすじ、魅力を紹介します。良かったら参考にしてください。...

では、TVアニメ『バビロン』1話の感想レビューをどうぞ。

次話以降のネタバレは「なし」なので、ご安心を。

バビロン (全12話)

話数 サブタイトル レビュー 原作巻数 ページ数 レビュー
第1章 「一滴の毒」
第1話 疑惑 本レビュー 1巻 136P 1巻R①
第2話 標的 2話R 93P 1巻R②
第3話 革命 3話R 83P 1巻R③
第2章 「選ばれた死」
第4話 追跡 4話R 2巻 128P 2巻R①
第5話 告白 5話R 49P 2巻R②
第6話 作戦 6話R 72P 2巻R③
第7話 最悪 7話R 53P 2巻R④
第3章 「曲がる世界」
第8話 希望 8話R 3巻 56P 3巻R①
第9話 連鎖 9話R 67P 3巻R②
第10話 決意 10話R 79P 3巻R③
第11話 開幕 11話R 93P 3巻R④
第12話 12話R 50P 3巻R⑤

今回のあらすじ

あらすじ

時代は現代、舞台は東京都西部。
第2の東京と位置付ける「新域」構想がある世界。

「薬機法」違反の疑いのある日本スピリ製薬会社を捜査中の東京地検特捜部の検事・正崎 善(せいざき ぜん)と検察事務官の文緒 厚彦(ふみお あつひこ)は、押収書類の中から奇妙な書類を見つける。

その書類を作成した医師を訪ねると、不可解な死を遂げていた──

遊び部分なしで、粛々と物語は始まる。

TVアニメ1~3話で、原作小説の1巻『バビロンI -女-』をアニメ化。
かなりテンポ良く話は進みます。

解説を交え、順を追って見ていきましょう。
#あくまで私の解釈です。

作品の舞台

東京地検特捜部

主人公・正崎善がいる東京地検特捜部は、現実に存在する組織です。

東京地方検察庁の一部門。
「東京地検特捜部」は通称で、正式名称は「東京地方検察庁特別捜査部」

政治家汚職、企業犯罪、経済事件などを独自に捜査する組織

部長をトップとし(作品内では守永部長)、検事と検察事務官により構成。
#検事にはさらにいくつか職種と階級がある。

検事

「検事」とは「検察官」にいくつかある職種と階級の一つ

検察官には「捜査権限」と「起訴する権限」が与えられている
#警察は「捜査権限」のみ。起訴は検察が行う。

作品内で描かれる主人公・正崎善は検察官。
正崎の部下・文緒厚彦は検察事務官。

大きな括りで言うと本作は「検察もの」となります。

「新域」構想

東京都西部(八王子市/多摩市/町田市/相模原市)で開発を進める新たな独立自治体

東京への一極集中の緩和計画として設置される新域は、中核市や政令指定都市を大きく上回る権限が与えられ、実質的な「第2の東京」と位置付けられている

by 『バビロン』TVアニメ1話より

作品冒頭では、まだ「新域」は施行されてません。
首長(行政トップ)を選ぶ「域長」選挙が約20日後に行われる、と言う設定です。

感想レビュー 第1話

アバンタイトル

東京地検特捜部は日本スピリ製薬本社へ「薬機法」違反の疑いで強制捜査を執行する。

冒頭はいきなり強制捜査執行の場面から。

薬機法

医薬品、医療機器等の品質、有効性および安全性の確保に関する法律。

「薬機法」違反の疑いで強制捜査に入った特捜部。

犯罪の証拠を消されないよう、PCのネットワークと電話を遮断、携帯を抑える手際がカッコいいですね!

受付を通らなかったのは雑居ビルだからだと思うのですが、部屋に入るまで気付かないのは、セキュリティ上どうなのでしょうね(苦笑)。

まあ、その程度の製薬会社だったと言うことでしょう。

Aパート

700箱の物読み・・・

場所は、霞が関「東京地方検察庁」

出勤した正崎と文緒は、押収した資料の「物読み」を行う。

物読み

帳簿・伝票・メモ、PCのメールやデータから証拠を探すこと。

東京地検特捜部は実在する組織で、東京地方検察庁の中の一部門
政治家汚職、企業犯罪、経済事件を捜査、起訴する権限が与えられた組織。

「新域」が舞台なので、多摩地区にあるような感覚になりますが、基本的に霞が関の検察庁が正崎たちの本拠地です。

「東京地検特捜部」は「東京」とありますが、捜査範囲は東京だけではありません。
「首都圏」「関東」と捉えて問題ないようです。

「薬機法」違反

正崎たちは、日本スピリ製薬の新薬「アグラス」の虚偽・誇大広告違反を疑い、研究結果偽装の証拠を探していた。

新薬「アグラス」の効果調査を依頼していた4つの大学へ、不正な点がないか資料を探っていく。

にしても700箱って・・・

まるで正崎と文緒の2人で物読みしているようですが、きっと別の場所で他のスタッフと手分けして探っているのでしょう。
でないと、ブラック過ぎますね(笑)。

それにしても、PCにスマホに700箱の資料を押収された側は仕事にならないですね・・・
って、強制捜査に入られたということは、それどころじゃないか(笑)。

「新域域長選挙」

世間では、昨日の「日本スピリ製薬本社」への強制捜査への感心は薄く、選挙一色であった。

新域域長選挙──

いよいよ20日後に行われる「新域域長選挙」

by アナウンサー『バビロン』TVアニメ1話より

政令指定都市を上回る権限が与えられる「新域」はこの時点ではまだ施行されてません。

「新域」のトップ(首長)となる域長選挙が行われるのが20日後。

日本で初めてとなる、強力な権限と持った地区が誕生するのです。
そりゃあ、国民の関心はそちらへ行くでしょう。

「新域」になると具体的に何ができるのか、もっと知りたいですね。
でないと、視聴者側の興味が湧きません(苦笑)。

事件は楽勝?

守永特捜部長に捜査状況の報告。

まあ、厚労省からの告発という時点で不法行為は間違いないとみてよいだろう。

by 守永泰孝 部長『バビロン』TVアニメ1話より

どうやら、確実に不法行為があり、日本スピリ製薬も犯罪に手慣れた企業ではないので、特捜部は、本件を簡単な事件と見ている様子。

ただ、押収した資料は膨大で、手間と時間はかかるようだ。
それでも、時間をかければ証拠に辿り着くだろうと踏んでいた。

ところが・・・

奇妙な書類を発見し、事件は方向を変える

押収した書類の中に、奇妙な書類を発見する。
そこに残されていたのは・・・

なんだこの触るのもおぞましいような、気味の悪い書類は!

なぜ「治験実施状況報告書」にこのような気味の悪いことを?
一面を埋め尽くす「F」の意味は?
血痕が示すものは?

目的も、意味も分からない、奇妙な資料・・・

ようやく話に変化が。
虚偽・誇大広告違反は物語上の取っ掛かりであって、奇妙な事件がようやく顔を出す

そうだよ、こういうのを見たかったのだよ!
気味は悪いが、ようやく来たかと膝を打つ。

殺人事件?

正崎と文緒は、奇妙な文書の作成者である医師・因幡 信(いなば しん)を訪ねる。

勤務先への病院へも行かず、自宅マンションのチャイムを鳴らしても出ない。
そして部屋の中からは大音量のクラシック音楽が・・・

普通ではない状況に、正崎は無理やり押し入る。

奇妙な書類からは普通ではない精神状態は分かった。
病院を休み、ドアチャイムに反応もせず、部屋の中からは大音量の音楽。

明らかにイヤな予感・・・

正崎たちも、これだけの条件が揃って放っておくわけにはいかない。
管理人に事情を話して鍵を開けてもらったような状況のようだ。

部屋に踏み込むと、予想通り因幡准教授は事切れていたが、なんとも妙な状況・・・

なぜクラシックを?
なぜ裸?
そして、なぜ笑顔・・・?

30時間かけて自殺?

多摩東中央警察署の警部補・九字院 偲(くじいん しのぶ)と協力し、因幡准教授の不審死を捜査。

検証結果は、麻酔の過剰吸引。
ただ、致死量に達するのに30時間要していた。

30時間をかけた他殺?それとも自殺?

他殺ならこんなまどろっこしく、途中で誰かに見つかってしまうような方法は取らない。

ゆえに自殺か?
争った様子もないし、遺書も用意されていたようだし。

だが、自殺にしても不可解。

手術用の全身麻酔なら、苦しみはない。
30時間もかける必要がないのだ。

奇妙な文書のこともあり、自殺だとしても相当闇が深いと推理。
正崎たちは、警察署の九字院の協力を得て、2ヶ月ほど前から訪ねてきた男女から探っていくことに。

Bパート

政治スキャンダル?

因幡准教授を頻繁に訪ねていた男は、現在、新域域長選挙一番人気の自明党幹事長・野丸 龍一郎(のまる りゅういちろう)の私設秘書・安納 智数(あのう ともかず)だった。

新域域長選挙の真っ只中。
その最有力候補が事件に絡んでいるかもしれない事件に。

新薬「アグラス」事件の捜査は他の者へ任せ、正崎と文緒は、因幡准教授の不審死を捜査することに。

文緒は憧れていた政治汚職事件に関わることになりましたね。

まさか、序盤の「巨悪を倒す政治事件」を憧れるのが伏線になっていたとは・・・

怪しすぎる事件

正崎は大学時代からの親友で新聞記者の半田 有吉(はんた ありよし)に協力を頼む。

半田は、域長選挙の大本命であるが決して油断できない状況の野丸の秘書が、この大事な時に、大学病院の准教授の所へ足繁く通うのはあまりに不自然だと断じる。

なるほど!

つまり、選挙よりも重要な目的が因幡准教授にはあったと言うこと。

そして、その因幡准教授は自殺した。
野丸の秘書が足繁く通っている時に!

怪しすぎますね!

更に大物が!

野丸の秘書・安納をマークしていると、東京建設業連盟の会長まで絡んでくる。

正崎と文緒は二手に分かれ尾行する。

選挙法違反を疑っている正崎たちは、域長選挙の票を得るために、売春をさせていると踏む。

ただ、確実に立件できる証拠がなくてはダメだとやり過ごし、少女の身元を探り、部屋まで探ることに成功する。

文緒には上がるよう指示し、帰ったはずなのに・・・

突如、文緒からメッセージが届く・・・

どうしてこんなことに・・・

急いで文緒のマンションへ駆けつける正崎。
そこには、文緒の無残な姿が・・・

文緒から送られてきたメッセージは・・・遺書だった・・・

最初は何が起きたのか分かりませんでした。
別の誰かかと思っていた・・・

しかし、紛れもない、正崎の部下の文緒。
さっきまで、一緒に捜査し、巨悪を上げようと言っていた文緒。

その文緒がどうして・・・

文緒は憧れの政治事件に勇み足になってしまったのでしょうか?
いや、女性を助けたいと言う思いから、踏み込みすぎてしまったのか?

それにしても突然でした・・・

てっきり正崎と文緒のバディものだと思っていたのに・・・

おわりに (アニメ『バビロン』1話とは)

1話はストーリーを淡々と見せられた感じ。

最初は製薬会社の虚偽事件かと思ったら、関係者の不審死。
そこへ政治家秘書が絡んでくる。
政治汚職かと思いきや、突如相棒の死・・・

てっきり、正崎と文緒のバディものかと思っていたら、わずか1話で崩されました。

にしても、不可解な事件の連続で、まるで方向性が読めない。

流れは平凡だが、インパクトある場面が唐突に来るのだ。
だから、気が抜けない。

次回も楽しみです。

以上、TVアニメ『バビロン』1話のレビューでした。
最後まで読んで頂きありがとうございます。

2話のレビューも書いているので良かったご覧下さい。
ではでは。

きょうのひとこと

まずは黙って3話まで一気見!

関連記事

小説『バビロン』1巻①(アニメ1話相当分)のレビューはこちら。
バビロン 1話
小説【バビロン】1巻感想(1/3) 原作の守永部長は温かく、文緒との関係は微笑ましい、半田とはお笑いコンビのようで、九字院は・・・小説『バビロン』1巻感想レビュー(1/3)(アニメ1話相当分)【次話以降ネタバレなし】野﨑まど原作の問題作。アニメ1話は原作をかなりカット。アニメと原作の違いを取り上げます。原作の守永部長はもっと温かい。正崎と文緒、半田との関係は微笑ましい。九字院とは実は・・・...
『バビロン』2話のレビューはこちら。
バビロン 2話
アニメ【バビロン】2話「標的」感想 突破口に見えたかの女性に逆にかき回される2019年秋TVアニメ『バビロン』2話感想レビュー【次話以降ネタバレなし】野﨑まど原作の今期最大の問題作。不審な二人の自殺を追う正崎。捜査線上に上がった女性を事情徴収するが、いいように振り回されてしまう・・・...

ネタバレなしの紹介レビューも書いてます。
『バビロン』レビュー一覧は次からどうぞ。

『バビロン』レビュー 一覧はこちら。
バビロン
TVアニメ【バビロン】レビュー 一覧2019年秋アニメ『バビロン』野﨑まど原作の問題作の紹介・各話・全体レビューの一覧です。アニメだけでなく原作小説も取り上げています。作品をより楽しむために参考にして頂けると幸いです。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。